helloさんの映画レビュー・感想・評価

hello

hello

映画(43)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.6

パディントンを見ると必ず
ロンドンに行きたくなる
そして
人に優しくしようと思う。

内容は破茶滅茶かもしれないけど
何回見ても飽きない。
パディントンみたいに人に優しく接したい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

コンセプトは良いが、何か裏があるのか?と気になってしまう。
結局裏はないので、純粋に見たほうが良い。

途中の展開が若干無理矢理だけど、あまり気にせず見ると楽しい映画。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.9

映像がとにかく綺麗で、死後の世界ってこんなのかぁと納得してしまった。

忘れられるってツラくて痛くて悲しい。
たまには先人の事を思い出す事も大切ですね。

ただ、リメンバーミーの上映前にアナ雪のクリス
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.9

今年一番、いや、今まで見て来た映画で一番かもしれない。

光州事件の事、全然知らなくても一緒にタクシーに乗ってタイムスリップ出来ます。
国とか一般人がどうとかじゃなく、1対1の人間の繋がりとしてスッと
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

5.0

久しぶりに視覚もストーリーも大満足な映画でした。

ゴッホの事なんてほとんど知らないながらも吸い込まれるように見た。
油絵が動くアニメーションってめっちゃすごい!!!
始まった瞬間に脳みそが喜んでた。
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

4.0

全作品2回づつ以上は見てるけどやっぱりミニオンが出てくるとくすっと笑ってしまってほっこりします。

この作品は初めて韓国の映画館で見たので思い出も詰まってます。

過速スキャンダル(2009年製作の映画)

3.7

鑑賞記録。

--

配信はされて無かったのでTSUTAYAで借りました。
作品からTSUTAYAの在庫確認できるのめっちゃ便利です!
活用します!Filmarks ありがとう!

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.8

韓国映画って時々ぶっ飛びすぎて「ギャグ映画?」となる時があるけど、
この作品はバランスが良くてとても見やすかったです。

日本版リメイクかぁ………

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.7

最初のマイのリハビリのシーンで太鳳ちゃんの演技に驚いた。
そして倒れるシーンも、すごかった。

でも、その後からはぐんと佐藤健に心惹かれました。
あんな優しい顔で笑う人なんですね。
役とはいえ、イメー
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

最初は、突拍子もないなと思ったけど、なんだかそれに慣れてきた。
どう頑張っても寝てしまえば次の姿。
今まで、自分の姿が180°変わることなんて想定していなかったので、本当にこんな病気があったとすれば、
>>続きを読む

エルネスト(2017年製作の映画)

3.0

チェ・ゲバラをよく知らず鑑賞。
オダギリジョーがチェコ語を流暢に話ししていた。
ただ、日系人と言うだけで、彼から日本の話を聞くわけでも「日本人らしさ」を見せるわけでもない。
(真面目な部分は日本人と言
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

5.0

一番好きな映画。
疲れた時にほどよく頭を使わなくて見れて、見終えたあとはすっきり。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

5.0

きみ読む!みたいなCMをしてたのは頭にあったけど「どうせよくあるラブストーリーなんだろうな」とスルーしてた作品。

ラブロマンスって終わりが大体想定できるので、あらすじ読まず前情報無しに鑑賞。

「ま
>>続きを読む

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

2.5

期待したのに。。。。
いや、吉野家くらいまではとてもわくわくしながら、歯がゆさと愛おしさで見ていたんだけど……………。

夏帆がとても綺麗で、星野源も良い感じに奥手でかっこよくて、とても綺麗な純愛を期
>>続きを読む

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

4.0

ティエリーの話を真剣に聞いていたのにいつの間にか「いるいるこんな痛いやつ」に。

OBEYやバンクシーのアートが作られてる所を撮影しているのは興奮した。
本人からインタビューも貰ってるし。(ちゃっかり
>>続きを読む

ペルシャ猫を誰も知らない(2009年製作の映画)

-

ぽけーっと見てたら話についていけず。
少しでも音楽をかじっているひと、もしくは興味がある人が見れば面白いのかも。
私はほぼ無知&関心がないからか右から左でした。

0.5ミリ(2014年製作の映画)

3.0

やっと!みれた!やっと!
安藤さくらやっぱりすごい。
可愛くて愛おしくて艶があって、、、
一人のさわちゃんでこんなに沢山の表情があるんだと感動。

「真とはこのくらいの距離感がいい。」
そうだ。一定の
>>続きを読む

きいろいゾウ(2012年製作の映画)

4.7

一番好きな映画と言える。

何故か、ツマさんに共感しまくり、一人で大号泣を繰り返し、3回は鑑賞しました。

当時は私も少し心を病んでいたからか。

ムコさんの愛情を受けながらも「いつかこの幸せは消えて
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.5

予習無しでアニメ映画というだけで鑑賞。

びっくりした。

人間界の縮図を動物に当てはめるだけで、これほどまでに分かりやすいものかと。
今までのCGアニメ映画ってこんな深かったっけ?と考え込んだ。
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.5

まったりとした予告が気になって鑑賞。
結局、2度も鑑賞してしまった(笑)

内容はほっこりというよりもスペクタクル(?)
途中のウィンナーのシーンはまあまあやばい。危ないものを見てしまったと反省する
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

2.5

楽しい気分になりたい時に、アニメ映画を見る。

シングも楽しそうな印象でずっと見たかったが、思ったより話が回りくどい?何がくどいのか分からないが何かがくどい。

観客も子供づれが多く、全員で同じタイミ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

IMAXでの鑑賞。
最初はCGのポット夫人などに気持ち悪さを覚えたが、見ているうちに慣れました。

ガストンが、めっちゃガストン(笑)

ミュージカル映画としても全員歌が上手くて楽しめたし、映像も綺麗
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.5

主人公は想像力ででルビーを創り上げた。
現実世界にも、ここまで短いスパンでわざとらしくはなくとも、人が人を創る。
(思い通りになるかは別として)
そういう意味では、不器用な人間だからこそルビーが思い通
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

4.5

さすが!ウディアレン!!!
疲れた時に丁度良いジョークと安心感を与えてくれるので、正直「結局どうせハッピーエンドやろ」と思っても見てしまう。

今回は主人公のくせ者がウディアレンっぽい(笑)と受け止め
>>続きを読む

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.6

出てくるまでが踏んだり蹴ったりなのにここから分身が出るなんて主人公どうなるんだろうと思いながらドキドキしながら鑑賞。

二重人格
日本歌謡
不思議な世界
ぐるぐる回って
最後は幸せになれたのか……?

俳優は俳優だ(2013年製作の映画)

2.0

ヤクザ映画ですか………?
と言いたくなる展開。

オヨンの絶頂期の人気な様子があまり描かれておらずただ酒と女と暴力という韓国映画ならではの演出。

途中から女の人の顔が認識できず(笑)

マネージャー
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

2.6

23歳に拗らせるとこういうことかと。
仕事せずにワガママばっかりなタマ子に自分を被らせてイライラ。
ちゃんとしよう

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

4.3

アスペルガーについては無知です。
単純にキャラクターとしてシモンが可愛い。
ほんわかしてとても純粋で可愛い話で癒されました。
北欧映画ならでは。いちいちセットが可愛くて鮮やかで綺麗。

時計の1秒を気
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.5

よちよち歩きのベイマックスを見てほのぼの感動する気満々で見たのに真逆でびっくり。

びっくりしている間に非常にあっさり話が進んで行くので、主人公達についていけず…。

内容知ってたら楽しめたかも。
>>続きを読む

>|