HAL2000さんの映画レビュー・感想・評価

HAL2000

HAL2000

年間200本くらい劇場で映画観ます。

映画(330)
ドラマ(0)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

映画は出来るだけ前情報なしで観るべきが私の持論。これがアメリカの今なんだろうか?アメリカらしいのか、めちゃくちゃ明るい貧困が母子で描かれる。 とにかく子供たちの果てしない明るさ?には舌を巻かれる。>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.8

中川龍太郎恐るべし。よく、こんな脚本かけると思う。不思議な空気感と役者の「ま」が私のにはとても心地よかった。朝倉あきがとてもとても素敵だった。次回作楽しみだ!

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.8

私もあんな風にカミさんにあたったことがあり、その事を思い出しました。ダメな旦那です。今回もベタな笑い満載で、それがかえって受けていたように思います。もう、こんなふるき良き日本の家族人情喜劇を観れるのは>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.3

完全にだまされました。エリザベスほんとにお気の毒。ここでも帝国の逆襲トーントーン寝袋見れるとは。でも、あの大傑作の足元にも及ばない。

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.5

ふるき良き(?)アメリカ映画。今、何故この内容の作品とるのかわかりません。途中から音楽の応援もあり、最後まで想像通りに進んでいきました。たまにはこんなのも有りです。

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.9

大好きジェイクの新作。カルロスとの再会から涙腺崩壊。ジェイクって、クソ野郎、ゲス野郎、カス野郎やると俄然光を放ちます。今回もまさしくそうでした。原題は仮面ライダーみたいでしたが邦題の方がいいです。母親>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

ジェシカ主演なら観ます。あの迫力の豊満なバストに釘付けになるのは男の性。いつもの鮮やかな真紅の口紅でなかったのは残念ですが。どんな逆境にあっても自分を奮い立たせ復活していく様は彼女にお似合いだと思いま>>続きを読む

恋愛依存症の女(2018年製作の映画)

4.0

今日も仕事でヘロヘロなのに、199分の長時間作品をナイトショーで観に行くなんて無謀。正直冒頭、キャラについて行けず大失敗かと思い寝てもいいやと諦めました。しかし、このキャラが肝だったのです。麻薬がどん>>続きを読む

海を駆ける(2018年製作の映画)

3.8

マスコミ試写でお先にみせて頂きました。不思議な魅力のある作品です。ほとんど外国映画の雰囲気。ファンタジー!?主役はサチコ?というくらいディーン出番少ない。鶴田さんは何故???

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.0

私にはダメでした。三池さん作品はいいか悪いかはっきりしているのはいつも通り。世間の評価は知りませんが。トヨエツの映画のアクセントが気になってしかたありませんでした。しかし、すずちゃん、大物になりました>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星(2018年製作の映画)

3.8

わかっちゃいるけど、これでオリジン終了はなんとも哀しい。ファーストシーズンをオリジンレベルでヤマトのようにリメイクして欲しいと願うのは私だけでしょうか?ローグワンの喪失感に似てました。
誕生赤い彗星と
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

3本目に観るので敢えて吹き替えに。でも、3時間は疲れた。これでもかこれでもかの見せ場の連続で、余計疲れた。MARVEL、どんだけ金かければ気がすむのだろうと考えてしまう。大好きなエンターテインメントな>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

これ、マヂでダメです。むちゃくちゃ好きです。自分ではオタクではないと思いつつ、わかるのが沢山あったりすると嬉しくなりますよね。本当に昔のキャッチ「スピルバーグがまたやった!」の通り。近隣シネコンでは既>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.6

いまだに1人て観るのが恥ずかしい、しんちゃん。でも、毎回、粘土アニメからハートを鷲掴みにされしんちゃんワールドに浸かっている。今回も楽しかった!あの駄目駄目マサオくんが兄弟子と皆に認められるシーン、凄>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.5

この18禁作品がTOHO本丸日比谷でかかること、それに公開されて少したっているのに、昨日も満員、そしてお客は女性のペアばかり。
はっきり言ってエロ映画、松坂桃李じゃなきゃロマンポルノと同じじゃん。あの
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.9

新感染でキョーレツな印象残した旦那ドンソク。その魅力を更にパワーアップして戻って来ました!まぁ中国系の奴らの極悪非道の凄さには辟易しながらも、それに立ち向かうドンソクのカッコ良さ。ファンには堪らんです>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

友人達から絶賛の嵐。確かにソン・ガンホ印には駄作なしは今でも生きてます。後半泣けて泣けて。丸腰の市民を暴徒として制圧する軍人達、デトロイトと似てます。それにチームワークで闘いを臨むのは涙なくしてはみれ>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.4

原作は読んてませんが、木梨さんに爺出来るのか、不安でした。メイクでしょうが脱いだときは紛れもなく爺。家族とのバランスも気になった。実は新宿ヤマダ電機前ロケに参加しました。それは楽しかったです。使われて>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.8

