映画太郎さんの映画レビュー・感想・評価

映画太郎

映画太郎

映画(147)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.5

ハリウッド仕立てにすれば、けっこうスリリングなストーリーなんだろうだけど、どこかお伽話っぽくて、幸せな空気感がある。難民問題というシリアスな話だからこそ、あまりリアルに描きすぎるのもきついし、さらなる>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.5

LGBTの当事者だけでなく、周囲の人々の「どのように受け止めるべきか」という困惑や葛藤を描いた作品。とても繊細なテーマで、わかりやすい解答は提示されず、登場人物たちはみな最後までもがき続ける。教室の空>>続きを読む

クレイジー・フォー・マウンテン(2017年製作の映画)

3.5

これは劇場の大スクリーンで観たかったなぁ…失敗。美しい山々の姿と、そこを舞台にクレイジーなパフォーマンスを繰り広げる人々との対比映像の数々。ドローンとかGoProの恩恵なのか、臨場感がすごかった。ナレ>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

2.5

衝撃的なシーンの数々は、感動ポルノ系作品へのアンチテーゼなのかもしれないが、ただタブーを犯すことだけが目的化しているようで、いまいち心に刺さるものはなかった。警察の友人がいるなら、福祉につながらないわ>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.0

CG疲れ…。動体視力が悪いせいか、何が起こっているのかほとんどわからず。

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.4

ふつうにいいお話なんだけど、前評判の良さで期待値上がりすぎたぶん、やや物足りない感…。実話ベースとはいえ、もうひとヒネリほしかった。

作品外の話になるが、この映画が「ホワイトスプレイニング」「白人の
>>続きを読む

みんなの学校(2014年製作の映画)

3.3

インクルーシブ教育は、本人にとってだけなく、周囲の子供や親や地域にも好影響をもたらすものだとわかった。運営側はなかなか大変だろうけど、理想的な学校のかたちの一つだと思う。

まともな男(2015年製作の映画)

3.8

これは怖い。これは自分にも起こりうる出来事だ。たぶん自分も、良心の呵責や葛藤や不安を感じながらも、トーマスと同じような行動を選択をし、少しずつ泥沼にはまっていく気がする。観る人によってはコメディにも映>>続きを読む

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.0

実話ベースらしいが、制服だけで本当にあそこまでのし上がれるものなのだろうか?ヘロルト君は小ちゃくて、見るからにケンカ弱そうで、イキってる坊やにしか見えなかった。狡猾な者は彼が偽者であることをわかってい>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.3

アイデアが面白くて、人生の悲喜こもごもがコンパクトにまとまった良作だった。業界人脈に助けられてる感はあれど、演技・演出もよかった。

DVDで観たけど、こうした中編映画を、仕事帰りにサクッと映画館見る
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.5

他の障害者系感動ポルノ映画と異なるのは、オギー本人だけでなく、オギーをとりまく周囲の人々の葛藤や成長も描いているところ。「オギーは見た目を変えられません。我々が見る目を変えなくては。」という校長先生の>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

面白そうな雰囲気ではあったものの、いろいろ辻褄が合わなくて、全体的に「おしい」感じで終了。ラストは、「そこはマジメに家業継ごうよ!」と心の中でお説教してしまったぞ。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.3

なるほどーなるほどーと感心しながら物語が進む。たしかによくできていているが、笑える場面はさほど多くなかったかも…。

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

元旦(即ち映画の日)ということで、なにか新年にふさわしい映画をと適当に選んだら、これが大正解!日々同じような一日であっても、一日一日を大切に生きたい、一期一会を大切に想いたいと思わせる内容で、もう来年>>続きを読む

彼が愛したケーキ職人(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

【同じ男を愛した男女の物語】ということで、普通に考えたら全く共感できないドロドロの設定。にもかかわらず、ラストでは見事にどちらにも共感して、切なくも清々しい涙を誘われてしまった。ただの恋愛ドラマではな>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.5

ネイティブ・アメリカンの社会問題については少し聞いたことがあったけれど、この映画でよりリアルに実感できた。この事件は、ウィンド・リバーという土地の呪縛と切っても切り離せない。クズ人間も多く登場するが、>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.5

ビリーはもちろん、ボビーもよかった。両者とも、自分らしく自由に生きて、ひとりの人間として魅力的なのは、相通ずるものがあった。タイトルとは裏腹のジャケ写の微笑ましさにも納得。

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

パターソン市に住む、パーソン君の、とある一週間のお話。

パターソン君の朝食は、毎日同じシリアル。バス会社の地味な制服を着て、職場まではぶらぶら徒歩通勤。荷物は片手にお弁当だけ。淡々とバスの運転業務を
>>続きを読む

愛と法(2017年製作の映画)

3.7

冒頭、LGBTのインタビュー拒否映像からすでに、作為というか、「マイノリティに優しくない日本」「多様性を認めない日本」という結論ありきの編集なんだな、とちょい違和感があった。その違和感はずっと残りつづ>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7

最初から最後まで一分の隙もなく面白かった!鑑賞前は「すべてパソコン画面上」という設定が???でしたが、「search」というタイトルどおり、観客自らが謎解きに参加していく感覚があって、作品にグイグイの>>続きを読む