17さんの映画レビュー・感想・評価

17

17

星の付け方がよくわからない。気分にだいぶ振り回されます。記録。年間100本目標。
2016年1月~
ベストムービーというよりHiGH&LOWで人生変わった。

映画(445)
ドラマ(3)

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.0

B級映画。なんじゃこりゃあはあれどラストが好き。
成田凌くんはきっとあらたさんみたいに良い年のとり方をしてその時々にあった役をするんだろうなあ。素敵。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.0

ずっと不穏で不安。よくわからないけど多分よくわからないからこわかった。
わたしがもう少し物を知っていたら感想は変わったんだろうか。わからない。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.3

原作未読。
押し込められた感情が静かに息をしているというか。
役者勢がそれぞれの個性を爆発させていたように思います。
吉沢亮くんはひたすら綺麗だし、ふみちゃんも寄せ過ぎず離れ過ぎない距離がリアルだった
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.8

ドラマを総括した作品。制作陣の気合いが詰まった作品と思います。めっちゃ詰まってた。ちょっと詰め込みすぎな位つまってた…。
案の定泣きました。感情移入して泣く、もらって泣く、みててつらくて泣く。
ひとつ
>>続きを読む

インポッシブル(2012年製作の映画)

3.4

とにかくめちゃめちゃこわかったので多分もう二度とみられない…それくらいこわかった…。

さよなら歌舞伎町(2015年製作の映画)

3.6

数年ぶり2度目の鑑賞。
ラブホテルを舞台にそれぞれのお話が無理なく詰まっていて好きです。
韓国人カップルの女優さんが特に良い。
笑顔が眩しくて涙が重い。生きている人間だった。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

考える映画。
美しい余白が多数存在してそこはきっと観た人によって違うんだと思う。

出てくる役者さんたち全員がそれぞれの味を持って演じてらっしゃってすごかった…。本当みなさんよかった。

印象的なシー
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

最後の台詞大好き。
ああやってしめくくる映画好きだなあと。

迫力満点で楽しかった、んだけど楽しいだけでは終わらせてくれなかったなあ。必要なシーンかもしれないけれどつらかったです。

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.2

してやられた。ストーリー展開にびっくりさせられながらも無理がない。すごい。
ネタバレ絶対みないでみてほしい。
長女ちゃんがブルゾンちえみそっくりでめちゃめちゃかわいい。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.0

猫かわいい。みんな猫好きだねえ。

変わるチャンスをもらえたのはラッキーだったし、ただのラッキーで終わらせなかったのは彼の努力あってのこと。
差し伸べられた手は大切にしたい。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.6

映画を観て、誰かに感情移入をしたわけでもないのにただただ心が苦しくて、涙が出た。
誰の感情も真っ当なもので、だからこその交錯に、心が苦しくなった。
裁かれるは犯人、だけれど、犯人以外にも人は存在して、
>>続きを読む

トラジディ・ガールズ(2017年製作の映画)

3.0

無。ポップに少量のグロと少量のかわいいをあしらったB級映画。良いやつはまあそうなるよね!っていう。
しかしトラジディガールズのショートカットの子、葵わかなちゃんに似てたなあ。

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.3

努力出来る人は人に好かれる。
悪い人が一切出て来ない気持ち良い映画。

努力は必ず報われるとは限らないけれど、努力に人は魅了されることに違いないなあと思いました。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.0

あなたは騙される的な煽りをつけてしまったがために…の典型をいってしまった作品になったのではないでしょうか。
すごくもったいない…。
良かったのに煽りの割に…読めましたね…っていう気持ちになってしまう。
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.8

終始ふわふわしてたように思う…全部が噛み合ってないというか…うん…。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

長所もみえれば短所もみえる長澤まさみちゃんが演じるキャリアウーマンがすごくリアルでよかった。
野波真帆ちゃん好きです。
特に期待もせずにみたけどそれを下回ることも無ければ上回ることもなかったです。
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

結果ではなく、考えるきっかけとなる作品。たくされてしまったなあ、と思った。

バウンス ko GALS(1997年製作の映画)

3.1

青春映画。女子高生は女子高生なりに今を考え、今を生きている。

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.3

ラストシーンに凝縮してある気がする。
すごく素敵な作品だった。

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.3

風味。

突然つっこみどころの多すぎるお寿司が出てきたのはわざとなの??どうなの??笑

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.0

人それぞれ価値観は違うけれど関わり合って生きていかないといけないからややこしい。
ややこしいからこそ、尊重し合うことが大切で美しいものになるんじゃないかなあと思いました。

未成年だけどコドモじゃない(2017年製作の映画)

2.8

少女漫画原作とはいえ終始こいつは何を言っているのか状態だったのでちょっとしんどかったけど中島健人くんははちゃめちゃにかっこいいし一途な幼馴染み知念くんもかわいかった。山本舞香ちゃん好きなのでもう少し出>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.6

さすがクリント・イーストウッド監督だなあと。積み重ねが上手で、テロリストに立ち向かっていった方たちの勇気をリアルに感じることが出来る。

「人生に導かれてる」

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.5

ずっと観たかった作品をようやく観ました。
唯一無二の作品。
わたしの中のノブさんが「癖が強いんじゃ!」と大暴れしています。
なんかもうやばいすごいとしか言えない…。漫画も読んでみようかなあ…。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

10数年ぶりに自分の意志でホラー映画を観た気がする…(ゾンビ映画はノーカウントで)
学校の怪談で泣くレベルでホラーがだめなんだけどこれは大丈夫でした。
ホラー要素が強過ぎるジュブナイル映画って感じ。

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

2.8

何がなんだかわからない笑
わからないけどオープニングとキリアンマーフィはかっこよかったです

おとぎ話みたい(2014年製作の映画)

3.7

美しい傷。今は生々しくても、糧となり思い出となる美しい傷だ。

冒頭とラストの台詞。言葉の力を感じて好きです。まっすぐで重たい。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

すごかった。泣くとは思ってなかった…泣いた…びっくりした…。
役者さんたちのお芝居が本当にすごいし話の進め方も絶妙だったように思います。
ラストの爆発力は積み重ねたものがあってこそ。

どうしょうもな
>>続きを読む

>|