小森さんの映画レビュー・感想・評価

小森

小森

備忘録。偉そうにならないよう気をつけるので許して下さい。
#特に好きな旧作 #狂ってるやつ

映画(3321)
ドラマ(19)

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

-

監督の娘とジョニデの娘が主演の確信犯的内輪映画。ジョニデや母親のヴァネッサパラディが脇を固めるなかなかの豪華キャスト。何故かスタンリー御大も出ていらっしゃる。ヴァネッサがフランス人だから娘もフランス語>>続きを読む

インサイダーズ 内部者たち(2015年製作の映画)

-

闇の権力者に手首をギコギコされたイ・ビョンホンが叩き上げ検事と組んで復讐する話。結構面白かった。悪い権力者達が夜な夜な開く全裸性接待パーティーがキモ過ぎて良い。じじいが金の力で若い女好きなようにする様>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

5.0

傑作恐怖映画。ホラーの定型的な演出を悉くフリとして使いまくり、観客の不安を高めたり、音の使い方がとにかく上手い!チャーリーの鳴らす「コッ」という音が超怖いんだけど、あれは呪怨の伽倻子の声並みにお手軽恐>>続きを読む

柳生一族の陰謀(1978年製作の映画)

-

仁義なき戦いin徳川御家騒動。三代将軍の座を巡って、柳生一族・公家・外様大名等がそれぞれ権力拡大の為に騙し殺し合う!日本映画界が誇る超オールスターキャストなんだけど、烏丸少将文麿が全部持ってったでおじ>>続きを読む

デンジャラス・プリズン ー牢獄の処刑人ー(2017年製作の映画)

-

「バキッ!」「グチャ!」人体破壊音が凄まじく、生々しいバイオレンスを味わえる快作!リアルな強さに説得力のある俳優が現れたと思ったらあのヴィンスボーンだった。あの独特な目はコメディじゃなくてハードボイル>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

-

凄腕の殺し屋がロドリゲス姐さんに改造される出落ち映画。ロドリゲス姐さんの不自然な髭面と無理のある低音ボイスが面白かった。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

-

久々に純愛映画。無償の愛なんて他人から見れば気色悪いものなんだと突きつけてくる。愚行録と同じく屑人間のオンパレードなんだけど、特に蒼井優が演じるプロのクレーマーが良かった。後、松坂桃李が「この女イケる>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

-

一家惨殺事件を調べる妻夫木くん。関係者の話を聞くうちに被害者夫婦が相当屑だと分かっていく。
人間の嫌な部分をずっと見れるので逆に気持ちいいです。胸糞悪い話が続くので「コイツら最低だな」ってつい思っちゃ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

ラストのライブシーンが臨場感抜群で最高の映像体験だったし、劇場から自然と手拍子が発生してラストで大拍手になる最高の映画体験が出来た。絶対映画館で沢山の人と見るべき映画。歌って凄いんだな!!!

里見八犬伝(1983年製作の映画)

-

未だに観てなかった名作。散り際のシーンが有名だし設定含めてそこら中でパクられまくってるけど、マグニフィセント7とかの方がやっぱ面白い。
関係ないけど、薬師丸ひろ子がなぜか喘ぎながら話すのでエロかった。

イリュージョニスト(2010年製作の映画)

-

哀愁の塊のような映画。アニメなのに殆ど固定カメラ長回しと言う所も渋い。甘やかすだけでは子どもの為にならないんだなぁ。主人公が鉛筆を使うラストシーンは特にグッと来た。おすすめ。

007 スペクター(2015年製作の映画)

-

Qたん可愛いよ。Qたん。超有能だし眼鏡似合い過ぎだし意外と歳食ってるところも良い。枯れてもオノナツメの描いたキャラみたいになれそう。

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

-

密入国者VSキチガイハンター。ワンちゃんがシアーハートアタック並みの追跡能力で主人公を追い詰めてた。へらへらしながら人殺す癖に犬死んだら号泣するハンターが良かった。

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

-

相変わらずの救いのなさ。この監督若い女に何か恨みでもあるのか?

ドリーム ホーム 99%を操る男たち(2014年製作の映画)

-

住んでた家を強制退去させられた主人公が、自分を追い出した不動産屋で働く事になる。悪徳社長の基で働くうちに自分も悪に手を染め良心の呵責に苛まれていく社会派ドラマ。困り顔の名手ガーフィールドがマイケルシャ>>続きを読む

ヒロイン失格(2015年製作の映画)

-

設定凝ってるって聞いて期待したけど、結局いつもの邦画ラブコメだったので残念。桐谷美玲は劇中のスベリっぷりよりも異常な細さが心配になった。大丈夫かな?

