クラゲさんの映画レビュー・感想・評価

クラゲ

クラゲ

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

3.9

読書ノート[19]

「ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー」観て来た。

物語の要所要所で湧き上がる“もし生きてたら違う未来だったのかなぁ”って気持ちがリアル。

皆んなで喪に服して、想いの行
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.7

読書ノート[19]

「DUNE デューン 砂の惑星」吹替えで観た。

冒頭から壮大。

そして、お察しの通りのto be continued(笑)

続編気になるねぇ。

衣装も素敵だし、ティモ
>>続きを読む

血を吸う粘土~派生(2019年製作の映画)

3.8

読書ノート[19]

「血を吸う粘土 派生」観た。

前作のラストに至る迄のまさに派生話。

そこに繋げて、更に着地点に到達させてるのが良かったな。

CGが入りつつ、グロシーンも派手になって、特殊
>>続きを読む

血を吸う粘土(2017年製作の映画)

3.7

読書ノート[19]

「血を吸う粘土」観た。

粘土が人を襲うっていうトンデモ展開なんだけど、良い感じに気持ち悪い特殊メイクが好き。

芸術を生業にしようとする人達の才能に対する嫉妬や劣等感が、都会に
>>続きを読む

王宮の夜鬼(2018年製作の映画)

3.8

読書ノート[19]

「王宮の夜鬼」吹替えで観た。

朝鮮王朝のお世継ぎ問題✖️ゾンビパニック✖️刀剣アクション。

何も考えずに気楽にハラハラしながら観るのが正解。

面白かった。

黒幕チャン・ド
>>続きを読む

左様なら今晩は(2022年製作の映画)

4.0

読書ノート[19]

「左様なら今晩は」観て来た。

小粒感のあるラブストーリーが作品の雰囲気に合ってる気がした。

幽霊と人間との恋路っていう、もうどうしたって叶わないフラグが最初から立ってるので、
>>続きを読む

あらののはて(2020年製作の映画)

4.2

読書ノート[19]

「あらののはて」観た。

もぅ大好きなんよ、、このテの雰囲気邦画が。

インストBGMと夜明け前の空の綺麗さが俺のツボをゴリ押し。

大人になってからあの日の青春の1ページを無理
>>続きを読む

テーラー 人生の仕立て屋(2020年製作の映画)

3.7

読書ノート[19]

「テーラー」観た。

サクセスストーリー的な趣きは控えめで、淡々と上向いてく感じ。

路地裏をドレスのフィッテングルームするシーンが素敵。

火遊びの制裁はしっかり受けて進み出す
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

4.0

読書ノート[19]

「The Witch 魔女」吹替えで観た。

本気出してからのジャユンの瞳孔の開き具合とチートさがマジで凄まじい。

でも、ただただジェノサイドガールでは無いんだよっていう両親
>>続きを読む

カラダ探し(2022年製作の映画)

3.6

読書ノート[19]

「カラダ探し」観て来た。

ホラー映画だけど夏と青春の匂いが色濃く漂ってるのが確かにITを彷彿とさせるかも。

普通なら生き残る組に入るであろう方達がバンバン死んでしまうのが新鮮
>>続きを読む

聖地X(2021年製作の映画)

3.5

読書ノート[19]

「聖地X」観た。

コメディ風味なホラー映画だった。

元々は舞台作品の映画化だそうで、大人数がわちゃわちゃして収集つかなくなりかけるあたりは確かに舞台っぽいかも。

土地の持つ
>>続きを読む

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

4.0

読書ノート[19]

「ヘルドッグス」も観た。

岡田君も坂口君も男前なのに凶悪、凶悪なのに男前(笑)

大多数の日本人の知らない日本と日本人の姿なのかねぇ。

そっちの世界の業界用語満載みたいな会話
>>続きを読む

“それ”がいる森(2022年製作の映画)

3.0

読書ノート[19]

「“それ”がいる森」観て来た。

オレンジとハエトリ草と体育館。

そうですか、相葉くんもお父さん役ですか、、、感慨深いねぇ(笑)

そういう展開でくるの、嫌いじゃないよ。

>>続きを読む

アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜(2008年製作の映画)

4.0

読書ノート[19]

「アンティーク」観た。

言わずと知れた、よしながふみの名作漫画の韓国実写版。

実写映画特有の独自演出もあるけど、要所要所で原作のポイントも押さえてるので別物感は少なめ。

>>続きを読む

真犯人(2019年製作の映画)

3.6

読書ノート[19]

「真犯人」も観た。

狂気と冷静さがない混ぜになった韓国製ミステリー。

後味は大分苦いけど、後半になるにつれて誰も彼もが疑わしくなって、戻れなくなっていくのが観応えあった。
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.9

読書ノート[19]

「ブレット・トレイン」観て来た。

黒縁眼鏡のブラピが最高にダサカワでズルい(笑)

かなり誇張された日本が舞台で、バイオレンスとギャグの波が交互にやってくる展開が面白いし、終盤
>>続きを読む

ローズメイカー 奇跡のバラ(2020年製作の映画)

3.9

読書ノート[19]

「ローズメイカー」観た。

テンポ良くて観易い。

花壇じゃなくて畑に植わってるバラが、素朴で綺麗だった。

フレッドが“綺麗なバラにする為にはちゃんと育てないといけない”って両
>>続きを読む

落下の王国(2006年製作の映画)

3.9

読書ノート[19]

