ユキさんの映画レビュー・感想・評価

ユキ

ユキ

BAZINGA

映画(685)
ドラマ(16)

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ(2009年製作の映画)

-

ビートルズ、はポールが好きなんですがポール似せる気無さすぎて笑った。でもひたむきでかわいい。
学校通ってるうちは問題児扱いされるけど社会に出て、他に並ぶ者がいないレベルに開花するひとってけっこういるよ
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

-

ビッグバンセオリーにはまりすぎて(今シーズン6)、たまにハラハラしたくなるので観た。
鬱エンドが有名だけど、こんなにSFちっくだとは思わず、ホラーというかSFとして観てた。
ショッピングセンターがスリ
>>続きを読む

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス(2014年製作の映画)

-

果てしなく突っ込み不在のまま狂気が繰り広げられるので、見はじめて早々にあっ……ってなんか悟ることになる。
周囲の反応について敏感に反応する自分のような人が観るとわりと居たたまれない。
平和に暮らし芋を
>>続きを読む

ソウル・サーファー(2011年製作の映画)

-

この映画自体の存在はかなり前から認知してたんだけど、アーまたこれ所謂泣かせ系なんでしょ、と斜めに構えまくりのわたくしなので長らく放置……
もちろん涙ぽろぽろ。こういう感化される映画を観たときは、そのと
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

-

ジャケ写のニコルソンいつ出てくるんかなとワクワクしながら観ました。後半はかなりのめり込んで観てたけど、全編通してなんか美しいのでそこはやっぱキューブリック節なんですかね。奥さんもすごかったね、顔芸。

イカとクジラ(2005年製作の映画)

-

我が家は捻れた家族構成でこそないものの、拗らせてるところがあるので、共通点があるわけではないがほんと観てて胸がいたい映画だった。
家庭環境が人格や性格に及ぼす影響ってはかりしれないもので、個人的な
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

-

んなわけないのに、勝手にハートウォーミングな展開を期待して観てしまった。んなわけないのに……
そりゃ公務員は市民の成すことに全方位注目してる暇なんてないから、役所では様々な手続きを踏んで市民を評価した
>>続きを読む

ヒステリア(2011年製作の映画)

-

英国アダルトグッズ開発秘話。
臨床試験()の実験台がイケイケの若い子とかじゃなくて、擦れたメイドとかおば様方になってるから、あくまで上品になっているのであろう……
とはいえ、あの分娩台みたいなやつ色気
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

-

犬の存在感がすごい映画ってのが個人的にあって、
・人生はビギナーズ
・アーティスト
が二大巨頭だったんですが、snatchを観てからは犬映画御三家になりました。
このくらい突き抜けた犯罪ものはコメディ
>>続きを読む

なまいきシャルロット(1985年製作の映画)

-

なまいき半熟シャルロット&おませルルがめちゃかわいいので夏ですしシーズン的にもぴったりなので観ましょう。
っていうかかなり序盤でプールのシャワーブースから表れるおっぱい丸出しの上級生エロすぎてびっくり
>>続きを読む

ジョイ・ラック・クラブ(1993年製作の映画)

-

どうも。
最近合唱曲の「心の瞳」をリピートしまくることで精神の安寧を得ています。
いまこの映画というか原作に基づいた課題に追われています、参考程度にフィルマークスを覗けばぜんぜんレビューがなくて、また
>>続きを読む

どうしても触れたくない(2014年製作の映画)

-

BLの実写ってむずかしいのねと思ってたけど、これはBLにありがちな超展開がなかったっすね。

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

-

高慢と偏見とゾンビ。関係ないけど三つの要素を突き詰めると人間深みがでるそうですね。美容師×ドイツ語×クライミング とか。なんか面白そうに見えますよね。わたしも自分に何を掛け算するのか探したいです。

セブンデイズ MONDAY→THURSDAY(2015年製作の映画)

-

どう頑張っても高校生に見えない。なんでこれ見たのかわからない。

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

-

邦画は食わず嫌いしがちなんだけど、思い立って観たらけっこうよかったこれ。
へたなAVよりみるめとユリのキスとか身体の絡ませがエッチい感じでいいです。でも床にマット1枚でセックスしたら腰とかあたまとか痛
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

-

リーダーのチュナと友達になりたいわ~~と思ったけど、そもそも自分グループ行動向かない中高生だったからこのメンバーには入れないな……とかまぁそんなんどうでも良くて、それぞれの過去と現在のエピソードが絶妙>>続きを読む

シカゴ(2002年製作の映画)

-

レニーゼルウィガーがかわいいぃぃいぃたまんない……
ブリジットジョーンズのときももちろん良いんですがこっちは彼女の本領発揮ですね。ロキシーのソロ曲がエッチでほんま好きです。彼女の完璧でないかわいさ&熟
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

