かのんさんの映画レビュー・感想・評価

かのん

かのん

ブロンド(2022年製作の映画)

4.0

モンローの生涯はざっと知っていた。
だからか、映画の中で誰と居ても、彼女はいつも一人に見えた。
もし生涯を知らなくても、次々と変わる相手に、いつ彼女が孤独から脱せられるのか、不安を感じ続けただろう。
>>続きを読む

場所はいつも旅先だった(2021年製作の映画)

-

バイト合間の休憩時間に3回くらいに分けて見ました
なんかまた見直す気がします
そんなドキュメンタリーです

ポップスが最高に輝いた夜(2024年製作の映画)

4.8

中学の頃にYouTubeで動画を見た以来だったけど、今成人してみて、この歌の凄さが理解できるようになったことを、とても嬉しく思います

ウーマン・トーキング 私たちの選択(2022年製作の映画)

4.5

過去の悲しみ、苦悩、トラウマをどう乗り越えるか?という主題について、「距離を置いて去ること」、時間としても物理的な距離としても、今この苦しみを生む時間と場所から去るということの効能が、うまく議論されて>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

『The Offer』を勧められたけど、元を見た事がないので見にきました


中盤以降最後まで、平家物語の冒頭の三文が頭をよぎっていた

ドンと血の繋がらない息子と、実の息子でもマフィア稼業を傍観する
>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

-

シャーロックはどの映画作品よりもイケメンかもしれん…
シャーロックがお兄ちゃんやってるの結構グッとくる…😌

 シャーロック・ホームズの世界は19世紀末らしいけど、時代考証的に、イギリスで黒人女性が白
>>続きを読む

レッド・ノーズ・デイ・アクチュアリー(原題)(2017年製作の映画)

-

video鑑賞 https://vimeo.com/778542183
字幕つけてくれた方、ありがとうございます😌

純粋に、続編があったなんて嬉しいです

サラに新しい出会いがあったようで、苦労の多
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.0

ジョナアンナが、歌声から始まりステージ上に姿を現した瞬間がなんか感動した
私たちは単純にジョアンナってどんな子なんだろうって気持ちだと思うけど、それに加えて、リーアム・ニーソンにとっては、自分の亡き妻
>>続きを読む

ラ・カルナダ/運び屋(2014年製作の映画)

-

実話かどうかは分からないけど、内容は仰天ニュースとかアンビリーバボーで取り上げられそうな話でもあるなと思った

メキシコではこういったことが決して無いことではない、という事実が、「メキシコは神から遠す
>>続きを読む

あなたへのメッセージ(2017年製作の映画)

3.9

収容所への関心は、収容所文学から派生して、今回ドキュメンタリーに来ました

最後の
「私に起こった私の人生の重要な出来事は、神様からの贈り物だと思った
神は信じていないけど、それとはまた別の話だ」
>>続きを読む

故郷よ(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

大学の授業で視聴

 チェルノブイリ発電所の事故と、その麓の街プレピャチに住む人々の視点から、突然の事故から10年、故郷を捨てられずに今を生きる人々の暮らしが描かれる。

 冒頭から、プレピャチの人々
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

エイドリアン・ブロディとシアーシャ・ローナンが出てきた時、個人的にもっと映画にのめり込んだ感ある!

固定したカメラの中を人物が動く撮影方法で、各画面が一つの絵画のように見えた!
グスタフとゼロとアガ
>>続きを読む

ゴッホ:天才の絵筆(2009年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ゴッホの絵が一際色鮮やかに見える理由とか、妙に黄色や紺や緑一色で書かれた絵があることとか、その理由がなんとなくわかった気がした。補色とか黄色を画面に閉じ込めることへの執着とか、ゴッホが作品を描く上で核>>続きを読む

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

漫画読んでって良かった!
魚住とか海南が、クローズされんのにちゃっかりおるの良かった
原作と違う部分もそれはそれで面白かったけど、リョータは普通に新生湘北キャプテンになってほしい🤛
というか「あれから
>>続きを読む

特別編 響け!ユーフォニアム アンサンブルコンテスト(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

アンコン一位の演奏も聴きたかったし、結果も気になる!
1時間くらいで短いからあっさり終わった感はある
夏希先輩、結局優子先輩と一緒チームなの可愛い…

めぐりあう時間たち(2002年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

時代の異なる3人の女性が描かれる。その共通点は、それぞれが現在の生活に息苦しさを覚えていること、そして皆近しい男性を持ちながら女性を愛していること。
彼女たちの周りには死の匂いが漂っていて、女性の人生
>>続きを読む

劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~(2019年製作の映画)

-

あすか先輩と久美子を比べながら見てる自分がいた
でも久美子は久美子らしく、前より大人になって後輩たちと接してるのがなんか嬉しかった
久美子は将来何になるんやろ

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

柔らかいフィルム映像で、終戦間近のドイツにしては穏やかな日常が描かれていた。所々に登場したナチス政治の要素が、映画の優しい雰囲気とのコントラストで、ブラックユーモア的にスパイスが効いてる感じだった。>>続きを読む

>|