junさんの映画レビュー・感想・評価

jun

jun

映画(85)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.1

ハリーポッターシリーズ4作目。この辺りから話が大きく動き出して、メインストーリーがくっきりしてきます。

期待通りのファンタジーのワクワク感が満載でしたが、パーティのシーンなど子供達の思春期の多感な描
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

2.8

トムクルーズ主演のスパイ映画の2作目。監督が変わりガラリと作風が変わりました。

ジョンウー監督らしいド派手かつキマりすぎたアクションで、それに合わせてイーサンハントもニヒルでスカしてる感じのキャラク
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.6

言わずと知れたトムクルーズの代表作です。オープニングのテーマ曲と導火線に興奮します。

サスペンスもバランスよく盛り込まれていて、緩急のある丁度いい流れになっています。真相が明らかになるシーンのフラッ
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.1

ガイリッチー監督のシャーロックホームズ2作目。宿命の対決が描かれた作品です。

前作と流れは大体一緒で、アクションシーンがより洗練されています。特に森での銃撃戦が素晴らしかった。緩急の激しさ、カメラワ
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.0

実話を元にした歴史ドラマです。戦争終結に一役も二役も買ったのに、当時の風潮で不遇な扱いを受けてしまった人物の物語です。

情や目先の成果に囚われず、論理的に判断を下す、物事を大局的見据える、そういった
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.5

予測のつくストーリーでしたが、アクションやカメラワークが目新しいSF作品でした。

体に埋め込まれたAIに身体操作の補助を受けるという設定になっていますが、体の方向転換や歩行など、一挙手一投足に「操作
>>続きを読む

トータル・リコール(1990年製作の映画)

2.5

アーノルドシュワルツネッガー主演のSFアクションです。幼い頃のおぼろ気な記憶を頼りに観賞しました。

世界観やストーリーはツッコミどころがありましたが、特殊メイクはなかなか凄かったです。大袈裟な描写で
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.5

シリーズ3作目。キャストの年齢が段々合わなくなってきますが、大人びた感じは嫌いじゃないです。逆に少し共感出来る様になります、個人的には。

謎が謎を呼び収束していく流れは前作同様ですが、オチに繋がるミ
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.2

SF(?)ラブコメディです。あまりこういった映画は観ないのですが、ジャケットに惹かれて観賞してみました。

どんなに時間を遡る事が出来たとしても、取捨選択は必ずあって、何もかも無限にどうにか出来る訳で
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.5

現代ハリウッド版のシャーロックホームズ作品です。原作をあまり知らない私からすれば、十分楽しめました。

観察や分析などの推理要素と格闘を掛け合わせたアクションシーンは見応えがありました。スローで表現さ
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.5

リュックベッソン監督のSF映画です。小さい頃から何度も観ていて、今でも定期的に観たくなる作品です。

今となれば少し古臭いSF描写ですが、変にリアルではなく、ロマンに溢れてます。SFはこれくらい突き抜
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.0

番組表で本作が放送されるのを見て「あ、見なきゃ」と、無条件で思いました。自分自身でもよく分からない感覚ですが、多分、思い出補正がかかってると思います。当時はそれぐらい話題になっていたし、身近な映画なん>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

2.5

題名だけで内容がイメージ出来るのは凄いなと思いました。秀逸なネーミングセンスです。

イメージ通りの内容でしたが、期待してた喜劇らしいドタバタした感じは序盤だけで、後はゆったりと話が進みます。山場を迎
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.5

MIB3作目です。話の流れは前作とそう大差ありませんが、メインキャストが若干変わって、目新しさを感じました。

トミーリージョーンズの出番が少ないですが、それを気にさせないほど、ジョシュブローリンが良
>>続きを読む

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

3.2

MIBの2作目。Kにまつわる話以外は、前作とほぼ同じ流れかなって感じです。

KとJの掛け合いはもちろんですが、前作には出てこなかったエイリアンやハイテク兵器が見応えがあってワクワクします。こっちの期
>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.5

アメリカの都市伝説「メン・イン・ブラック」を元にしたSF作品です。そんな都市伝説があること自体にびっくりだし、それを扱うのは目新しいなと思いました。

20年も前の映画でCGも粗さがありますが、それも
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.1

アンハサウェイってだけで観る価値あります。アンハサウェイ好き。

「恋に仕事に 」のキャッチフレーズですが、仕事がメインかなと思います。トップクラスのビジネスフィールドの華やかさと非情さ、その領域の狭
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.0

個性的なキャラクター達が生徒会長を争う、ちょっと変わった学園モノです。この、元々のストーリーの根本がブレない分、最初から最後まで分かりやすく話が進みます。

キャストは今をときめく若手俳優陣で、作品の
>>続きを読む

清須会議(2013年製作の映画)

