セバスチャンさんの映画レビュー・感想・評価

セバスチャン

セバスチャン

映画(572)
ドラマ(46)

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

三谷作品の中でも好み。
映画館で見てクスクス笑ってしまった。
観客の笑い声も心地よい。

クローズZERO(2007年製作の映画)

3.0

俳優が豪華!山田孝之かっこいい。
三池さんの作品の中では楽しめた。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.0

結婚したことがないからか、あまり共感できなかった。

が、夫婦の喧嘩がいきすぎて
ひどい言葉を吐き捨て、そのことに自責の念で泣いてしまうシーンはグッと来た。

天気の子(2019年製作の映画)

3.0

つまらなくはないが…よくわからなかった…世界観もよくわからん

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

こんなに泣くか…というくらい涙が止まらなかった。
弟くんだけを描くのではなく、家族のそれぞれの思いにスポットを当てているのがよかった。

子役の子がとてもかわいい

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.2

はるまき最高…!
ただただはるまきの愛と
武蔵の春たん愛を楽しむ映画である

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.4

平日のど真ん中、仕事帰りに映画館へ。
とにかく嫌な気分になり、次の日の会社がとってもつらかったw

ホアキンフェニックスのジョーカーはめちゃめちゃいい。
この人も間違いなく怪優。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

先行上映で2020年初映画。
ポンジュノの作品の中で一番好きなのかもしれない。

韓国の情勢がこの映画を通じてわかった。半地下、運転手食堂、とか思わず調べてしまった。

日本もそうだけど、うまれた環境
>>続きを読む

TOKYO TRIBE(2014年製作の映画)

3.0

内容はなんてことないが、演出や色彩はとても好きな作品

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

2.8

個人的には淡々としている印象で、感情移入しづらかった。
実話というから、まぁすごいなーぐらい。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.0

福田作品には、びっくりするぐらいつまらない作品があるが、銀魂はいい要素を盛り込んで見やすい。原作ファンには許せないこともあるかもだが、エンタメ満載でThe娯楽映画!って感じ。

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.0

おもってたんと違うけど
主役、ヒロインともに素敵

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

2.7

オチが個人的にとても微妙だったのですが…なんぞその展開…

亜人(2017年製作の映画)

2.9

うーん、相変わらず綾野剛の演技はどうなんだろうと思わされた映画。原作ありの映画に綾野剛はいらない

キングダム(2019年製作の映画)

3.5

漫画の通りに丁寧に作ってあり、原作のリスペクトを感じた。やはりストーリーが面白いから、そのまま実写になってればおもしろいんだ!って思わせてくれた作品。映画用の改変はいらない。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.9

つまらなくはないけど、面白くもない。
最後の終わり方はよかった。

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.5

結局何が言いたいのだろう。
アニメって絶対に子供が楽しめるものでないといけないと思う。
それがこの作品には感じられなかった。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

内容はなんてことないけど、音楽と最後のカーアクションがとてもかっこよい。
それだけ。

8 Mile(2002年製作の映画)

3.5

めちゃめちゃ流行った映画。ヒロイン可愛かったけど死んじゃったんだよね

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公がこんなにも生き延びるか…?というツッコミがあるにせよ、まぁまぁ面白く見れた。

韓国人を揶揄してるシーンがいっぱい。
本当にこんなひどいことをマスコミはしているのかな?日本よりひどい…

新聞記者(2019年製作の映画)

3.0

思ったよりも…でした。

森友学園とか、レイプの記者とか
そういえばあったな〜と思い出すレベルの自分が、やばいなと思わされる映画だった。

吉本の騒動よりも、
もっと関心を持つべきだと。

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

とっても素敵な映画でした。
ジーニーが歌う、フレンズライクミーはとっても楽しい気分になった。

これまでのディズニー実写化で一番好きかもしれない。

字幕も吹き替えも両方おすすめ!
サントラは必見。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

2.8

映像は綺麗。決してつまらなくはない。
だけど主要な楽曲が歌われずじまいだし、超実写版で見るには、やはり内容が薄い。派手さがない…

期待した分、残念な気持ちになりました

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

2.4

全くもって意味がわからなかった…
対馬…?
は?ん?
どこが面白いのか不明。
あいみょんだけ評価。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.0

福田流、くどい長い笑わせ方みたいなのはあったが
原作がしっかりしているだけあって
最後はほっこりさせられました。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.6

ど、どゆこと?
シュールだけど深いのか?
よく意味がわからなかったが、
設定がアホすぎてそこは評価したいw

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.0

嫌な意味で話題になっているが、内容はまあまぁ。悪くもないしよくもない。
謎の正体は、こういうことなのかな、、、と考えるのが楽しいと思う。

ラストのシーンも、なるほどとは思うが
もう少し、感情に訴える
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.3

話題になっていなかったら絶対に見に行かなかっただろうなぁ。ただ、面白かった。知らない役者でも面白いもんは面白いなと。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.0

勝手に本人ドキュメンタリーだと勘違いしてました。ものすごく評価されているので期待してたけど、なんとなく知ってる内容だし、そこまで深くないし…演技してる人たちの迫力に欠けて、少し期待はずれ。楽曲はいいけ>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

泣けるー。よかった。幸せになってよかった。輪廻転生しても、心は繋がってる。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

思ってたのと違ったけど面白かった。
結局は幸せなんてないよ、という虚しい感じで終わるのがよい。

>|