花椒さんの映画レビュー・感想・評価

花椒

花椒

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

シネパークで楽しむ最後の映画たち@新所沢レッツシネパーク

おそらく過去に新所沢で上映された作品のアンコールなのだが、殆どおかわり(且つちゃんと新所沢で観賞した作品)でレビュー済なので新レビューはこれ
>>続きを読む

ダイアモンドは傷つかない(1982年製作の映画)

3.8

こちらは藤田敏八監督作品。

[弓子(田中美佐子)は浪人時代に予備校の古文講師であった三村(山崎努)と大学合格後、愛人として過ごすことになる。三村には妻子だけでなく、古くからのつきあいのある別の愛人も
>>続きを読む

ツィゴイネルワイゼン(1980年製作の映画)

3.8

陽炎座を観賞したときはどっと疲れて途中から話を追うのを辞めてしまったのでインターバルを取っての観賞

映像美だけなら夢二や陽炎座の方だが2時間半の割には飽きずに見れました(まあ、正直に言えば最後の方は
>>続きを読む

春の画 SHUNGA(2023年製作の映画)

4.0

春画の歴史、有名画家の作風、作成過程など多角的に紹介

横尾忠則や会田誠もチラッとインタビューで出ており、春画にインスパイアされた作品を作っている

明治維新で猥褻画として取り締まりの対象とされ、また
>>続きを読む

巡る、カカオ~神のフルーツに魅せられた日本人~(2023年製作の映画)

4.2

カカオ生産者の技術、経済支援をする日本人女性2人にスポットを当てたドキュメンタリー。

一人目は大学入学時に周囲の目的意識の高さから自分の興味を掘り起こしてカカオに辿り着き、1年のうち3月はガーナに赴
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

3.7

とりあえず知っていることはマンガ原作で長期に渡る連載、TVアニメ化されており、アイヌが出てくる

この程度の知識で観賞

この後、展開バレ含む感想













途中でどう考えても続編ある
>>続きを読む

その鼓動に耳をあてよ(2023年製作の映画)

4.3

ドキュメンタリーに定評ある名古屋の東海テレビ製作。

救急車の受け入れ台数が年間1万台と愛知県内随一の名古屋掖済会病院。そのER(救命救急センター)は“断らない救急”がモットー。断らないのは病状、より
>>続きを読む

笑いのカイブツ(2023年製作の映画)

3.8

元ハガキ職人(基本ラジオ深夜放送のネタ投稿常連採用リスナー)から放送作家になつた人の自伝的小説?が原作

[大阪在住お笑い好きのツチヤは読者投稿の大喜利番組で採用され、快感を得て、投稿採用が繰り返され
>>続きを読む

唐獅子仮面/LION-GIRL(2022年製作の映画)

3.5

永井豪原案(原作ではないらしい)

キューティーハニー以上けっこう仮面未満😁(注;作品のクオリティではない)

無意味に全裸の映像が出てくるよ😚(男女問わず)

永井豪のヒロインアクションものに深作欣
>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.3

今年の最優秀主演男優賞は役所広司で決まりですな🤗カンヌ最優秀主演は納得

[スカイツリーの見えるアパートに住む平山はまだ日が明るくないうちにスカイツリーの脇を通り、首都高に乗って渋谷区の街にあるトイレ
>>続きを読む

マイ・ハート・パピー(2023年製作の映画)

4.5

[愛犬ルーニーの為に定時退社するミンス。
3年つきあっていた彼女にプロポーズは成功するものの、彼女には隠して秘密があり、従兄弟のジンジクに相談したところ、里親を探すことを提案される…]

回想シーンで
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

3.7

[中学生合唱コンクールの後、部長はイカツイ男に「カラオケ行こ?」と呼び止められる。ヤクザの若頭である彼は控える組のカラオケ大会まで指導してほしいと頼み込む。一方部長も中学最後のコンクールに向けて悩みを>>続きを読む