テアトル新宿の冷房のお陰で悪寒のする中鑑賞。大好きマークの新作、単純な駄目駄目息子の成長物語と思いきや、そんな訳なかったです。大物俳優が脇を締めてますからね。見応え十分でした。途中、たまたま持っていた>>続きを読む

私は絶対許さない(2018年製作の映画)

3.3

観ていて、とても辛かった。内容もそうだけどテアトル新宿寒すぎ。真夏日なので半袖で出かけた私も悪いけど。風邪状態で観るには、ある意味ヨーコのツラさを少しでも理解するには良かったかも(苦笑)。そして、主人>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

こんなに映画をワクワクして楽しんで観たのはいつ以来だろう。クスッとなるところも満載で、最後にはまさかのホロリ。個人的にはロック様の決め顔が一番受けた。これもベスト入り確定!映画館で観ないと後悔しますよ>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

期待通り、やっぱりというか。オリジナルではあんなに燃えたのに。中国資本の影響(あんなの東京じゃない)とどこまでもトランスフォーマーに似てくるのがどうしても鼻につく。デルトロの変態性がこの上もなく好きだ>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

言わずもがなのスピルバーグ作品。メリル&トムでつまらない作品のわけがない。当たり前だけどその通りだった。リアルタイムでスピルバーグと同じ時代を生きられた幸せ感じる。ニクソン後ろ姿でも似てた。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.8

今回のコナンも楽しませてくれました。いつもながらクライマックスの有り得なさには苦笑。第1作に似てましたね。ここ最近のガンダムは個人的には不満。次回作の怪盗キッドに期待します!

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.0

3部作最終、とても素敵な青春映画。凄く好きです。生涯忘れられない青春の宝物の時間。私にはそこまでの思い出ないので今でも、それを追いかけています。昨年の映画製作と今年の俳優部出演で、年齢重ねても、実現で>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.7

面白かった。けど、やっぱりジェニファー・ローレンスって好きになれないんよね。のっぺり顔がどうも。誰かがアップしていた通り、韓国映画みたいでした。痛いシーン、特に皮膚剥ぎ器、はじめてみたけど、これ今後出>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.7

いつものジェダイマスターリアームアクション、いつまでやるんでしょうね。でも、ついつい好きで観てしまいます。今回は相当年齢を顔の皺に感じますが、全然いつも通り滅茶強いです(笑)。後で考えると?も多いので>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.4

やっぱしベッソン印の中国資本大味作品だった。結局、カーラだけをずっーと見ていたようです。空港税関内で必ず見かける超有名モデルの彼女。眉毛のぶっとい女の子好きなんだよなぁ。冒頭の惑星にはとても行ってみた>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

本当に華奢なアリシアのタンクトップをみるための映画です(笑)。スターウォーズのデイジーリドリーでなかった理由がわかりました。ハラハラしそうなシーンが継続するのですがちっともハラハラしないのです。続編期>>続きを読む

ラーメン食いてぇ!(2018年製作の映画)

3.3

確かに丁寧に撮った作品とは思うけど、ちとお話し無理あり過ぎかな。可もなく不可もなく。片岡礼子さんの元気なお姿が1番嬉しかったです。

生きる街(2018年製作の映画)

3.6

忘れてはいけない事のひとつ。観るべきタイミングで観れて良かったです。へんに泣かせようとかしない、おしきせのないストレートなお話しで救われました。朝ご飯がとにかく美味しそうだった。とても素敵だった工藤さ>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

4.1

また、いつもの少女漫画原作のくだらないキラキラ映画とばかり思っていました。全然違いました。素晴らしい青春映画、そして60年代の佐世保をスクリーンで蘇えさせてくれました。もう大好きです!文化祭の二人のセ>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.7

瀧本監督久々の新作。そもそも、エキストラ始めたのが瀧本さんのイキガミから。今回も交通指導員?で参加させて頂きました。
映画、面白かったです。冒頭いきなり途中からというサプライズ、どんどん引き込まれまし
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

安定のPIXAR作品らしく、ささくれだった私の心を優しく癒してくれました。ほとんどのシーンが死者の國なので、登場人物が骸骨です。でも、骸骨でも、いい表情出せるのですね。お話しはいかにもなんですが、ラス>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.9

これも実話とは知らなかった。サリーさん、この作品でも素晴らしいです。今回は潜りませんけどね(笑)。こころが暖かくなる素敵なお話です。海辺の道のシーンがお気に入り。

レオン(2018年製作の映画)

3.0

本当は観るつもりなかったのですが。よくある男女入れ替わりもの。相当のバカ映画です。竹中直人さんも悪ノリし放題って感じで、反対にジャングルポケットの斎藤さんがいつもの跳ねた感じ封印していたのが面白かった>>続きを読む

>|