Ikki82さんの映画レビュー・感想・評価

Ikki82

Ikki82

映画(357)
ドラマ(0)
アニメ(0)

GODZILLA ゴジラ(1998年製作の映画)

2.8

なかば黒歴史化している伝説の初・ハリウッド版『ゴジラ』(通称・エメゴジ)、噂通りの内容でした。
「これはゴジラではない」と先入観を取り払おうと思っても、これは『ゴジラ』との比較が避けられないですね。
>>続きを読む

ヒッチコック/トリュフォー(2015年製作の映画)

3.8

昔観たヒッチコックの作品の記憶が蘇ってきました。出演している多くの監督が挙げているシーンの数々は私もよく覚えていました。20年も前に観たきりなのに、やはりヒッチコックの映画はすごいです。また観たくなり>>続きを読む

サーカス(1928年製作の映画)

3.5

チャップリン・ミーツ・ザ・アニマルという感じが新鮮でした。合成を使っているところもあったので、動物のシーンはどのように撮ったのか気になりました(ライオンのシーンや綱渡りの時の猿など)。
音楽がかなり効
>>続きを読む

チャップリンのゴルフ狂時代/のらくら(1921年製作の映画)

3.5

チャップリンが一人二役というのが新鮮に感じました。ドタバタと逃げ惑うシーンが笑えます。車の中を通り抜けた時のすまし顔、思い出しただけで笑ってしまいます。

チャップリンの給料日(1922年製作の映画)

4.0

逆回しにしたレンガ積みのシーンの動きがおもしろかったです。バスに乗れず、キッチンカーに乗り込み、ソーセージを吊り革に見立てる演技もおもしろかったですね。

奥さんに隠れてコソコソするチャップリンの演技
>>続きを読む

シティ・オブ・エンジェル(1998年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ニコラス・ケイジの人間っぽくない感じがすごく合っていました。人間になって、それまでに感じることのできなかった感覚をはじめて味わう演技もすごかったです。

山あり谷ありのストーリーラインは王道ではありま
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

4.9

ゴジラ70周年にふさわしい大作でした。設定も戦後間もない時代の話で、戦争のことも考えさせられますし、ゴジラの脅威は天才の脅威とも重なります。

初代から続くテーマ曲は迫力があり、改めてゴジラの鳴き声の
>>続きを読む

チャップリンの黄金狂時代(1925年製作の映画)

4.0

靴を食べるシーン、パンを靴に見立ててテーブルの上でダンスさせるシーンなど、観たことのない人にも知られる名場面が多く、チャップリンの最高傑作に挙げられることも多い作品です。
やはり、パンを靴に見立てて顔
>>続きを読む

キッド(1921年製作の映画)

5.0

素晴らしい映画でした。今まで観ていなかったのが悔しくなるくらいいい映画でした。
展開に無駄がなく、それでいて観客を楽しませる遊びの要素も満載に入っています。

チャップリンもいいですが、子役がまた一段
>>続きを読む

キートンの大列車追跡/キートン将軍/キートンの大列車強盗(1926年製作の映画)

3.0

笑いどころはチャップリンに比べると少ない感じでしたが、体を張ったアクションは、ジャッキー・チェンに影響を与えただけのことはあるなぁと思いました。

列車で逃走するシーンが特におもしろかったです。焚き木
>>続きを読む

担え銃/チャップリンの兵隊さん(1918年製作の映画)

3.0

38分程度の作品ですが、短い中にもストーリーが感じられました。一番笑えたのは、軍の部屋が水で満たされるシーンです。木に扮するシーンも良かったです。チャップリンの表情がおもしろい。

一日の行楽(1919年製作の映画)

3.0

18分の短い作品です。船の揺れるカメラとか、どうやって撮っているのだろうと気になりました。

シティーハンター(2024年製作の映画)

3.7

鈴木亮平が冴羽獠にピッタリでした。映像もなかなか良かったですが、原作と比べると、もう少し渋い感じにした方が、より良かった気がします。
もちろん、原作を知らなければ問題なく楽しめるアクション映画だと思い
>>続きを読む

サニーサイド(1919年製作の映画)

4.0

100年以上前の作品なのに、今観ても笑えるのがすごいです。
チャップリンの顔やアクションがおもしろいのはもちろんのこと、ギャグの発想力が全然色褪せない魅力になっています。
音楽もいいですし、ちょっとせ
>>続きを読む

MAMA(2013年製作の映画)

3.4

もっと怖いのを想像していたので、そこは想定内の範囲でした(というか、こういうものに慣れすぎたのかも)。
ストーリーに関しても、大体先が読めたので、不気味な感じを味わう感じですかね。そこに関しても、もう
>>続きを読む

ミステリと言う勿れ(2023年製作の映画)

4.0

テレビドラマ版がおもしろかっただけに、映画化はどうかと思いましたが、しっかり映画サイズの作品になっていました。

人物の意外な共通点で事件の真相が明らかになっていくのが、おもしろかったです。

相変わ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

一作目に比べると、新鮮味は薄れますが、やはり楽しい作品です。中でもハリーの復活は嬉しかったです。
彼がいてこその『キングスマン』という感じがします。あと、エルトン・ジョンがガッツリ出ていてビックリでし
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

