小森さんの映画レビュー・感想・評価

小森

小森

備忘録。偉そうにならないよう気をつけるので許して下さい。

映画(3105)
ドラマ(19)

昼顔(2017年製作の映画)

-

ドラマは見てないけど面白かった。テンポ良く不倫するので主演の二人が凄く馬鹿に見える。

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

自分のことを分かって欲しい娘VS娘のことを理解したい母親。ラストが最高。

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

-

はっちゃけが足りない。1と2が最高だっただけに残念。
もっとノリと暴力と独り善がりな正義感を前面に出して欲しかった。MUGENに続編を作り続けてくれー。

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

親ってのは自然となれるものではなくて、なろうと思わないとなれない。だから金も血も関係ない。
面白かった。万人向けの是枝映画だった。

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

5.0

ロック様&ダダリオという俺得過ぎるアクションコメディ。
海坊主のように地上へ上がってくるロック様のオープニングは心掴まれたし、ダダリオの健康的なセクシーさも最高。あーだこーだしてたらなんとなく上手くい
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

-

歴代最強の能力を持つヒロイン。ロック様の声良かった

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

5.0

ちゃんと怖くて面白い鮫映画。無駄な要素を削ぎ落としてサバイバルに徹するところが良かった。
水中シーンで息を止めてしまう映画は傑作。

ブラック・サンデー(1977年製作の映画)

-

女スナイパーが超かっこよかった。敵を応援したくなる映画。

クレオパトラ(1963年製作の映画)

-

美術は死ぬほど豪華だけど、話が死ぬほど長い。今ならCGで金かからずに演出出来そう。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

-

上質ブラックコメディ。
途中までヘラヘラ笑ってた自分の後頭部をいきなりバットでブン殴られたような衝撃と後味悪さ!
最初はみんな笑ってたんだ。ってセリフが頭から離れない!

犬ヶ島(2018年製作の映画)

5.0

ぼくのかんがえたクールジャポン。
犬派大勝利のストップモーションアニメ。監督の偏愛が極まってて最高だった。豪華絢爛な美術に監督独特の個性が融合してた。さすがウェスアンダーソン。

ユージュアル・ネイバー/マッド・マザー 生贄の少年(2013年製作の映画)

-

ネタバレしたら終わりだけどかなり面白かった!行動、言動の理由が後々分かるのが気持ちいい!

ダーティー・コップ(2016年製作の映画)

-

困り顔に定評のあるイライジャウッドがニコラスケイジに振り回されまくる。駄弁りながらイライジャウッドが丸め込まれる様が良かった。

ポルノ時代劇 忘八武士道(1973年製作の映画)

5.0

江戸時代の吉原で明日死能が鬼包丁を振り回して大暴れ。「忘八」とは、「孝、悌、忠、信、礼、義、廉、恥」という八つのものを忘れた外道という意味だそうです。
乳が揺れ、手、足、首が吹き飛ぶエロスプラッタ時代
>>続きを読む

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

-

当時付き合ってた意識高い系理学療法士の彼女に無理矢理観させられた。
ムカついたけど面白い映画だったから文句言えなかった。

免許がない!(1994年製作の映画)

-

スーパースター舘ひろしが今更免許を取りに行くが、教習所の連中はクズばっかだった。
自分も昔は圧迫教習を受けたものだが、今にして思えば全く意味のない行為だし学んだことはなんの役にも立たなかった。
西岡徳
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

5.0

アクションもキャラも倍増で前作より面白かった!
メタネタが多いのでちょいちょい置いてかれるけど、本筋はしっかりしてるので見易いし、変化球に見せてテーマは普遍的なのも相変わらず。
過去作で納得いかなかっ
>>続きを読む

善き人に悪魔は訪れる(2014年製作の映画)

-

怪し過ぎる男を家に入れた奥さんが案の定どえらい目に合うサスペンス。
イドリスエルバがセクシー。無駄に脱いでくれる。

貞子3D2(2013年製作の映画)

-

ホリプロ主導ドラマ。ラプンツェル化した石原さとみが見所。

推定無罪(1990年製作の映画)

-

うーん、無罪ww
これは犯人を応援したくなるパターン

ヴァイブレータ(2003年製作の映画)

-

病んだ女と大森南朋がトラックで旅をする。90〜ゼロ年代に多かった独特の空気感の邦画だった。青山真治とか昔の是枝みたいな。
よく脱ぐ女優日本代表寺島しのぶが若いし可愛い。

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

-

ケンワタナベのブレイク作。トム感が弱い。
ハリウッドが日本モチーフの映画を作る時はもっと国辱感出してトンデモ日本にして欲しいので、今作はちょっと真面目過ぎた。

ビジター 征服(2014年製作の映画)

-

アトラクション制圧と間違えて借りて来てしまった。ショック。
電波ジジイが拷問受けたりする映画。以上です。

援助交際撲滅運動(2001年製作の映画)

-

ヤリ逃げサイコのエンケンVSオヤジ狩りJK。デーモン閣下みたいなメイクでレイプする遠藤憲一がエグい。今じゃ見れないだろうな。エンボク(援助交際撲滅)教訓は普通に勉強になった。
コギャルや援助交際には全
>>続きを読む

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

-

真夜中のパリでヒャッハー!とかブライズメイズみたいなのを期待してたので戸惑ったけど面白かった

孤狼の血(2018年製作の映画)

5.0

如何にして真の孤狼が完成するか。
ヤクザも警察も一ミリたりともヒーローとは思えない世代に育った自分にはピッタリな距離感の熱い男の子映画でした。カッコつけてタバコ吸いたくなる。
役所広司、ピエール瀧、石
>>続きを読む

>|