てぃださんの映画レビュー・感想・評価

てぃだ

てぃだ

星はあくまで目安かつその時の気分。映画見終わった後の気持ちってのは意外と忘れやすいから、備忘録としてメモってるだけなので悪しからず。 映画好きカモン

13th 憲法修正第13条(2016年製作の映画)

3.9

 「黒人の命だって大切だ!」ってそんなことを今の時代にわざわざ声高に主張しなきゃならんっていう事実がとっても悲しい。憲法の網の目をくぐって今も繰り広げられる「犯罪者粛清」という名の形を変えた「人種差別>>続きを読む

縛師 Bakushi(2007年製作の映画)

3.7

「SMプレイで人を縄で縛る方々」を撮ったドキュメンタリ。世の中にいろんな職業あれど、仕事に貴賤はない・・とはいえど、こんな職業もあるんだなぁ世の中は広いなぁとつくづく驚く。見ちゃいけないものを見ちゃっ>>続きを読む

ジム&アンディ(2017年製作の映画)

3.4

 『マン・オン・ザ・ムーン』とか正直何年前の映画だよ!と言いたくなる。今更あの映画の裏側を綴ったドキュメンタリだなんて・・と思いきや引き込まれた。「僕は誰が決めたかわからない枠なんかに閉じ込められたく>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 タイトルからもっとhowtoロマンスものなのかと想像してたら全然違った。いい意味でも悪い意味でも裏切られた。男子の皆さんにとって「女子」という存在は「宇宙人」のような意味不明な生き物であるというのは>>続きを読む

人喰猪、公民館襲撃す!(2009年製作の映画)

3.2

 やっぱ転勤先の希望は「どこでもよい」じゃなくてきちんと書くべき笑。このタイトルからして結構好きです。ばかばかしくてよい。キャラもなかなか立っててよい。後半よりも前半の方が面白い。肝心の猪クンをもっと>>続きを読む

インランド・エンパイア(2006年製作の映画)

2.7

淫乱ド・エンパイアって結局何を意味していたのか・・なんて解釈はもはや不要とばかりに延々とまたしても面白い顔図鑑。にしても3時間は長い!!たぶんやりたかったこと自体は『マルホランド・ドライブ』と大して変>>続きを読む

身体を売ったらサヨウナラ(2017年製作の映画)

2.0

 面白かったのは『地雷をふんだらサヨウナラ』をもじったようなタイトルだけだった。ハプニングバーの描写とか、AV撮影中に乱入してくる彼氏とか、元カレの彼女を寝取るとか、なんか言葉にすると衝撃的ぽいけど大>>続きを読む

ホット・ガールズ・ウォンテッド(2015年製作の映画)

3.1

 日本では「AV強要」が問題になってたけどこっちはアメリカのティーンのAV事情。「自分からその世界に足をつっこんどいて、傷ついただの搾取されてる・・だの訴えのは違うんじゃない?」と言いたくなる気持ちも>>続きを読む

最初に父が殺された(2017年製作の映画)

3.4

 アンジェリーナ・ジョリー監督作品。なぜか今んとこ彼女の監督作を全部見てるなぁ自分・・そんなにファンというわけでもないんだが。まず何が一番悲しくて面白かったかっていえば前作で「アンジェリーナ・ジョリー>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

2.0

 これは映画館まで行かないでほんとよかった。主人公の性格が明らかに「進撃〇巨人」意識しすぎ&グダグダ長い説明(作戦の)多すぎ(コナン劇場版ばっか撮ってるせいか)の割に戦いの場面がちっとも面白くない。ゴ>>続きを読む

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)

3.6

 とっても楽しかった。そもそも原作があんまり好きじゃない(もち藤原竜也版もとってもつまんなかった)上に映画向きの題材じゃないと思っていたので(「ノートに名前書いたら死ぬ」ってそんなんどう考えても死に方>>続きを読む

マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)(2017年製作の映画)

3.4

 あぁ娘よ、かわいいのに作るのがエロ映画wしかも色々とずれまくりのエロ映画でとっても笑えるw「認知症だろうが過去に犯した罪は消えねえぞ!」と車を豪快にぶっ壊す兄弟たちが何だかとても頼もしい。後半の場面>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.0

 あれれ?思ったよりも主役二人の相性がよくないなぁと感じた。正直二人一緒の場面よりもそれぞれ単体で戦ってる場面の方が楽しい・・ってバディ物としてはどうなんだろう。サルマ・ハエックだけはノリノリで笑う(>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

 前作の悪ノリには吐き気すら覚えたので(それでも花火は笑った)、今回はどーかと思ったけど思った以上にちょうど良い塩梅のバランス(下ネタ
も含め。「世界を救うために任務でとある女と寝ていいか」を彼女にわ
>>続きを読む

バッドママ(2016年製作の映画)

3.4

 親だってみんな悩みながら自分の子供と向き合っている。これは子育て中のママさんたちが見たらまじで号泣し泣き死ぬと思う。いい話にまとめすぎな気もするし、元ダンナとの関係はもっとうまく収まらなかったかなぁ>>続きを読む

美しい夜、残酷な朝(2004年製作の映画)

3.3

 「料理もしない、掃除もしない。どうせ指輪をはめるためだけの女の無駄な指など切り落としてしまえ!」のセリフだけでもとにかく最高なんだけどやっぱり最初のチャヌクのやつが一番面白いよねどーしても。カメラの>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.6

 女に自分の子供産ませといて「いざ出産!」ってなったら「こわいわー、俺父親なれる自信ないわー。あの瞬間はまるでホラーだった・・」とかほんと男ってのは自分勝手な生き物だわなという感想を強く抱いた(たぶん>>続きを読む

マッドバウンド 哀しき友情(2017年製作の映画)

