パエリア太郎さんの映画レビュー・感想・評価

パエリア太郎

パエリア太郎

映画(1791)
ドラマ(11)
アニメ(0)

雪山の絆(2023年製作の映画)

4.5

冷え込みがきつい朝に見で体感が2度下がった。
壮絶なサバイバル映画だった。俳優さんたちのイケとチャームで、多少緩和されてるけど実際はもっと悲惨だったんだろうなって、、、。

映画として見れないスゴイ話
>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.3

面白かったあああああ!!!大人の映画だああああ!!!
裁判の尋問も、夫婦喧嘩もいたたまれないくらいキッツイ。
映画では描かれないこの後の生活を考えてもキッツイ。

当事者以外に真実が分かりようがないと
>>続きを読む

ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突(2024年製作の映画)

3.9

満足といえば満足だけど、不満と言えば不満。
テレビシリーズのファンという点で圧倒的に楽しめた!
今までのあらすじの総集編みたいなものも、映画としてどうなんだ?って気持ちは有るには有るけど馬鹿でかスクリ
>>続きを読む

OUT(2023年製作の映画)

3.1

ラスボスとの戦いが熱かった。話についていくのがやっとだった。

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

4.2

何が起きても変じゃない世界から目が離せなかった。
しかし不思議なもので最後の核心部分だけは予想できてしまうのが勿体無い気持ちになりました。
はじめのアパート脱出部分が最高潮で、軟禁物語もけっこう面白く
>>続きを読む

“それ”がいる森(2022年製作の映画)

2.8

結構序盤にソレがアレってことがわかる。ひっくり返ることもなくソレがアレで、ワクワク感は少ない。みーんな分かってることをごちゃごちゃと学校で、自治体で繰り広げてるので、飽きちゃうよ〜
70分くらいの映画
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.9

はちゃめちゃ良かった。
ハルクと将軍を見て、バカと付き合ってはいけないという生々しい学びがあった。
性の充実から、精神の充実まで心の変化に共感。
社会の欺瞞、西洋諸国の暴力性、資本主義の歯車としての人
>>続きを読む

フランケンシュタインの花嫁(1935年製作の映画)

4.3

フランケンシュタインの怪物、不憫なのに哀愁を感じさせない圧倒的なカッコ良さ。
少なくとも通勤電車でソシャゲにいそしむリーマンよりはヒューマンだった。
フランケンシュタインの花嫁の造形も最強だった。最強
>>続きを読む

Saltburn(2023年製作の映画)

5.0

なんでみんな基本半裸なんだろう。。。
ひっどくて、きもくて面白すぎた。こんなに面白いのに二度と観たくない。
観終わった衝撃は、ブラックコメディとはこの作品のためにあると無茶苦茶なことを考えちゃうほど、
>>続きを読む

アタック・オブ・ザ・キラートマト(1978年製作の映画)

3.5

焼きそば食べながら観た。テンポはいいし、ウケるし、楽しい映画を見せよう!という気概をバンバンに感じていい映画だった。
ご飯食べながら観るのにピッタリ

モンティ・パイソン/人生狂騒曲(1983年製作の映画)

3.7

くだらないような、ありがたいメッセージを頂いたような映画だった。
精子の歌と死刑囚の話は笑っちゃった。死神の造形といい、アニメーションといい、本当にアートがかっこいい!!

モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン(1979年製作の映画)

4.4

リチャードドーキンスの知的で強烈な宗教批判本の中で、カルトが誕生する過程はこんなもんかもしれない。と書いていたので、気になって観始めたらめちゃ笑えるコメディだった。
ハマった。

モンティパイソンを知
>>続きを読む

シャザム!~神々の怒り〜(2023年製作の映画)

4.1

2024年初映画。

単純に前作は設定やキャラクターを理解するための前振りと自分の理解の壁があったからだとも思うけど、序盤から飛ばしまくりで前作よりおもしろ〜〜い!!!

