pamseさんの映画レビュー・感想・評価

pamse

pamse

映画大好き。
初めて映画館で見た映画はドラえもん。洋画ではレイダース。
昔の2本立てが、懐かしい。
現在、絶賛子育て中につき、映画館よりWOWOWやレンタルでの鑑賞が多め。
1本でも多く素晴らしい作品に出会えますように…♡

  • List view
  • Grid view

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.8

ランチャーから放たれる言葉がとても真っ直ぐ!豪快で友情溢れるストーリーが気持ち良い。チャトルみたいな嫌味なキャラの同級生、いますね。良い味出してます。

ノイズ(1999年製作の映画)

3.3

シャーリーズ・セロンの短髪といい、肌ツヤといい、とにかく綺麗。ジョニデが怖くてセクシー。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.2

リリーの自分の信念に真っ直ぐな姿が勇ましかった。ゲルダのアイナーに向ける愛が切なく、愛って色々な形があるのだな、、と。
主役の2人、些細な感情表現も見事な演技だった!

めぐりあう時間たち(2002年製作の映画)

3.7

女優陣の演技は引き込まれ、それだけでも見る価値あり。流石の3人です!大好きなエド・ハリスもね。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.7

偏屈、不器用なオーヴェが段々と可愛らしく思えてきた。また対象的な太陽のようなソーニャの笑顔も素敵。ソーニャとの回顧シーンでは惹かれ合う2人が印象的。
人は周りに生かされていると痛感する映画。

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.5

このシリーズは、ストーリーが進むにつれ変わっていく各所に、あーここ行ったなぁー、と回想しながら観れるところが好みです。

バーレスク(2010年製作の映画)

4.0

クリスティーナ・アギレラ、歌唱力に見応えあり!そして、久々にビジュアルに心奪われてしまった男優さん...キャム♡ こんなバーテンがいる店はどこ??

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

期待大で臨んでしまったので失敗。救われない作品はあまり好きではないのだけれど、アメリカ社会が抱えている現実を考えると、最後、ハッピーエンドに無理矢理持って行かずの終わり方がとても効いているのではないか>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.6

ドタバタバディコンビ映画、大好物。ライアン·ゴズリング、こんな感じの役柄のほうが魅力的。サリー役の子が凄くキュートで、主役2人に花を添えていた!

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

2.5

なんと言っても素晴らしいビョーク。
どこか救いが欲しい。
ここまで辛すぎて、怒りがこみ上げてくる映画は初めてだったので、インパクト大。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.6

君の名は。を観て、興味を持ちこちらを。女の子が感情溢れているシーンを描くのが新海監督はとてもお上手!

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.7

絶賛ネガティブキャンペーン中の、一言多いこじらせ女の子。
最後、ほろっと泣けたのは、当時の自分と共感するシーンが幾つもあったからかな、、

タイタニック(1997年製作の映画)

4.2

大作。最後、ジャックが階段で手を差し伸べるシーンは号泣で忘れない!

怒り(2016年製作の映画)

4.0

ミステリーベースに、信、怒、愛、人間の様々な感情を、見事に出演者達が演じられていた。
先ず自分。なのは当たり前なことでもあり、人間の弱さでもある。
考えながら見ることができたので、三つのストーリーが並
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.2

大人だって子供だってみんなみんな弱い人間。
きみはいい子。
公園や教室でおこる風景がリアルで、身近にある場面描写が効いていた。
池脇さん、こういった役が本当最高!

シャイニング(1980年製作の映画)

4.2

ジャック・ニコルソンが大好きだった頃、手元に持っていたかった作品の1つ。
じわじわ怖くて、こんな狂気の主人公だからこそ、彼がハマる。

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

5.0

ミュージカル映画の最高峰。
何度見ても素敵。
ドレミの歌の「シ」が「ティ」で、見た当時、ここだけ連呼して真似た(笑)

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.5

映画館で見た時は、おーってなったが、時を経て見たらそんなでもない。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.5

監督のセンスや遊びが詰め込まれていて、楽しい映画。レザボア・ドッグスもそうだけれど、台詞がとても印象的。音楽も良かったのでサントラ購入。

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.0

ゴスペルって素晴らしい!
周りを幸せに巻き込む主人公が魅力的なストーリー。

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

5.0

ジブリの中で大好きな1作。
パズーみたいな人と結婚したいとずっと思っていた。

マトリックス(1999年製作の映画)

4.5

何度見ても爽快だし、カッコイイ、マトリックスの世界!ドキドキさせてくれる、名作。

エスター(2009年製作の映画)

3.6

エスターの肌の色から眉毛から服装から何から何まで不気味。この主人公だけで7割は怖い。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

ピュアな主人公にジーンとするシーンが幾つもある。theアメリカ映画。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

子供達と距離が近づく過程の描写が、そんなに違和感なく良かった。もっくんは2枚目も3枚目もできる役者さん。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

音を重ね、歌詞を乗せ、MVまで作っていくバンドの様がとてもテンポよく描かれていて、楽しかったし、当時影響されたナンバーがいくつも登場して興味深かった。
指南してくれる、お兄ちゃんのような存在が身近にい
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

4.5

タランティーノ監督の独特なセンスとテンポが楽しめる作品。序盤で持ってかれる。
当時は、好きな映画は?の問に必ずこの作品を挙げていた。

追憶(2017年製作の映画)

3.5

フィルム撮影ということで、味が出ていて、今観ると新鮮な画に思う。

犬神家の一族(1976年製作の映画)

3.8

横溝映画の中で一番メジャーな作品?もうとにかく畳、襖ひとつとっても、画がとにかく怖い。
何度観たかわからないけど、犯人分かっていても、毎回引き込まれる。

>|