小森さんの映画レビュー・感想・評価

小森

小森

偉そうにならないよう気をつけるので許して下さい。

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

5.0

腹を痛めて産んだ我が子はスーパーサイコだった。親だから一緒にいるけど、どうすりゃいいの?ってストーリー。

自分の子だろうが、所詮は他人であり、理解するなんて到底無理でおこがましいことなのかも知れない
>>続きを読む

呪怨2(2000年製作の映画)

-

間違えてVシネ版を観てしまった。郭智博&市原隼人コンビが偶然にも見られる。

パラノーマン ブライス・ホローの謎(2012年製作の映画)

-

クボが超良かったので見た。とても面白かった!ストップモーションアニメの頂点。話は意外と大人向けで、ホラーファンへの目配せにニンマリさせられる。
エンドロール後のオマケ映像では、ライカ名物狂気のメイキン
>>続きを読む

DRAGON ドラゴン(2015年製作の映画)

-

結婚式中、花嫁がドラゴンに連れさらわれた!しかしドラゴンは普段イケメンのいい奴だった!花嫁とドラゴンの禁じられた愛が始まる!
基本イケメン姿なのでドラゴン要素は足りず、若いカップルのいちゃいちゃを見せ
>>続きを読む

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

-

狭い世界でしか生きられない人たちの話。村社会と貧乏がどれだけ怖いか分かる。一人奮闘する主人公が健気で辛い。手!

クローバー(2014年製作の映画)

-

関ジャニの演技が凄かった。武井咲が頑張ってた。

デッドロック II(2006年製作の映画)

-

前作の倍面白かった。
スコットアドキンスの超絶アクションが本当に凄かった。

P2(2007年製作の映画)

-

言っていること全てズレているサイコパス警備員が良かった。「こいつには何を言っても無駄」感がすごい。そんな奴相手に一晩サバイバルする巨乳OLの映画。
アレクサンドルアジャが製作した甲斐あってか、超グロい
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

-

近年のビルマーレイって福田雄一作品の時の佐藤二朗、ムロツヨシみたいな毎回同じ演技でも許される系の人かと思ってたけど、今回は物悲し屑じじい役をしっかり演じていてホッとした。話はアバウトアボーイ系なのでし>>続きを読む

僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.(2011年製作の映画)

-

何てネガティヴなタイトルなんだ!
何かを変えたい大学生たちがカンボジアでも日本でも現実を突きつけられる。でも、結果より過程が大切なときだって絶対あるよなぁと思いました。
あと、向井理がデリヘルを呼ぶと
>>続きを読む

ふたりの男とひとりの女(2000年製作の映画)

5.0

嫁を黒人に寝取られた挙句、その子ども(勿論黒人。天才で超いい奴ら。)を育てることになったことが原因で町中の人に虐められていたジムキャリーが、ついにブチ切れた。第二の人格が誕生し、気に入らない奴ら全員懲>>続きを読む

陸軍中野学校(1966年製作の映画)

-

日本製本格スパイ映画。しっかり秘密道具も出てきた。
面白いサスペンスドラマであると同時に、人が組織に組み込まれていく過程が丁寧に描かれてた。だからこそ終盤の展開はぞっとした。

TAXI NY(2004年製作の映画)

-

セクシー美女が多いのでハリウッド版の方が好きです

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

-

やったー!お洒落でひょうきんでセクシーなソダーバーグが帰ってきた!この路線でどんどん新作をお願いします!
所々で出てくる片腕ネタと、アダムドライバーのなんとも言えない顔が最高だった。

ベテラン(2015年製作の映画)

-

良いファンジョンミン。半沢直樹ばりの分かりやすい勧善懲悪が素敵です。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

5.0

食人を通して、少女から女(獣)への変化と葛藤を描くまさかのティーンエイジもの。血生臭い物語で純愛について語り切るんだからすんごい!
観た後は心底気持ちが悪くなり、無償の愛なんて他人からしたら気持ちの悪
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

ああああああああああ!!!!!!すみませんでしたああ!!絶滅したいいいい!!もう何から何まで共感できるううう!古傷えぐられたああああ!!!