モンスターの造形が最近の映画
>>続きを読む

REBEL MOON ー パート1: 炎の子(2023年製作の映画)

3.6

キャラクターが魅力的。
四足歩行カラスに飛び乗るイケメン、良かったなー!
話がサクサクテンポが良くて、それが良いような、悪いような、、
団体戦が盛り上がらず個々の紹介パートの方が面白いのが残念。今回の
>>続きを読む

M3GAN/ミーガン(2023年製作の映画)

4.1

ミーガン、知り合い数名から「いまいち」なんて聞いてたから期待せず見たら、めちゃくちゃらクールな人形で超良かった。
目がデカすぎて怖い。。

ラストバトルはとっても良かった。

ガザ 自由への闘い(2019年製作の映画)

4.0

心から停戦してほしい。

人が理不尽に殺されて、黙ってるのがマトモや訳がない。という真っ当な声が届かない。。

この問題の複雑さは自分みたいな無学モノには正確には捉えられないのだけど、報復合戦、ヘイト
>>続きを読む

モナ・リザ アンド ザ ブラッドムーン(2022年製作の映画)

4.3

選曲が最高だった。映画も面白いし洒落てるし、カルト的な映画になっちゃう〜!!って思ったけど、そんなムーブメントは見当たらなかった。

BAD LANDS バッド・ランズ(2023年製作の映画)

4.1

安藤サクラも山田涼介も存在してるだけで、目が楽しい映画だった。
ストーリーもわかりやすいし、暴力もあり、ノリと勢いで突き進む楽しい映画なんだけど、ちょっと長かった。

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

4.3

無茶久しぶりに観た。

終わり方が哀しく感じる映画で、そんなに酷く絶望するようなことある?!まだまだコレからじゃないの!!ってそわそわした気持ちになる。
誰の気持ちにも少しだけ共感できて、誰のことも少
>>続きを読む

#マンホール(2023年製作の映画)

3.0

多分そいつ以外に仕掛け人はありえないだろという既定路線の黒幕だった、、。

あと個人的に、SNSの醜悪性、薄らとした見下し描写は食傷気味なので、本作はその要素が全体の半分を占めているので好みじゃなかっ
>>続きを読む

終わらない週末(2023年製作の映画)

3.9

面白かったー!

ループする黙示録というオカルト映画を想像していたら、現代の歪みが詰まったパワフルな映画だった。

主人公家族の子供が現実よりテレビドラマが大事というところは身に詰まる歪みだった。
>>続きを読む

65/シックスティ・ファイブ(2023年製作の映画)

3.2

恐竜が出てくるし、いくつかの好きな映画の観たことあるようなシーンも沢山出てきた。

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー(2022年製作の映画)

5.0

面白すぎたし怖すぎた。悪夢にうなされそう!!!超ナイスな映画。

ロボコップ(1987年製作の映画)

4.2

メカの警察って話が「もう、バカー!」と思ったけど、最高にクールでバイオレンスの映画で凄く好みだった。
かっこよかったー!!

オペレーション・フォーチュン(2023年製作の映画)

3.8

面白かったー!ハッカーの人、たぶん初めて見る女優さんなんだけど、凄く良かったなー!
ヒューグランドは相変わらずいやらしいし、豪華な俳優さんを見てるだけで楽しい。
ハッピー映画でした。

窓ぎわのトットちゃん(2023年製作の映画)

4.8

打ちのめされた。
エンドロールまで涙が止まらなかった。

本自体は読んだことあったけど、ここまで反戦的なアニメとは思わず、日常の中にある戦争がキツかったし、胸にきた。

ちぐはぐな部分もあるけど、黒柳
>>続きを読む

ほつれる(2023年製作の映画)

4.8

ずっと、主人公の頭がいつかスイカみたいに四方八方に爆発しちゃうんじゃないかとヒヤヒヤした。

旦那さんうっすらウザいんだけど気持ちがわかる、背中しか見えない旦那を亡くした奥様の毅然とした態度が一番現実
>>続きを読む

エクソダス:神と王(2014年製作の映画)

3.4

モーセってもっとスーパー高齢者って感じがあうよね。バットマンだとカッコ良すぎる

市子(2023年製作の映画)

4.9

すごーーーい!!!
全人類に見て欲しいほど、血も汗も涙も全部吸い取られた後に残る尊厳と執念がハートを叩き、引き裂かれるそうになる凄い映画だった。
全人類が読んでるであろう超有名小説のことが脳の片隅によ
>>続きを読む

シュシュシュの娘(2021年製作の映画)

3.7

まさかの展開だった、、!
排外主義を砕くには忍者が必要と襟を正す映画体験だった。

元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件(2020年製作の映画)

3.5

良い話だったー!!
元恋人同士なのにお互いを思いやり、気遣って偉すぎる。
スリルもあればハートもある良い映画だったー!!

恋は光(2022年製作の映画)

4.7

すごい、はじめ設定で斜に構えて「くっだらね」とか思っちゃったけど、恋の顛末が気になってしかたなかった。
西条くんは超カッコいいし、北代さんも良いやつだし、東雲さんと実直だし、宿木さんも素直だし、良い人
>>続きを読む

>|