よしみさんの映画レビュー・感想・評価

よしみ

よしみ

映画(311)
ドラマ(1)

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.0

時代背景とか
人物設定や
ファッションが粋で👍

話はつまらない😅

キュートな
あの娘がいなければ
スベったままで
見向きも
されなかったのでは

L.A.コンフィデンシャルの
キーパーソンが
さり
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.0

なんか複雑で😅
手放しで喜べない

とてつもない努力で
何かを
成し遂げたとしても

嘘から始まる…
なんてことは
認めたくないかも👊

とは言え
素敵な家族や友達
に支えられ
成長していく姿に
感動
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

2.0

否定的なのかも
嫌悪感が先に😅

美しくもなく
綺麗にも思えない

背景や風景は
とても色鮮やかで
緑色がいきいきしてた☀️

父親の言葉は
それなりにささったけど

全般的に退屈も
音がリアルで
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

渇いた銃声に
ここまで
ビクついたのは久々かも😅

あまりにも怖すぎる😱
ためらわない
躊躇のない
殺戮には
ただただ驚くばかり🔫

料理長や
その従業員達の
一貫した行動や絆には
敬意も👊

武器を
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

とてもうまい作り方😄
冒頭の
ナレーションにだまされた

味気ない1日も
感動的な1日も
何もしなかった1日も

貧富の差なく
平等に経っていく🌁

素敵な時間の
過ごし方を
教えてくれてたのかな😢
>>続きを読む

プライベート・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

大迫力でした👊
特に終盤は見応えあり

末路がわかってるだけに
徐々に刹那的な感情で
どうしても高ぶってくる😄

伝える仕事の尊さ
力強さが否応なしに

スタンリー・トゥッチが
顔出し程度の登場も
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.0

善悪がわからなくなる
どこに怒りを
ぶつければいいのか👊

その行動に
未来は描けてたのか

あまりにも大きい代償
犠牲になるのは
なんでもない人達

末路はただただ悲しい😢

長く熱い週末(1980年製作の映画)

2.0

まじめな話の割りに
主人公が喜劇顔で😅

場面に合わそうとして
微妙にズレを感じる
大げさな音楽🎶が
古めかしさを助長してる

善悪をハッキリさせ
政治的な話に
リンクさせようとするも
逆に混乱を招き
>>続きを読む

リッチーとの一日(2012年製作の映画)

4.0

ショートと知らず鑑賞

凄い完成度だと思った👏
短くても
ここまでできる
何もかもがハマった感じ😄

姪っ子が超キュート☀️
ダンスや
ハグに癒される
パラパラ漫画もとても👍

邦題も考えさせられる
>>続きを読む

エージェント:ライアン(2014年製作の映画)

3.0

Amazon Primeで
ドラマ版を
鑑賞中だったので
気になって

おもしろかった😄

特にスピード感の
ギアが1段アップした
中盤あたりから
とても

芸達者な俳優達が
それなりに観せてくれる
>>続きを読む

麗しき日々(2013年製作の映画)

2.0

良い感じはしない

考えさせられる
場面もあった

羨ましく思える
場面もあった

でも正直
少し辛いかな😅

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ほとんどが
おとなしい流れで
睡魔と戦いながら😪

最後の最後に
用意されたバイオレンス👊

芸術というか
達人の域に達してる☀️
ここだけでも観る価値有😄

そのあとの展開にも
ハラハラドキドキ😅
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.0

回想のとこ
危なかったかも😭

とても巧い展開だと感心
反面、共感できず
あまり好きではない😅

とても切なかったけど
冷めた言葉で
現実に引き戻されたり

日本の文化が
随所に入り込んでいた

うれ
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.0

エイミー押し😄

前2作と比べ
話の膨らみが…

集大成としては
物足りなかった😅

音楽はパワーアップ👊

アカペラにとどまらず
カッコ良すぎの
ガールズバンドが
出て来たりで

エンドロールも見逃
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

全編、彼女で

苦痛にゆがむ
カットが多いけど
好きな人にはたまらない😄

謎解きではなく
勝手に
謎が解かれていく
都合の良い展開

父親の彼は
アフェアのイメージが
強すぎて、どうにも…😅

続き
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ほとんどの楽曲に
聞き覚えが🎶

偉大な音楽家と改めて

幼少期の辛い思いが
大人になっても
埋めきれない心の
小さな隙間になり
満たされることのない
ループに陥る😢

そんなドラマを
巧く描いてたと
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.0

愛憎劇をたっぷり💕

凄い俳優だと思ってたけど
年齢を重ねるたびに
渋みと巧みが👏

展開の起伏が少ないけど
濃密な個のぶつかりが
会話劇をふくらませてる

この監督作品は難解

割とやさしいと思うと
>>続きを読む

ドリームハウス(2011年製作の映画)

3.0

違和感を感じながら

彼の髪型の変化に
合わせるように
話の展開も変わっていく
劇的に…という
ほどでもないが😅

良く出来た脚本
俳優達の好演で
ある意味
家族愛に満ちた作品に💕

コーエン兄弟なら
>>続きを読む

ハンナ(2011年製作の映画)

