いもこさんの映画レビュー・感想・評価

いもこ

いもこ

映画(1349)
ドラマ(67)

シー・フィーバー 深海の怪物(2019年製作の映画)

3.5

パッケージのような派手目の海洋触手モンスターパニックを期待するとちょっと肩すかしを喰らってしまうかも…
優秀だがぼっちな学生シボーンが海洋生物を学ぶため漁船に乗り込むが禁漁区に無断で入り込んだ漁船は謎
>>続きを読む

邪願霊(1988年製作の映画)

4.0

このクオリティで1988年製とは驚き!
Jホラーの原点とも言われているというのも納得なじっとりモキュメンタリーホラー
アイドルの新曲制作に密着する取材班、アイドルの新曲「ラブ・クラフト」の謎の作曲者に
>>続きを読む

トワイライトシンドローム デッドゴーランド(2008年製作の映画)

1.0

ゲームはやった事ないのですがこんな感じなの?
ひどいストーリー、キャラ設定、観覧車の回転を利用して発射される矢や風船に食われて死んだりするのが怖いわけない笑っちゃう感じです
唯一いいと思ったのは腕の長
>>続きを読む

トワイライトシンドローム デッドクルーズ(2008年製作の映画)

2.0

ちゃんとストーリーを理解できなかったようでなぜリセットして最初からやり直さないのか、理解できず意味不明でした
明らかに仲悪い者達を旅行に誘い、いい人ぶっている主人公が実は一番性格悪いと思う

ドリームハウス(2011年製作の映画)

3.5

よくある引っ越した家で昔事件がありその幽霊が出て…みたいな話かと思ったら、結構中盤でそれをまるっとひっくり返す
え?まだ結構時間あるよと思っていたら、以降は前半なぜそうなったかという話を説明というかネ
>>続きを読む

トリプルX ネクスト・レベル(2005年製作の映画)

3.0

主人公が交代しているのを知らずに見始めてしまったので、ザンダーは殺されたとの台詞に衝撃!
新しいトリプルXのダリアスもあんまり好みではなくて、あんなに抜け目ないキレ者キャラだった筈のギボンズもなんだか
>>続きを読む

トレマーズ3(2001年製作の映画)

4.0

今度は○○○で飛ぶ!!その名もアスブラスター!
B級モンスターパニックの最高峰
家を爆破後のガッカリバートが凄くよい

ドラゴン・キングダム(2008年製作の映画)

3.0

孫悟空役のジェットリーの仕草が妙に可愛くて良い!!
中国神話の話だけど、ストーリー的にはちょっと地味
アクションは良かった

ドライブ・ハード(2014年製作の映画)

3.0

家族の為プロレーサーを引退し教習所の講師として生計を立てるロバーツは自分を指名してきたケラーと名乗る男が講習中に銀行強盗をし共犯者として追われることになるというアクションコメディ
タイトルやパッケージ
>>続きを読む

都市霊伝説 心霊工場(2010年製作の映画)

2.0

前半の雰囲気は良かったんですが、副会長の到着あたりから「あれ??」という感じに
キャラ立てがイマイチ
霊能力お姉ちゃんは日本語も片言だし、外人顔でなんか違和感
大塚麻恵のサイコちゃんがなかなか

都市伝説物語 ひきこ(2008年製作の映画)

2.5

3DCGアニメーション
アニメならではの実写では出来ないような恐ろしい画を期待して鑑賞
ひきこの表情等不気味な感じは良かったが3D特有のカクカク動きや髪の毛の不自然さが受け付け難い
正直大人になってか
>>続きを読む

アナザヘヴン(2000年製作の映画)

4.5

脳が料理され食べられる連続猟奇殺人事件が発生し犯人を追う早瀬マナブ(江口洋介)と相棒の飛鷹は次第に人外の存在に気が付き…というSFサスペンスホラー
冒頭のほのぼの雰囲気からのカニバリズム描写が結構きつ
>>続きを読む

マン・ハンティング リデンプション(2011年製作の映画)

2.0

シリーズ第二弾、第一弾よりは少しかマシという感じ
傭兵部隊が即効で壊滅するので弱すぎる!
逆に犯人は銃でバンバン撃たれてもボーガンガンガン刺さっても元気一杯、無痛症=無敵って無理があると思う

マン・ハンティング(2010年製作の映画)

1.5

ストーリーの起伏もほぼなく、オチもなく、ただただ女子高生がボーガンやトラップで痛めつけられて死ぬだけの内容
グロは低予算、無意味なぽろりはありますが
主演の金子さとみのファンでしたらどうぞ、という感じ

マルサの女2(1988年製作の映画)

