Fさんの映画レビュー・感想・評価

F

F

好きなジャンルはミュージカル

映画(321)
ドラマ(0)

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

5.0

TVで放送していたので2度目の鑑賞。曲が流行しただけの映画かなと思って見たが、やはりディズニーらしい良い作品だった。続編も期待出来る。あと、劇団四季も観たい。今後も、このようなハッピーな映画だけを観た>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

2.0

全然良さが分からなかった。なぜ、こんなにまで評判が良いのか?全編通して暗い(ストーリー上仕方ないか)し退屈だった。個人的にはバットマンの幼少期(ブルースウェイン)が出てきたところで、あぁバットマンに繋>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

5.0

率直に良かった。5点は過大と思われる
かもしれないが。これで途中から泣けてきたから本当に、ただ涙脆くなっただけかもしれないが、このような天才的な世界を見ると涙が出るものなのだな。
そんなに良ければ本物
>>続きを読む

楽聖ショパン(1944年製作の映画)

3.5

数々の名曲。映像も含め美しい。伝記なのでストーリーが面白いとか、どうかは別の話。最近は、そうでもないが昔の、この手の映画は曲を通して演奏するシーンがあるわけではないのが残念。なのでCDを聴く方が遥かに>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

今更ながら見た。美しい映像を見るだけで価値はあると思う。ストーリーとしては、まぁ普通だったが流れ的に帆高くんと陽菜ちゃんが無事に会えたシーンは涙が出てきた。ただ涙腺が緩いだけかもしれないが。リピーター>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

4.8

華やかな映像。そして、BGMは定番だけどというか、ミュージカルとしては新鮮というか…作品としては、かなり優れているし、ミュージカルの代表になるとも言える作品。この監督は、キャリアは少ないが、かなりの実>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.5

メッセージ性のような物があるのだろうが、どうも、この監督の作品は好きになれない。嫌いというわけではない。至って普通

永遠の0(2013年製作の映画)

3.5

見たのは随分と前。原作では泣いたので期待して見た。普通に良かったという印象。戦時中で不幸な中、井上真央が可愛いかった。比較するのは間違っているが、こういう役は、やはり蒼井優が良い

アラジン(2019年製作の映画)

5.0

面白かった。名シーンのA WHOLE NEW WORLDはずっと見ていたい。最後はホロリと。最近は、もうディズニー映画だけ見て平和に過ごしたいと思ってきた。ただアラジンに関しては1回で良いかな。繰り返>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

5.0

少しだけ世界観が変わった気もするが、楽しい。完結に相応しい。今の若い世代の映画好きでも未見な人は多いのかな?とにかく素晴らしい!という言葉しか出てこない

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

5.0

凄い発想力。タイムスリップ系の物語は数多くとも前後30年の話、公開されていた当時は今のようなシネコンではない映画館。凄いヒットだった。シリーズの中ではツッコミどころはあるけどwそれでも完璧に近いと思う>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

5.0

この映画についてコメントをするのをずっと後回しにしていた。以前もあったが今年の午前10時の映画際で公開される前に。この映画に関して、シリーズ通してだが100回以上見てる。この映画が嫌いという人は、まぁ>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

4.5

相変わらずのアクション巨編でエンタメ映画として楽しめた。前回よりは遥かに良かった。ただ、初期のコナン映画のように何回見ても面白いというのは無いな。1度楽しめば充分という感じ

情婦(1957年製作の映画)

4.5

面白かった。普段は洋書を読むことはないのだが、こういうのは原作で読みたい。

バード(1988年製作の映画)

2.0

JAZZ界で素晴らしい人、チャーリー・パーカー。JAZZを聴くなら避けて通れない存在。
映画としては、退屈というか、世界的に薬に溺れるという、まぁミュージシャンの世界なのか?
嫌いではないが、クリント
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.1