愛しきソナ(2009年製作の映画)

4.2

映画監督ヤン・ヨンヒと家族の肖像@目黒シネマ

ディアピョンヤンのその後というべきか。2本立てで観たので、背景がある程度わかった上で見れたので理解度は高まったかと

ソナとは監督の姪っ子ちゃん(次兄の
>>続きを読む

Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン(2005年製作の映画)

4.0

映画監督ヤン・ヨンヒと家族の肖像@目黒シネマ

ヤン・ヨンヒ監督(女性)が朝鮮総連幹部である自らの親を撮った作品

1970年、監督が6歳の時に14〜18歳の3人の兄は万景峰号に乗って北朝鮮に住むこと
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

4.2

オリジナルは高度成長期だったが、今回は終戦直前からスタート

[終戦直前にアメリカ軍に壊滅させられたと聞いていた離島の零戦基地。実はアメリカではなく、ゴジラによる襲撃だった…
そして戦後、復活しかけた
>>続きを読む

JFK/新証言 知られざる陰謀【劇場版】(2021年製作の映画)

-

残念ながら寝落ちしてしまったのでスコア対象外

ケネディ大統領のことを誰が疎ましく感じていたか、人物相関図や背景を描いている内容

ショータイム!(2022年製作の映画)

3.8

まさかの実話🤗

エンドロールに実際の現場がちょっとだけ紹介されています

[牧場主のダヴィッド。父が亡くなり、身売りの手続きに向かう前、祖父からは手放すなと、母からは手続きを進めろと板挟みに。2月の
>>続きを読む

ビヨンド・ユートピア 脱北(2023年製作の映画)

4.5

脱北者を支援するキム宣教師の支援活動をメインに、脱北した人の北朝鮮での生活や教育(洗脳)や既に脱北して息子を呼び寄せようという人の計画や行動など

キム宣教師はこれまで1000人以上の脱北の手伝いをし
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.5

[昭和28年。3男2女を設けた尾道に住む老夫婦。東京に住む家庭を持った長男長女を訪ねることになったが、それぞれ仕事もいそがしく、構ってやれる余裕もなく、お金を出して2人を熱海の旅館に行ってもらうことに>>続きを読む

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

4.0

昨年に亡くなった山田太一か原作。ていうか山田太一が小説家でもあったことを今回初めて知った

第1回山本周五郎賞受賞作を映画化

1988年作品。片岡鶴太郎が明石家さんま、大竹しのぶ、奥田瑛二らと共演し
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

-

正直に言うと、解説読まないと何と何が何のために戦っているのかがよくわからなかった。見落としてる部分、いっぱいあるんだろうな…

なのでスコア対象外

モデルとなった屋久島の白谷雲水峡には行ったことがあ
>>続きを読む

君たちはどう生きるか(2023年製作の映画)

3.8

実は宮崎駿を新作で観たのは(マイルールとして公開日から近所の映画館で上映が続いている限りは新作扱い)カリオストロの城以来である

鷺に導かれるのはこの世界の片隅に、異世界に通ずるのは新海誠ら様々なクリ
>>続きを読む

風の中の牝鷄(1948年製作の映画)

3.2

生誕120年没後60年フイルムでよみがえる白と黒の小津安二郎@神保町シアター

1948年作品

[出兵した夫はまだ戻らず。女手ひとつで内職や衣類を売ったりしてなんとか育児をしながら生活している時子(
>>続きを読む

東京暮色(1957年製作の映画)

3.8

生誕120年没後60年フイルムでよみがえる白と黒の小津安二郎@神保町シアター

1957年作品
小津安二郎作品の中でポスター的には一番有名な気がする

音楽は明るめだが、内容は暗い

[長女(原節子)
>>続きを読む

宝くじの不時着 1等当選くじが飛んでいきました(2022年製作の映画)

