haruharuさんの映画レビュー・感想・評価

haruharu

haruharu

映画とコーヒーで過ごす時間が至福。
ドラマ、ラブコメ、サスペンスが好きな洋画かぶれです。笑

映画(310)
ドラマ(0)

マリーゴールド・ホテルで会いましょう(2011年製作の映画)

3.8

マリーゴールドホテルに集まるシニアのみなさんが人生最後の花を咲かす。
インドの発展途上故の雑さや熱気と、上品なブリティッシュシニアのアンバランス感が楽しい。
「人生まだまだ楽しめるぞ~」
なんてことは
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.7

正月ボケが抜けない自分には大いなる目ざめが必要だったので観てみた。
アメリカ映画でよく目にするスタンドアップコメディのバー。いつか行ってみたい。英語分からんけど。
イスラム教徒、パキスタン人であること
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.2

いつか観ようと思い続けていた!ついに観たぞ~
伝説的な映画だけどホントに面白いのかー?なんて疑ってましたが、ホントに面白い!!恐れ入りました。笑
思ったよりコメディ要素多めなのが楽しかった。オードリー
>>続きを読む

ファミリー・ゲーム/双子の天使(1998年製作の映画)

4.0

ずっと棚に並べられている本作をすごーーく久しぶりに手にとった。クリスマスだからなのか、ほっこりする話が観たかったのです。安定のディズニーだし間違いないだろうと......
やはり、間違いなかった。笑
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.8

ケイトブランシェットがジャスミンに合いすぎてる。何をしても品がある素晴らしい女優さんですね。
セレブからの転落とみじめな生活。難しそうなシナリオもこの監督にとっては余裕のよっちゃん。
ウディアレンの新
>>続きを読む

セレンディピティ(2001年製作の映画)

3.4

運命の出会い!クリスマス!ラブコメはこんくらい単純なのがいいよね。
セレンディピティって言葉を日常で使ってみたい。
あ、今のセレンディピティだわ~
.........笑

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.2

これがロビイストの世界ですか...頭のキレが恐ろしや~。裏社会の必殺仕事人。ほぼスパイ映画。笑
スローンさんの圧倒的スキルと危うさにハラハラします。集中力のいる映画ですが、集中したぶんご褒美的な面白さ
>>続きを読む

砂漠でサーモン・フィッシング(2011年製作の映画)

3.0

砂漠でサケ釣っちゃうよ!?これはバカなプロジェクトに全力で挑んだ熱い奴らの物語である...!!
って感じではなく、全体的に軽やかで薄味でした。笑
主演のふたりが爽やかでイイ。そこがイイ。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.2

こじらせセブンティーンが小さな...いや、大きな一歩を踏み出す物語。
とてーも面白かった。これ大人のほうが共感できちゃう人多そう。笑
先生のキャラいいなー。

我が家のおバカで愛しいアニキ(2011年製作の映画)

3.5

ほっこり系ムービー。ピュアすぎてうっとうしい時もあるけど結局はみんなこんな存在に救われてるんだよね。いないと寂しいっていうか。
決定的な浮気現場を目撃しても気付かないのは笑った。あと、何気にキャストが
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

類い希な才能×ドラマチックな人生
伝説になる人ってやっぱスゲーや。
孤独の中でもメアリーを心から愛し信頼している姿が印象深かった。
ドリンク飲み過ぎると圧巻のライブシーンあたりでトイレ行きたくてソワソ
>>続きを読む

グリフィン家のウエディングノート(2013年製作の映画)

3.0

ストーリーそっちのけで豪華キャストを楽しむぞ~って観たのでそれなりに面白かった。
いくつになってもみなさんお元気ですね...。いろいろな愛の形を美しくない方法で表現した映画。笑

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.7

意外と好きですよ、こういうの。笑
とっても純粋で、ちょっとバカ。ジュリアンがマギーに対して言ってたけど、登場人物みんなそんな感じ。
人生プラン立てても運命っていう横槍が入るから単純じゃないし面白いんだ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

ベイビー
来世はそんな名前に生まれようか。
音楽とのマッチがすごいとウワサの本作。ん~いいですね~。リズミカルに強盗♪
最近気づいたのは、手話できる青年は無条件に良い奴に見える。笑
でもデボラはあんな
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.3

どんなハッピーエンドが待っているのかな?ドキドキわくわく......

………!!??