他人から見たらどーでもいい事気にして、バカにされたくないか
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

-

面白かった。実録ホラーの傑作。でも、もう二度と観たくない。辛い。
リトルランボーズ、なんちゃって家族のウィルポーターがゴミ糞鬼畜白人警官のリーダーを好演。特徴的な眉を釣り上げ、リンチを行う様は鬼畜の所
>>続きを読む

人魚伝説(1984年製作の映画)

5.0

夫殺しの濡れ衣を着せられた海女が復讐に挑む!そこには原発を巡る巨大な陰謀が関係していた。

血飛沫が気前よく出るので、後半は返り血で主人公真っ赤。銛での長回し大殺戮劇は一見の価値あり。
白都真理が全編
>>続きを読む

デッドロック(2002年製作の映画)

-

ウェズリースナイプスがこの後ガチで刑務所入ると思うと感慨深い。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

5.0

超面白かった。
狂気のコマ撮りストップモーションアニメ。ストレートな冒険活劇としてまず最高だった。特にがしゃどくろと闇の姉妹はデザインもバトルも最高で大興奮でした。
物語の力は凄いんだと改めて思った。
>>続きを読む

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

-

ほろ苦日常系。みんな良かったけど個人的には小池栄子が一番ハマってた。

北陸代理戦争(1977年製作の映画)

5.0

大雪なので雪映画を観た。超面白かった。

松方弘樹が雪の中で日本刀振り回したり、親分埋めてジープで周りを走ったり、敵に水をぶっかけて「口を割らなきゃ凍るぞ」と脅す等季節感のある描写が盛り沢山でした。
>>続きを読む

鰻の男/メイド・イン・チャイナ(2014年製作の映画)

-

初ギドク。
マジなのか笑っていいのか迷うシーンが多くて不思議な後味だった。
中国産は韓国でも敬遠されているっぽい。
ギドク監督作も見てみよう。

ドラゴン・コップス 微笑捜査線(2013年製作の映画)

-

ジェットリーやウージンが何故これに出たのか謎なレベルで珍作。
グリーンデスティニー、HEROの系譜っぽいゴリゴリのワイヤーアクションは良かった。

泣く男(2014年製作の映画)

-

クライベイビーサクラみたいな奴が大暴れするのかと思ったら違った。

別離(2011年製作の映画)

-

小難しい文化映画かと思いきや、まさかの法廷ミステリー。
そこにイスラム文化と家族愛が加わって、登場人物たちの引くに引けない状況が、事態をどんどん悪化させていく。
ラストは良い意味でモヤモヤする映画でし
>>続きを読む

ブラザーフッド(2004年製作の映画)

-

ブラコン兄貴と冴えない弟が強制徴兵され、朝鮮戦争に参加させられる。
しっかり戦場で手足と臓物が飛び散り、錯乱者で溢れかえってた。戦争は地獄。
ラストは敵も味方も、戦争してる奴らなんか家族以外全員死んじ
>>続きを読む

ハンナ・アーレント(2012年製作の映画)

-

最後の講義シーンがかっこよかった。不機嫌そうにタバコをふかす姿も良い。

プリースト 悪魔を葬る者(2015年製作の映画)

-

やさぐれおじさんとイケメンの神父コンビがJKに取り憑いた悪魔と御祓バトルをする本格エクソシズムホラー。
安藤サクラを百倍邪悪にしたような悪魔JKがめちゃ怖で、神父達の精神を容赦無く削りにかかってました
>>続きを読む

鉄拳 Kazuya's Revenge(2014年製作の映画)

-

ケインコスギのアクションが本当に凄い。チャンスさえあればドニーさんみたいになれると信じてる。

人生はローリングストーン(2015年製作の映画)

5.0

超面白かった。いい映画観たなぁ。
作家の夢を諦めきれない記者デヴィットは人気作家ウォレスの密着取材に行く事になる。ウォレスはユーモアがあって優しくてスケベで、繊細な天才。2人はすぐに意気投合するが、デ
>>続きを読む

>|