カカオさんの映画レビュー・感想・評価

カカオ

カカオ

ロボコン(2003年製作の映画)

3.0

まだ初々しい長澤まさみ、
まだゼンゼン整っていない小栗旬、


全国の高専がロボットで争うゲーム、ロボコン。
中途半端な理系の心を刺激させる。















青春の脚本は今ひとつだった
>>続きを読む

ガートルード/ゲアトルーズ(1964年製作の映画)

3.1

カール・テオドア・ドライヤー・セレクションにて鑑賞。4作品目。

どの作品を観てもオープニングの音楽が素晴らしいが本作品は少し不協和音のようなピアノの旋律が特徴だ。
>>続きを読む

奇跡(1954年製作の映画)

3.4

カール・テオドア・ドライヤー・セレクションにて鑑賞。3作品目。

どの作品を観てもオープニングの音楽が素晴らしい。


農場を経営する家族。
自分がキリストになったと思い込んでいる次男、宗派の違いで好
>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

3.0

12分の短編アニメーション作品。

海面の上昇に伴い、積み木のように上へ上へと家を増築しているおじいさん。


一日パイプは3回、
ワインは一杯、
これは死んだおばあちゃんとのお約束。





環境
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.0

家族環境に恵まれなかったマイケル。マイケルとマイケルを温かく迎える家族の物語。

レビューの評価が高いことはわかっていたが、特に事前情報を確認せずに鑑賞。















率直に良かった
>>続きを読む

SP 革命篇(2011年製作の映画)

2.9

ドラマ未視聴、原作のマンガは読んだ。
岡田准一主演、SPとして活躍する男の物語。
劇場版2作品目。

相変わらず岡田准一のアクションが冴える。




















前作で乱れる兆し
>>続きを読む

SP 野望篇(2010年製作の映画)

2.8

ドラマ未視聴、原作のマンガは読んだ。
岡田准一主演、SPとして活躍する男の物語。


相変わらず岡田准一のアクションが冴える。

















ドラマの延長線上が映画だったのか。
>>続きを読む

おかえり ただいま(2020年製作の映画)

2.9

2007年名古屋、31歳の女性が深夜の帰宅中に拉致されて所持金を奪われる。カードの暗証番号を言わされた後に殺害される事件が起きた。


亡くなった彼女の人生を振り返り、3人の犯人たちへの裁き、犯人の少
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版(2018年製作の映画)

3.9

「ダイナミック完全版」を劇場で鑑賞以来の鑑賞。やはり本作品は戦車の対決場面の魅せ方が上手い。障害物をうまく活用する頭脳戦とアグレッシブな音響で緊迫感が伝わる。


52分も長いわりには、どこが追加され
>>続きを読む

裁かるゝジャンヌ(1928年製作の映画)

3.3

カール・テオドア・ドライヤー・セレクションにて鑑賞。「怒りの日」に続いて鑑賞。


本作品は音楽はあるもののサイレント映画。

図書館にジャンヌ・ダルクの裁かれた判決内容が詳しく残っているらしく、それ
>>続きを読む

怒りの日(1943年製作の映画)

3.5

カール・テオドア・ドライヤー・セレクションにて鑑賞。


讃美歌の音楽がメロディーが暫く残る。

魔女狩りが横行していた背景の時代に起きる悲劇。







16世紀、ヨーロッパでも男尊女卑の考え方
>>続きを読む

仁義なき戦い 頂上作戦(1974年製作の映画)

3.1

伝説的なヤクザ抗争シリーズの4作品目。

相変わらず奪るか奪られるかのヤクザ抗争。



「頂上作戦」とは警察が暴力団首脳級幹部を逮捕や拘束する作戦の通称。
















別役で登場
>>続きを読む

memo(2008年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

独特な世界観、
私は心から面白くなかった。

メモ依存の方が本当にいるのであれば失礼な話で申し訳ない。



滑稽さが伝わらない佐藤二朗ワールド。

交渉人(1998年製作の映画)

3.4

当時は大活躍していたケヴィン・スペイシーとサミュエル・L・ジャクソンの2人が魅せてくれる交渉の駆け引き。

人質交渉モノ。警察署内で警察年金横領事件が発生。真犯人は誰なのかを探るサスペンスミステリー。
>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.0

人気マンガシリーズの4作目でファイナル。

どうしようもないクズか、とにかくヤバい奴しか登場しない。


丑嶋社長、柄崎、竹本の中学生時代を振り返りながら、過去の因縁が絡み合う抗争。
>>続きを読む

リアル鬼ごっこ(2015年製作の映画)

1.5

園子温監督作品、異常な作品。

トラウマになりそうなほどに、連続する女子高生の殺戮。


















途中から支離滅裂で理解不能。
パラレルワールドの横行で訳わからない。

激しい
>>続きを読む

黒帯三国志(1956年製作の映画)

3.3

三船敏郎主演、
硬派一徹な柔道青年オゼキの波瀾万丈な人生を描く作品。


帯の字体が「帶」となっているのもカッコいい。


冒頭、北九州の或る町の表現で始まるが、製作当時には北九州市の存在しない。ただ
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

2.9

ハワイ沖、複数の国で軍事演習実施中、侵略して来たエイリアンと対決するアクション作品。

















おめでたい作品というか、
これぞ「ザ・アメリカン」な作品だ。

みんなのチームワ
>>続きを読む

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS(2008年製作の映画)

