へいゆさんの映画レビュー・感想・評価

へいゆ

へいゆ

観賞メーターから引っ越してきた人です。
映画観まくっている後輩に刺激を受け、ちゃんと感想を書くと決意したての人です。

映画(91)
ドラマ(0)

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.9

すげぇ良かった!

あのベトっとした質感は東映にしか出せないよ最高。細部の描画にすごくこだわっていて観ていて昭和の終わりの空気が体にまとわりついてくる。
演者の脂ぎった顔、肌感がたまらんですね。男だけ
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.2

ウォンカーウァイ汁だらだらな。
映像サークル大学生が真似しそうな画のつくり。あのコマ落ちシーンちょいちょい入れてくるのが自分には合わないぞ。

大失恋の経験がある人にはシンパシーあるかもですね。失恋の
>>続きを読む

ハロウィン(2007年製作の映画)

4.5

オリジナル版は未視聴。

容赦なく殺していくマイケルの勢いが最後まで続いて良き!もう慈悲とか全くない殺し方、サイコの極致いってる。

オリジナルにはないらしいマイケルの幼少期が描かれているものの、なん
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.7

遺伝子操作で出生が管理されて生まれた瞬間にその子の生存年数がわかるような社会。

もう、すぐそこまで来てるよねえ、先日中国の研究者が遺伝子操作した赤ちゃん作ったってニュース出ていて、この映画を観返した
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

3.5

首や腕が吹っ飛んだりして若干グロが入る貴重なジブリ。

美輪明宏はどんな役柄でも美輪明宏が消えない。

告白(2010年製作の映画)

5.0

5回目くらい。

大好きな映画。
冒頭の松たか子のホームルームでの告白シーンから一気に引き込まれて最後まで息継ぎさせない感じで進む。
106分と短めなのにいつも三時間くらいに感じる物語の濃密さ。

>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

5.0

初観。

なにこれー超おもしろい!!
今まで観てきたホラーのどれにも当てはまらない怖さ。

最初油断しすぎてちゃんとストーリー追ってなかったんだけどレザーフェイスがなんで殺人するのか描いてた?余計なス
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.0

おっぱいがたくさん出てくるおっぱいの映画。
B級の極み。

「死ぬ直前に観たい映画」にとある後輩があげた映画がこれ。この映画はふつう選ばない。やはりその後輩の着眼点はいつも尊敬に値する。

快楽を求め
>>続きを読む

アキレスと亀(2008年製作の映画)

3.8

けっこう良かった。

芸術に没頭した主人公の狂気じみた行動。アートの価値付けのあいまいさに、観ていて胸が締め付けられる。

芸術は特に、才能があってもパトロンがいないと意味がないということ、アートなど
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.9

新宿TOHOシネマズのDOLBYATMOSで。

もう観た人全員が漏れることなく絶賛してるのでここで改めて言う必要もないんですが、最高でしたね。

オープニングの20世紀FOXのファンファーレ音から鳥
>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

3.8

初観。

近未来ディストピアを描いてるテリーギリアムのイカれた作品だ。
もう世界観がブッ飛びすぎててついていくのに必死になってしまった。
造形美術の美しさや随所に出てくるダクトや配線のこんがらがりが描
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

4.5

2回目。

おもしろい。白黒が醸し出す不気味さはもちろん、静寂ベースのなかで事件が起こるときに流れるあの音楽の際立ち良いよね。

最初の事件直後の排水溝からの女性眼球アップのクロスフェードきれいでほん
>>続きを読む

ヴィデオドローム(1982年製作の映画)

3.9

初観。

これ大学生のころ買ったCutの映画特集に紹介されててずっと観たかったやつたまたまレンタル屋さんで見つけて鑑賞。

なんだか今までみたことないホラーでした。ブラウン管のテレビに吸い込まれたりテ
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.0

初観。

SFホラーの金字塔。
「生き物」の造形デザインした人変態すぎるでしょ!ってくらいグロテスクでアーティスティックであり正気の沙汰ではないよねすげぇ好き!

南極基地という限られた空間のなかに人
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.5

息子が「トットロ トット~ロ」って歌えるようになってたので一緒に観た。わが子の記念すべき人生一本目の映画だよ。

わが家ではトトロを見せたことがないしぬいぐるみやイラストも見たことないはずなのにトトロ
>>続きを読む

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

4.0

18年ぶり2回目。

悪魔系ホラーの金字塔。

有名なブリッジ四つ足ウォークシーンはオリジナル版にはないのですね。それをはじめ、衝撃的なシーンが多々出てくるんだけど僕がいちばん怖いのはサブリミナル的に
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

5.0

大学生のときに劇場で観て以来トップクラスに好きな映画で10回以上観てる。ふと観たくなって今また観た。

公開2003年。当時自分は都心にある、リア充がたくさんいる大学の学生で、実家の千葉から通っていた
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.2

