ふゆこもりさんの映画レビュー・感想・評価

ふゆこもり

ふゆこもり

  • 25Marks
  • 32Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

羅生門(1950年製作の映画)

3.5

羅生門という名の藪の中。
元々『藪の中』が好きだったのだけれど、原作にはない4人目の証言が付け足されたことで、なぜ3人が異なるの証言をしたのかという謎について、あらたな解釈をすることができた。

独特
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.2

ひたすら痛そう…と呟きながら見ていた。現地にある物品を使ってあれやこれや(察し)していくのが割と好き。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前作の雨の降りしきる混沌とした世界とは打って変わって、作中後半の雪の降る静かな世界が印象的だった。
作中も、そして現実の世界でも前作よりも技術は格段に進歩しているけれど、どこかデジタルではあるがアナロ
>>続きを読む

屍者の帝国(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

魂があるということは思考するということである。
この理論をもとに、屍者としてのフライデーが見聞きしたものを文として書き記していくうちに思考が生まれ、それは魂が生まれたと同意義である、という流れが良かっ
>>続きを読む

ねむれ思い子 空のしとねに(2014年製作の映画)

2.9

人は何をもってその人であるのか、という話。

CGの癖や話の展開の速さなど気になるところも少々。

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.4

想像していたよりもずっと静かな映画だった。

中国と日本が混ざった雨の降りしきる都市や、ライト館を彷彿とさせる古びた神殿のようなタイレルの自宅やアパートなどの舞台美術とシンセの効いた音楽がとても好み。
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

開始数分、唐突に始まる銃撃戦でここが戦場であることを嫌でも再認識させられる。
そこから秒針を刻むようなBGMも相まって、観客である我々も次こそは無事に浜辺を出航し、故国へと辿り着けるように祈りながら、
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.4


最後のキャロルの表情に全て持っていかれた。

暗黒女子(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

途中で何となくオチは察したが、更にその上をいくオチだった。

女子特有のどろどろとした感情や人間関係が、ミッション系の厳格な女子校という舞台装置や、それぞれが小説にして朗読していくといった演出によって
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.5

神話(伝承)の続きの物語であり、やがてモアナとマウイの旅も語り継がれ、伝承へと変わるのだろうと考えると胸が熱い

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後の時間の整合性が気になる

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.3

機内上映にて

RPGのような映画だった(特に仲間を7人集めるシーン)

ジャッカルの日(1973年製作の映画)

4.5

午後のロードショーにて
ジャッカルとフランス警察の淡々とした攻防戦が良かった