junistoosexyさんの映画レビュー・感想・評価

junistoosexy

junistoosexy

戦慄!プルトニウム人間(1957年製作の映画)

3.8

巨人とはいえ、化け物ではなく核爆弾の実験で被爆して巨大化した軍人さんの運命を描く。
この頃のSFやホラーは、若干無理があるものの科学的に説明しようとする姿勢が素晴らしい。
身体が徐々にデカくなるのに合
>>続きを読む

続兵隊やくざ(1965年製作の映画)

3.8

前作に続き有田上等兵と大宮一等兵の溢れるラブラブ感が微笑ましい。
ただ基本的な内容は目新しさが全然無いね。
小山明子演じる従軍看護婦さんがとっても綺麗。
・・・にしたって、いくらなんでも下の毛をお守り
>>続きを読む

マックィーンの絶対の危機(ピンチ)(1958年製作の映画)

3.5

スティーブ・マックィーンvsスライムおばけ。
内容的にはB級感たっぷりなんだけど、スティーブ・マックィーンだからかちゃんとした映画っぽく感じてしまう。
結局あのスライムの正体がよく分かんない。
それか
>>続きを読む

4Dマン(1956年製作の映画)

3.8

当時の映像技術を考えたら充分楽しめる。
要するに科学者が研究と実験を重ねて壁を通り抜ける事が出来るようになりましたって話。
強引ではあるものの、色んな事象を科学的に裏付けようって姿勢とその努力には敬意
>>続きを読む

顔のない悪魔(1958年製作の映画)

3.7

前半は謎の連続変死事件が起こり、原子実験による放射能漏れを繰り返す軍が住民から疑われる展開で、後半はエイリアンのフェイスハガーの胴体を脳みそ風にしたクリーチャーとの戦い。
クリーチャーが姿を見せる前の
>>続きを読む

ナイアド ~その決意は海を越える~(2023年製作の映画)

4.0

アネット・ベニングとジョディ・フォスターの素晴らしい演技に引き込まれる。
アカデミーは主演も助演も女優賞獲って欲しい。
どっちもパワフルで元気を貰えるし、チャレンジする事の素晴らしさを教えてくれる。
>>続きを読む

襲い狂う呪い(1965年製作の映画)

3.6

一体何がどうなってんだ?っていう序盤のサスペンスフルな展開とスーザンちゃんの胸元に引き込まれてしまう。
なんとなくフランケンの面影が残るボリス・カーロフのコッテリ感もいい。
ただ隕石だったり放射能だっ
>>続きを読む

バービー(2023年製作の映画)

3.9

「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」で4姉妹を繊細に描いたグレタ・ガーウィグが、遊び心たっぷりに、そしてある意味繊細にバービーの内面を掘り下げた快作。
夢と現実の世界を切り分けてリンクさせる映画版ドラえ
>>続きを読む

麦秋(1951年製作の映画)

4.1

2年後に「東京物語」で夫婦役を演じる笠智衆と東山千栄子がまさかの親子役。
たった2年で笠智衆があんなに変わるとは。
それにしても当時の結婚観が令和とは違い過ぎてて、両親と祖父母の反応にドン引いちゃう。
>>続きを読む

兵隊やくざ(1965年製作の映画)

3.9

子供の頃TV放映されてるのを父親の横で観てて記憶の片隅に残ってた勝新太郎の強烈なキャラを改めて観てみようかってんで初鑑賞。
当時観たのは違う作品だったが、勝新のキャラは思ってた通りの破天荒っぷり。
>>続きを読む

タイム・トラベラーズ(1964年製作の映画)

4.0

古臭いSFと馬鹿にしてたらバカをみるゼ。
何が一体どうなるの?って序盤の展開からラストの無限ループ結末までのストーリーが秀逸。
特撮表現がほぼマジックショーのテクニックを引用してるとこも味わい深くて。
>>続きを読む

妖怪巨大女(1958年製作の映画)