人喰猪、公民館襲撃す!(2009年製作の映画)

-

人喰い猪が公民館を5分くらい襲撃する。猪の出番は少なく、しょっぱいコメディが続くので割と辛い。グエムルが如何に傑作か分かる。乙事主並みの破壊と貫禄を期待してただけに残念。後始末の仕方鬼畜過ぎて猪可愛そ>>続きを読む

狼の死刑宣告(2007年製作の映画)

-

息子を地元の屑に殺されたケビンベーコンが殺り返す!最初は優しい面構えだったのに戦う内に顔が怖くなっていくところが良い。

オーディション(2000年製作の映画)

5.0

これはマジで怖かったー!!再婚相手オーディションを開いた石橋凌がやば過ぎる女を選んでしまう愛の激痛絶望傑作スリラー。
とにかく不穏!!キリキリと嫌な空気がスタートから40分以上続く。ヤバい女の家が出る
>>続きを読む

エクリプス(2017年製作の映画)

-

日食の日に降霊術したJKが何かに取り憑かれて酷い目に合う。実話らしく、モノローグで出る実際の現場写真が怖かった。取り憑かれるJKの口がとにかく大きく開くのが特徴。

友罪(2017年製作の映画)

-

優しい言い方すれば、加害者の自己満映画。佐藤浩市の話はもっと本筋と寄せられなかったのか?
瑛太は相変わらず良かった!

我は神なり(2013年製作の映画)

-

救いが無さ過ぎる....今年観た中でぶっちぎり厭な映画だった。
田舎の村に突如建ったカルト教会。粗暴な屑親父以外の村人は殆どどっぷりハマっていた。屑親父は娘をカルトから抜け出させる為に余計な事しまくる
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

-

電気が全く使えなくなりサバイバル生活を強いられた家族がチャリで鹿児島を目指す。テレビ制作のぬる〜いドラマかと思ったら、意外とドライで良かった。数ヶ月前一時的に映画と同じ様な状況になったので、他人事とは>>続きを読む

宇宙空母ギャラクティカ(1978年製作の映画)

-

数多あるパチモンSWの中でも有名な作品らしい。美術が結構凝ってて良かった。宇宙船かっこいい。
宇宙人もなかなかのキモンスター達を揃えていて満足。特に好きなのは、何故か目と口が沢山ある歌姫。

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

-

アメリカの音楽ドキュメンタリーあるあるは全く分からないけど笑えた。DJが宇宙戦争のトライポッドの被り物させられてあの轟音を響かせるシーンが良かった。

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

-

神のお告げを受けて(統合失調症ではない。)ビンラディンを捕まえに行く事にしたハイテンションおじさんニコラスケイジが色んな人に迷惑を掛けまくる実話コメディ。相当ウザいけどいい人なので許せる。バーカウンタ>>続きを読む

タミー Tammy(2014年製作の映画)

-

メリッサマッカーシー、スーザンサランドン、キャシーベイツという強烈過ぎる3人が共演するドラマ。メリッサマッカーシーがいつにも増して太ってた。紙袋被ってファストフード店を強盗するシーンは良かった。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

5.0

超絶面白かった!!カンニングという地味な犯罪をここまでスリリングでスタイリッシュに魅せてくれるのがまず凄過ぎる。序盤の三者面談で主人公のキャラ付けと伏線を張る所も上手すぎるし、ケリの着け方も最高!クラ>>続きを読む

愛しのべス・クーパー(2009年製作の映画)

-

ナードコンビとイケてる女子軍団が青春逃避行。ベスクーパーがムチムチで可愛かったし、童貞の映画オタクが濡れタオル拳法でマッチョ屑を撃退するシーンが良かった。

サラリーマン・バトル・ロワイアル(2016年製作の映画)

-

「これから皆さんに殺し合いをしてもらいます。」という社内放送と同時に全てのドアと窓が鉄の扉で封鎖され、会社は脱出不可能の要塞と化した!生き残るには同僚上司を皆殺しにするしかない!
疲れ切ったサラリーマ
>>続きを読む

インシテミル 7日間のデス・ゲーム(2010年製作の映画)

-

デスゲーム系のゴミ。キャストがみーんなホリプロ。貞子シリーズといい、事務所主導になるとろくな事ないな。

スプリング・ブレイカーズ(2012年製作の映画)

5.0

超可愛い子達がビキニでキャッキャするだけの眼福映画。ストーリーほほぼないが全く飽きなかった。スローモーションで揺れるおっぱいとお尻がスクリーン一杯に広がった時、傑作認定した。これきっかけでギャルに目覚>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

-

ブライアン離脱により、登場人物の殆どがハゲと化した第8作。車の洪水、綱引、VS潜水艦等アクションが相変わらず最高なので映画館で観れば良かったです。前作で良くも悪くもファミリーの概念が崇高になってしまっ>>続きを読む

ウェディング・バトル アウトな男たち(2016年製作の映画)

-

亜流ミートザペアレンツ。破天荒なIT長者が彼女の家族と仲良くなる為に、家族全員の顔のタトゥー入れる所が良かった。

アンシーン/見えざる者(2016年製作の映画)

-

透明になる病気にかかったお父さんが行方不明の娘を探すドラマ。最初は食べ掛けのアンパンマンみたいだったのに最後の方は作り始めて数日のジグソーパズルくらいスカスカになってかわいそうだった。

>|