pamseさんの映画レビュー・感想・評価

pamse

pamse

映画大好き。
初めて映画館で見た映画はドラえもん。洋画はレイダース。
昔の2本立てが、懐かしい。
1本でも多くの素晴らしい作品に出会えますように…♡

  • List view
  • Grid view

タイタニック(1997年製作の映画)

4.2

大作。最後、ジャックが階段で手を差し伸べるシーンは号泣で忘れない!

怒り(2016年製作の映画)

4.0

ミステリーベースに、信、怒、愛、人間の様々な感情を、見事に出演者達が演じられていた。
先ず自分。なのは当たり前なことでもあり、人間の弱さでもある。
考えながら見ることができたので、三つのストーリーが並
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.2

大人だって子供だってみんなみんな弱い人間。
きみはいい子。
公園や教室でおこる風景がリアルで、身近にある場面描写が効いていた。
池脇さん、こういった役が本当最高!

シャイニング(1980年製作の映画)

4.2

ジャック・ニコルソンが大好きだった頃、手元に持っていたかった作品の1つ。
じわじわ怖くて、こんな狂気の主人公だからこそ、彼がハマる。

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

5.0

ミュージカル映画の最高峰。
何度見ても素敵。
ドレミの歌の「シ」が「ティ」で、見た当時、ここだけ連呼して真似た(笑)

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.5

映画館で見た時は、おーってなったが、時を経て見たらそんなでもない。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.5

監督のセンスや遊びが詰め込まれていて、楽しい映画。レザボア・ドッグスもそうだけれど、台詞がとても印象的。音楽も良かったのでサントラ購入。

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.0

ゴスペルって素晴らしい!
周りを幸せに巻き込む主人公が魅力的なストーリー。

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

5.0

ジブリの中で大好きな1作。
パズーみたいな人と結婚したいとずっと思っていた。

マトリックス(1999年製作の映画)

4.5

何度見ても爽快だし、カッコイイ、マトリックスの世界!ドキドキさせてくれる、名作。

エスター(2009年製作の映画)

3.6

エスターの肌の色から眉毛から服装から何から何まで不気味。この主人公だけで7割は怖い。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

ピュアな主人公にジーンとするシーンが幾つもある。theアメリカ映画。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

子供達と距離が近づく過程の描写が、そんなに違和感なく良かった。もっくんは2枚目も3枚目もできる役者さん。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

音を重ね、歌詞を乗せ、MVまで作っていくバンドの様がとてもテンポよく描かれていて、楽しかったし、当時影響されたナンバーがいくつも登場して興味深かった。
指南してくれる、お兄ちゃんのような存在が身近にい
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

4.5

タランティーノ監督の独特なセンスとテンポが楽しめる作品。序盤で持ってかれる。
当時は、好きな映画は?の問に必ずこの作品を挙げていた。

追憶(2017年製作の映画)

3.5

フィルム撮影ということで、味が出ていて、今観ると新鮮な画に思う。

犬神家の一族(1976年製作の映画)

3.8

横溝映画の中で一番メジャーな作品?もうとにかく畳、襖ひとつとっても、画がとにかく怖い。
何度観たかわからないけど、犯人分かっていても、毎回引き込まれる。

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

3.7

センスが良くてあたたかい作品。
3人とも魅力的な人物で引き寄せられる。
アールとの腐れ縁的な関係が羨ましく思う。
パロディ作品もっと見たかった(笑)

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

母は大きい。
帰る場所がある、分かってる、ということがどれだけ自分の中で心の安定になっていただろう、と考えさせられた。
不安に駆られて叫び続けるシーンや、幼いながらも冷静に物事を判断しているような表情
>>続きを読む

天国の駅 HEAVEN STATION(1984年製作の映画)

3.7

吉永小百合さん取り巻く俳優陣が凄い。
お金、殺人、DV、等の汚さと、
吉永さん、景色、等の美しさ、のコントラストが印象的な映画。
美しさって罪って感じに仕上がってるけど、実話はそうでもないのかな?
>>続きを読む

