appBanaさんの映画レビュー・感想・評価

appBana

appBana

twitter: howmuch515
about: https://howmuch515.github.io/

映画(88)
ドラマ(0)

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.5

アニメ映画視てから視ました。

変な臭さが無くて爽やかな青春ものでした。

アニメとほとんど話の内容は同じなのに、雰囲気が別物に感じられました。

夏を感じられる作品だと思います。

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

2.7

二人の友情に感動した。

もっとラマヌジャンの功績や発見した数式がどのようなものなのか具体的な話が無かったのが欲しかった。

ところどころ話が省略されたように感じた。

寄生獣 完結編(2015年製作の映画)

3.0

前編に続き漫画原作の実写映画としてはそこまで悪くなかった気がします。

細かいところを削られて、少し残念ではあります。

田宮涼子のシーンはアニメや漫画よりもグッとくるものがあったように思いました。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シンプルで王道な信用できない語り手の話でした。

一人だけ生き残ってるから怪しいとは思ってましたが、キートンの存在感で隠されて見落としてしまいました。

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.5

世にも奇妙な物語っぽい話だと感じました。

この系統のトリックは多いので気づく人は気づくと思います。

途中で真相に気づいてやや退屈を感じました。

ソウ(2004年製作の映画)

4.9

ただのホラーサスペンスだけでなく、密室脱出ゲームみたいな面白さがありました。

ゲーム内容のエグさにセンスを感じる。

ラストの衝撃がすごかった。

その後の話が気になるので2を早く観たくなりました。

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初にこの作品には秘密があるとブルース・ウィリスのコメントから始まる。

しかし、その秘密には開始5分程度のところで気づいてしまったので途中からはただのホラー映画になってしまった。

ホラーとしてはあ
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

観れば観るほど作品の謎や雰囲気にのまれていった。

作品のところどころに仕込まれた伏線がとても巧妙で素晴らしかった。

クライマックスではどんでん返しがあって、自分に合った作品だと思う。

自分が本当
>>続きを読む

Another アナザー(2011年製作の映画)

1.0

全然だめ

原作が大好きなだけに許せないくらいだめ。

一番大事な叙述トリックを最初から明かしてしまうし、原作のほとんどの伏線を無視して無理やり時間内に収めたような感じになってしまった。

ホラー要素
>>続きを読む

ザ・インターネット2(2006年製作の映画)

3.0

劇場公開されていない作品らしい。

前作のザ・インターネットの監督の息子が監督を務めているらしい。

前作の設定や、インターネットはほとんど関係ないが話の流れはほぼ一緒だった。

自分が社会から消えて
>>続きを読む

ザ・インターネット(1995年製作の映画)

4.8

作中に出てくるMacのマシンがとても古いが、逆にレトロな感じがでていていい。

作品の内容にはネットワーク社会になりつつある時代の社会への警告が見て取れる。

情報が重要視されていく社会変化の恐ろしさ
>>続きを読む

藁の楯(2013年製作の映画)

2.4

藤原の演技がいい加減慣れてきて、狂気をあまり感じなくなってきたので、事件の凶悪さが分からなくなってしまった。
いろいろ突っ込みどころのある作品ではあるが、いつ誰が殺人者として襲ってくるかわからないとい
>>続きを読む

劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇(2013年製作の映画)

1.8

ドラマシリーズから見続けていたが、あの頃とはもはやジャンルが違う。
あの頃はまだサスペンス要素があったが、今は完全にSFである。
SF化しても面白さが残っているのはさすがだと思う。
ストーリは難解で、
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2013年製作の映画)

3.2

ジョブズの仕事に対する姿勢などがありありと描かれていたが、情熱が強すぎて、見方によってはただのわがままを言っているようにしか見えない。

彼も成功しなければ、ただの屑だったのだろう。

俺達の戦いはこ
>>続きを読む

平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊(2014年製作の映画)

4.7

今まで観た仮面ライダーの映画の中でかなり上位の面白さだったとおもう。
藤岡弘、を含め当時仮面ライダーを演じていた俳優が多く登場していたので見どころ満載だった。
ガイムばかりが目立つような作品でもなくデ
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

4.6

ヤクザ映画を始めてみたので新鮮だった。
残酷なシーンとかも多かったが、登場人物全員悪人なので誰が死んでもすっきりする。
加瀬亮がインテリヤクザをやっていたが結構似合っていた。
キャラがみんな立っていて
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

