HAL2016さんの映画レビュー・感想・評価

HAL2016

HAL2016

ジャンルにこだわりなく何でも観ます!皆さんのコメントを読むのが楽しみです。

映画(455)
ドラマ(0)

インパクト・クラッシュ(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

潜水艦の中でどんな歌のシーンが展開されるのか楽しみにしていましたが。。。。。
なんと。。。。。笑いもない!アクションもない!恋愛もない!インド映画じゃない!!!

聖杯たちの騎士(2015年製作の映画)

2.9

PVのようで画面に酔いました理由がある動かし方ではなく感覚でやっているところが合わなかったですね。短編なら良かったかもです。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.1

モード・ルイスの人となりがよく出ていました。又、ご主人のエヴェレットの武骨だけれど誠実な愛にも感動します。絵はその描いた人の人となりが現れると言いますが本当にその通りですね。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.2

アメリカの貧困層の話。レビューの通り子供の演技(もしかしたら自由に遊ばせてそれをとったのかも)が素晴らしい、というか他の無名の役者全て、自然な感じです。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

結びだからスッキリ終わると思いきやコミックは続いているんですね。ということはまだ後があるということでしょうか。いずれにせよ中途半端な終わり方でスッキリしませんでした。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

暗い秘密を共有する系の話。ここは絶対こうじゃないとかいうところがあり,白けたところが多々ありました

アフター・ウェディング(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分が死んだ後の家族の面倒を、奥さんの昔の彼氏にさせるという複雑な話です。引受ける方もお願いする方もどうなんでしょうか。心境的な部分をもう少し深く描いて欲しかったかな。。。。

ある愛の風景(2004年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

戦争で同じ国の兵士を殺す事を命令され、その後の苦悩が描かれる。拷問より精神的なトラウマになりそうな仕打ち。人を殺めることの倫理観が戦争となれば敵、味方ともに崩壊する。この監督の卓越性は究極の選択をつき>>続きを読む

私の少女時代 Our Times(2015年製作の映画)

3.8

台湾の映画って歴史的な背景からも感覚が日本と非常に近いような気がします。ワルが結構いい奴でとか。。。アンディラウがアイドルというようなところの時代背景とか琴線に触れてくれるやないのと思いました。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

チョット苦手な内容でした。イタリアの太陽の下では性も解放的みたいな。。。彼女と寝た後、彼氏とも寝るんかーい。そして彼氏の方が自分と相性がいいと簡単に彼女を振ってしまうなんて人間的に酷くないですかね。ど>>続きを読む

真夜中のゆりかご(2014年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

なるほどと唸るような展開でヤク中の夫婦を批判的な視点だけで捉えることなく、上手く主人公の奥さんとの対比で見せる手法は卓越してます。

未来を生きる君たちへ(2010年製作の映画)

4.1

初スサンネビアでしたがファンになりました。現実の世界は矛盾だらけだと言う世界観の見せ方と感情の流れを大事にするような演出が秀逸です。

愛さえあれば(2012年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーが少しでき過ぎてはいますが、不幸を乗り越えて前向きに生きていく女性の姿に勇気づけられます。なくなった奥さんの妹の扱い方がチョット痛い感じがしましたが、愛にも必ず犠牲者がいるというリアルさがか>>続きを読む

しあわせな孤独(2002年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

事故で首から下が麻痺してしまった恋人との愛の行方は?結婚する前なら大金持ちでない限り別れてしまうのが現実でしょうね。この監督、因果応報がテーマなんでしょうか。

悲しみが乾くまで(2008年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

旦那の代わりに死ねば良かったなんて、赤の他人の奥さんから言われたとしたらどんなでしょうね。演出がいいですね。じっくり取って段々感情が高ぶって行くところなど感情移入して見ることができます。

詩人の大冒険(1993年製作の映画)

3.8

ドタバタの最後は愛。古典のお話を下敷きにしたらしいです。羽目を外し過ぎたと反省している周星馳ですが、そんなことはありません悪乗りして振り切るのが彼のすごいところですから。

0061/北京より愛をこめて!?(1994年製作の映画)

3.8

誰も傷つけないし笑える!周星馳すごい!昔から体型とか変わらないのもすごい!

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.5

映像はきれいでしたが、話の内容についていけませんでした。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.7

日本人が作ったのかと思うぐらいでしたが、犬派対猫派みたいなところが猫派には受けなかったりするんじゃないでしょうか。人形劇を思わせるようなところも良かったです。

008(ゼロ・ゼロ・パー)皇帝ミッション(1996年製作の映画)

3.2

バカバカしいにも程がないいつもどおりのチャウシンチーでした。

ダイエット・ラブ(2001年製作の映画)

3.2

アンディラウのコメディは初めて見ましたが結構振り切っていた感があって楽しかったですね。サミーチェンとの相性はいいですね!

危険なプロット(2012年製作の映画)

3.9

架空のプロットが現実と交差して行くという展開。読み手と同様見るものも話に引き込まれていく。しかし最後がオゾン監督の気に入らないところなんです。

ラッキー・ガイ(1998年製作の映画)

3.3

香港の新興開発事業対昔ながらの商店街の人達の対立みたいな内容です。恋愛を絡めてなんでも入れちゃえ的な、これに歌と踊りがあればインド映画が出来上がる。

ハッスル・キング(1997年製作の映画)

3.0

くだらなく下品な下ネタ炸裂。くだらなさすぎて面白い。へたうまの極致みたいな。。。。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

映画製作の裏側を面白く見せたという点が多くの人に受けた理由だと思います。(最後のメイキング含めて)3重構造という作りが斬新で面白かったです。低予算でもよく練られた脚本であれば面白くなると言う意気込みみ>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.1

とにかくアクション最高!吹き替えが残念↘︎吹き替えはプロの声優さんを使って欲しいですね

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.2

テロに対して勇敢に戦った人々。自分だったらどう対処しただろうか?逃げるしかないのではと思うと彼らがとった行動は本当に勇気ある行動でしたね。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

先祖がいなければ今の自分は当然いないわけで、先祖への感謝の気持ちを持ち続けることは大切なことだと改めて教えてくれます。いい映画です。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

でーれーガールズが良かったので期待してみましたが、やっぱりいいですね。会話の掛け合いがグウーです

>|