haruharuさんの映画レビュー・感想・評価

haruharu

haruharu

2017年~の鑑賞記録!
ドラマ/ラブコメ/サスペンスが好きな洋画かぶれです。笑
過去に観たやつは記録しないスタイルで。
良い映画との出会いを求めて
エンジョイムービーライフ♪

シングルマン(2009年製作の映画)

3.0

デザイナーだけでなく映画監督の才能まであるトムフォード。少しでいいから分けてください。笑

陽だまりハウスでマラソンを(2013年製作の映画)

4.0

やられた~。おじいちゃんが元気にほのぼのマラソンしてるのをコタツでぬくぬくしながらぼけ~っと見るつもりが...
考えさせられる良い内容でした。
あなたが風なら私は海、って優しくて素敵な表現ですね

デンジャラス・バディ(2013年製作の映画)

3.7

期待通りの面白さ!デンジャラスビューティーみたいなへんてこなサンドラブロックが見たかったので大満足!メリッサマッカーシーも面白さフルスイング

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

3.2

お話は良かったです。
でも、いつも上から目線なワガママ娘さんの魅力がイマイチ分かりませんでした。心優しい彼氏くんが可哀想だ。グレッグキニアの安定感はさすがでした。

ジュリエッタ(2016年製作の映画)

3.4

しっくりこないなー、なんて思いながら観てたらいつの間にか映画の世界に引きずり込まれてました。この監督の作品はいつもそんな感じ。笑
娘の行動はさすがにやりすぎなのでは...

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

3.7

楽しいはずの家族旅行が...笑
主役の家族、ホテルで知り合った(巻き込まれた?)人たち、それぞれの不器用な感情表現がリアリティありました。
こんな題材でこんな映画つくれるなんて、お見事!

恋におちたシェイクスピア(1998年製作の映画)

3.4

タイトルがいいですね~。
女王貫禄ありすぎ。笑
シェイクスピア作品を観たことないのでまた観てみよう。

キャロル(2015年製作の映画)

3.8

このキャロルという役を演じるには半端じゃないオーラが必要だと思うけど、ケイトブランシェットさんのオーラは半端じゃなかったです。
目が合うって表現の最上級を観た気がします。

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

4.3

これスゴいですよ。
まず何がスゴいって、ローズマリーの着てる服が四六時中びっくりお洒落なんです!!これだけでも観る価値ありです。
肝心のお話もジャンルでカテゴライズできないなんとも言えない雰囲気がベリ
>>続きを読む

ジュリー&ジュリア(2009年製作の映画)

4.2

優しくて後味ハッピーなノーラエフロン映画の真骨頂を味わいました。ボナペティ!
根っから明るいジュリアみたいに生きられたら人生楽しいだろうな~。
目標にむかって頑張る2人を見ていると元気もらえます!自分
>>続きを読む

セルラー(2004年製作の映画)

3.8

面白い!勢いのままにノンストップ!
悪ステイサムもいいね~。
ハラハラの展開に、頑張れ~って声でました。笑
んでもってラストシーンのセリフが最高!

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーは面白かったです!
でも、妻テッサが自分勝手に見えてしまって、正義への情熱は分かるけれど夫への愛は伝わってこなかった。厄介事に巻き込まないようにしていた、それだけ。夫よりも自分の信念を愛して
>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

4.5

午前十時の映画祭で観てきました!素ん晴らしい。オーバーな演出もなくシンプルなのだけど、仕草や表情、セリフにズキューンやられました~。ペーパームーンというタイトルセンスに拍手です。

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

3.0

みんなかわいい服を着て楽しそうに踊ってます。作り込まれたお洒落な世界観でカリスマ性の高い作品だとは思いますが、登場人物にイマイチ魅力を感じられませんでした。服や家具の色使いが本当にかわいいです。

母の残像(2015年製作の映画)

3.0

正直よく分からなかった。でも嫌いじゃない。弟くんの危うさ

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

4.0

センス光りまくりのおしゃれ世界はさすがのウェスアンダーソンでした。マーゴの魅惑、不器用なロイヤルさんの奮闘、おそろ赤ジャージ、テニスの試合...
どれもツボでした。笑

