クラゲさんの映画レビュー・感想・評価

クラゲ

クラゲ

クラゲと申します。

洋邦問わず、映画館も、DVDも好きです。

のぉしねま、のぉらいふ♫

よろしくお願いします☆

レビューはtwitterをそのままコピーしてます。

映画(684)
ドラマ(2)

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

若手俳優の顔芸を楽しむ作品(笑)

そして、派手髪のオンパレード。

個人的には、、、

W賢人の至近距離絡みに100“おっふ”。

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

3.7

読書ノート[13]

「キュア」観た。吹き替えで。

前半は物凄く綺麗で不可思議で悪夢の様な映像美が続く。

ので、中二病の後遺症大変を刺激される一品(笑)

後半の畳み掛けが凄い。

途端にホラー色
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

読書ノート[13]

「湯を沸かすほどの熱い愛」観た。

泣いた。3回は泣いた。

双葉の母性に、その愛の熱さに、それに応える子供の健気さに。

宮沢りえとオダギリジョーの“お母ちゃん”と“お父ちゃん
>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

3.2

ヤクザ役の人の刺青裸体に萌え♡

子供の頃にテレビで観た記憶があるけど、あんな内容だったんだねぇ。

中々のバッドエンドな気もするけど、、、

地上波の割には“ちゃんと血塗れ感”が出てて良かったなぁ。
>>続きを読む

野花~風来坊シリーズ~(2016年製作の映画)

2.9

読書ノート[13]

「野花」も観た。

松方弘樹×庭師=萌え♡ってことで鑑賞。

正直なところ、演技に難はあるけど、、、

仁科貴の髭地下足袋がエロかったり、

ゲキレンのメレ姉さんが出ていたり、
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.7

読書ノート[13]

「ザ・プレデター」観て来た。

どんなに制作費をかけても、良い意味でB級。

それで善いし、それが好い。

気楽に楽しめる血塗れ(笑)

今現在もなお、プレデターのデザインは秀逸
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.8

読書ノート[13]

「MEG ザ・モンスター」観て来た。

個人的に超巨大魚類が海の中を悠々泳いで人を丸呑みにするっていう状況がゾクゾクするので映画館で観て正解♫

悪役じゃないジェイソン・ステイサ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.6

読書ノート[13]

「帝一の國」観た。

萌、強め。

若いにーちゃん達と吉田鋼太郎が真剣にバカな事をしてわちゃわちゃしていた。

大人が政治すると笑えんけど、少年が政治すると青春になる不思議。
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.1

読書ノート[13]

「スプリット」観た。吹き替えで。

なんだか含みの多いラストだったなー。

ケイシーは奥底に絶対何かある気がする。

多重人格役のジェームズの瞳のどこかイッちゃってる感が中々に良
>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「ネイビーシールズ」観た。吹き替えで。

イケメンのウエットスーツ姿を拝めるかと邪は目的で鑑賞(笑)

少佐のじーちゃんが口では厳しいけど、なんともニクいキャラで好き♡

戦車っ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

読書ノート[13]

ほんでね、「カメラを止めるな!」も観て来た。

なるほど、良く出来た展開だった。

90分なのに観応えめっちゃある!!

娘良いね、娘(笑)

夏の感じもラストに向けて清々しくて
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.3

読書ノート[13]

「オーシャンズ8」も観て来た。

“ワル”・ハサウェイがキュート♡

男前なケイト・ブランシェットが素敵♡

気楽に観れたし、面白かった。

BLEACH(2018年製作の映画)

3.1

読書ノート[13]

「BLEACH」観て来た。

とうに完結した漫画の実写化ってな〜と思ったけど上手いコト区切ってて、“あぁ、そういう感じね”っていう(笑)

福士君はライダー出身だけあって、ヒーロ
>>続きを読む

7Wish セブン・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「セブン・ウィッシュ」観た。吹き替えで。

“なんの代償もなく幸福なんて手に入らないよね”且つ“主人公だからって良い子なわけじゃないんだからね”系ホラー。

7つっていう、多いよ
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.3

読書ノート[13]

「パフューム」も観た。

とりまベン・ウィショーが美男子。

愛と性欲、愛と食欲はイコールだったんだねぇ。

示唆に富んでいる様な気がするけど、、、どうだろう。

140分あるけ
>>続きを読む

西遊記2~妖怪の逆襲~(2017年製作の映画)

3.3

読書ノート[13]

「西遊記2」も観た。こっちは吹替で。

会話のやり取り最高。

声優さんマジ尊い。

CGが潔くて好き。

続編出ないかなー。

蜘蛛女のデザインが好き。

あと、猪八戒のおネェ
>>続きを読む

西遊記 はじまりのはじまり(2013年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「西遊記」観た。

妙に古めかしい画質なのはワザと?