3.6

史実を基にした喜劇です。当時の彼らからすれば本気も本気だったはずですが、それを本気を含めつつ基本的には面白おかしく描写されています。

ただコメディが続くだけでなく、重要な場面ではシリアスに描かれてお
>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

3.5

軽快に物語が進みハッピー。まさに喜劇です。

様々な登場人物の物語が絡み合い、沢山の伏線が散りばめられ、そして収束していく構成です。私にとっては多すぎて「あ、この人たち忘れてた」ってなります。それもま
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.1

オーシャンズシリーズの3作目です。1作目の原点に帰ったようで帰ってないような内容でした。

プランを練るシーンが複雑で長く感じました。が、やはり作戦実行のシーンはスマート。前作と比べて、それぞれのキャ
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

3.8

原作をうまく映画に落とし込めている作品でした。CGや音楽も良かったですが、地味になりがちな卓球のアクションもスタイリッシュに表現されていて、すごくカッコ良かったです。ペコが飛んだり跳ねたりするのは見応>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

クリストファーノーラン特有の難解で斬新な世界観、そして長尺なのに息をつかせない緊張感とスピードで進む作品です。

とにかく難解ですが、理解出来なくともとにかく凄かった、という様な印象です。難解な設定と
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.5

限定空間での会話劇です。会話が中心なのに、長尺を感じさせない、さすがタランティーノの脚本です。

ゆったりした流れからの急激な展開。と思いきや、時系列が変わりゆったり。そしてその余韻のままの、ゆったり
>>続きを読む

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.0

ストーリーやドラマがシンプルで、楽に観れるクライムアクションです。

オーシャンズ11と比べてしまうのはしょうがないかなと思いますが、強奪プランはハデで、そういった所に差別化が図られている様に感じまし
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.2

題名は埼玉県ですが、関東出身なら細かいネタで楽しめる、そうじゃない人も、とにかく笑えるコメディ映画です。

いじりにいじり倒していて、人によったら不快に感じるかもしれませんが、あそこまで突き抜けていれ
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.5

2人のマジシャンを描いたサスペンス(ミステリー?)映画です。

少しゆったりめの話の進み方と細かい伏線の描写からの、フラッシュバックを多様したスピーディーな回収は、緩急が激しくて引き込まれるラストでし
>>続きを読む

なくもんか(2009年製作の映画)

3.5

阿部サダヲ×宮藤官九郎ってだけで観る価値あります。期待通りの脚本で阿部サダヲの魅力が発揮された作品でした。

言わずもがな阿部サダヲは素晴らしいんですが、竹内結子との掛け合いが良かった。演技の幅広さを
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

2.8

スーパーマンってよく知らなくて、まっさらな状態で観賞しました。

DCエクステンデットユニバースの1作目らしく、しっかりとスーパーマンのオリジンが描写されていたかなと思います。私のスーパーマンのイメー
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.4

原作をはほとんど知りませんが、世界観をしっかり表現した映画なんだなと思いました。

スカーレットヨハンソンはハマってたし、原作の世界観をしっかり映像で表現されていたかなーと思います。機械(?)の生物的
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年製作の映画)

3.8

シリーズ2作目です。
話の流れとしては前作の少し先を行った感じで、予測のつくストーリーですが、それが良いところです。そういう楽しい、です。

魅力的なキャラクターに溢れていますが、やっぱり和久さん良い
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.2

暇を持て余した学生がタイムマシンを無駄遣いするお話です。

テンポが良くて話が分かりやすく、笑えるところも多くて楽に観れる映画でした。タイムトラベルの作品は最終的な辻褄が合いづらい事がありますが、それ
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

2.5

ホビット2作目です。前作と一緒でストーリーと映像を楽しむような作品です。

特別この作品のファンではないですが、レゴラスの登場はなかなかのファンサービスだと思います。が、種族主義のレゴラスは新鮮なよう
>>続きを読む

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

2.4

ロードオブザリングの前日彈です。王道のファンタジーになってます。

映像とファンタジーの世界観を楽しむ作品かなと思います。ストーリーは単純で見易いですが、予測のつく流れには少し退屈してしまうかもしれも
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

2.8

オーシャンズ11の続編です。タイトルの付け方が面白いなって思います。単純にナンバリングではなく、数字が増えて、追加メンバーの期待が高まります。

前作は話の流れがタイムリーで、ゆったりとしつつ手に汗握
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.0

なかなか変わったストーリーで、ジムキャリーの演技が光る映画です。

ストーリーが進むにつれディストピア色が強くなってきますが、ジムキャリーの演技のおかげで、変にゾッとすることもなく観ることが出来ます。
>>続きを読む

>|