神様の思し召し(2015年製作の映画)

4.2

好きだなぁ。堅物おやじが柔らかくなっていく感じ。終始コメディタッチで見易いし、特に義理の息子と病院の人が面白かった。いつも家族で食事してるバルコニーからの眺めが良すぎ~。ラストは?があるけど、それも映>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

3.7

派手な演出やキラキラした映像じゃなくて、穏やかな時間が流れる映画をぼーっと観たいときってありますよね。そんなときにピッタリです。宇宙飛行士とおばさんの交流がじんわりきました。このおばさんのような優しい>>続きを読む

素敵なウソの恋まじない(2014年製作の映画)

3.4

かわいい映画です。冷静に考えるとこの人何やってんだって感じだけど、余計なことは考えずにほのぼのした気持ちで観て癒やされましょう。ベランダ素敵すぎでしょ。

ブロークン・フラワーズ(2005年製作の映画)

3.4

あ、終わった...。って感じで幕を閉じました。作品が持つ独特の空気と主演のビルマーレイが絶妙に合ってて、それだけで十分成り立っているのですね。いつもフレッドペリーってこだわり?がクール。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

4.2

スタイリッシュだなー。物語が進むにつれてパズルがカチっとはまっていくような爽快さでした。コメディタッチがツボでバイオレンスなシーンでも笑っちゃう。ステイサム=めちゃ強い のイメージがあるから、怖くて強>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

公開時に観たのですが、たまたまテレビでやってたので再鑑賞。話題作なだけあって面白いですね。エンターテイメントですね。

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.5

2017年の映画締めに鑑賞。もう、最高ですね。温かい気持ちになるってこういうこと。中には切ない話もあるんだけど、その人たちもいつか幸せになるよね。愛が溢れた映画です。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.2

期待してた要素が全て詰まってて大満足!出演者が豪華すぎる贅沢な年末映画を楽しみました。自分の美学を持ってるポアロのキャラクターがよかった。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

2.8

いろいろ詰め込みすぎて現実味が感じられず、違和感が抜けないまま終了しました。演技は素晴らしいですが...。本物のピラミッド見せに行ってあげて。個人的にラストは気味が悪かったです

イタリアは呼んでいる(2014年製作の映画)

2.8

イタリアが好きなのでイタリアの風景が見たくてチョイスしました。2人の映画モノマネトークは楽しいけど、ずっとそんな会話ばかりでちょっとうんざりしてしまった。気分によってはもっと面白く感じたかも。イタリア>>続きを読む

13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ(2004年製作の映画)

2.8

設定が楽しくて、見た目と心の年齢のギャップで笑わせてくれます!

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.3

ウディアレンの世界を堪能。あらゆるシーンがいちいちオシャレ。特にこの監督の映すニューヨークは美しくて色っぽい。ユーモアの織り交ぜ方もすごく好みで笑えた。人生はラブソングのようなもの

アバウト・シュミット(2002年製作の映画)

3.8

哀愁オヤジムービー。ジャックニコルソンがハマり役すぎて惹きつけられる!不満や不安はいっぱいある、でも感謝することもいっぱいある。そんなことを気づかせてくれる映画です。そしてラストシーンがかなり良い!!

マザーズ・デイ(2016年製作の映画)

3.7

安心安全のファミリームービー。それぞれの人物がそれぞれの問題を抱えていてそれぞれ絶妙に交差しつつハッピーに向かっていく構図はとても上手でした。

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

4.0

まさに天才脚本家であり映画界の宝って感じでした。この人が騒動に巻き込まれずに脚本を書くことに集中して向き合えていたらもっと多くの名作を生み出していたのではないかなぁ...なんて思ったり。

はじまりは5つ星ホテルから(2013年製作の映画)

4.0

落ち着いた色合いの映像で静かにストーリーが進みます。想像してたよりもがっつりヒューマンドラマで鑑賞後に程よいずっしり感を味わえました。高級ホテル暮らしの仕事、羨ましい。笑

>|