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

4.0

軽い気持ちで観たけど、予想外に引き込まれた。
16歳にして妊娠。そこから始まるジュノの成長が見られる。
シモンズパパの言葉、さらりと言っていていたけど、グッときた。
エンディングでは、歌う2人、ホッコ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

今も変わらない黒人社会の悲愴感がジワっと伝わってくる。
フアン夫婦?から受けた愛情、深く尊い。
少年、青年、成人、3人の俳優が演じているが、そう思わせない寄せ。見事に1人の半生を演じていてとても良かっ
>>続きを読む

KAMIKAZE TAXI(1995年製作の映画)

4.9

高橋さん、役所さん、ミッキーカーチスさん、矢島さん、、、役者さんそれぞれの良さが、多分に役に投じられており、見応えあり。
台詞のアドリブありそう。
澱んでいる日本社会を背景に、ケーナの響きが最終的に妙
>>続きを読む

ぼくらの家路(2014年製作の映画)

3.7

子供の目線で物語が進んでいて、母を探し回る3日間は1週間ぐらいさ迷ってたんじゃないかと思ってしまうほど。切ない。
弟の手を握る兄の手が大きすぎる。
母を思うが故の選択。なかなかできるものじゃない。

スイミング・プール(2003年製作の映画)

3.7

観客に解釈を委ね、色々な考察を楽しむ映画。十字架の飾りのところなど細部に渡って細かい演出がある。
ランプリングさんの、演技だけでない、歳を重ねても体を張った凄さが目を引く。ジュリー役の子も存在感あって
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.7

懐かしい。当時大好きな映画だった。ワクワク要素たっぷりで子供心くすぐる内容が盛り沢山。
何度観てもチャンクの暴露懺悔シーンは面白い。シンディーローパーの曲がピッタリ。
小学生の子供に見せたら気に入って
>>続きを読む

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.6

ゾンビ映画って何でこんなにたくさんあるんだろ?海外ではゾンビ映画が好まれるんでしょうね。
ブラピとゾンビ…何でかな?と興味あって観てみた。
よくあるゾンビ映画だけど、ブラピが頑張ってるシーンなどが、一
>>続きを読む

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2(2003年製作の映画)

3.6

芋蔓式に次から次へ人が死んでしまう。次ターゲットになる人が分かっているようで分からないところがスリル。
このシリーズ観ると鉛筆の尖端でさえ暫く苦手になってしまう。

アマデウス(1984年製作の映画)

5.0

私の中でモーツァルトがもうこの映画の彼のイメージで確立されてしまった。特に高笑いの彼。
音楽とストーリーと衣装と…全てにおいて見所満載で最高。
お気に入りのシーンは陛下を迎える時のアレンジ演奏シーンと
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

5.0

名作中の名作。VHSで所持。
ラストは胸を鷲掴みされ、見終わった後も放心状態。
病院に風を吹き込んだマクマーフィ、カッコイイ。そして一歩前に出ることができたチーフも同じく。
ジャックニコルソン代表作三
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.7

相容れない大人と子供がいつの間にか分かり合う相棒系作品。
類人のちょい不良オヤジから様々なことを教わる…日本にもそんな環境がもっとあったらいいのに。
ビルマーレイ渋くなっていて良かった。

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.7

大切な人と観たくなるような作品。
モーガンフリーマンがダイアンキートンやメガネの女の子を見る眼差しが温かい。
人生において何が1番大切なのか、選択し決断しなければならない時にこそ見えてくるものってなん
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.2

スーツ+サングラスのデブ&ノッポにダンス+ソウルフルな音楽→最強。
ハチャメチャな展開に心躍る。
当時、部屋にポスターを飾ってこの世界観の余韻に浸ってた。

ロッタちゃんと赤いじてんしゃ(1992年製作の映画)

4.5

ロッタちゃんのかわいいが大放出なホッコリする映画。
わがまま全開なロッタを取り巻く家族やべルイさんのあたたかな眼差しが印象的。ロッタは大きくなったらどんな女性になるんだろう?(笑)
スウェーデンの独特
>>続きを読む

>|