17さんの映画レビュー・感想・評価

17

17

映画(791)
ドラマ(14)

台風家族(2019年製作の映画)

3.5

いやいや!と言いたくなるところもあったけれど、出陣(?)の時の音楽がかっこよかったのと、ここに撒いた種をどうしても咲かせたいんだ!みたいな結末と、ラストカットの見せ方と台詞で観てよかったなあと思いまし>>続きを読む

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

4.0

女の子たちが都会でスケートボードを楽しむ青春映画という時点でもう好きだった。よかった。
ずっとおしゃれ。画面の中ずっとおしゃれ。
ジェイデンスミスくんがまた良くて、説得力があるなあ〜。

ロードオブド
>>続きを読む

キックス(2016年製作の映画)

3.0

スニーカー映画。たくさんの靴が出てくるわけではないけれど大切な一足がある人には響くのではないでしょうか。
北海道は冬が長いので雪が溶けると新しい靴が欲しくなる。今ちょうどその時期。

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.1

観てよかったなあ。
出てくる人達全員魅力的でその先のお話を知りたくなった。
実生活だと視点がわたししかないから、この映画みたいにひいて見た時に実はちょーっとだけでも繋がっているみたいな縁があるのではな
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

4.1

大好きな飯塚健監督作品。Filmarksオンライン試写にて鑑賞(ありがとうございます。)
目玉が頭が痛い……中盤で泣いて更に後半ずっと泣いていたのでそりゃあそうなる…。
飯塚健監督作品特有の、何気ない
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.4

これ冬に観るより夏のめちゃくちゃ暑い日の夜中に観たかった。
眠れないし映画みよう!って観て思いっきりぶっとばされたかったなあって思う。
一度観た後自分がどういう感想を持つのかも楽しみ。
また夏に会いま
>>続きを読む

リトル・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.4

コメディ色きもち強めのゾンビ映画。
ゾンビ映画を観ている!!!ゾンビ!!ゾンビ!!!という気分になれたかと言われるとなれなかったかなあ〜という感じではあるけれど、
ちっちゃいダースベイダーがかわいかっ
>>続きを読む

最初の晩餐(2019年製作の映画)

3.2

毎日の何気ない食事の中にも家族の思い出はつまっているんだよなあ。
両親も高齢になってきて、母のご飯をいつまで食べられるんだろう、先延ばしにしてしまっていたけれど、元気なうちにもう少し教えてもらわないと
>>続きを読む

パリに見出されたピアニスト(2018年製作の映画)

3.6

音楽ものサクセスストーリー。
好きなジャンルのひとつ。
築き上げた関係、人の変化、演奏シーン。
このジャンルのおさえてほしいポイントをしっかりおさえてくれていたので定番の展開ではあるものの観ていてとて
>>続きを読む

五億円のじんせい(2019年製作の映画)

3.7

良かった。ありそうでなかった設定、話だなあと感心してしまった。劇中の台詞にもある、「優しくしてやりたくなる人」を望月歩くんが見事に演じている。これ以上無くない?と思うくらいにぴったり。
映画の中の人た
>>続きを読む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

3.0

頭を空にしてたけどちょっとつらかったかなあ。
主演二人の顔がずっと良いのは知ってた。
堀田真由ちゃんかわいい〜

無限ファンデーション(2018年製作の映画)

3.2

即興劇の長編映画、ヒロインが南沙良ちゃん、小野花梨ちゃんも出演、とのことで鑑賞。

南沙良ちゃんは本当にこういう役が上手。
沙良ちゃんが泣くと、わたしも自然と泣いてしまう。
アラサーなので役に完全に共
>>続きを読む

タロウのバカ(2019年製作の映画)

3.0

「好き」とは言語として理解は出来ても、感情として理解して、誰かと共通した感覚を持てているのか、と問われるとわからないし、これがわからないということは言語としても理解は出来ていないのかもしれない。
「生
>>続きを読む

感染家族(2018年製作の映画)

3.4

わたしは一体何をみたのか?感がすごいんだけど、決してつまらなくはなかったし、ちゃんと楽しかったのはたしか。じわじわくる。癖になるゾンビ映画かもしれない。

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.2

く…苦しい……。

この映画のすごいところは、ある1面をきちんと描くことにより、観客の思考をぐらっと揺さぶっているところにあると思う。しかもそれを最短の時間で見せていることがすごい。脱出劇で終わらない
>>続きを読む

おいしい家族(2019年製作の映画)

3.5

期待をしすぎず、かといって期待していないわけではない位のテンションで観たけれど、ちゃんと笑えるところもあるし、考える隙間もちゃんとあって、全体的にバランスが良い。見やすいし、観た後良いもの観たなあ〜家>>続きを読む