「落下の王国」吹替えで観た。

ファンタジーをほぼ実写で撮影した映像美が素晴らしいよねっていう。

大画面で観てみたかったなー。

ロイの作り話にアレクサンドラが茶々を入れるから
>>続きを読む

うずまき(2000年製作の映画)

3.6

読書ノート[19]

「うずまき」観た。

手作りとCGの掛け合わせの配分が絶妙で嫌な気持ち悪さがトラウマになりそうだし、クセにもなりそう(笑)

物語展開は消化不良な部分もあるけど、映像演出観るだけ
>>続きを読む

国家が破産する日(2018年製作の映画)

3.7

読書ノート[19]

「国家が破産する日」観た。

実際にあった韓国の通貨危機を基にしたフィクションらしい、、、けど、他人事な気が全然しないし、“国民”は“その他大勢”と同義なのかもなぁっていう。
>>続きを読む

キングダム2 遥かなる大地へ(2022年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

読書ノート[19]

「キングダム2」も観て来た。

大迫力のアクションシーンが今回もただただ格好良かった。

部下を捨て駒にしちゃう系キャラかと思ってた人達が実はめっちゃ武人で、清々しかったなぁ。
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.8

読書ノート[19]

「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」吹替えで観た。

シリーズ最終章ということで、キャストも恐竜も同窓会的に勢揃いしてて豪華だった。

歴代作品へのオマージュの様なシーン
>>続きを読む

Dr.パルナサスの鏡(2009年製作の映画)

3.8

読書ノート[19]

「Dr.パルナサスの鏡」吹替えで観た。

俳優陣が豪華。みんな男前。

悪魔との賭け云々の物語展開が、ラストに向けて哲学めいてくる気がして良く分からないんだけど、CGと音楽と美術
>>続きを読む

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

3.8

読書ノート[19]

「SEOBOK」も吹替えで観た。

韓国映画✖️クローン✖️永遠の生命、とくれば其れはもうハッピーエンドであるはずも無く、、、

ぶっちゃけ、悲しみしか残りません。

残らないん
>>続きを読む

第8日の夜(2021年製作の映画)

3.5

読書ノート[19]

「第8日の夜」観た。

仏教由来のファンタジーホラーというか、、、悪者倒す系ホラー。

グロ描写はそれほどでも無いけど、ちゃんと血も出るので、テンポ良く楽しめた。

主役の人の死
>>続きを読む

モエカレはオレンジ色(2022年製作の映画)

3.9

「モエカレはオレンジ色」観て来た。

原作知らないので、何のストレスも無く、だだひたすらに良い奴しか居ない世界線のラブコメにキュンキュンキャッキャッして観終わりました。

面白かった。

消防士だらけ
>>続きを読む

呪詛(2022年製作の映画)

3.9

読書ノート[19]

「呪詛」も観た。

POVホラーというやつですけど、ありがちな手振れ演出控えめなので、しっかり映像が観れる分、しっかり気持ち悪くて、しっかり怖い(笑)

日常の見慣れたモノが歪ん
>>続きを読む

G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ(2021年製作の映画)

3.7

読書ノート[19]

「G.I.ジョー 漆黒のスネークアイズ」も吹替えで観た。

スネークアイズフューチャーな作品だったけど、コレは初作とは違う世界線なの?

単品として観ても、アクション格好良いし
>>続きを読む

G.I.ジョー バック2リベンジ(2013年製作の映画)

3.7

読書ノート[19]

「G.I.ジョー バック2リベンジ」吹替えで観た。

前作の繋がりを感じさせつつの新展開。

ドウェインにブルースとくるから、うっかりステイサムも出てくるのかと思っちゃった(笑
>>続きを読む

ディヴァイン・フューリー/使者(2019年製作の映画)

4.0

読書ノート[19]

「ディヴァイン・フューリー」観た。

悪魔祓い系バトルアクション。

兎角、暗い展開になりがちな“神のご加護”信仰要素を、韓流十八番の救われない時は救われない演出も混ぜつつ、気持
>>続きを読む

バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版(2022年製作の映画)

3.7

「バスカヴィル家の犬」も観て来た。

ドラマとはテイストがちょっと違ってる感じがした。

切な余韻とエンドロールの主題歌が合ってて、観終わった後もちょっと引っ張られる。

面白かった。

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.8

読書ノート[19]

「ソー ラブ&サンダー」観て来た。

冒頭のあらまし説明で置いてけぼりをくらうのはデフォルトとして(笑)、要所要所のヤギと、やきもち焼きの斧が良い味出してた。

あとはもう、何
>>続きを読む

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)

3.7

読書ノート[19]

「ザ・ロストシティ」観て来た。

誰も彼もがジャングルらしからぬ装いで冒険する系アクションアドベンチャー映画(笑)

ジャングルブーツの偉大さよなっていう。

チャニング・テイタ
>>続きを読む

メタモルフォーゼの縁側(2022年製作の映画)

4.2

読書ノート[19]

「メタモルフォーゼの縁側」も観て来た。

ひたすらに雪さんがめちゃキュートで可愛い。

うららの歩き方も原作さながらで超好き(笑)

日常って、“大きな変化には見えない大きな変化
>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

3.9

読書ノート[19]

「死刑にいたる病」観て来た。

榛村の淀み無く漆黒の瞳孔が凄い。

阿部サダヲのサイコパス演技よな、、、。

面会室のアクリル板に榛村と筧井の像が重なる演出が好き。

グロ描写は
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

3.9

「ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス」も観て来た。

魔術モード前回の物語展開が好き。

改めて、“魔術”っていうモノを使役する事の捉え方みたいなのがよく出てるような気がする。
>>続きを読む

>|