かいわれさんの映画レビュー・感想・評価

かいわれ

かいわれ

映画(752)
ドラマ(2)
アニメ(0)

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995年製作の映画)

-

寅さん最終作。取り敢えず本編完走。
いいシリーズでした。首相が出たり、シリーズ初期にはここまでの事は想像してなかったろうな。付かず離れず流れるような人との付き合い方、いいもんだ。

男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様(1994年製作の映画)

4.2

【寅さん流・鉛筆の売り方】
寅さんが満男に真正面から向き合う回。
父息子の関係じゃないからこその距離感。しんみりするなぁ。指折りの!ですね。

男はつらいよ 寅次郎の縁談(1993年製作の映画)

3.8

【満男の就職戦線、嫌気がさして家出の巻】
やれやれ、と満男探しの御使いに出された寅さん。肝心の満男にも足蹴にされる始末。それでもいつもの寅さん節でカウンターを取るやりとりが微笑ましかった。2回目の登場
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎の青春(1992年製作の映画)

3.8

【楽しいばかりで奥行きのない寅さん】
なんとなく満男のボジションがわかってきたような本作。骨折と思いきや、、ていう話で一時間持つっていうのが寅さんならでは。久々に笑いありの寅さん節でした。

男はつらいよ 寅次郎の告白(1991年製作の映画)

3.9

【鉄砲玉のような満男の恋心-鳥取砂丘にて】
満男くんのせっかちな性格と、遅れてやってきたイヤイヤ期がちょっと痛い。親友もよく付き合ってられるよなーと笑。とはいえ寅さんのナイス人柄と久しぶりの寅さん放浪
>>続きを読む

呪詛(2022年製作の映画)

3.8

遠巻きに宗教の洗礼を受けているようで不気味な作品。怖いっちゃー怖い!観た人まで呪われてないか心配

男はつらいよ 寅次郎の休日(1990年製作の映画)

3.2

明らかに違う作品に見えて、印象的なシーンがなかった。虎屋での絡みが何処か他人行儀で少し違和感。ラストは良いけど、個人的にはシリーズ屈指の退屈さ。

男はつらいよ ぼくの伯父さん(1989年製作の映画)

4.0

【ようこそ佐賀県。満男、時々純くん】
最終回?と錯覚するような展開。男前な寅さんを観たいなら迷わず本作を。撮影秘話を調べたらちょっと寂しくなりました。

セサミ・ストリートへ愛を込めて ~エルモに命を吹き込んだ人形師(2011年製作の映画)

5.0

タイトルが全て。
エルモは勿論、セサミストリートをもっと好きになる。仕事ものとして初めての好きな作品となりました。

ベッドかざりとほうき(1971年製作の映画)

3.7

ストーリーは微妙。アニメ+実写が好きなので、その点では映像遺産(合成シーンは少なめだけど)全人類が魔法に心ときめかせていた時代、そんな感じでアナログながらも現実味ある世界観。透明人間の演出が巧い。死靈>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989年製作の映画)

3.8

【湯布うぃーん旅行。満男浪人?頑張れ】
オープニングに外国の名前が連なるなー、と思ったらそういう事だったのね。メインストーリーよりも冒頭に名言が詰まってた印象。世の中が否定した寅さんの生き方。浪人とな
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988年製作の映画)

3.9

【トレンディ寅さん:短歌を添えて】
一周回って原点回帰した感じ。派手なストーリーでもなく、キラキラした役者さんを起用するでもなく。久しぶりに虎屋での滑稽な遣り取りに笑わせてもらいました。個人的には電話
>>続きを読む

子ぐま物語/ファン・アンド・ファンシーフリー(1947年製作の映画)

3.8

ストーリーテラーはジミニー・クリケット。
ディズニーの短中編物ってストーリーが意外と退屈。どちらかというとセル画いいなーと思いながら観るようなやつ。冒頭のこぐまのボンゴに繋がるオシャレ演出は今は無きデ
>>続きを読む

リラクタント・ドラゴン/魔法の王国 なつかしのディズニー・スタジオ探訪記(1941年製作の映画)

-

本作をディズニー映画で一番好き、と言いたいけど流石に反則かな笑?それくらい面白かった。
「本物の汽車を壊すほうが簡単だ」と言わしめる程に大変だけど、傍から見るとアナログ故に一致団結し、オーケストラでも
>>続きを読む

王様の剣(1963年製作の映画)

3.7

なかなかに芸が細かい。飛び散る水の描写だったり、次々と変身させるマーリンの魔法。絵のタッチが可愛らしくセル画の魅力が詰まってる。
絵本から始まる物語。本作を以てディズニー氏は引退。

魔女見習いをさがして(2020年製作の映画)