3.0

先が読めない展開にぐいぐい引き込まれた
が勧善懲悪だけが映画ではないと思うがラストは個人的にあまり好きでない

衿まき女 ~闇のアサシン~(2018年製作の映画)

2.5

2018年の映画とは思えない低予算アイドルホラー
首が腐っているため襟巻きをしているとかげのような怪物襟まき女を使って「呪い屋」をしている男、
その男にいじめっこの暗殺を頼む虐められっこ、
襟まき女を
>>続きを読む

真夜中の弥次さん喜多さん(2005年製作の映画)

3.0

原作は未読
劇場で見たときもはちゃめちゃだなぁと思ったが、今見てもはちゃめちゃ具合は変わらない
原作漫画はしりあがり寿だからたぶん原作もはちゃめちゃなんだろうなぁなんて想像
結局伊勢参りには行かないわ
>>続きを読む

PORTALS ポータルズ(2019年製作の映画)

1.5

とある施設でブラックホールを完成させる実験が成功すると同時に世界中に現れた宙に浮かぶ真っ黒な「ドア(ポータル)」
ポータルに触れたものは中に吸い込まれて消えてしまう
そしてポータルに魅了された人々は他
>>続きを読む

今度の日曜日に(2009年製作の映画)

2.5

市川染五郎が意外にも地味で冴えない男を好演していて微笑ましい
片言の日本語のユンナも可愛い
だがクリスマス会はおじさんに演奏してほしかった
なんとなくもやっとするラスト

519号室(2008年製作の映画)

2.5

途中までは凄く面白く見れたのですが、ラストのオチがイマイチ
ヒロインがボコボコにされる必要性がわからない…

エクリプス(2017年製作の映画)

3.5

実話ベースの降霊術ホラー
父が死に働きづめの母に代わって幼いきょうだい達の面倒をみる15歳のベロニカは親友と共に日食の瞬間に父親と話をするために降霊術を行うが悪霊を呼び寄せてしまう
今では虐待になるの
>>続きを読む

コープスパーティー Book of Shadows(2016年製作の映画)

2.5

しっかり続きの続編
一作目結構前に観たのでメインじゃないキャラとか忘れちゃってたな…
死んだ仲間を取り戻すために再び異空間の小学校へと戻る生還者2人、その場にはまた別の学校からサチコさんのおまじないを
>>続きを読む

極道の食卓 クジラ(2008年製作の映画)

3.0

「次回に続く」ラストにえ?と思い調べてみると劇場未公開シーンを追加し、2本に分けたそう
しかし二本目も同じ位の時間なので、正直一本にまとめて欲しかった気もします
極道の組長が熟年離婚し内緒で夜間高校に
>>続きを読む

劇場版 くまのがっこう 〜ジャッキーとケイティ〜(2010年製作の映画)

4.0

原作絵本のファン
絵本そのまんまの華やかで細かく書き込まれた可愛らしい絵柄がなんだかちょっと野暮ったいしゃべりと共に動きまくり、可愛くてもだえてしまいます
花の色鮮やかなこと!
お兄ちゃんたちの紹介も
>>続きを読む

極道大戦争(2015年製作の映画)

2.5

トンデモ映画は好きだけど、これは好みじゃなかった
ヤクザヴァンパイアが見た目からしてヤクザだったらもっと面白かったんじゃないかな~と思うけど、登場キャラ多すぎな割にはあんまり生かしきれてないというか投
>>続きを読む

巷説百物語 飛縁魔(2006年製作の映画)

3.0

巷説百物語第二弾
今回は田所さんの恋愛がメイン
小島聖演じる白菊なかなか良かった

劇場版 恐怖のお持ち帰り ホラー映画監督の心霊実話怪談(2016年製作の映画)

2.0

原作既読、実話怪談オムニバスホラー
「お持ち帰り/墓荒らしアイドル/神隠し」収録
原作は短編の実話怪談集なので、映画は中篇三篇という事である程度話を膨らませているのはまあしょうがないのですが、膨らませ
>>続きを読む

劇場版 怪談レストラン(2010年製作の映画)

2.0

「死神メール/怪談レストラン」収録
小学生向けホラー(というよりファンタジー?)
全体的にコメディタッチ
実写映画「学校の怪談」や同名TVアニメのような少しは(子供向けとはいえ)怖いシーンも入れてくれ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

3.0

続編、主人公交代の二作目
前作は主人公と彼氏のいざこざ、罵り合いやらがイマイチのりきれないとこがありましたが今回はそこは割と控えめで見易かったです
ただ前作同様キャラクターの描き方がちょいと微妙で、こ
>>続きを読む

>|