icemanさんの映画レビュー・感想・評価

iceman

iceman

映画(922)
ドラマ(6)

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.8

♫ 訳あり家族のロードムービー ♫

基本、ロードムービーは📽大好き。

勝ち馬と負け犬。
色んな人間、家族がいる。

♫ クラクションがいい(笑) ♫

あなたならどのタイプが自分に近しいのか?
>>続きを読む

12か月の未来図(2017年製作の映画)

3.6

こんにちは。

眼鏡を取れば " ブルース・ウィリス " (笑)

一期一会…
想い出す学びの窓…

私の学生時代は常に恵まれた教師達だった様に思う。今は違う職種となるが、それは教師になる事を将来の目
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

3.5

逆さ観…

男目から見ればこれくらいのスコアでしょうか…

再開…
彼女の現れ方とは…
そんな登場ないでしょ…(笑)
私なら突然すぎて何も喋れなくなる。

恋をするのに周りのシチュエーションは大切だと
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.8

僕は男だから遠回しの感想はやめておく事に…

ラスト10分がこの物語の全てですね。

ただ言える事は…
男は何時でもロマンチストです。

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

3.3

監督は " インディペンデンス・デイ "

アメリカ🇺🇸万才!作品。

" ダイハード " は色褪せない素晴らしい作品。今もってあの作品を超えるものは数少ない…

あり得ない話をあり得る様に作ったご
>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

-

皆さまこんにちは。
コロナ、天災…と辛い闘いが続きますが今は我慢の時、前を向いて頑張りましょう。

" 原点回帰 "

無駄な戦いを生きてきた置き土産…
鍛えられた肉体は凄まじく素晴らしい。

本作
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

4.3

" 最後は俺が仕掛ける "

コレがランボー " 最後の戦場 "

生きる意義を教えてくれた " ランボー "
そしてここが求めた安息の地…

一粒で2度美味い!!
4ケ月ぶりの映画館…
そのチ
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.5

何気に手に取ったのだが…🎯

私的に大好きロードムービー…
インド作品はちょい長…ですが、色々詰まってあっと言う間の160分。

インド版 " LION " と思いき…
🕺踊りに色遣いが生きている素晴
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

-

ムダに生きるか!
何かのために死ぬか!
お前が決めろ!!

" ハイ!分かりました " と言わんばかりに…

" ジャケ " カック良すぎ…

ランボー最新前の再チェック。

ストーリーなどおまけ中の
>>続きを読む

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

3.0

仲違いした亡き父の意思を継ぐ…🍾
ブルゴーニュからのプチロードMovie…

" 愛はワインと同じ🍷 "

キーは愛情の " 熟成 " といったところでしょうか…

いい兄妹弟…
それはそれは広大な
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.6

DETROIT…
グリーンブック…
ビールストリート…
サラの鍵…
本作、数ある類い希な描き。

大国で常に騒がれるこの問題…

70年代アメリカ…
白人至上主義団体KKKに潜入捜査を試みた黒人警官の
>>続きを読む

ディア・ブラザー(2010年製作の映画)

3.8

映画界のサラブレッド、味ある俳優、トニー・ゴールドウイン監督の国内未公開作品。

この作品は其々の "目" に注目してもらいたい。

困難を乗り越え、弁護士にまで登りつめ、冤罪の兄を助けるために奔走す
>>続きを読む

Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?(2004年製作の映画)

3.5

ダンスには自然なエスコートが必要。

" セント・オブウーマン " 的なダンスならダンディには1番の教科書…

邦画のリメイクな一品…

実のところダンスはダンディには必須項目…しかし、苦手な分野と
>>続きを読む

再会の街で(2007年製作の映画)

3.8

最愛の家族を一瞬にして奪われたら人はどうなってしまうのか?

あの " 911 " で一瞬にして家族を奪われPTSDに苦しむ主人公と昔の友人とのヒューマン。

この作品が訴えかけるもの…
こうなってし
>>続きを読む

沈黙の監獄(2012年製作の映画)

1.3

このタイトルは何…?
監獄が沈黙…?
ハハッ…。
と、何でもありのこのシリーズ…
お決まりなレビュー…

" 沈黙シリーズ "

いくら記憶力が良くても、いざどれを観てどれを観ていないか?と人に尋ねら
>>続きを読む

セルピコ(1973年製作の映画)

3.7

'73年製作。
実話に基づいたフランク・セルピコという人物がモデル。
警察組織腐敗に立ち向かう正義の警官をアル・パチーノが演じる。

彼にとって犯罪とは獲物そしてその獲物を追う目…
地位、名誉は憧れで
>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

2.7

こんにちは☁️

こちらは、フレンチなラン…
ん?

ホラー好き?な監督が作ったCIA×スリ…?ん??
な掛け合わせのバディ?ムービー…??

極右と極左の対立を盛り込んだ些か複雑に見せようとその仕上
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.8

切なく、とても困難な悲しい恋の形…

辛くとも、互いの心は動じない…
しかし無駄に時間だけが過ぎて行く。

スローカットな映像が2人の胸の内を映し出す監督は " ムーンライト "

人を守るべき者の行
>>続きを読む

パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画(2011年製作の映画)

3.4

いざ…という時にかけるのが " 保険 "
さて、こんな保険はどうだろう…?