2.4

クロサワ作品の「隠し砦の三悪人」が「スターウォーズ」作品構想のキッカケとなっていることは有名な話。


そのクロサワ作品をリメイクする経緯がリスペクトしているからチャレンジしたのか、脚本が良いから安易
>>続きを読む

馬賊芸者(1954年製作の映画)

3.5

京マチ子主演、
火野葦平原作、原作は未読。

芸者の職業の地位が低く見られる偏見の中、必死に生きていくさまを描く作品。







事前情報ゼロで鑑賞したが、脚本のストーリー構成が良くて面白かった。
>>続きを読む

かくて神風は吹く(1944年製作の映画)

2.1

博多湾における元寇の攻防


神国を侵さんとした
暴慢なる敵にいまぞ天譴下る







戦時中、元寇に打ち勝った神風の美談によって戦意を高めることを目的とした作品に思える





1944年の劣
>>続きを読む

雄呂血(1925年製作の映画)

3.3

大正の無声映画、活弁士は澤登翠

クライマックスの死闘は圧倒させられる
伝説的なチャンバラの場面と聞いていたが、見応えありました。

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.2

「ターミネーター2」の正式な続編というところが今までの「3」以降の作品を全否定している構想だ。


それを聞いて思い出したが、確か「エクソシスト3」も「エクソシスト」の正式な続編だったような。調べたと
>>続きを読む

サボテン・ブラザース(1986年製作の映画)

3.4

メキシコを舞台に盗賊集団に怯える村を救うコメディ作品。


スリーアミーゴス、無声映画の人気喜劇役者がひょんな勘違いから実際に困っている村へ赴く。





「七人の侍」を彷彿させる。
コメディとミュ
>>続きを読む

釣りバカ日誌20 ファイナル(2009年製作の映画)

2.6

土曜は釣りバカ 第20弾
(19を見るまで留保していた)
釣りバカリレー、ようやく完遂。

ファイナルとなる本作品。
最後のカーテンコールは感慨深い。






















正直
>>続きを読む

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様(2008年製作の映画)

2.8

土曜は釣りバカ 第19弾

本作品のみ、時期ズレで放映。
山本太郎が出演している関係上、総選挙の時期と重ならない年末へ放映をずらしたと勝手に推測。








カードキーの扉

会社の胃カメラ判定
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.0

デルトロ脚本のホラー。

閉鎖されている幽霊屋敷を肝試しして分厚い本を持ち帰る。




















動くかかし、
顔から大量のクモ、
足の親指を探す男、
不気味な太った女、
バラ
>>続きを読む

高瀬舟(1988年製作の映画)

3.0

原作未読。
森鴎外の文芸作品。

島流しのため高瀬川を下る舟。
優しくて正直な喜助が裁かれた罪を振り返る物語。























不遇な生い立ち、
下半身付随で自分自身を責
>>続きを読む

BELUSHI ベルーシ(2020年製作の映画)

2.7

33才、若くして薬物の過剰摂取で亡くなったジョン・ベルーシ。彼の成功と挫折を描くドキュメンタリー伝記作品。



人を笑わせる天才、
そして運動神経が抜群だ。




マーロン・ブランドと
エリザベス
>>続きを読む

成れの果て(2021年製作の映画)

3.7

姉が婚約したのは、絶対に許せない男だった。





過去の軽率な行動

すぐに広がる小さな世界


許せない憎悪
それぞれの苦悩







修羅場に引き込まれて圧倒される

退屈な空気を感じさせ
>>続きを読む

ヒミズ(2011年製作の映画)

3.2

原作未読。
震災の被災を受けた町、劣悪な家族環境で貸ボートを営む中学3年生。

被災者にテントスペースを与えて慕われている一方で、本当の家族からは疎まれる。


不遇に見舞われ、挫けそうになる。
とて
>>続きを読む

フラッシュ・ゴードン(1980年製作の映画)

2.5

クイーンの主題歌が有名な作品。

一度見たことは覚えているが内容はさっぱり覚えていなかった。今回改めて再鑑賞。

四つ折りにした折り目が付いているチラシ?
手抜きを感じるチープ感満載の表紙。

それで
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.7

ファッションデザイナーになるためロンドンのソーホーで新しい生活をすることになったエロイーズが体験する恐怖。


作品予告では、ホラーかつミステリアスであり、表現がオシャレな印象の作品でありました。その
>>続きを読む

シン・レッド・ライン(1998年製作の映画)

3.0

ガダルカナル島における日本とアメリカの攻防戦線を描く作品。















背丈よりも高い草を掻き分ける。
トーチカから発射される銃撃。

澄み渡る青空と一面に広がる緑の草むらのコンスト
>>続きを読む

黄昏(1951年製作の映画)

3.7

レストランの支配人として地位を確立している男性と田舎から都会へ成功するための希望を持った女性のロマンスを交えた人間ドラマ。







貧しいと混乱し、親切な人に惹かれる。
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.3

クリスマスの夜、ホームレス3人が赤ちゃんを拾ってしまう。

元競輪選手、元ゲイバーのホステス、家出少女、それぞれ3人がホームレスに至るまでの背景と改めて巡り合わせながら物語が進展する。
>>続きを読む

>|