世界にひとつのロマンティック(2015年製作の映画)

3.0

ジェイクが出てるから鑑賞。
なーーーんにも考えずに観られるけどそれだけかなあといった感じ。

北の果ての小さな村で(2017年製作の映画)

3.0

自然やグリーンランドの生活を観るというところに特化している作品。

生きていくために必要なこと、と理解はしているけれどちょっと気持ち悪くなってしまった…いつも大丈夫なんだけどなあ…

パリ、嘘つきな恋(2018年製作の映画)

3.7

ゆるーく観ていたはずなのに、えーーー!って思いながらも涙が出ていてびっくりした。
登場人物がみんな魅力的でかわいくて、愛おしくなる。
普段は結構めんどくさがる方だと自覚しているのだけれど、今作を見て、
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.8

青山シアターのオンライン試写にて鑑賞(ありがとうございます)

今作はジュディ・ガーランドの伝記映画です。ジュディ・ガーランドの物語です。でも、それだけではなくて、同時にわたしたちの物語でもある、と感
>>続きを読む

ピータールー マンチェスターの悲劇(2018年製作の映画)

3.1

撮影大変だったろうなあ。
どこで何がおきてるのかわからないことがリアルで苦しかった

リトル・フォレスト 春夏秋冬(2018年製作の映画)

3.7

日本版が大好きで、韓国版も観ておこう〜位だったんだけど、観てよかったです。

美味しそうなごはんと豊かな自然に癒やされる。目で耳で食を自然を楽しめる作品であることは韓国版も日本版も共通してあって、そこ
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.8

韓国映画をずーーーっと前に観たと思うけど記憶が全く無い状態で鑑賞。

邦画でここまでちゃんと見せるの最近珍しいと思う心意気は良いし、展開が見える見えないはさておいても丁寧に話を重ねているので、ちゃんと
>>続きを読む

ポエトリーエンジェル(2017年製作の映画)

3.6

ずっと夜が好きで、朝が嫌いだった。
でも、今作を観て、こんな言葉が聞けるのならば朝も悪くないのかもしれないと思った。

とても軽い気持ちで観たらめちゃくちゃ良かった。笑って、泣いて、美しい景色があって
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.0

THE!B級映画!
楽しかったけど、そもそも早く避難せえよが勝ってしまってわたしにはあわなかったのだと思う。

ワニ映画だけど犬映画です。犬かわいい〜。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.8

鑑賞後に、なるほど邦題めっちゃ良いね…となる作品。2019はゾンビの中心で愛を叫ぶがこの枠だったけど2020はここかなあといった印象。
良かった。カルリートスが終始美しくて。
そりゃあ唇のカットも多い
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

-

わたしにはスコアをつけられない…!なんの思い入れもなく、みられないからです。最近はほぼ観られていないけど、以前はアニメが大好きで結構観ていて、わたしの1番好きなアニメが天元突破グレンラガン(とカウボー>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

2.8

この役者のこういうのがね見たいでしょみたいなのはおさえているので目の保養にはなる。
でもそれだけかなと思った。
鑑賞環境があんまりよくなかったせいだったらごめんなんだけど現代のCG技術ってこんな感じだ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

こわくてなかなか観られなかったけどようやく。
ずっしり。くるしい。言葉が全然出てこない。くるしい。

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

3.9

Filmarksオンライン試写にて鑑賞。(ありがとうございます)
完全にノーガードでした。みぞおちにめちゃくちゃ入った…しばし呆然としてしまった。
序盤のなんだかなあが中盤にちゃんと生きている…!フリ
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.5

子役がとにかく良い。画面と話の中への溶け込み方がすごく自然で、それを観るためだけに観ても良い位だと思う。すごい。
ファンタジックでありながら、ひとつの気付きにたどり着くまでがリアルで、そのコントラスト
>>続きを読む

路上のソリスト(2009年製作の映画)

2.9

こういう音楽もの大体好きなんだけどあんまりハマらなかった。
記者が才能あふれる路上生活者を助けるにいたるまでの必然性みたいなものの描き方がちょっと薄かったかなと思います。

ヒトラーを欺いた黄色い星(2017年製作の映画)

3.4

つらく苦しい体験を知ることは、つらく苦しいけれど、知らないでいるよりは知っていたいと思う。それしかわたしにできる事が無いから。

リム・オブ・ザ・ワールド(2019年製作の映画)

3.0

ジュブナイルもの。何も考えずに観られていい〜。
話に厚みがそんなに無いし、登場人物が抱えてきたものが突然前面に出てきて置いてきぼりにされたりもするけれど、ジュブナイルもののここを抑えておけばオッケー!
>>続きを読む

>|