裕福な一族の抱える違和感。家庭環境ってほんと大事だね。エヴがどんなヘンテコな大人になってしまうのか心配だ。

ビッグ(1988年製作の映画)

4.0

子供がある日突然大人になった!今となってはありがちでチープな感じするけど、ビッグは面白いです。
コメディというよりもドラマ寄り。少年の心を失ってない大人はモテるってやつ?笑
微笑ましくもちょっぴり切な
>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.8

君は僕の例外
って粋なセリフだなぁ。例外だから好きになっちゃうのかな。
ベンアフレックが皿洗いしてるだけで目から汗が出そうになったよ。笑
ラストのラブゴメハッピー感がええですな。

フォー・ウェディング(1994年製作の映画)

3.2

癒し系たれ目イケメンおヒューをたまに拝みたくなるのはなぜだろう。レディーたちが彼の優しさに触れたくなるのと同じで、ジェントルメンにすら優しいのがおヒューの魅力。話はまぁ普通だけどおヒューがいればみんな>>続きを読む

ルージュの手紙(2017年製作の映画)

3.5

おフランスの渋み、味わいました。
カトリーヌドヌーヴの気品ある存在感は上質なワインのようでした。(ワイン飲めないですが)
人生経験を重ねると理解できたり許せたりするものなのかな。これぞヒューマンドラマ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

病院のシーンが焼き付いた。人生っていいなと思える素晴らしいシーン。フランクもメアリーも幸せになってほしいです。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.3

なんでアーミルカーンの映画はこんなに面白いんだ~。この人はどの作品でも不思議ちゃんな空気をまとってて目が離せない。
王道スポ根ストーリーの中にある父と娘(と甥っ子)のドラマが笑えたり悲しかったり嬉しか
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.6

変態さんいらっしゃい
類は友を呼ぶってやつ?みんな変。
おもしろいって言いづらい映画だけど、正直おもしろかった。笑
彼女は過去に壮絶な経験しちゃってるから頭おかしいのもしょうがない気が...

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.8

親友との最後の4日間。大人の男同士の距離感がいいですね。トルーマンがふたりを繋ぎ続けてくれるんだと思った。
死をテーマにしているので明るい映画ではないけど、不思議とポジティブな雰囲気をもっている、そん
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.7

年末気分をフライングエンジョイ♪
粋なおじいちゃんに救われる。
キャメロンディアスは存在が派手すぎてほっこりしないなぁ...笑
年末はみんなハッピーになるのさ!

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

3.8

この映画みたいにアメリカのクリスマスにはいろんなドラマがありそう。
マリサトメイ演じる妹さんが印象深かった。人とのちょっとした交流のおかげで少し前に進めることもある。
嘘婚約者連れてきた娘さんは自己中
>>続きを読む

未来よ こんにちは(2016年製作の映画)

3.5

地味で小難しいヨーロッパ映画を観たい気分だったのでチョイスしてみたら正にそんな感じでした。笑
あんな哲学的若者軍団となんて怖くて会話できないよ。一言でアホなのバレる。笑
最初から最後までイザベルユペー
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

4.0

妄想トリップおじさんが行動トリップおじさんへ。
公開当時に観たときよりも刺さったな~。特にラスト。何かを支えるために、日々頑張ってる人の姿は美しいのですね。

スリーパーズ(1996年製作の映画)

3.5

久しぶりに重いステーキを食べたような感じ。消化しきれず...。笑
楽しそうなシーンも悲しく映る。
ブラピはいつもかっこいい。

ハートブレイカー(2010年製作の映画)

3.5

別れされ屋というとてつもないモテスキルを求められる仕事を難なくこなす冷徹な男が、ターゲットに恋をしてしまう。
スパイ映画のような演出やコメディ強めな展開が楽しい!舞台のモナコがステキやん

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

『大丈夫か?』
『最悪だ。』
こんな日常を詩的に魅せてくれる映画。
ポエマードライバーであるパターソンさんは日々のささいな出来事を優しい目で捉えている。見習いたいものです。
なんといっても犬のマーヴィ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

スティーヴンキングの代表作だし気になる!けど怖いの得意じゃないしなぁ~と敬遠してたけど、なぜか手にとってしまった...。
なるほど、ホラーなんだけどテーマはそこじゃないんですね。少年たちを襲う試練は余
>>続きを読む

歓びのトスカーナ(2016年製作の映画)

3.7

トスカーナをドライブでもしながら旅をするのかと想像し、のどかなトスカーナの雰囲気を楽しもうと思ったら、
全然違ったー!笑
彼女たちは生きることが辛そうにも見えるけれど、最後にはきっと大丈夫だと思えた。
>>続きを読む

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)

3.0

楽しめましたが、ハンニバルレクターのあの圧倒的な狂気と聡明さをもっと感じたかった。そこにいるだけで喰われるような存在感を...。
まぁ、若い頃の話だからしょうがないか。
まさかの日本との絡みは意外なう
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

2.5

ダメだった...。
オープニングは独特の世界観に
おぉ、これはすごい映画がはじまる予感...
と思ったのですが
そこがピークでした。。

>|