KSKさんの映画レビュー・感想・評価

KSK

KSK

ウォール街(1987年製作の映画)

3.2

続編を先に観てたけど前作ということで観賞。やっぱり証券の話は電話のシーン多くて、株価があがった、下がったの応酬でなかなかストーリーがスッと入ってこない。買え買え、売れ売れって言って、そんなすぐ行動おこ>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

3.7

数年振りに見直している。原点回帰って感じ。MCU 作品見てからだとキャラとかギャグとか物足りなさを感じてしまうけど、ストーリーはスッと入ってきたし、VFXも20年前としては悪くはない。ただ同時は凄いと>>続きを読む

スパイ・ゲーム(2001年製作の映画)

3.1

過去と現在を行き来して面白くしようとしているけど、会話中心で、局内でやっている工作活動もなんか地味で眠くなってしまった。最後の最後で誰が収監されているのが分かり話が繋がった。

笑の大学(2004年製作の映画)

3.2

三谷作品の脚本に期待したけど、2人の密室劇はちょっと持ちが悪かったかな。検閲官が演出に口出し始める感じは面白くなってきたけど、展開がくどすぎるし、ゴーサイン出てから何で話長いのかちょっとイライラしてし>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.3

うーん長いけど良い映画。脚本と登場キャラがよい。インド映画特有のダンスも悪くはない。物事の本質を見失わないで何事も捉えることって大事だよね。あの勉強ヤローは悪いことしてるわけじゃないし、そういう人生は>>続きを読む

バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲(1997年製作の映画)

3.3

前作よりもダサさが減って良くなっているけど、所々突っ込み要素多くて作品同様に冷めた。特にバットマンとの闘いでフリーズマンとか簡単に逃がしすぎ。下っ端に構いすぎで何で警備員がフリーズマンに当たりに行って>>続きを読む

ブルドッグ(2003年製作の映画)

3.3

警官なんだけど、物語もヴィンディーゼルのキャラも何かワイスピみたい。あんな突っ込んで無茶だよな。最後はちょっとスカッとする。

ザ・グレイ 凍える太陽(2012年製作の映画)

2.8

無敵のリーアムニーソンが出てるから期待して見たのに文字通り救いようのない展開でただ虚しくなった。彼らが何の集団なのかよくわからなかったし、狼相手の仕事なら主人公もっと活躍して欲しかった。あと外も寒いの>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

4.5

いやー面白かった。最強チームがファンタビ的クリーチャー倒す時出てきた時は無条件でテンション上がると同時にアベンジャーズの領域犯さないか心配になったけど、それぞれの能力は不老不死+インヒューマンズレベル>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

4.4

面白かった、この人数の群像劇を見せきった脚本と演出凄いな。ワガママでどんどん脚本変わっていくのはイライラしちゃうけど、辻褄合わせのため皆で奔走するもの作りのストーリーってグッとくるな。映像にも通じるけ>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.2

飛行機アクションの金字塔というけど、何が行われているのか分かりずらくそこまでのれなかったなー。ただ当時の映像技術を考えれば映像化したのは凄いのかも。そしてどちらかといえば教官との恋愛の方が面白かったか>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

3.5

マイロにMVP。あれ犬を実写で撮ったとしたら凄いなと感心。マスクとの出会いはちょっと雑?キャメロンディアス綺麗すぎて怖い。マスク装着後の演技はなかなか秀逸で好き。そして最強種別説。

愛と追憶の日々(1983年製作の映画)

2.9

ヒステリックな母と娘にちょっとうんざりしてしまった。浮気とか子育てに悩む描写とかリアルで少し響くものあったけど、全体的に何をテーマとしてるのか分からず良さを理解出来なかった。

マトリックス(1999年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

10数年前に観た気がするけどアクションシーンしか覚えていなくて、設定とかはほぼすっからかん状態で観賞。最近2、3作目を見てついていけなかったけど、これでようやく世界観を理解(したつもり)。冒頭のシーン>>続きを読む

リーサル・ソルジャーズ(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

結局主人公以外皆死んじまうのかよという虚しさ。もっと皆防弾チョッキ着るとか武装しなよね。銃撃アクションはまあまあ良かったかな。最後のパイロット、依頼人違うけどそのまま離陸しちゃうんだ。

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

3.5

まずメグ・ライアン可愛すぎる。冒頭めちゃくちゃラブラブで特に仲の悪さとか見れないのにラジオの男に恋しちゃうの?ちょっと無理な設定に心情が追い付かないけど、それぐらいの方が不安定な天候のような女性の恋心>>続きを読む

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.4

悪者が頭切れる設定と描写は、脚本を一つ上にあげる要素として上手く機能していた。銀行強盗の様はハラハラもあり良かった。刑事がイカつ過ぎて途中どちらが悪者か分からんかった。最後のネタバラシは意外だったね。

アサシン クリード(2016年製作の映画)

3.0

神話的要素とSF要素組み合わせているけど話が全然入ってこない。エデンの林檎にそんな意味があるのか謎。マイケル・ファスベンダーの無駄遣い。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ようやく観賞することが出来た。漫画の一エピソードという位置付けだけどストーリーや宣伝とか凄く良くハマったなという感じ。前半は炭治郎たちの成長が見られて嬉しい。ちょっと夢のシーンが長いかもと思ったけど各>>続きを読む

スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!(1984年製作の映画)

3.3

前作は見ていないけど、なんとなく世界観は分かる。アクションとかVFXはショボいけど宇宙の旅という点では面白い。組織の命令に逆らってエンタープライズで旅立つシーンはワクワクしたけど、それがピーク。カーク>>続きを読む

ハングリー・ラビット(2011年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

途中結構ゾクゾクしたけど、気味が悪すぎてちょっと嫌だった。高校教師あんな高速道路ぽいところでよく逃げ切れたし、ホテルで車パクるの慣れすぎじゃねと。最後結局殺してしまうのかーなのと悲劇は続くというのはア>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

どんな物語か知らずにマット・デイモンとベンアフレック出演というだけで観賞。結果かなりグッとくる良い作品だった。ウィルの能力の見せ方とか恩師ショーンに出会うまでの過程とか、あとはウィルの成長の様子など脚>>続きを読む

S.W.A.T. 闇の標的(2011年製作の映画)

3.2

同じS.W.A.Tシリーズかと思ってサミュエルLジャクソンとか出ると思ったけど、全然繋がりなくて残念。主人公はちょい魅力的だけど、行動の節々が自己中ぽくて部下への変な指示とか元部下連れてくる意味が後か>>続きを読む

カクテル(1988年製作の映画)

3.2

カクテル作る姿はカッコいいしオシャレだけど、色んな店でパフォーマンスして女を捕まえてみたいな展開はお腹一杯。もっと経営とか勉強して成功するかと思ってたけどなんか違った。(時間ないためほぼ全編倍速再生)

選挙の勝ち方教えます(2015年製作の映画)

3.4

痛快なサクセスストーリーとサンドラブロックのキレイだけど不安定な感じの演技が見所。ファルコンことアンソニーマッキーのまともな統制のバランスがいい。物語の終わり方はちょっと意味が分からなかった。

S.W.A.T.(2003年製作の映画)

3.5

見易いアクション映画。若いジェレミーレナー!仲間はやられるけど比較的イージーな感じで話が進んでいたので、もう少し絶望感とかSWATの厳しい訓練の様子があると深い感じになると思う。サミュエル・L・ジャク>>続きを読む

ゲーム・オブ・デス(2010年製作の映画)

3.3

物語は悪くないけど終始ミュージックビデオみたいにイメージエフェクトかけまくっていて見るのが疲れる。登場人物でまともなのは女医と神父だけ。ターゲットがいいやつに見えるほどに元CIA同僚が悪党すぎて胸糞悪>>続きを読む

タワーリング・インフェルノ(1974年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

50年ほど前にこんなタワーもの映画があったことに感心。人間の愚かさとか強い責任感とか愛情とか色んな感情が表現されていて、しかも時代的に考えても見劣りしない映像表現に拍手。ただしちょっと長いかな、キャラ>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

新生アベンジャーズの予感しかしないワクワク感。ヒーローとなりうる物語はもちろんスッと入り込めたしキャラもいい。肉弾戦中心でありつつも、テンリングスの飛び道具感や多少の魔力感のあるアクションは痺れる。親>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.9

あんまり中身知らずに観賞したらとっても良かった。中身はプリティウーマンの逆バージョンみたい。主人公は最後まで紳士で好感持てる。周りの連中は個性強すぎ。ロンドンの街並みも良き。記者会見のシーンは良かった>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作ほぼ未読なので、せめて前作見てから観ようと思ったけど観賞してしまった。豪華キャストがほぼ真面目に演じているところが見所。吉沢亮は脇役だけどやっぱり痺れるかっこよさ。青天を衝けとるろ剣からの新撰組(>>続きを読む

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

3.4

再観賞。ドラマチックに演出したラストから、何故か急に新恋人が出来ていて違和感を覚える序盤。ミカエルどうしちゃった疑問が残ったまま物語は進む。せっかく復活させた旧プライムおじさんは偉そうでなんか嫌だと思>>続きを読む

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

3.8

10年前くらいに見て再観賞。とにかくトランスフォームするシーンは何度見ても映像が凄いしカッコえぇと思ってしまう。物語はご都合主義的な流れが否めないのと主人公があまり好きになれない。ヒロインは派手めセク>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

3.4

SF作品ちゃそうなんだけど、機械との闘いとかの設定がよくわからない。ゆえに個々の行動の根底にある思いがあまり理解出来ないまま話が進んでしまった印象。あとは前作までのマトリックス内での派手な闘いは控えめ>>続きを読む

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

3.6

誰が出ていてどんな物語か全く知らないけど見てみたら結構面白かった。会議室で繰り広げられる机上の話なんだけど、二転三転立場が変わっていく様、収束していく様はなんだか納得。小さな伏線回収が良かった。終盤の>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まさかこんなにSFチックな映画だったとは。後からどんどんくる伏線回収気持ち良い。ラストは枝分かれしたパラレルワールドに相当するのかな。

>|