4.5

 前回に引き続き悪人しか出ないので誰が残虐な殺され方をしても笑ってしまえるほどすがすがしかった。
 キャストがめっちゃ豪華なのでそれだけでも十分見る価値はあると思う。
 木村がいい奴になっていたり、石
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.8

 催眠術やCGを使ったりして少し無理があるようにも感じたが作品は華やかになった。
 黒幕の正体がまあまあ意外だったが、正直マジックに夢中になっていて黒幕探しを忘れてしまっていた。
しっかり黒幕を考えて
>>続きを読む

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.4

時間も金もない状態で参勤交代する上での工夫が面白かった。

人情物としても楽しめた。助け合いと人を思いやることって大事だな~としみじみ感じた。

居合を使った戦闘シーンがかっこよかった。

悪役の陣内
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

無責任な人間たちによる炎上がリアリティあって怖かった。

こういったことは現実でもよくあることなので、自分が加担しないようにしたい。

SNSを扱う人は一度見おくといいと思う。

作品を通して自己顕示
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

刺激的な映画ではあるけど、そこまで深い内容でもなかった気がします。

ヤクザの構想とかある割に真相がシンプルなのが良いような悪いような...
先生が犯人だった伏線がなかったと思うので、肩透かし間が強か
>>続きを読む

寄生獣(2014年製作の映画)

3.5

原作とアニメ観ました。

寄生生物のCGがしっかりしていました。

前編だけですが、若干の改変はあるものの母親の体が攻撃をずらす箇所以外は再現率はいいほうじゃないかなと思います。

ストーリーもいい感
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.7

SFのデストピアではなく、現実の問題と考えると非常に怖い

自分の中の疑問や、正義にまっすぐ向き合って行動したスノーデンがひたすらかっこよかった。

個人情報が抜かれていることに鈍感な人(自分もそうで
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

終始スリルがあってハラハラしました。ハプニングが尽きないので緊張感が途切れずに一気に観てしまいました。

宇宙での遭難の恐怖がリアルに伝わってきます。

ジョージクルーニーは生き残ると思ってたので驚き
>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

前作に比べると薄い感じがした。そこまで深い頭脳戦は楽しめない。

酷評されてることを知っていたので期待していなかったせいか、そこそこ楽しめたと思う。

三島がキラという展開は予想外だったので面白かった
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.0

広末涼子やっぱ美人。
堺雅人の演技が面白かった。

コメディ要素も恋愛要素のどちらもしっかりしていたと思う。

"マジックアワー"を思い出した。

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

4.6

タイトルだけは知ってる程度の作品でしたがすごく面白かったです。

ただのコメディかと思ったらミステリーでした。

ほのぼのした日常の影の部分を上手く使っていて、コミカルなようなホラーのような印象を受け
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.6

見終わってすぐに最初から見直したくなりました。

時系列が遡っていくので独特なミステリーです。

主人公の記憶が信用できないので、登場人物の誰も信用できず、予測しづらい展開になっています。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

5.0

孤独な二人が心を通わせていく過程の描写が素晴らしかった。

レオンもマチルダも良かったけど、スタンスフィールドの狂ったキャラの表現力が凄かった。

レオンの戦闘シーンがかっこいい。

キサラギ(2007年製作の映画)

5.0

こういう密室コメディ好き

伏線の張り方が上手かった

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.7

サスペンス要素よりもアクション要素の方が多めだった。
プリンは誰か?よりもプリンを探す過程での格闘の方が見どころかも。
映像はそこそこ迫力があった。
黒幕がはっきりしないので少しモヤモヤした。

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.0

両立するって難しいなーと
売れるものを作るのか、好きなものを作るのかってところも考えさせられた。
言うほど”キセキ”の作成秘話ではなかったと思う。
ラストの父親の一言には感動した。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.5

 攻殻機動隊としては今一つ。
"攻殻機動隊らしさ"みたいものは感じられなかった。企業の癒着やらの話題が中心ではなかったからかもしれない。
 設定やら内容がごちゃ混ぜになっているのは尺の都合もあるだろう
>>続きを読む

第9地区(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 わかりやすい差別の話

 結構エグかった

 主人公は救いようがない屑なのでラストは当然の結果なのかなと

 人間とエイリアンの微妙な友情が良かった

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ(2010年製作の映画)

2.9

 サイクロンやメタルなどのドーパントが見られるというのは面白いと思いますが、いまいち魅力的じゃない。
ドーパントないですけど、あんまりカッコイイデザインじゃないんです。仮面ライダーエターナルもなんか違
>>続きを読む

>|