3.5

まあ当時の特撮技術じゃこんなもんか。
合成と巨大な手のハリボテを駆使して作った努力には拍手を贈りたい。
巨大おばさんの旦那への真っ直ぐな愛が報われないという切ないラスト。
ところで巨大ハゲ親父はどこ行
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

3.9

「ロブスター」の監督作品だってんである程度覚悟はしてたものの、まあまあなド変態。
エマ・ストーンはよくやったよ。
マーク・ラファロのダメ男ぶりもgood。
S◯X描写満載なのにエロさを感じないし笑いど
>>続きを読む

お茶漬の味(1952年製作の映画)

4.2

ラスト20分だけ3回も観てしまった。
妙子の気持ちが変化するキッカケを描かないとこがまたリアルというか人間らしい不完全さや深みみたいなものを感じさせる。
木暮実千代の感じ悪〜い顔が最後には穏やかで柔和
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

4.2

雨と泥にまみれた戦いのシーン、カメラワークや馬の活躍も含めてよく撮ったなあ。
侍たちのキャラ設定がしっかりしてて、そこに役者さんの名演が乗っかって個性が際立ったのもホント素晴らしい。
そして何つっても
>>続きを読む

晩春(1949年製作の映画)

4.1

シングルファーザーと当時の結婚適齢期を過ぎた娘との関係や心の移ろいを丁寧かつライトに表現した名作。
ラスト、寂しげに、それでいてどこか満足そうに林檎の皮を剥く笠智衆の抑えた演技がたまらん。
自分勝手な
>>続きを読む

ポップスが最高に輝いた夜(2024年製作の映画)

4.4

改めて凄ぇメンバーだったなあ。
これをまとめあげたクインシー・ジョーンズとライオネル・リッチー、それからミュージシャン、スタッフ、もうみんなに感謝。
当時中学生だった自分が色んなアーティストを知るキッ
>>続きを読む

アナコンダvs. 殺人クロコダイル(2015年製作の映画)

3.2

布少なめ水着のパリピちゃん達が続々喰われちゃう、動物パニック物としては王道的展開。
女をアゲる謎の合宿を仕切るキャメロン・ディアス風な勘違いバカ女を喰われ待ちしてたら、死に際は無駄に根性を見せやがった
>>続きを読む

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

4.0

エドワード・ノートンの肉体改造も含めた役作りに脱帽だね。
エドワード・ファーロングはこの頃から既に可愛らしさが無くなっちゃってた。
あとマイ・ネーム・イズ・Rの弟クンが真逆のキャラを演じててその芸達者
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.0

もうすぐ四十郎先生の活躍を描く第二弾でも世界のミフネがやっぱりイカしてる。
「〜じゃねーゼっ」って喋り方もカッコいい。
未熟な若僧田舎侍たちを学校の先生ばりに引率するような立ち位置はさながら大人のガキ
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

4.1

世界のミフネがとにかくイカしてる。
カッコいいだけじゃなくて斜に構えててユーモアもあって魅力爆発。
仲代達矢のヤな奴感、加東大介の小物感もいい。
内容的には笑いどころあり緊張感ありスカっと感ありでエン
>>続きを読む

冬の華(1978年製作の映画)

4.2

高倉健じゃないと成り立たない渋さと切なさと物哀しさと。
そして脇を固める名優達の演技とクロード・チアリの音楽によって醸し出されたフィルムノワールっぽい雰囲気がグッとくる。
全ての登場人物に説得力ある名
>>続きを読む

カモン カモン(2021年製作の映画)

4.0

子供って無邪気に面倒臭い事言ってきやがるけど、真実を言ってくれたりもする。
信頼し合える関係になるには大人も真剣に向き合わなきゃいけないんだなーって、今さらながら。
ホアキンも良かったけど、男の子の自
>>続きを読む

サイレント・ランニング(1972年製作の映画)

3.8

未来だし宇宙なんだけど、緑の為に仲間まで殺しちゃうってとこがなんとも人間臭い。
ロボットまで人間っぽくて可愛いんだから。
でもラストはさすがにロボちゃん可哀想。
宇宙船の造形は素晴らしい。
あのカート
>>続きを読む