金に困った保険セールスマンが保険の勧誘で独り暮らしの老人と知り合い、高価なヴァイオリンを所有している事を知ってからの物語
>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

3.9

邦題が良い。

忌まわしい歴史…
語り継ぐべき大罪。
そして恩人に70年の約束と償いを…

良い仕立てのスーツ…
オフなルックスも決まっている無骨で頑固、しかし実は優しい老い耄れ。

ある物を届けるた
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.6

皆さまこんにちは。

病を抱えた彼女の " 目標達成 "

大好き分野なロードムービー🏃‍♀️の500ページは " お家で映画館 " となりました。

誰にも頼らず一人である物を届けに行く…
健常者
>>続きを読む

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

3.8

のっけから意外な展開。
彼女は何を追われているのか…?

" 手紙 " がまた落ちどころ。

ラブロマンスと思いき、サスペンスタッチのストーリー… それからが…

男と女性、共にわかりあえるにはそう時
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.3

近未来…

監督が格差を表現したのは列車の中…

地獄を見た男が語る其々…
18年の極限に、その反乱を止める術はない。

開かれた扉…
その18年間隠されていた秘密とは…?

監督が描く20年後のその
>>続きを読む

ヘンゼル&グレーテル(2013年製作の映画)

2.2

迷い込んだお菓子の国のおとぎ話はヘンゼル&グレーテル…

おとぎ話の現代版な監督は " スリー・シスターズ "

無慈悲な魔女🧙‍♀️の顔が夢にでも出てきそうに怖いのが作品の売りでしょうか…

グロく
>>続きを読む

イルマーレ(2001年製作の映画)

3.6

リメイクは原作の比ではない…

原題は時空愛。

同じ時間の共有なら可能だが、違う時間の共有はどうだろう…

時間のズレが生んだラブストーリーとすれば非情で悲しいストーリー。

韓国映画は余り見ないの
>>続きを読む

イルマーレ(2006年製作の映画)

2.5

湖畔に佇む別荘に2年前に送られた手紙をとおし、時間軸を越えながら出会うことが出来たというファンタジー…

あり得ない事が現実に起きる…

あってはならない事が起きてしまったら…

さて、貴女ならどうす
>>続きを読む

コンカッション(2015年製作の映画)

3.9

コンカッション = 脳震盪

現実的な事実とは " 非現実的 " から生まれてくるのが事実。

" 人の死 " には、全てに理由がある…

闇を描くのが身上な監督が描くサスペンスと思いき巨大組織に立ち
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

2.8

世界を騙す究極のミッションとは…
種明かしはこの次か…?

誰が敵か?は解らない…
そして誰が勝ちで誰が負けか…

22マイルの " 大きな小包 "
" コレ " を運ぶのは容易ではないですね。
>>続きを読む

オーバードライヴ(2013年製作の映画)

-

実話ベースというからそれなりの…

ラストのトレーラーな🚛バトルはMAD MAX-2を意識した…?かどうかは定かではありませんがやっぱりB級感は否めませんね。

終わりなき麻薬戦争…
終結の無いこのイ
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

3.7

私は男…
童心に帰る。

コオロギ好きな母親と根っからのカウボーイの間に生まれた天才スピヴェット 。
自身なさげなその顔…
しかしどこか自身がみなぎっている。

チクチクと間に入る微妙な描写が大人の感
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.8

自身不定期な邦画チョイス…
そして是枝監督作の初鑑賞。

観た後に遠き母を想う…

ジャケに親父は居ない…
日々忘れている親と子の心情。

亡き我が子への母の想いは、宙を舞う蝶だけが知っているのか…
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.8

" 理性こそ法の魂 "

ペンタゴンをも巻き込み挑んだ法の壁…

祖母の教えと信念…
" 全てに疑問をもて "

全ての国民は法の下に平等。
許せないのは " 女性は家庭 " " 男は仕事 "
>>続きを読む

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

3.2

今、我々に突然突きつけられた " 見えない敵 "
許さない " 自己中 "
今は国民一人一人が静かに耐えるのみですね。

トムハ × トムハ

監督&脚本は " LAコンフィデンシャル "
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

海溝王国、海の幸、満載…!

アクア・アトラクションな世界へようこそ…

コレはしまった!の900目レビューは映画館で観ソコネ作品をチョイス…

基本、※水は苦手 ※(泳げます)
この御伽な美しさ
>>続きを読む

ファースト・キル(2017年製作の映画)

1.0

兎に角知らないキャストばかり…

言わずと知れた " 名作 " を闇に葬ってしまう程、こういう作品に出てしまうのか?と疑う程に " ウルトラC級 "

私達が2時間程で事件解決な " 彼 " に望む
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.5

久々高スコアな苦手分野をチョイス…
此方も映画館観そこね作品。

彼女?に託された " ミッション "
弾道ミサイル何のその…
強い女性は美しい…
いやはやここまで強いとまた恐ろしい…

女性に嘘は通
>>続きを読む

>|