KSKさんの映画レビュー・感想・評価

KSK

KSK

SF映画が好きです☆
基準は3
考えさせられても、技法が素晴らしくても面白くないと点数低めかも

映画(263)
ドラマ(0)

セッション(2014年製作の映画)

3.5

頭イカれたドラムマンの物語。ジャズのリズムに胸高まる。実際にいるんだろうな、ああいうドS指揮者。フレッチャーがマジリアルだった。ニコルちゃん地味に可愛い。調べたらスーパーガールの人ね、もっと出て欲しか>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.2

思ったよりB級B級では無かったけど、まさにエイリアンじゃんって感じ。サスペンスさは緊張感あっていい。造形は気持ち悪くて良かったね。吹雪の中っていうのがシャイニングを彷彿とさせる。謎が色々不明瞭なまま終>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.6

※眠かったので正当な評価ではない。
往年のシリーズの良さがあんまり活きてないかなっていうのは残念でかつギャグに走り過ぎていて、どんでん返しのつもりもうーんって感じ。前作と比べるとシリアスさや感動要素が
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予告編とは違った感じの全面にポケモン出てくる映画でポケモン世代?には嬉しい映画。英語でのポケモンの呼び名が違うので途中違和感あったけど、Mr.マインとか聞こえて他のポケモンも気になった。コダックとかリ>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.9

もはやゴジラというヒーローの英雄映画でありゴジラというアイドルのPV。途中眠くなるところもあったけど序盤からモスラ、キングギドラ、ラドンと怪獣たちが目覚めるのには興奮する。ザアメリカのアクション映画と>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

ゴジラ最新作を前に観賞。出来れば映画館で3Dで観たかった映画。ジュラシックシリーズとプレデターを足して割った感じ。ニックヒューリーにロキにキャプテンマーベルと豪華なMCU出演陣に興奮だが、サミュエルは>>続きを読む

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

特に筋の通ったストーリーがあるわけではないけど、キャラ立ちが良くて世界に引き込まれた。山田監督の手腕ですかね。おじいさん死んじゃうところから、心から笑えないのが何か勿体無い。そして最後免許返納はしない>>続きを読む

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.3

刺激的な前作と比べてちょっと控えめな印象。キャラ説明が済んでる分話が早いのは良かった。広瀬アリスの存在が浮きすぎててマジ取ってつけた感強い。あと色々ツッコミどころ多くて笑う。喧嘩アクションは良かったし>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.0

感性が色々ぶっ飛んでる。前半1時間がかなり退屈。237号室怖い。迷路を制したダニーの勝利。ステディカムを使った撮影がしたくなった。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.3

クソと金と性と取引の映画。全体的に卑猥過ぎる。ナオミは序盤こそビッチだけど、途中から唯一まともな人物。電話だけでセールスできるって凄いなと思う。どんな方法だよ。レモンで狂った演技は確かによだれレベル。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.3

ちょっと背景知識の不足とあって自分には言わんとしてることがわからなかった。アリさんの安心感。シャロンは大人になってめっちゃゴリゴリになっても目付きがどこか通ずるものがあってキャスティングというか演出が>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.4

何故かマークしてあった映画をビデオパスきっかけと、MCUのマークラファロ繋がりで観賞。冒頭の冒頭のシーンは全然頭の入ってこなかったけど、ダンの想像でバンド演奏になるシーンでめっちゃ引き込まれた。構造的>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.6

もっと胸が苦しくなるような作品かと思ったけど、愛の表現に心温まった。7年閉じこめられてもしっかり育てたお母さんジョイは凄い。でもやっぱり一番の被害者なわけで、誘拐された当時は17歳ということを考えると>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.5

意外と良かったような。涙腺弱くなったせいか最後のショー前にちょっとうるっときたかも。ウッチャンの吹き替え良かった、自信たっぷりで夢観る感じのカリスマ風コアラが合ってた。顔面出ちゃうとどうしてもおじさん>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ありがとうアベンジャーズ。リアルタイムでこの映画を観られたことを幸せに思います。
まとまらないので感想を箇条書きで。
・脚本、演出、演技、音楽これぞアベンジャーズアッセンブル
・キャプテンマーベルの合
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.2

掴みはとっても良かったけど、後半展開が読めて少し残念。いちいちくだらない設定とか演出が面白い、ツッコミの手が足りない。注げる愛には限りがあることはなんか納得した。ムロツヨシは上手かった。あの展開でホン>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.8

やっと見れたMCU時系列順の最初の物語。女性には不器用だけど、真っ直ぐなスティーブを応援したくなる映画。脇を固める人物が魅力的。ヒドラの科学力は恐るべし。単体でも面白いけどここからアベンジャーズが始ま>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.8

なかなかよかった。努力・友情・勝利、青春の全てが詰まったスポコン映画。それぞれのキャラが魅力的だし前作までで助走を踏んでるのでテンポ良くストーリーが入ってきた。太一登場にヒーロー登場感満載。多分20分>>続きを読む