猿も豚も河童も普通に悪者でした(笑)

2も気になる。

ダブルミンツ(2017年製作の映画)

4.0

読書ノート[13]

「ダブルミンツ」観た。

向こう見ずで痛くて退廃的。

なのにちゃんと萌があったのは流石BL。

およそ幸福なんて待ってないのに、清々しさを感じて、なんならハッピーエンドなんじゃ
>>続きを読む

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

3.7

読書ノート[13]

「SPY スパイ」観た。吹替で。

会話の掛け合いが楽しいので声優さん達の尊さを実感。

動けて且つ強い、おデブのスーザンが超ぉキュート♡

ギャグの合間に割とグロめに人が死ぬの
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「タイピスト!」も観た。

衣装が可愛い。

タイプライターを押す音って、なんか心地良い。

恋心がこじれ過ぎだろ!!って思うけど、、、まぁ、収まるところに収まるのでよしとする(
>>続きを読む

アルカナ(2013年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「アルカナ」観た。

アクションホラーとでも形容すればいいのか、、、肉弾戦満載の白塗りバンギャみたいなドッペルゲンガーとびじゅ系PVみたいな総まとめ映像を冒頭にブチ込んできたのが
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

読書ノート[13]

「ジュラシック・ワールド」観て来た。

ある意味、命を弄んだのかもしれない人類が請け負うべきラストの形だったのかもなー。

あと、新種の恐竜が人間臭い狡猾さを奇しくも備えていたの
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「エイリアン コヴェナント」観た。

創造欲求と愛情は拗らせると厄介(笑)

伏線の意図を全ては理解出来なかったけど、エイリアンの造形美は堪能できた。

エボリューション(2001年製作の映画)

3.8

読書ノート[13]

「エボリューション」観た。

土曜の夜に家族で観たい様なSF映画だった。

てんやわんやだけど、なんつーか、、、平和なの(笑)

時代的にオールCGじゃなくて、造形物も混ざってて
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

読書ノート[12]

「新感染」観た。吹替えで。

脈絡無く始まって、独自ルールがあって、人間のエグい部分とセットっていう、ゾンビ映画の王道をスピード感と一緒に味わえる。

やっぱり、銃社会じゃない国
>>続きを読む

心に吹く風(2017年製作の映画)

3.3

読書ノート[12]

「心に吹く風」観た。

映像とBGMが兎に角、綺麗。

北海道の雄大な風景の緑と風が印象的。

詩みたいな小っ恥ずかしいセリフもラストに向けて、どうにも奥ゆかしく感じてくる不思議
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.5

読書ノート[12]

「メイズ・ランナー」観て来た。

ぶっちゃけ、もうメイズ関係無し(笑)

でも、ハラハラドキドキする展開なので面白い。

あと、きっちり勧善懲悪なラストなのがアメリカっぽいなぁと
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.0

読書ノート[12]

「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」観た。

青春×恋愛×ミュージカル@メンヘラ

、、、みたいな(笑)

衣装がね、兎に角可愛いのですよ。

ジェームスの白いセーター着てるイヴは反則
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.5

読書ノート[12]

「忍びの国」観た。

ギャグやら、シリアスやらで疲れた(笑)

若干、後味悪いし。

大野君はやっぱ運動神経良いんだねぇ。

己の欲望に忠実で他人の事は歯牙にもかけない虎狼の輩の
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.3

読書ノート[12]

「エヴォリューション」観た。

海と少年と女、、と、ヒトデ。

ずっと歪さを引きずって物語が進んでく感じ。

説明不足と盛大な余韻は、もはやフランス映画のお家芸。

ダークかつキ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

読書ノート[12]

「万引き家族」観て来た。

不道徳ではあるけど愛情は確かに在った。

でも、それは凄く刹那的だし責任の概念が抜け落ちていた様な気がした。

ただ、子供達は愛された記憶を確かに心と
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

読書ノート[12]

「デッドプール2」観て来た。

へらず口ヒーロー再び(笑)。

今回は若干のシリアス風味というか、、、ヒーロー感あったよ♫

でも、ガンガン殺るし、バンバン茶化す。

ま、そこが
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.7

読書ノート[12]

「グレートウォール」観た。

単純明快なファンタジーアクションで面白かった!!

ケチケチしてないCGも満載で迫力もあるし、色分けされた兵団のデザインや武器がカッコイイ!!

>>続きを読む

ひとりかくれんぼ 新劇場版(2010年製作の映画)

2.0

読書ノート[12]

「ひとりかくれんぼ 新劇場版」観た。

B級ホラー安定の説明不足ではあるものの、お化けのデザインは怖いし、登場シーンも前衛的だったので面白かった。

あと、久々に見かけた源ちゃん
>>続きを読む

HURRY GO ROUND(2018年製作の映画)

3.7

読書ノート[12]

「HURRY GO ROUND」観て来た。

知ってる世代からすれば、それは好ましい触れられ方ではなかったのかもしれないけれど、知らない世代にも亡きhideさんが伝わっていく過程
>>続きを読む

サヨナラの代わりに(2014年製作の映画)

3.5

読書ノート[12]

「サヨナラの代わりに」観た。

ALSに冒されつつも“自分の為に人の人生を犠牲にしたくない”っていう、ケイトの思いか所々に散ってて、苦しくなった。

そんなケイトを看取ったベック
>>続きを読む

>|