クラゲさんの映画レビュー・感想・評価

クラゲ

クラゲ

クラゲと申します。

洋邦問わず、映画館も、DVDも好きです。

のぉしねま、のぉらいふ♫

よろしくお願いします☆

レビューはtwitterをそのままコピーしてます。

映画(671)
ドラマ(1)

7Wish セブン・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「セブン・ウィッシュ」観た。吹き替えで。

“なんの代償もなく幸福なんて手に入らないよね”且つ“主人公だからって良い子なわけじゃないんだからね”系ホラー。

7つっていう、多いよ
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.3

読書ノート[13]

「パフューム」も観た。

とりまベン・ウィショーが美男子。

愛と性欲、愛と食欲はイコールだったんだねぇ。

示唆に富んでいる様な気がするけど、、、どうだろう。

140分あるけ
>>続きを読む

西遊記2~妖怪の逆襲~(2017年製作の映画)

3.3

読書ノート[13]

「西遊記2」も観た。こっちは吹替で。

会話のやり取り最高。

声優さんマジ尊い。

CGが潔くて好き。

続編出ないかなー。

蜘蛛女のデザインが好き。

あと、猪八戒のおネェ
>>続きを読む

西遊記 はじまりのはじまり(2013年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「西遊記」観た。

妙に古めかしい画質なのはワザと?

猿も豚も河童も普通に悪者でした(笑)

2も気になる。

ダブルミンツ(2017年製作の映画)

4.0

読書ノート[13]

「ダブルミンツ」観た。

向こう見ずで痛くて退廃的。

なのにちゃんと萌があったのは流石BL。

およそ幸福なんて待ってないのに、清々しさを感じて、なんならハッピーエンドなんじゃ
>>続きを読む

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

3.7

読書ノート[13]

「SPY スパイ」観た。吹替で。

会話の掛け合いが楽しいので声優さん達の尊さを実感。

動けて且つ強い、おデブのスーザンが超ぉキュート♡

ギャグの合間に割とグロめに人が死ぬの
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「タイピスト!」も観た。

衣装が可愛い。

タイプライターを押す音って、なんか心地良い。

恋心がこじれ過ぎだろ!!って思うけど、、、まぁ、収まるところに収まるのでよしとする(
>>続きを読む

アルカナ(2013年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「アルカナ」観た。

アクションホラーとでも形容すればいいのか、、、肉弾戦満載の白塗りバンギャみたいなドッペルゲンガーとびじゅ系PVみたいな総まとめ映像を冒頭にブチ込んできたのが
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

読書ノート[13]

「ジュラシック・ワールド」観て来た。

ある意味、命を弄んだのかもしれない人類が請け負うべきラストの形だったのかもなー。

あと、新種の恐竜が人間臭い狡猾さを奇しくも備えていたの
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

読書ノート[13]

「エイリアン コヴェナント」観た。

創造欲求と愛情は拗らせると厄介(笑)

伏線の意図を全ては理解出来なかったけど、エイリアンの造形美は堪能できた。

エボリューション(2001年製作の映画)

3.8

読書ノート[13]

「エボリューション」観た。

土曜の夜に家族で観たい様なSF映画だった。

てんやわんやだけど、なんつーか、、、平和なの(笑)

時代的にオールCGじゃなくて、造形物も混ざってて
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

読書ノート[12]

「新感染」観た。吹替えで。

脈絡無く始まって、独自ルールがあって、人間のエグい部分とセットっていう、ゾンビ映画の王道をスピード感と一緒に味わえる。

やっぱり、銃社会じゃない国
>>続きを読む

心に吹く風(2017年製作の映画)

3.3

読書ノート[12]

「心に吹く風」観た。

映像とBGMが兎に角、綺麗。

北海道の雄大な風景の緑と風が印象的。

詩みたいな小っ恥ずかしいセリフもラストに向けて、どうにも奥ゆかしく感じてくる不思議
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.5

読書ノート[12]

「メイズ・ランナー」観て来た。

ぶっちゃけ、もうメイズ関係無し(笑)

でも、ハラハラドキドキする展開なので面白い。

あと、きっちり勧善懲悪なラストなのがアメリカっぽいなぁと
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.0

読書ノート[12]

「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」観た。

青春×恋愛×ミュージカル@メンヘラ

、、、みたいな(笑)

衣装がね、兎に角可愛いのですよ。

ジェームスの白いセーター着てるイヴは反則
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.5

読書ノート[12]

「忍びの国」観た。

ギャグやら、シリアスやらで疲れた(笑)

若干、後味悪いし。

大野君はやっぱ運動神経良いんだねぇ。

己の欲望に忠実で他人の事は歯牙にもかけない虎狼の輩の
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.3

読書ノート[12]

「エヴォリューション」観た。

海と少年と女、、と、ヒトデ。

ずっと歪さを引きずって物語が進んでく感じ。

説明不足と盛大な余韻は、もはやフランス映画のお家芸。

ダークかつキ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

読書ノート[12]

「万引き家族」観て来た。

不道徳ではあるけど愛情は確かに在った。

でも、それは凄く刹那的だし責任の概念が抜け落ちていた様な気がした。

ただ、子供達は愛された記憶を確かに心と
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

読書ノート[12]

「デッドプール2」観て来た。

へらず口ヒーロー再び(笑)。

今回は若干のシリアス風味というか、、、ヒーロー感あったよ♫

でも、ガンガン殺るし、バンバン茶化す。

ま、そこが
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.7

読書ノート[12]

「グレートウォール」観た。

単純明快なファンタジーアクションで面白かった!!