-

うーん、とってもよく纏まっていてよいお話なんだけど、あまり心に残る感じじゃない。
たぶん主人公が「選ばれし者」感の映画が好きじゃないからかも。いや、めっちゃいい映画なんだけどな~。リリーコリンズめっち
>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

-

演技派女優の共演でめっちゃ安定感ある。エレンペイジちゃんかわ~。。
もう少しお互いdandanひかれてく様子を丁寧に描いてほしかったかも。
もっとラブストーリーに寄せると思ったら、思いの外政治色が強か
>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

5.0

10回は観てるので、そろそろちゃんとレビュー書いとこ、と思った……
この映画、最初観たときはあんま良さとかわかんなかったのに、今は観る度に発見があるし、思いが深まるのでもはや手放せない1本。
全体的に
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

5.0

好き!既に2回観たけど全く感想がまとまらないくらいに好き!テンポがいい!キャストがいい!センスがいい!文句なし!グレダガーウィグの株ぶち上がりっすな……元から上がってるけど……

なんかもう単純に主人
>>続きを読む

モンスター(2003年製作の映画)

-

なんなんだこの映画は……とにかくアイリーンの不器用で真っ直ぐな愛を見せつけられるのに、それが報われるわけでもなく、怒濤の展開に巻き込まれていって気づけば切なすぎるエンディング……
レズビアンが悲惨な結
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

-

体調が悪いときに観たので、内容がおぼろ気にしか思い出せない。!
いつかリベンジしよう。。
男娼と会うシーンがなんかよかった。理性的な割り切りと動物的な欲望と。。そのバランスと色気がムンムンのあのシーン
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

-

ハマらなかったけど、フツーに人間みたく血のついた食器が洗い場に溜まってるところは俗っぽくてなんか好きなシーンだった。

レベッカ(1940年製作の映画)

-

前半と後半のギャップすごい。マルホランドドライブ並。
前半のロマンス部分なかなかいいっすね、あれくらい強引に連れ去られたい、?一般的に女性は言い訳できない状況で迫られるのが好き、?
後半はとにかくダン
>>続きを読む

ネイバーズ(2014年製作の映画)

-

セスローゲンが愛らしくてわりといいパパに見えちゃう。毎朝見送りしたい。
this is the endとかソーセージパーティ観てしまうとかなりほんわか系コメディに感じる。。セスローゲンもっとやったれよ
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

-

お国柄でしょうがなんとも飯テロ映画でもあった。
タイトル通り大人のタブーを描こうとしてる映画でコメディというか、ギリギリ笑える具合のサスペンス。
大人だから敢えて言わないことってあるよね、でもスマホは
>>続きを読む

さよなら、さよならハリウッド(2002年製作の映画)

-

映画監督なのに突然盲目になり、しかもそのまま映画撮影続行!ってあほか!どんなストーリーwwwww
期待通りのいつものウディアレンでした。
ほんと好き……
セクハラ問題で吊るされながらもまた新作を引っ提
>>続きを読む

マリー・アントワネット(2006年製作の映画)

-

宮廷PVのような、舞台演劇のような、、、
ストーリーが詰まってないのでそこ期待すると拍子抜けするかも。
キルスティンダンストの白い肌がたまんないすね。宗教画とかに描けそう。
UKロックをかけちゃうあた
>>続きを読む

不都合な真実(2006年製作の映画)

-

これを果たして映画っていうのか問題は置いといて、いい言葉遣い、熱のこもったプレゼンで◎

人間のしょうがないところは、この環境問題みたいに、大切なことに気付いたり出来るんだけど、その感覚をすぐに手
>>続きを読む

愛する人(2009年製作の映画)

4.0

邦題がなぜこんな感じなのかわかんないけど、とにかく母と子をめぐる話です。
いわゆる典型的な家系図からちょっとずれてたり、愛人というような関係を描いていたり、でも丁寧に描いていて群像ものながら密度がいい
>>続きを読む

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

-

ファッション業界でビジネスをしているひとのドキュメンタリーだった。女らしさとかアットホームな職場~とかそんなん以前に、ビジネスをしているアナウィンターのドキュメンタリーなのがよかった。
本来彼女みたい
>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

-

父上(あえて敬称)が好きな映画なのだがわたしは乗れず……いまのところ趣味が合うのはswシリーズとユーガットメールくらいか……

フィルマークスでは自分の好きな映画についてアツく語ってる「だれか」をどこ
>>続きを読む

デーヴ(1993年製作の映画)

4.0

ジャケットだけ観て「イケてなさそう」とおもっててごめん、めっちゃ面白かった。
本人に顔がくりそつってことで大統領代理にされちゃう男のひとの話。
デーヴのつくるサンドイッチめっちゃ美味しそうなんすけど、
>>続きを読む

>|