クラゲさんの映画レビュー・感想・評価

クラゲ

クラゲ

クラゲと申します。

洋邦問わず、映画館も、DVDも好きです。

のぉしねま、のぉらいふ♫

よろしくお願いします☆

レビューはtwitterをそのままコピーしてます。

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.0

読書ノート[11]

「しゃぼん玉」も観た。

誰かに信じてもらえるってコトはかけがえないモノなんだよなぁって改めて思う。

田舎ファンタジーだとは思うけど、じんわり心に沁みる良作。

伊豆見の“頬張
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

読書ノート[11]

「キングスマン ゴールデンサークル」観て来た。

音楽にのせたアクションシーンは相変わらず圧巻。

四の五の言わずに楽しめる戦うスーツ再び♡

個人的にはジュリアン・ムーアの悪役
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.8

読書ノート[11]

「アデライン、100年目の恋」観た。

アデラインが惚れ惚れする美人。

そして、会話の返しも行動もラストへの伏線までもが逐一洒落ている。

美人と男前との純愛だなんて、見方によ
>>続きを読む

青空のルーレット(2007年製作の映画)

3.0

ただ、ただ、さわやかな物語でした。

でも、今の俺には背中を押してくれるような気がした、、、うそ。苦しかった。

ラストのタツオにあてた加奈子の手紙が印象的。

“青空が見上げられなかった、、、”って
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.8

読書ノート[11]

「SCOOP!」も観た。

ましゃはましゃだったのだけど、それも素敵なのだけど、なにせ名脇役達の名人芸がね、、、素晴らしいです。

滝藤さんの“泣き”がアツくて良かった。

ラス
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.8

読書ノート[11]

「PK」観た。

あぁ、インド映画を観たなって感じ。

カラフル。

突然始まる歌と踊り(笑)

“掛け違い”の宗教は世の中に溢れているし、即物的な欲望をそれらに投影してしまうの
>>続きを読む

牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-(2018年製作の映画)

4.8

読書ノート[11]

「牙狼 神ノ牙」観て来た。

もう、今回もヨダレものの世界観。

小物一つにしても徹底して統一されてて流石です。

また、あの3人に会えた懐かしさも感じながら観てた。

大人の為
>>続きを読む

おろち(2008年製作の映画)

3.0

木村佳乃さんの狂いっぷりが見事です。

そして、中越典子さんの高笑い。

やっぱり、生きてる人間が1番怖いという事ですかね。

演劇調で進んでいく物語と目が眩む程の色彩。豪華絢爛。

山深い屋敷のみで
>>続きを読む

ビルと動物園(2007年製作の映画)

3.0

兎にも角にも、慎が格好良い。

先輩に“優しくて、おっきくて、キリンみたいなやつ”って形容されてた通り、真面目で素朴な青年を魅力的に演じてる小林且弥さん、、、惚れました。

好きなシーンは初めて香子と
>>続きを読む

海でのはなし。(2006年製作の映画)

3.0

70分くらいで、映画というよりは、、、ドラマの様な印象でした。PV的な。

楓が実は愛人の子供だったり、博士の両親がダメダメだったり、、、設定は重め。

でも、それらは特になんも解決せず。

楓と博士
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.9

読書ノート[11]

「ワンダーウーマン」見た。

2018年の初映画。

主演のガル・ギャドットが兎に角、美人。

あぁ美人。

ストーリーはアメリカ産のヒーローらしく哀しみが付き纏うね。ある種定番
>>続きを読む

キャッチボール屋(2005年製作の映画)

3.8

ほのぼのしてる。

人間ドラマって程、お互いを知らなくて、知ろうともしなくて。

だけど、みんながみんな抱えてるモノがあって、、、“たまたま”ケジメをつけられた。

起承転結してはいないけど、南国風の
>>続きを読む

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

3.0

、、、難しい内容だった。

文学的で叙情的。そして、人間臭い。

ジャンの視覚、第三者、そしてジャンの精神世界。

その3つの映像が美しい音楽と共に交差する。

だんだん老いと共に不自由になっていくな
>>続きを読む

キズモモ。(2008年製作の映画)

3.7

一応、青春ロードムービー?

うーん、、、BLっぽいっちゃーぽい。

“アイドル映画”な感じは否めない。

でも、ハッピーエンドだし、後味は良いかな。

演技は難ありですけど、映像や音楽が綺麗ですねぇ
>>続きを読む

SUMMER NUDE サマーヌード(2002年製作の映画)

3.3

舞台は沖縄の宮古島。

時々入るハイロウズの曲が夏の元気さと無茶っぽさを上手くまとめていく。

“ガチャガチャしてる”と言われればそうかも。でも、俺は好き。

“一夏の思い出”感が気持ちよかった。
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

読書ノート[11]

「オリエント急行殺人事件」観て来た。

殺されても仕方ない人って、、、確かに居るよねと、俺は思う。

ポワロ可愛い。じーちゃんステキね♡

真上から真横、そして真下っていうダイナ
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.6

読書ノート[11]

「ライト/オフ」観た。

明かりで消えるっていうのは、俺が小さい頃読んだ妖怪の本の対処法そのままで、全然違う話だけど懐かしい。

80分ちょっとで観やすいし、キッパリ終わるので良
>>続きを読む

彼岸島 デラックス(2016年製作の映画)

1.9

読書ノート[11]

「彼岸島 デラックス」観た。

“姫”のデザインは良かった。

うん、、、まぁ、そんくらいかな(笑)

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.6

読書ノート[11]