2.0

彼女の魅力が活きてない👊

前半と後半で
違う話になったかのよう

攻撃的だった彼女が
逃げるばかりになる

それほどまでに
強い敵だったのか

いまいちスッキリしない😅

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

音をたてない
生活なんてできない👊

前説明もなく
一気にその世界に誘う

日にちの描写や
人物設定が怖さを増幅する

音に反応する
異星人?の
攻略の糸口をつかんで
終了を迎える

彼女は銃を
持っ
>>続きを読む

恋は命がけ(2011年製作の映画)

3.0

少し怖いラブコメ😄
だけど、大好物でした

彼女が出てなければ
正直スルーしていた

今作では高校生まで演
まったく違和感なく驚😱

結局、問題解決には
至ってなかったけど
細かいことは…😄

ロンドン・ロード ある殺人に関する証言(2015年製作の映画)

2.0

前情報は大切😄

ドキュメンタル風の
ミュージカルでした🎶

インタビューの受け答えが
徐々に、歌になっていく😅

困惑しながら、
睡魔が襲って…😢

トム・ハーディはほんの少し

終わる頃には
出て
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

2.0

他人の秘密は
知りたくなるけど😅

前半は超退屈
反比例して、
後半は、怒濤の展開に👊

心の余白を
何で埋めるのか?

誰もが
何かを抱えている
という
都合の良い解釈に

最後のくだりは
エッジが
>>続きを読む

流されて…(1974年製作の映画)

1.0

無人島にいるのに
自然以外はそう見えない

ちょっとしたことで
見境なく殴るとこも
どうにも理解できない

そんな男女が
引かれあっていくのも
まったく理解できず👊

終盤に出てきた旦那
冒頭のヨット
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

もう卒業かな😄

新旧キャラも違和感なく
それぞれの立ち位置は秀逸

ただ話としては
避けてきた禁じ手を
使ってしまったのかな

彼の物語は
一区切りと受け取ったけど
素敵なキャラが多いので
続けよう
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

なぜ彼女だった?

久々の邦画で
もちろん彼女狙い😄

ひいきめに見ても
よく頑張ってたと思う

抑えめな感じも
記者としての
鋭い感性を持ってるような

話はタイムリーも👊
ドラマ相棒と
そんな変わ
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

普通に恐ろしい😱

物事を単純に出来れば
二択で進められれば
悩まない、争わない
社会が
できるかもしれない

でも誰しもが
理解しているように

決してそんな
世の中にはならない👊

いろいろな
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

2.0

つまらなかった

話題を欠かない
綺麗な姉妹だったけど
嘘と真実が
見分けづらく
難しい話に
なってたような😅

男性の扱いがぞんざい😄

ていねいに掘り下げると
それなりの
作品になってたかも

ジュリーと恋と靴工場(2016年製作の映画)

2.0

うまいまとめかた
だと思うけど

仕事にしても
恋愛にしても
歌や
ダンスにしても
内容が薄すぎる😅

キュートな彼女を
まったく
活かしきれてない

でも、あの赤い靴は
とても素敵だと思ったけど😄

太陽のめざめ(2015年製作の映画)

3.0

彼の演技には
引き込まれるけど

見るに耐えない
辛さがこみ上げて
どうしようもなかった😅

何が欠けてるのか
わからない状況で
更正を信じて
世に出す体制側の
無責任さにも憤りが👊

結局は自分次第
>>続きを読む

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.0

もうひとつふたつ
捻りがあれば

あまりにも
ストレートで
かなり退屈でした😅

老練の彼に挑んだ
若輩の彼は
相変わらずのモゾモゾ声も
人を引き付ける
存在感ある俳優に👏

エリザベス・モスが
ちょ
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

5.0

やられた😭
こういう感じ
たまらないかも

置き忘れたもの
消えかけてたものを
思い起こしてくれる

誰にでもある
似たような感情が
心のなかで
温かくなってく感覚

ラストカットも文句なし

素晴ら
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.0

なんでモノクロなんだろ?

自分に合った
何かを見つけだすって
人それぞれなんだな…
つくづく思った😄

彼女の行動や
選択を見ながら
勇気を貰えたりする👊

共感できるとこや
自分と違うとこなんかを
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

2.0

彼女はそれなりに
頑張ってたと思う😄

凄い話なんだけど
何かが
ついていけてない
残念な展開で😅

演者もそれなりで
悪くないんだけど😄

アラジン(2019年製作の映画)

3.0

アニメから
抜け出たような
アラジン俳優に軽く驚き😄

そして、
彼女の歌唱だけでも
観る価値は十二分に🎶

一気に持ってかれる
爆発的な歌の力を感じた👊

心配してた
ウィル・スミスも
控えめに
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

長い。しかも
インターミッション有😄

けど、あまり
苦にならないほど
多めの笑いと涙で
一気に観せてくれる

とてもていねいな
素晴らしい作品だと👏

登場人物を無駄にせず
話の展開にうまく
溶け込
>>続きを読む

>|