キムトモさんの映画レビュー・感想・評価

キムトモ

キムトモ

芝山氏曰く
「「劇場原理主義者」はとかく偏狭になりがちだが、衛星放送の普及は状況を変えた。フィルム・アーカイブの整備されていない日本では、とくにそうだ。劇場での上映が終わったあと、DVDが品切れや未発売のとき、見たかった映画を気前よく電波に乗せてくれるテレビは、われわれの強い味方だ。」

小島氏曰く
「映画には、決して触れてはいけない領域に存在する、伝説の傑作がある。」

スマグラー おまえの未来を運べ(2011年製作の映画)

3.3

初)原作未読。バイオレンス物。「私達売れっ子だけど、こんなエグい役出来ますけど…」って演者さん達によるバイオレンス物でした。エグいはエグかったけど…エログロシーンがほぼ皆無だったところがちょっと残念で>>続きを読む

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

3.8

オカルト物の傑作作品。鑑賞中のドラマ版エクソシストをより堪能するために久しぶりの鑑賞。きちんとスパイダーウォークしてる版のやつ鑑賞。
こういう悪魔祓い的な存在は今作から教示してもらいました。初見時は怖
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.2

初)演者陣豪華なサイコパス物。「はい、一件落着〜〜」って終わりじゃないところとか好感持てる割と好きな作品でしたが…
血が出てこなかったり…サイコ感が中々伝わらなかったり、サイコ物としての物足りなさを監
>>続きを読む

L・DK(2014年製作の映画)

2.6

初)ずっと横目で鑑賞…剛力サンを初めて性同一障害のドラマで見たとき面白い娘だなぁ〜と好印象な女優さんだったのにこの作品も含め、最近はなんだかなぁ〜〜と出演陣をシャッフルして毎年竹の子のように撮られるこ>>続きを読む

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

3.3

初)原作未読。宗教界の二大スーパースターを主人公にしたシュールなギャグ作品。くだらない中にも優しさと教えがあり思わず合掌🙏
(ノ-_-)ノ~┻━┻星野サンと未來サンの声バッチリでした〜〜

39窃盗団 サンキューせっとうだん(2011年製作の映画)

3.0

初)知的障害を持っている男子の話。是枝風作品を期待して観始めましたが、期待外れでした…途中茶化してる感じのシーンがあり、イラッとしましたが…社会的弱者が生きていくって大変なんだともっと上手い表現できた>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.6

初)青春ドラマ映画。この青臭い時代に戻れない自分には少しくすぐったいなぁ〜が感想です…
自分の才能に気づいたり、気付いてもらえることはとても幸せなことだと思いました…あと本人の努力も大切ね…
(ノ-_
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.0

初)こういうヤサグレカメラマンのキャラよく見るよね…でも結局は報道ネタで…そういう人達の生き様をカッコよく描いたお話。監督がセンス良い監督なので見られました。
福山サンとふみサンのベットシーンは要らな
>>続きを読む

鬼談百景(2015年製作の映画)

3.5

初)原作未読。「残穢」のスピンオフ怪談集。実際に報道されている狂気(猟奇)殺人事件の真相を見せられているようでした…
小粒集ですが、竹内サンのナレーションが説得力を増しています…
(ノ-_-)ノ~┻━
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.5

初)原作未読。上質なオカルトホラー。悪くないです。
語り継がれる怪談話を丁寧に日本的情緒に乗せながら…じわじわじわじわ醸し出す演出は監督の妙であり、きっと原作も読ませるのでしょう。静かな和風ホラーをお
>>続きを読む

FOR REAL 必ず戻ると誓った、あの舞台へ。(2017年製作の映画)

4.4

初)2017シーズン横浜ベイスターズドキュメント。昨シーズンよりはカメラ慣れしてる感は強いけど…ファンとしては魅力的な内容。
2016シーズンはCS出場、2017シーズンは日本シリーズ出場…(ノ-_-
>>続きを読む

FOR REAL ベイスターズ、クライマックスへの真実。(2017年製作の映画)

4.4

初)遠藤斎藤掛端パチョレックポンセの時代からの生粋の横浜ファン…2016年シリーズのリアルドキュメント物。ドキュメント物としても優秀だし…選手の中々見られない一面も生々しく描かれていて途中目頭が潤むシ>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.0

初)何となく宗教観強くなった気がするけど…非常に面白かった〜〜早く続きが観たい〜〜が感想。

プロメテウス復習してから観て良かったです。自分的には旧シリーズのものと比べても一番面白くて好きな内容でした
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.0

初)名作キングコングの舞台骸骨島をフィーチャーしたようなコング物。エンドロールとエンドロール後のシーンが良かったです。昨日にオリジナル作品を鑑賞してからだと…名作を都合よくアレンジして愚弄しているよう>>続きを読む

キング・コング(2005年製作の映画)

3.4

流れは’33年制作作品をほぼ踏襲…きっと監督はキングコングが大好きなんだろう〜
猛獣コングをカッコよくし過ぎだし、やっぱりちょっと長過ぎ…
未鑑賞の方は’33制作作品の方を勧めます(ノ-_-)ノ~┻━
>>続きを読む

キング・コング(1933年製作の映画)

3.8

人間のエゴを描いた怪獣話。年代の古さは感じるけど、お話も特撮もしっかりしているエポックメーキングな作品。
アメリカ東海岸の都市を破壊しまくる当時のハリウッドのやっちまえ感も良く伝わる映画史の1ページを
>>続きを読む

シャイニング(1997年製作の映画)

3.5

初)原作既読。原作続編の「ドクタースリープ」読み開始前に鑑賞…若干端折ってるところもありますが…ほぼ原作通りでした。トニーを実体化するとあんな感じなんだ…想像と大分違った…