お早よう(1959年製作の映画)

4.2

小津映画はお堅い真面目な映画が多いって思い込んでたけど、こんなチョイチョイ声出して笑っちゃうコメディチックな作品もあるのね。
そして小津映画を観るのは3作目だけど、分かんないなりに小津調にハマってきた
>>続きを読む

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

4.0

キリっとした美しさと可憐さを併せ持つ岩下志麻に見惚れてしまう。
当時の社会的価値観や庶民生活を知るという意味で貴重な資料にもなってる。
元先生が引退してラーメン屋さんになったら、かつて教え子だったサラ
>>続きを読む

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

4.1

3人の友情と自分のプレイへのストイックで熱い思い、成長を見守る人たちに涙が出てくる。
とにかく熱い熱い。
ブルーノートやコットンクラブの造りのリアルな再現も素晴らしいのよ。
ピアノとドラム、テナーサッ
>>続きを読む

桜桃の味(1997年製作の映画)

3.6

説明的な描写が一切無く、全部観る側に判断を委ねてくるので、色んな事が理解不能。
なんで死のうとしてるのか?結局どういう決断をしたのか?エンディングにメイキングを持ってきた意図は?
きっと死ぬのはやめた
>>続きを読む

サン・セバスチャンへ、ようこそ(2020年製作の映画)

4.2

ウディ・アレンの新作が観られる幸せったら。
そして今作は今まで以上にウディ・アレンの内面が前面に出てた気がする。
過去の名監督への想いや映画論だったり、「人生なんて無意味だ」ってメッセージだったり。
>>続きを読む

少林寺(1982年製作の映画)

4.0

公開当時カンフーといえばブルース・リーかジャッキー・チェンだと思ってた中学生の自分にとってはエリートカンフー集団来襲!みたいなイメージだったなあ。
蟷螂拳や鷹拳なんかの豊富な型、三節棍とかの目新しい武
>>続きを読む

霧笛が俺を呼んでいる(1960年製作の映画)

3.9

カゲのあるミステリアスな雰囲気、それでいて情熱的な眼差しは裕次郎や旭みたいな華は無いけど圧倒的なカリスマ性を感じる。
ストーリーは最後の攻防が若干茶番っぽいとこを除けばサスペンスチックで面白い。
新人
>>続きを読む

スライ:スタローンの物語(2023年製作の映画)

3.9

スタローンは映画人としてもっと評価されていいんじゃないかと心から思う。
アクションスターとしては勿論だけど、彼の書く脚本とプロデュース力は本当に素晴らしい。
自分自身の人生だったり考え方を脚本にしっか
>>続きを読む

アタック・オブ・ザ・キラートマト(1978年製作の映画)

3.4

観てるうちにきっと面白くなるんだろうと思ってたら87分経ってしまった。
プロットはいいと思うんだが。
オープニングのキラートマトの歌やミュージカル調の歌んとこは好き。
トマトの発音って「トメぃトゥぉぉ
>>続きを読む

アントニオ猪木をさがして(2023年製作の映画)

3.3

改めてアントニオ猪木ってカッコいいなーって。
小学生の頃友達とモノマネしたのを思い出す。
舌出し失神事件とか世代闘争、飛龍革命なんか夢中になったもんだ。
変なドラマはスルーさせて貰った。
だったらもっ
>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

4.2

メッチャ面白くてフツーに声出して笑った。
まず映像が綺麗でキャラ達がとにかく可愛い。
困り顔が愛おしいマリオとルイージが、弱っちいくせにガッツと兄弟愛で奮闘する姿が微笑ましくてついつい応援したくなる。
>>続きを読む

ヴィーガンズ・ハム(2021年製作の映画)

3.8

これ観て面白いなーって思った自分がちょっと嫌になるというか自己嫌悪に陥っちゃう。
グロいし悪趣味だし不謹慎なんだけど、発想と展開は面白いんだよなー。
でもいくら美味しいったって人間食って気持ち悪いって
>>続きを読む

>|