3回目くらい。

飛行機つくってるのが全員女なのとか、魔女宅から始まる女の子活躍の系譜を着々と歩んでる感ある。

ポルコの台詞ぜんぶカッコよい。
「徹夜はやめとけ、良い仕事にならない。美容にもよくない
>>続きを読む

オーメン(1976年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

初観。

エクソシストと並んでキリスト系オカルトホラーの代名詞的なくくりなのかな。

ダミアン少年が全編通してかわいい。それがまた怖さを助長させる。ギャップ萌えしちゃう。

屋上からの首吊り、串刺し、
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.8

SNS中毒のヤロウドモすべてに観てほしい良作。

すべての描写がPCスマホのウインドウの中で表現され物語が進んでいくって予告編みたときから「げー2時間飽きそう」と思っていたけれど侮っていた。マウスの動
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.8

激ヤバ!幸福感に溢れていて良作。

主人公は悲しい境遇に晒されている場面から物語が始まるんだけどそのシーンの変態さ異様さから引き込まれてしまった。

友情、夢を追うこと、映画の力、優しさ、いろんなもの
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

5.0

最高ですね毎分笑ってた気がする。1の何倍も面白かったよ早く観ればよかった。

運がいいドミノ、こんなキャラ設定出したら何でもアリじゃんおもしろくなるに決まってんじゃん!

たくさんエグい死に方でてきて
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

4.0

テレビでやってて何とはなしに観てたら面白くて最後まで。

古沢良太の脚本おもしろいよなあと改めて思った。
中国人役の蒼井優がぶっ飛んでいて吹いた「玄関にラー油まいとけぇ!」とか書けるのすごいよなそんな
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

初観。

ちょっと観る前の期待値を上げてしまったのを後悔した。周囲の評判が良かっただけに。期待感なしに観たらもう少し「ウォーすげ!」てなったなあ。

カーアクションのカットセンスに迫力、そして音楽と動
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.8

観賞3回目くらい。

ともかくヒースレジャーは死んでしまった。このとき28歳。

初観のときは自分は25歳くらいで、2回目は2011年くらいで28歳、いま35歳で観直すとなんだかもう自分とヒースレジャ
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

5.0

何度も観ている傑作で、夏休みの最後の夜、社会復帰する前にまた観てしまった。

バットマンのマイケルキートンが主役の時点で現実と脚本のリンク感出てるのが良いし、マーベル系のヒーローものを揶揄する台詞の数
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

初観。

シャーリーズセロンのアクションやっぱりヤヴァカッコよいですね。
ワンカット7分くらいのアクションシーンがありましてそれが圧巻。冒頭から傷だらけで登場したんで「どした!?」って思うんだけどこの
>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

3.0

金曜ロードショーで初観。

ああこうゆうの嫌いじゃないかも。

刀で戦い挑むヤクザに対し、絶対瞬殺できるだろうに刀だけで決闘するプレデター。オマエ武士道の鏡かよっ!

その街のこども 劇場版(2010年製作の映画)

5.0

10回くらい観てる。

こないだ神戸に旅行した。
旅行で初めて、この映画に出てくる三ノ宮駅に降りた。そのときにふと、何回も観ているこの映画を思い出して、帰宅した日の夜にまた観た。

これは、子どもの頃
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

5.0

吹替。

前作も期待感も越えてきた今年最高レベルに匹敵する観賞後の満足感でイオンシネマをこんなにすがすがしく出たのは初めてだよ。平日日中のイオンシネマ最高だな!アントマン&ワスプのおかげだぜ!

スト
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

4.3

初観。吹き替え。

小さくなるヒーローっていうのが今までにあまりなかった。やたら大きくしたがるからな。その設定斬新で良いね!

エヴァンジェリンリリーやばキレイ。

蟻さん…虫嫌いな自分にとっては苦痛
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.6

初観。

たいへん良かった。子どもと親がテーマの映画(この映画は叔父と姪の話だが)は、自分に子どもができてからどうしても感情没入してしまうので観ながら心が右往左往して、駄作でもだいたい泣ける(あ、これ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

サメの前に巨大イカが前菜的に出てきたのウケた。

メガロドンの最後の殺し方が小粒なやり方なのだがなんともいえぬジワジワっぷりで自分はたまらんでした。

グロテスク描写があまりなかったのが物足りないがウ
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.5

初観。

ヒーローはいつもなにかに迷っている。ウルトラマンやバットマンはいつも正義の定義や善と悪について思いを巡らしながら戦っていた。

時にそれが観てて疲れることもあるなかで、デッドプールはそうゆう
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

初観。

良かった。パディントンのピュアさがいちいち気持ち良いというか、人の良い面をまずみることって大人の人間は本当になかなかできないからパディントンの言動が心に刺さる。

パディントンが行動する軸が
>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

3.8

2回目か3回目。

チャップリン観ると言葉の滑稽さや無意味さを感じざるを得ない。でも社会において言葉はたいせつだけどな。

それにしても動きがコミカルで表情が豊かで面白く、それも言葉を削ぎおとしている
>>続きを読む

>|