3.4

 前半、語り部が次から次へとコロコロと変わるのでやや混乱。時系列をいじるトリッキーな感じにするのもカッコつけすぎな気が。二人の友情の話に本格的に入るまでがやや長いので冗長に感じる。残酷だったはずの戦場>>続きを読む

ヒトラーに屈しなかった国王(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

 「国の未来を決めるのは密談であってはならない。国民の総意であるべきだ。」






 選挙で勝ったからって民意シカトしてやりたい放題のどっかの国の国会議員に見習ってほしいよ全く。
>>続きを読む

ヘロイン×ヒロイン(2017年製作の映画)

3.8

 結構衝撃。本年度アカデミー賞短編ドキュメンタリ部門最終エントリ作品。タイトルからてっきり「ヘロイン中毒の女性が主人公」なのかと思ったらヘロインの過剰摂取に苦しむ人々に立ち向かう女性たち、いわゆる「救>>続きを読む

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

3.7

 最初あたりの「イマジナリーTV」とかいう遊びをしてる子供たちの無邪気が一番泣けた。その後の展開が予想できるだけに。思った以上に残酷描写は控えめに抑えられている・・・(エルバが主人公を夜に呼びつけてご>>続きを読む

ソード・オブ・デスティニー(2016年製作の映画)

3.7

 『グリーン・デスティニー』続編。別にね、前作なんか好きじゃなかったんだけどそれでもねやっぱ見ちゃいますよドニーとミシェル・ヨーが主演って時点で。(この二人が共演するの珍しい気がする)。変にスノッブめ>>続きを読む

レディー・ガガ:Five Foot Two(2017年製作の映画)

3.7

 ガガについては、数年前のアカデミー賞授賞式の「サウンドオブミュージック」トリビュートが素晴らしくて号泣し(まぁあれはJアンドリュース本人の登場のおかげもあったとは思うけど)、その後『マチェーテ』での>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.5

高校で一緒だった女子と久々に再会してあんだけ会話ができる自信とかねぇわー自分むりー(←聞いてない)。女が男に毛を剃ってもらう様にエロスを見たいなら『スウィートプールサイド』の方をお勧めします。が、これ>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.1

 最高。ティルダが久本雅美にしか見えなかったり、ジェイクのハイテンションムツゴロウ先生に大笑いwなど思った以上にコメディ寄りなのと説教臭さが全面に出すぎてる気がするけど、「オクジャがとにかくかわいい・>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.4

 とうとう手を出しちまいましたよNetflix。このサイトの皆さんがあまりにも「ここで見たー」って自慢なさるもんだから、んもう。ただあたし基本的にドラマは見ないのでこのまま加入するかどうかはもうちっと>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

3.4

 ヘタに実写版を作ったり劇場版オリジナルストーリーで映画にするよりTV版編集する方が大分マシな映画になるんだろうな・・ということは前々から思ってたけどこれで再確認した。TV版も見てたけどやっぱいいわ~>>続きを読む

ブンミおじさんの森(2010年製作の映画)

3.4

 森に入る辺りから『ブレアウィッチ』ぽくなったのでうげぇええええええと思ったらそこから洞窟に入ってくれて本当に助かったw洞窟の中を「子宮の中みたい」と言ってたけど、僕はどうしてもそこは「沖縄のガマ」を>>続きを読む

カラーパープル(1985年製作の映画)

3.8

 珍しく女性には気軽に見せられないスピルバーグ映画かも・・とちょっと内容のヘビーさに参った。んだけどよい、よいよ。素晴らしいよスピルバーグ。オスカー獲ったあの2作より全然良いと思う。んでウーピー、これ>>続きを読む

赤ひげ(1965年製作の映画)

3.0

 なかなか熱が下がらんし医者に原因もよく分からんとか言われたので「お医者の映画を見て直そう!」と思いつきまして(あほ)はい鑑賞。あんまり体調がよろしくないときに見る映画ではないです(当たり前)。で熱も>>続きを読む

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

4.0

 「セックスするなら中出し以外ありえんでしょ?」とか思ってる人間は見るべきだと思う。冒頭のトイレでの何だか変なかわいい出会いの場面からラブコメだと思ったらガチのホラー映画だった。でもさ生粋のベジタリア>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

 『フォースの覚醒』がいまいち乗れなかったのでハナからあんまり期待はしてなかったのだけど、すげー!!!めちゃくちゃ面白い。なんで本作をシリーズとして認めないとかいう署名運動が起きるのかが正直全く分から>>続きを読む

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

2.6

 「半年前の誕生日」・・って、いくら病人とはいえそこまでやる?って思った。アン・ハサウェイは髪がこのぐらいの短さの方がステキでいいなぁ。「BTTF」のクララがお元気そうなのもよかった安心した。

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015年製作の映画)

2.8

 完結編だから・・というよりホフマンの遺作だから見た感じ。まぁ当然のごとく彼を見るための映画では決してなくジェニファー・ローレンスを眺める映画なんだが。途中ゾンビ映画ぽくなったのはまじで面食らったwあ>>続きを読む

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃(2014年製作の映画)

3.4

 今年の1本目。エヴァ・グリーンが超ノリノリで笑う。「シン・シティ」でもおんなじような感じだったはずやけど、おっぱい出してお色気作戦に転じたのに男がアッサリ自分の提案を拒否すると「はい、あたしの身体は>>続きを読む

フルスロットル(2013年製作の映画)

3.5

 ポール・ウォーカーの遺作で映画修め。オリジナル仏版もかなり楽しかったんだけどこっちも楽しい。キャットファイトもこんなに楽しかったっけ?ポールの唯一の近親?のじいちゃんが満面の笑みでポールを迎えて抱き>>続きを読む

>|