2.9

トランスフォーマーが家族に見つからないように隠れたりするシーンがおもしろかったです。
途中からついていけなくなりました。小難しい話をいれず、もっとアクションに特化していたら、もっと楽しめたと思います。

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.2

中学生がヤクザと一緒にカラオケに行くという設定だけでも、充分におもしろそうな作品ですが、思っていた以上に深い内容に感じました。
作中の人物のバックボーンを語らせ過ぎないところが逆にいいと思いました。最
>>続きを読む

劇場版ブルーロック –EPISODE 凪(2024年製作の映画)

4.0

基本は本編を凪の視点から描いた作品です。本編では出てこなかったエピソード、凪と玲王の心理描写が見どころです。
試合のシーンでは、結末を知っているはずなのに、ドキドキしました。視点が異なると見え方も違っ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

5.0

観たいなぁと思いながら、公開から10年も経ってようやく観ることができました。
思っていた以上のおもしろさで、映像のおもしろさにも度肝を抜かれました。

アクションシーンの映像が特に素晴らしく、アニメや
>>続きを読む

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

4.9

映像が凄すぎます!特に試合のシーンはこれ以上ないという出来栄えです。
個人的には『スラムダンク』は、全部読んでいないのですが、それでも楽しめました。
敢えて、脇役だった宮城を主役にしたのも、おもしろい
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

5.0

アポロの入場時のJB、痺れました。まさにTHE アメリカという感じ(笑)
対するドラゴの不気味な存在感は、当時のソ連のイメージとも重なります。まさかここでも東西冷戦が出てくるとは。
相変わらずの王道の
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

チャンピオンになってからの流れだったので、どうなるのかと思っていましたが、これも大変おもしろかったです。
まさかアポロがセコンドになるとは。
一度、ロッキーが落ちぶれるのもシリーズではおなじみで、王道
>>続きを読む

蘇える金狼(1979年製作の映画)

3.2

松田優作のキャラで成り立っているような作品です。ストーリーに期待せず、素直にアクションや濡れ場を楽しむのがいいでしょう。

ロッキー2(1979年製作の映画)

5.0

1作目に負けないほど、素晴らしい作品でした。
試合に至るまでのドラマ、トレーニングシーンは、さらにパワーアップした印象で、またしても夢中になって観てしまいました。
試合シーンも1作目と同様、手に汗握る
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

5.0

はじめて観ました。前半の野暮ったい感じのスタローンも含めて、すごく良かったです。
トレーニングシーン、特に早朝のロードワークの静けさと音楽の素晴らしさ。
試合シーンの映像には本物の試合のような緊張感が
>>続きを読む

スライ・ストーン(2015年製作の映画)

4.0

スライ・ストーンを追ったドキュメンタリーです。表舞台で活躍していた期間は、それほど長くないにも関わらず、ここまで伝説になっているアーティストも他にいない気がします。
オランダのファンが伝記を執筆し、こ
>>続きを読む

ベニスに死す(1971年製作の映画)

3.8

風景の描写が多く、ベニスの美しい海岸が見られます。市民の生活の描写も多くありますが、多くは富裕層の観光客のそれで、一般市民の生活という感じではありません。

マーラーの曲が使われており、主人公もグスタ
>>続きを読む

自転車泥棒(1948年製作の映画)

3.5

仕事がなく、やっと仕事に就いたと思ったら、商売道具の自転車が盗まれる話です。
当時の多くのイタリア市民は、このような貧しい生活をしていたのかと思うと、なんともせつないです。
なんとも言えない哀愁の漂う
>>続きを読む

劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦(2024年製作の映画)

4.0

この作品は劇場向きだと思っていましたが、予想以上の映像の完成度に感動しました。
試合中の臨場感溢れる映像が素晴らしいです。終盤の主観視点による演出も最高でした。

ちひろさん(2023年製作の映画)

4.0

基本は何気ない日常を描いた作品ですが、たまにいろんな意味でドキッとするシーンが出てきます。
静かなシーンをゆったり見せる感じがいいです。岸田繁の音楽も映像と合っていて良かったです。

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.6

序盤はセリフなどで説明せずに、淡々とストーリーが進んでいく見せ方が興味を惹きます。
最初はなかなか見えないアダの姿が、割とあっさり見えて、不思議な感じになり、ラストは唐突にやってきます。
序盤から興味
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

4.8

原作も読まず、アニメ版も観ないで鑑賞しました。
映像もストーリーも大変素晴らしく、思わず作品の世界に惹き込まれてしまいました。
明治期の北海道が舞台ということで、大自然と街並みも見どころの一つです。ア
>>続きを読む

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.9

時間がお金のような扱いになっている設定がおもしろかったです。映像的、ストーリー的にも標準的な感じでした。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

地震に関する本を読み返していたら、その中でこの作品が紹介されていました。
専門家から見ても、本作の災害への対応のプロセスはとてもリアリティーがあるとのことです。
実際に観てみると、そういった部分がよく
>>続きを読む