3.5

んーー、テレビスペシャルでも良さそうな気が。
おジャ魔女が出てナンボなストーリーなのに出番少なめでちょっと残念。EDは非常に良きでした。

学校II(1996年製作の映画)

3.8

「学校」を舞台としている訳ではないので、そういう意味ではシリーズの中ではちょっと異なる作品。大人の知らない所で子供は成長している、ちゃんと考えて行動している、どうしても行きあたりばったりになるけど。養>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎物語(1987年製作の映画)

4.0

【子連れ寅さん。親の姿と子供の姿】
満男くんが問い掛けるラストを含めて良い話だった。いつものように「俺らみたいな渡世人は〜」な調子ではあるんだけど、今回はさくらさん側の気持ちというか、そんな卑下しない
>>続きを読む

ある夜、彼女は明け方を想う(2022年製作の映画)

3.8

「精一杯の背伸びをする人」か。
本編の余韻に浸りながら、時間を置かずに観ることをオススメ。入社2〜3年目が一番楽しかった。なるほどなー

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

4.0

"僕"が平凡な人で良かった。
居酒屋のお母さん、冒頭の「浮かれなさいー、若いんだから」に全てが詰まってる。タイトルとジャケットがやはりイカしてる。

男はつらいよ 知床慕情(1987年製作の映画)

3.7

【とらや休業、寅さんは知床】
序盤は指折りの面白さだったんだけどなー。
寅さんのロードムービーというか、知床が舞台になっちゃった。三船敏郎のテンションに置いてけぼりな寅さんはなかなか見ない展開。町並み
>>続きを読む

公式長編記録映画 日本万国博(1971年製作の映画)

-

最先端すぎてパラレルワールドと言うか、万博の世界線が宇宙の何処かで築かれているんじゃないか・・そうでも思わないと未来に夢がなさすぎる。
今ではやれ動物虐待だ、やれ女性蔑視だ、やれ民族差別だと未来永劫再
>>続きを読む

チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ(2022年製作の映画)

3.8

いろんな作品の「その後の姿」が見れる!賛否両論ありそうだけど。
アニメ版のワワワワーーって感じの声を想像してたけど、吹き替え共にガッツリ人語を使ってて残念。こういうアニメとリアルのハイブリッド好きだか
>>続きを読む

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986年製作の映画)

3.6

【長渕剛とハーモニカ】
ストーリーよりもWキャスト級の配役が印象的。長渕剛と志穂美さん?本作を以て表立った作品に出演はなし。調べてみると長渕剛の奥さんなんですね。シリーズで二組目なのかな、おめでとうご
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.0

面白い作品だったけどハマリ役がいなかった、、笑
磯村勇斗さんが居酒屋のママの息子っていうのを頭に入れといた方が良かった。公式ページ見るまでイコールで繋がらなかったし、変貌しすぎでしょ。

三代目襲名(1974年製作の映画)

4.0

やり口はアレだけど、割と硬派な人柄だったのかな。戦後、三国人が暴れる地域に自警団を結成。その拡大故に警察から協力を要請されるまでに。右翼とはまた違う愛国心。これもまた一種の戦後史だなーと。

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.0

前作から年数が空いていたけど、見始めると思い出す1の雰囲気。オリジナルストーリーらしいけどしっかり踏襲されていた。主演を喰う勢いだった上林(鈴木亮平)の存在感が印象的。任侠映画としては前作の方が良かっ>>続きを読む

パンケーキを毒見する(2021年製作の映画)

-

バラエティとして観ようと思ったけど、結構学びの時間だった。ただ反政府色が濃ゆいので一歩引いて。
説明ベタが過ぎるし、口パッチョ手八丁が出来ないのは痛い。ただ強硬とはいえ実行した事はどれも(今となっては
>>続きを読む

山口組三代目(1973年製作の映画)

3.7

どこを切り取っても絵になる。
任侠が好きなら通っておきたい作品。

息子の面影(2020年製作の映画)

3.8

いい意味で雰囲気映画だった。静けさの中にある自然の音。心地がいい。ストーリーを説明するのは難しい。

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

-

オリジナル版を見返したくなるような、愛情感じる仕上がりだった。エンドロールがいいね。協賛してくれる日本企業の数々、愛さずにはいられない。

オードリー・ヘプバーン(2020年製作の映画)

-

スクリーンの彼女しか知らなかった。
原体験とユニセフ活動が繋がる人生、かっこいいなぁと思った。

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(2022年製作の映画)

4.0

あと付けの設定なんだろうけど、本作きりの登場だと勿体ない。最終回あたりで珍の助?ファミリーも出てきてほしいな。みさえのツッコミが冴えていた。

ニトラム/NITRAM(2021年製作の映画)

3.8

こういう見るからにヤバそうな人、たまにいるよなーと思いながら見ていた。身近にいるのかもね。

>|