やはりキューブリック作品
>>続きを読む

笑う招き猫(2017年製作の映画)

3.6

初)原作未読。ドラマ視聴済。漫才コンビの友情話。富美加サンってやっぱり器用で上手いなぁ〜と思う…引退がホント勿体ない…
他の作品も中々面白かった監督さんとも相性が良く好印象な内容。
(ノ-_-)ノ~┻
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

4.0

初)原作もアニメ版もファンです…でこれで終わりじゃないよね⁉︎もちろん続編あるんだよね😤が感想…

今作は真戸惨殺のところまで…この後魅力的なキャラが登場して圧倒的に面白くなるのに〜〜おいおい続きは続
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

劇初)ラスト新たなホープ⁉︎の登場で終演。肝心のお話はカイロレンが思ったより悪に染まり中々見応えありでした…カイロはてっきりダークサイド抜けるんじゃ〜って思ってたら…そうですか…ニューワールド作りたい>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.6

初) ヴィルヌーヴ版「未知との遭遇」。ちょっと高尚過ぎるんじゃ〜〜が感想…ブレードランナー続編監督のSF作品と構えて見始めましたが…ちょっと高尚過ぎるなぁ〜もうちょっとはエンターテイメント度高くてもね>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

-

初)犯罪組織壊滅作戦物。監督の違うジャンルの作品も観ましたが、相変わらずのハイセンスな監督。訓練や経験ではどうしても補えない色彩感覚や音響効果のセンスはきっと生まれ持った才能で素晴らしいです…JJ監督>>続きを読む

GONIN サーガ(2015年製作の映画)

2.6

初)導入部の前作のフラッシュバックな演出は好印象でしたが…久松(鶴見サン)未亡人の単独殴り込みの辺りからダメダメのグダグダになっていき…竹中サン登場で持ち直す気配を見せるが…尖っていない根津サンに銃を>>続きを読む

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

3.3

初)B級ゾンビ⁉︎パンデミック物。Iウッド主演プロデュース作品。ウイルス系ゾンビ物です。お話は特記事項無しです…ゾンビになるのが🧟‍♀️子供達だけっていうことでゾンビ化しているとはいえ、死体に喰いつく>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.0

初)こちらもB級ゾンビコメディ🧟‍♂️⁉︎(パラマウント)はコメディじゃなく青春友情ゾンビ物として一発当てたかっただろうなぁ〜とそれだけ金かけてる感強いです…

こちらはウイルス感染系のゾンビで走るし
>>続きを読む

ゾンビ・ガール(2014年製作の映画)

3.0

初)B級ゾンビコメディ🧟‍♀️作品。こちらは呪いで復活するゾンビでした。エンドロールで「‼︎」マーク…Jダンテ監督‼︎なんですか〜が感想…
出てくる女優サンが各々キュートでB級作品に花を添えていました
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

初)ただのB級ゾンビコメディ作品と軽い気持ちで鑑賞開始したらなんと…通好みで豪華な演者陣によるコメディゾンビ🧟‍♂️物。Bマーレイ登場した時点でコメディ作品として文句なしで高評価ですね
(ノ-_-)ノ
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.8

初)ずっと観たかった作品。将棋物では傑作。村山棋士の存在は承知していましたが、こんなに壮絶な闘病生活を送っていたとは…
「3月のライオン」とは両極端な作品。「3月のライオン」の感想も対局シーンの演出の
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.2

初)ひなちゃんのイジメ問題から川本家問題で「おいおい将棋の対局は⁉︎〜」ってイライラしたら…後藤との対局シーン…テンション上がりました…

不毛なモノローグや無駄な解説を排除して神木サンと伊藤サンの演
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.0

初)原作未読、アニメ版鑑賞中(大ファン)。アニメ版から経験しておりますが…この実写版は好きなエピソードも盛り込まれ、キャラ描写もほぼほぼ…ピッタリで面白かったです。
アニメ版ほどとは言わないけど…もう
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.0

初) DCEU第3幕。「悪党供が大活躍〜〜」と一連のヒーロー物とは違うお話を期待した分、ハードルを上げた結果、スケール感の小ささにガッカリ度が強い…「ダークナイト」級の悪を見せつけながらも街を救う…っ>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.5

初)DCEUシリーズ第二幕目。アメリカにとってスーパーマン(超人男)って不滅の文化遺産なんだなぁ〜が感想。やはりマーベルのやつよりこちらの物語のリレー方式が好みです。前半、正義の達成の為に発生する犠牲>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.3

初) DCEUシリーズ開幕戦。やはり自分はマーベルよりDC派かなぁ〜が感想…ちょっと暴れ過ぎ感が強いけどダーク味溢れるこちらの方がアベンジャーズより良いです。もはやRクロー、KコスナーとどめのDレイン>>続きを読む

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

3.1

初)原作未読。MCUからDCEU鑑賞に入る前にヒーローと冠のある今作に寄り道。低評価なコメントが多いようですが…自分的にはそんなに悪くなかったです…身の丈にあったアクションとお話の展開。単純なヒーロー>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.6

初)MCUシリーズフェイズ3。今まで観てきたシリーズ作品で初めてウルっときました…ラスト♂どもが全員男前…でカッコイイなぁ〜他のアベンジャーズ作品につなぎのシーンは⁉︎が感想…配信されているものはこれ>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.2

初)MCUシリーズフェイズ3。色んなSF作品のアクションのシーンをダイジェストで見せられている印象…展開も定番の流れ…まぁそれでもつまらないと思わせるのは演者さんの魅力なんでしょう〜〜 アベンジャーズ>>続きを読む

>|