ケチケチしてないCGも満載で迫力もあるし、色分けされた兵団のデザインや武器がカッコイイ!!

>>続きを読む

ひとりかくれんぼ 新劇場版(2010年製作の映画)

2.0

読書ノート[12]

「ひとりかくれんぼ 新劇場版」観た。

B級ホラー安定の説明不足ではあるものの、お化けのデザインは怖いし、登場シーンも前衛的だったので面白かった。

あと、久々に見かけた源ちゃん
>>続きを読む

HURRY GO ROUND(2018年製作の映画)

3.7

読書ノート[12]

「HURRY GO ROUND」観て来た。

知ってる世代からすれば、それは好ましい触れられ方ではなかったのかもしれないけれど、知らない世代にも亡きhideさんが伝わっていく過程
>>続きを読む

サヨナラの代わりに(2014年製作の映画)

3.5

読書ノート[12]

「サヨナラの代わりに」観た。

ALSに冒されつつも“自分の為に人の人生を犠牲にしたくない”っていう、ケイトの思いか所々に散ってて、苦しくなった。

そんなケイトを看取ったベック
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

読書ノート[12]

「君の名前で僕を呼んで」観て来た。

美しいピアノのBGMと共に映し出される瑞々しい原風景と果物と恋心。

夏の匂いを鼻先で感じつつ、“奥ゆかしい”と思わず形容したくなる想いの行
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.6

読書ノート[12]

‪「ランペイジ」観て来た。吹き替えで。

贅沢に制作費をかけた、モンスターパニックのアメリカ映画の王道って感じ。

小難しいことは一切合切忘れて、ハラハラドキドキするがよろし。
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

読書ノート[12]

「孤狼の血」観て来た。

真夏の茹だる暑さと汗の匂いを感じた気がした。

“あぁ、邦画観たなぁ”という余韻。

やたら「にゃあよ」を多用する広島弁の野郎達が可愛い♡

カタギじゃ
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.7

読書ノート[12]

「パシフィック・リム アップライジング」も観て来た。吹替で。

ど迫力のCGは大画面で正解♫

割と淡々とキャラが死んじゃうけど、バッチリ正義が勝つので、観終わりはスッキリ(笑
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.6

読書ノート[12]

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」観て来た。吹き替えで。

マーベルのヒーローが揃い踏みで豪華。

でも、エーーッ!?っていう、、、

150分かけて、エーーッ!?って。
>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

3.7

読書ノート[12]

「メットガラ」観た。

様々な問題で仕事が思ってた様には捗らないあの空気感は社会人には身に覚えがあり過ぎてヒリヒリした(笑)

でも、出てくる衣装がどれも素晴らしい!!

見惚れ
>>続きを読む

マックス・スティール(2016年製作の映画)

3.0

読書ノート[12]

「マックス・スティール」観た。

本家系(?)では無いヒーローも良き。

スーツデザインも好きです。

割に強いし、、、

90分ちょっとなので戦闘シーンが少なめなのが物足りなか
>>続きを読む

スキャナー 記憶のカケラをよむ男(2016年製作の映画)

3.0

読書ノート[12]

「スキャナー」観た。

2時間ドラマ風映画かなーと思ってたけど、割とちゃんとしてた(笑)

二転三転するストーリーが面白かった。

あぁ、ここで繋がるのね!!みたいな。

そして
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.0

読書ノート[12]

「パシフィック・リム」観た。

ロボット萌ではないけど、今公開中の新作が観たくなった♫

“怪獣”が日本語読みだったのが新鮮。

やたら強いし、怪獣(笑)。

単純にド派手なCG
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.3

読書ノート[12]

「ジェーン・ドウの解剖」観た。吹替で。

80分ちょっとホラーでテンポ良く進むので面白かった。

悪魔系かなーと思わせつつの派生系でした(笑)

ラストがゾワっとする。

因みに
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

4.5

読書ノート[12]

「娼年」観て来た。

演技とはいえ、見知らぬ人達と営みの喘ぎ声を聞くって背徳的だけど良いね(笑)

女性の悦びは男よりも多彩なんだなーと。

官能的なシリアスにもギャグにも寄りつ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

読書ノート[12]

「レディ・プレイヤー1」を吹替で観て来た。

なんつーか、そう遠くない未来の話がしたなぁ。

あんな世界を知ってしまったら、果たして現実を顧みれるものだろうか。

まぁでも、ウダ
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

4.0

読書ノート[12]

「ミスミソウ」観て来た。

圧倒的な不幸。

雪と血がゾッとするけど綺麗です。

未成年の歪んだ狂気と好機と好意。

そして、残酷な懲悪に清々しさを禁じ得ない。

救われないけど
>>続きを読む

>|