女子ーズ(2014年製作の映画)

2.9

なかなかくだらない映画。主演、ヒロイン級の女優が揃っているのは見所だけどそれ以外がすべて茶番。グリーンとイエローの役柄がいい。福田雄一ワールド全階だけどボケ倒しでツッコミが弱かったかも。佐藤二郎、仏や>>続きを読む

ターザン:REBORN(2016年製作の映画)

3.4

ターザン知らない人には少し入りにくい物語な気がする。そして貴族の話があんまり頭に入ってこない。普通あんな巨大なゴリラに殴られたら死ぬよね。映像美は良かった。

ダンボ(2019年製作の映画)

3.6

あんまり期待してなかった分、面白くて良かった。ジャンボの解放プロジェクトが始まってからの物語の加速感が良かった。最後あそこまでめちゃくちゃにならなくてもいいだろ。ダンボは何だか可愛い。あのダンボ目線の>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.8

いやーなんだかこうもフィクションレベル変わっていくのかと、ちょっとついていけなかった。物語薄いよ。彼女自分に自信ありすぎじゃないか。先生が花澤香奈さんっていうのは好きな人には堪らないんだろうな。個人的>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.6

ストーリーは特に驚きとかなく普通に楽しめた。バンブルビーはいいやつだし、タフでカッコいい。あの軍人から兵士として認められるのは良かった。声がラジオになったとことか知れて面白い。主人公のチャーリーはもう>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.3

名前しか知らない映画だったから、空港から出られないコメディなんだって笑っちゃう。トムハンクスはロシア人なのかっていうぐらい英語訛っててすげー。キャラはフォレストガンプみたい。アメリアはめちゃ美人。音楽>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

思ったよりも少しコメディチックな映画。キャロルのアクションは爽快。強すぎじゃないか(笑)ストーリーはスクラルを敵に見せつつもいい感じに裏切られたなと。世界観としてはシールド中心としつつGotGのロナン>>続きを読む

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

3.4

豪華俳優による法廷茶番劇。もう8年も前とはいえ深津絵里が若く見える。深津絵里と芳根京子が似てる。たまたま同じ時期に見たからだけどTKO木本の役がチアダンと凄い被る。中井貴一の貫くキャラ良かった。

アクアマン(2018年製作の映画)

3.8

圧倒的な映像とアクションに魅せられた。水中の映像は圧巻。撮影方法気になる。ストーリーはかなりご都合主義的なとこあるけど、壮大な音楽と壮大な映像でなんとかごまかしている印象。(笑)日本だったら無理だけど>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.9

清々しいいい映画。まるでその時代に撮られたかのような自然な時代の描きかた。これが実話っていうのも素晴らしい。2人の関係だけじゃなくトニーが家族を思うところがいい。時代とか慣習とか地域性というだけのルー>>続きを読む

ミッション(1986年製作の映画)

3.1

報われない南アメリカ大陸の民族たち。最初はテーマがよくわかんなかったけど、ラスト30分でようやく盛り上がってきた。途中までちょっと退屈。リーアムニソーソンが細い。ジェダイか元スパイ並みに強い神父だった>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

心と何かをえぐられる映画。少し敬遠してたけどあっという間の2時間で入り込んでしまった。ザ・SFって感じの設定と映像に楽しませてもらった。アクションは気持ちいいしド迫力。そして思っていたよりエモーショナ>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.9

黄色い青春映画!ちょっと舐めてたけど、良かった。映画が終わった後これが単なる空想の物語じゃなく実話に基づいてるっていうのにグっときた。尺の都合もあって取って付けたようになってしまったけど、指導者として>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.2

最近観た是枝作品(万引、三度目、誰も、そして父)に比べると問題とかそういうのは一切無くて物語も淡々としていてちょっと物足りない。でも描いてることはリアルで深い。家族について考えちゃう。真木よう子は年の>>続きを読む

ヘラクレス(2014年製作の映画)

3.6

あんまり期待してなかったけど、こういう熱い話は好きだね。友情や人情、正義感、胸厚展開…どこかマイティソーやアベンジャーズを彷彿させる設定も個人的にグッド。マイティヘラクレスや女版ホークアイ、アイアンマ>>続きを読む

マネー・ピット(1986年製作の映画)

3.3

コントよりやり過ぎだよね、これ。ラブラブ感は嫌気はしないけど痛い感じあり。トムハンクス、ハンサムだね。ハッピーエンドで良かったけど、リオデジャネイロのお父さんの下りが謎。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.6

ただ行って帰ってくるだけのお話だし設定もぶっとんでてB級要素炸裂なんだけど、ハリウッドの一流のキャストと一流の製作陣が集うとこうも魅せられる映画になるのかと驚き。前作までが迷走してたSF映画だったから>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー途中まで良かったけど、ジャックが救いようのないクズになっていくのに嫌悪感。まさか自殺してしまうまでとは。それとは対照的にアリーの懸命なところとジャックへの愛に好感。歌唱力は流石のレディガガだ>>続きを読む

>|