3.9

[南北の国境地帯。高額当選のロトを拾ったものの、風で北のエリアに飛ばされてしまい、北の軍人に拾われてしまう。お互いの所有権を譲らないが、北にいたままでは換金ができない。南北の折衷案、そして彼らの作戦、>>続きを読む

戸田家の兄妹(1941年製作の映画)

3.9

生誕120年没後60年フイルムでよみがえる白と黒の小津安二郎@神保町シアター

後の東京物語に繋がっていく作品なのかと

[実業家戸田氏の当主が急逝し、借金もあり、邸宅は処分することに。三女(高峰三枝
>>続きを読む

早春(1956年製作の映画)

3.9

生誕120年没後60年フイルムでよみがえる白と黒の小津安二郎@神保町シアター

正直鑑賞前は小津安二郎で2時間半は飽きるだろうなあ、と思っていたのだが、見入ってしまった。
まあ、2時間くらいにはまとめ
>>続きを読む

彼方のうた(2023年製作の映画)

-

冒頭に前作春原さんのうた同様に聖蹟桜ヶ丘にある喫茶店キノコヤが出てくるので続編?かと思いきやキャストは異なるので別作品のよう

杉田協士監督作品についてはあらすじを読まずにまっさらな気持ちで、それとも
>>続きを読む

父ありき(1942年製作の映画)

4.2

生誕120年没後60年フイルムでよみがえる白と黒の小津安二郎@神保町シアター

1942年作品。小津安二郎作品で初の笠智衆主演作らしい

[幼い頃に母を亡くし、教育費を作る為に父は上京した為、12歳か
>>続きを読む

ティル(2022年製作の映画)

3.9

ウーピー・ゴールドバーグがプロデューサーで出演も。

天使にラブソングをしか観てないので髪を編んでないとどれが彼女かわかりませんでした😅

[1955年シカゴ。夫が戦死して母子家庭のメイミーとエメット
>>続きを読む

斬る(1968年製作の映画)

4.0

映画監督岡本喜八生誕100周年記念@新文芸坐

武士の世界が嫌になってヤクザになった者(仲代達矢)と武士になりたがっている農民が藩のお家騒動に巻き込まれていく話

仲代達矢の目力って若い頃から凄かった
>>続きを読む

ヤジと民主主義 劇場拡大版(2023年製作の映画)

4.5

HBC(北海道のTBS系)製作

[安倍が選挙の応援演説で札幌に入った時、安倍にヤジを飛ばした人物を警官が束になって取り押さえた。

ヤジを飛ばしたのは単独でグループでヤジを飛ばしたのではない
そんな
>>続きを読む

座頭市と用心棒(1970年製作の映画)

3.4

映画監督岡本喜八生誕100周年記念@新文芸坐

タイトルからして勝新太郎(座頭市)と三船敏郎(用心棒)へ当て書きかと

[以前訪れた里へ久々に足をいれることになった市(勝)。平和だった里はすっかり荒れ
>>続きを読む

赤い糸 輪廻のひみつ/月老 また会う日まで(2021年製作の映画)

4.2

あの頃、君を追いかけたの原作脚本監督のギデンズ・コー作品。台湾の超有名な作家らしい

ざっくりいうと輪廻転生の話。(これ以上だと何話してもネタバレになるかも)

話をちゃんと理解できたかと問われると甚
>>続きを読む

淑女は何を忘れたか(1937年製作の映画)

3.6

生誕120年没後60年フイルムでよみがえる白と黒の小津安二郎@神保町シアター

上流階級の夫婦(とその周囲)が大阪からやってきた姪に掻き回される話

1937年。茶の間のカメラの固定撮影があり、後の小
>>続きを読む

ポトフ 美食家と料理人(2023年製作の映画)

3.6

まず展開バレをしてしまいますが…

冒頭30分くらいはひたすら料理を作る、時々食べる。もう映画終わったら何食べようか?それしか考えられない😄
そして改めて思い直すとここまで内容がなく、ひたすら飯テロ
>>続きを読む

>|