割と好き。ほのぼのとした心温まるような作風は好みだが内容は普通かな

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

2.0

正直に言うと良く分からなかった。原作は売れ、キャストは良いのにB級感あったな。

フライトプラン(2005年製作の映画)

3.0

普通だったかな。まぁジョディフォスターだし、その点では見ても良いかも。真犯人だったか?最後の男は化け物なみにタフだったなw

マレフィセント(2014年製作の映画)

2.5

期待外れというか眠りの森の美女の原作を知らないが為にストーリーを把握していなかった。自分はキャストで映画を選ぶこともあるのでキャスティングは期待出来たのだが。ディズニー系の戦う映画は、いまいちだな。

マイアミ・バイス(2006年製作の映画)

3.0

キャストが良かった。スタイリッシュな映画だな。ストーリーより、リンキン・パークの主題歌が最後だった

ジャーヘッド(2005年製作の映画)

3.5

戦争映画では、1番地味なのではないか?ただ、サム・メンデス監督は魅せてくれる。今でも活躍しているが昔からジェイク・ギレンホールは良い役者

レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い(1994年製作の映画)

3.0

実は覚えてない。ただ良い印象。そして、このキャスト。もう一度見たい作品。禁酒法時代を描いた作品はだいたい面白い

シカゴ(2002年製作の映画)

5.0

これは素晴らしい!面白い。エンターテイメントとは、こういう事だよね。この舞台の主演を米倉涼子さんが演ってるとは、凄いな…舞台も見てみたい

ピクセル(2015年製作の映画)

3.5

懐かしいゲームキャラだな。発想が面白い。最後のドンキーコング、これTVゲームではなく、昔流行ってた?ゲームウォッチでやってたw

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005年製作の映画)

2.0

忘れたけど、タイミングがロードオブザリングの後辺りだったっけ?迫力あるしタイミング的に食いついたけど、まぁイマイチだったね。作品創りだか、公開のタイミングは、その時の流行もあるからね。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

Queenの知識は、ほんの少し。昔にベストアルバムは聴いたくらいか。この手の伝記映画は自分は中だるみしてしまい途中は割と退屈してしまう。これも、もう少し時間を短縮してもらえると助かるのだが、圧巻のライ>>続きを読む

9デイズ(2002年製作の映画)

4.5

アンソニー・ホプキンスは好きな俳優だが全ての作品は見てない。意外にも、アクション映画はこれが初?らしい。確か。これは少々、映画の為の原作っぽいリアリティに少し欠けるのだが現実に起こり得るかもしれない。>>続きを読む

トータル・フィアーズ(2002年製作の映画)

4.5

これは面白かった。ジャックライアンシリーズなのだけど、これしか見てない。ハラハラドキドキ、手に汗握る展開だった。こういうサスペンス映画は、あまり見ないジャンルなのだが素直に面白いといえる映画

二人でお茶を(1950年製作の映画)

4.0

コメディミュージカル。表題の曲はワルツで有名。明るい内容で良い。ミュージカル映画は、このような作品が良い

パリの恋人(1957年製作の映画)

4.0

フレッド・アステアとオードリー・ヘップバーンの共演とか素晴らしい。この映画のオードリーも、とても可愛らしい。自分世代の、このような不朽の名作は何を見ても素晴らしい。

日本沈没(2006年製作の映画)

1.5

どんな映画だったっけ?見たことは間違い
ないが忘れた。今こそ見るべき映画か?

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

5.0

多分だけど、洋邦問わず、アニメ、実写問わず、1番数多く見た映画かもしれない(後に触れるBTTF除く)
もう、ロマンだね。素晴らしい!

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

5.0

豪華キャスト!それは後だからなのか?当時から既に豪華だったのか?ケビン・コスナー、カッコ良い。もう色々と良かった。

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

4.5

ヘップバーンの魅力満載。
代表作は、もちろんローマだが、サブリナファッションが流行ったくらいのファッシナブルな映画。ルックスは、アン女王より魅力的だった。ハンフリーボガードとの共演も熱い

>|