HAL2016さんの映画レビュー・感想・評価

HAL2016

HAL2016

ジャンルにこだわりなく何でも観ます!皆さんのコメントを読むのが楽しみです。

映画(415)
ドラマ(0)

牛泥棒(1943年製作の映画)

3.5

アメリカ映画らしからぬ、地味な映画ですね。内容は民主主義において少数派意見をどう反映するかみたいな話ですが。。。クリントイーストウッド監督が名作としてあげていたそうですが、この話に娯楽的な要素を入れる>>続きを読む

クライム&ダイヤモンド(2001年製作の映画)

3.8

映画大好きな殺し屋って現実的にはいない気がします。というのはさておき、映画大好きな人にはたまらないところが所々ある楽しい内容になってます。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

まだまだアメリカはいろんな問題を抱えているのだなと思いましたが、ある意味暴力(力)では何も解決できないというところにやっと気づいてきたのかと思いました。

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.8

生みの親より育ての親とはいいますがその通りだと思います。子供にとって大切なのはどれだけ自分と同じ時間を共有してくれたかどうかだと。それにしても、メイジーは可愛いですね。こんな子を放ったらかしにしておく>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

話の中身と半魚人を除けばアカデミー賞でもいいのですが。。。それを取ると中身がなくなる?最初のシーンといい、水滴からの場面転換といい凝ったシーン満載です。凝った作りかたはアカデミー賞です。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

子役のマッケンナ・グレイスちゃんの演技が素晴らしいという事につきますね!睫毛が濃く、顔立ちが天才と言われるとそう見えます。映像も綺麗だしいい映画です。

次の朝は他人(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーがないのはロードムービーっぽくていいんですけど、時々ズームアップとかカメラを意識させる撮り方が世界観に入り込むのを拒絶している。セリフはなるほどなと思う所はありますが、映画だからね。セリフで>>続きを読む

拝啓、愛しています(2011年製作の映画)

2.9

老後の生活を送るのは大変ですね。お金蓄えないと!

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)

3.9

性の境界がなくなると最後に行き着くのは精神的な繋がりなのでしょうか。巡り巡ってそうなる気がしますね。この監督の嫌なところは最後の最後で勿体ぶって種明かししない所です。

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いろんな意味で残念なことが、重なり嘘の上積み状態。許しを請いたい思いが恋になりと複雑な心理描写を上手に表現してます。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.1

サクセスストーリーにミュージカル、フリークスへの偏見と差別と盛りだくさんの内容が楽しめます。サーカスという設定がお祭り騒ぎで非日常的なので映画というエンタメとマッチしてます。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

悪役の設定に難あり。そこに目を瞑れば他は楽しめます。

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

DVの話です。いろんな要素がつまりすぎてる割にはゆっくりなストーリー展開です。DVする方が凄い悪人みたいな感じになってますけど元夫だし愛し合っていた事もあったというところも少し描いて欲しかったですね。

マッチポイント(2005年製作の映画)

3.5

運がいい人と悪い人は絶対いますね!世の中には!!

スーパー!(2010年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

暴力には暴力という論理はわかりやすいけれど、エスカレートするしかないですね。暴力は不毛ということがこの映画からは読み取れました。

ライフ・イズ・ミラクル(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

戦争中でも愛は尊い!恋人と息子を交換するという設定も面白いですね。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

神さまが親父で悪者というスケールの大きさ!産みの親より育ての親というオチもいいですね!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.9

音楽がいいですね!ツボにはまりました。セリフのやりとりもユーモアとウィットが効いてていいですね。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

オールスター過ぎてついていけない!
まさにウォー!最初から最後まで走り続けます。

スペースウォーカー(2017年製作の映画)

3.5

青いトーンで統一された画面が凝ってました。地球の青さとかけているのでしょうか。ロシア映画らしい色使いでした。アメリカにそこまで対抗する意味は一体なんだったのでしょう?

ドリーム(2016年製作の映画)

3.7

設定には誇張があり真珠が買えない割には豪邸なお宅だったりしますが、リアリズムではないまさにドリームな映画なので良いかなと思います。綺麗な画面でみんなオシャレです。ある意味誰しもがこんな生活してみたいと>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.9

難解ですがとにかく不穏な空気感に引き込まれます。ただ壁を写しているだけなのにその視線に代わるカメラの写し方や壁の模様が不安感を煽ったり、夫の行動の意味が理解できないとか、アブ?がガラスにぶつかり仰向け>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.9

音楽も少なく、静かで淡々と話が進んでいきます。いいシーンが沢山あります。ピアニストのくだりは要らない気がしますが。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.6

本当はとんでもなく可愛そうな話ですがさらっとした話にまとまってます。この父親のように人って自分ではない他人や家族に生かされているようなところがありますよね。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後まで笑わしてくれますが、ありえない設定がしらけるかな。でもそれを除けばバカバカしさがいい感じです。黒人と白人の関わり方とか所々に毒があって面白いです。

王の運命 歴史を変えた八日間(2015年製作の映画)

3.5

感情的な部分や王としての振る舞いがどうあるべきかが分からなかったので理解出来ないところがありましたが面白かったです。

暗殺(2015年製作の映画)

3.7

タイトルそのまま暗殺がテーマ。ストーリーが面白いので引き込まれますが人物をもう少し深掘りしてくれれば感情移入できたと思います。

ボンベイ(1995年製作の映画)

3.6

前半のラブロマンスから後半の暴動シーンへとトーンが違い過ぎますよね。そこもヤッパ、インド映画やん。詰め込めるだけ色んな要素を詰め込むなんでもあり。インドの神様と同じで多種多様。

あなたがいてこそ(2010年製作の映画)

3.7

インド映画の憎しみの表現はオーバーアクション過ぎますが話を盛り上げるのに必要ですよね。

運命の子(2010年製作の映画)

3.8

貴種流離譚ものは大好物。ストーリーも面白い。戦闘シーンの迫力はさすがチェン・カイコーです。馬可愛そう🐎。

ハナ 奇跡の46日間(2012年製作の映画)

4.2

レビューの点数が高いので前から見たかった作品。スポ根ものではなく国境を越えた人間同士の繋がりに感動します。北朝鮮という国は徹底した情報統制の元に置かれた管理社会で凄い国だとあらためて思いました。

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.1

ノオミラパスといえばパッションを思い出しますが、クールな感じがいいですね!しかも一人七役それぞれ違う性格を演じ分けていてすごいです。映画の中では一人を七人が演じていることになってますがその方が難しいの>>続きを読む

チェイサー(2017年製作の映画)

3.2

ハル・ベリーの役作りにつきますね。走るシーンで贅肉が揺れる感じとかどこにでもいそうな母親感が出ていてリアルでした。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.2

エルトンジョンが受けました。下手ですがそこがまた味わい深くて。地雷のシーンはもっとハイテクな機械はなかったのでしょうか。

>|