「IT イット」観て来た。

青春×ホラー×夏の匂い。

怖くて不気味だけど、観終わりは爽やか。

ペニーワイズのデザインや動き、表情が最高でした。

まさにクセになる悪役♡
>>続きを読む

或る終焉(2015年製作の映画)

3.0

読書ノート[11]

「或る終焉」観た。

エンドクレジットまで一貫して無音だし、セリフも少なめ。

兎に角、淡々と静か。

観る側の補完が大きい作品だった。

デビットのターミナルケアはアレでいいの
>>続きを読む

くりいむレモン(2004年製作の映画)

3.5

AVアニメの実写化。

兄妹の恋愛青春映画。76分の小ぶりな作品。

最初の雰囲気が好き。ヒロシが亜美を好きだけど、どーにか抑えてる感じがいい。

兄妹とはいえ実際には血が繋がってないから、不快感は感
>>続きを読む

放送禁止 劇場版 〜密着68日 復讐執行人(2008年製作の映画)

3.0

人気特番の映画化。

相変わらずの伏線の多さに驚く。

映像特典で更に明るみになる事実!!

無駄なBGMが無いので、割と沈黙やキャストの声自体にイラッとするトコも。

でも、ゾクっとくる怖さは健在。
>>続きを読む

ロックンロールミシン(2002年製作の映画)

3.5

“ぼくらは、こんな奇跡のような日々を、どこまで、続けていけるのだろう?”

俺も服好きだから、アトリエの映像、シーンはすごく好き。

キャストの服装、ライトや照明の色彩、、、特に光の映し方が綺麗だった
>>続きを読む

グーグーだって猫である(2008年製作の映画)

3.5

動物モノは、とりあえずカワイイです。グーグーのしっぽの動きが特に。

日常ほのぼの系と見せつつ、、、癌になったり、恋人と別れたり、ギャグ入ったり。

ナオミと麻子のキャラの対比が好き。

麻子のキャラ
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.9

読書ノート[11]

「探偵はBARにいる3」観て来た。

ハードボイルドなのに、きっちり笑かしてきて、真剣なシーンなのに思わずニマニマしてしまう。

そして今作品も、きっちり哀しい。

大泉さんは本
>>続きを読む

にがくてあまい(2016年製作の映画)

4.9

読書ノート[11]

「にがくてあまい」観た。

小粒でカワイイ擬似ラブストーリーって感じ。

林遣都とSUさんのゲイ役ハマってるわぁ〜(笑)。

美味しい料理を残さず食べるのは“最優先事項”ですな。
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.5

ずっと観たかった作品だったんで、ちょっとリキみ過ぎで観ちった。

永作博美が超ぉステキ♫めちゃめちゃキュート♡

内容は少し間延びする気がするけど、それでも雰囲気は大好き。

松山ケンイチと永作さんの
>>続きを読む

恋の門(2004年製作の映画)

3.0

さすが松尾さん。はちゃめちゃです。

んで、人間の少しエゴというか汚いトコというか、駄目なトコが見える。

でも、すっごくセンスのいいシーン(カット?)があったりして。

んで、台詞の面白いのは本当に
>>続きを読む

ひぐらしのなく頃に(2007年製作の映画)

3.0

漫画原作の実写の割には面白かったです。

漫画読んでないと、ちょっとキツいかも。

閉鎖された村の掟の効力の感じは息苦しくて救いがない。

日本版“ヴィレッジ”的な。たまに入る自然のカットが綺麗でした
>>続きを読む

ドロップ(2008年製作の映画)

3.5

すごく好き。決して“ケッサク”ではないし、名作ではない。多分、B級。

でも、すごーく愛されて作られた作品だと思った。そう、感じた。

不良の映画で、ケンカも血もあるけど“笑い”をしっかり作ってあるか
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

3.5

ルイにシバがタトゥーを彫るシーンが綺麗だった。

“痛み”がキーワードになってる感じ。肉体改造で、恋人の死で、、、SMで。

ルイもシバも“痛み”で繋がってるのかなぁ、、、それが唯一のリアル?

正直
>>続きを読む

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI(2014年製作の映画)

3.5

原作漫画は読んだことないんだけどね。

全体的にギャグ要素が散ってて、そんなに重くない。

さすが三池監督だなーと。

主役の生田斗真がはっちゃけてて好き。やっぱイケメンだねー。

そして、堤真一が大
>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.8

謎解きっていうより、“ハードボイルド(笑)”みたいな感じ。

大泉さんの演技がたまらん笑える。泣けるシーンでも、なんとなく笑ってしまう。

ほんとに良い役者さんだなー。

相棒役の松田龍平の飄々とした
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

5.0

読書ノート[11]

「ジャスティスリーグ」観て来た。

全く、どいつもこいつも、ゲロ格好良いっっ!!

ヒーロー映画はこうでなきゃ!!

あぁ〜濡れた♡

最高。

不安の種(2013年製作の映画)

3.0

素晴らしく気色悪い造形美でした。

ある意味、原作をちゃんと再現してるなーって俺は思った。

とにかく、ずーっとゾクゾクする。

暗い部屋で電気付けるのが怖くなる。そんな感じ。

トリハダみたいな理不
>>続きを読む

黒執事(2013年製作の映画)

3.0

まぁ、原作とは別モノとして観るのが前提だと思う(笑)

そう思えば、水嶋ヒロのセバスチャンも中々良いよ♡

「御意に」って言い方がエロい。イントネーションがエロい。

あれだったら「イエス・マイロード
>>続きを読む

>|