laBamba01さんの映画レビュー・感想・評価

laBamba01

laBamba01

☆は 批評というより、「自分この映画好き!」度です。

映画(743)
ドラマ(0)

WANTED/ウォンテッド(1986年製作の映画)

3.2

時々、無性に観返したくなる1本...何しろB級(の匂いする)アクション映画が好きなものでw

バウンティ・ハンターを生業とする主人公の名は、ニック・ランダル。彼の家系を遡ると、西部開拓時代の賞金稼ぎ
>>続きを読む

ローサは密告された(2016年製作の映画)

4.4

観始めて早々に 劇映画を観ている事を忘れてしまう。まるでドキュメンタリーを見ている気になるロケーションとキャスティング。

明らかに、普段観慣れた 日本やハリウッド製のつくり込まれた映画とは異なる視座
>>続きを読む

800万の死にざま(1986年製作の映画)

3.9

これもVHS録画してたのを再発掘して鑑賞。

ローレンス・ブロックによる「酔いどれ探偵 マット・スカダー・シリーズ」が原作。近年、リーアム・ニーソンも『誘拐の掟』でスカダーを好演していたが、自分的には
>>続きを読む

RUSH/ラッシュ(1991年製作の映画)

3.7

『ジャグラー ニューヨーク24時』に続いて、何故だか未だにDVD化されてない・棚の隅に埋もれてたVHS録画映画を再発掘。

今ならば エミリー・ブラント、2000年初頭ならば ヒラリー・スワンク辺りが
>>続きを読む

ジャグラー/ニューヨーク25時(1980年製作の映画)

4.1

以前WOWOWで放送されたのを録画していたVHSテープを見つけて久々の鑑賞...画質も含めて80年代気分に浸った。

CGやVFXといった視覚効果のごまかしは一切ナシ。
全編雑多なニューヨークロケ。
>>続きを読む

旧支配者のキャロル(2011年製作の映画)

3.5

なんだなんだこの不穏な面白さは!

得体の知れない何かが画面の奥から立ち上ってくる感じ。

観ていてフと、ビデオドロームの頃のクローネンバーグ的な何かがあった様な...

よくわからない。
けど、確実
>>続きを読む

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.8

実話!

『スイス・アーミー・マン』のラドクリフ君が、またもやサバイバルと聞いたので。 (スイス〜は死んでたかw)

序盤ちょい『ザ・ビーチ』的な展開か?と思わせて さにあらず、フリードキン版『恐怖の
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.3

おなら最強。

ダニエル・ラドクリフ君、これでようやくハリポタの魔法から解放された感☆よかったね☺️

刑事ニコ/法の死角(1988年製作の映画)

4.2

セガール映画の中で一番好き。
コレと『沈黙の戦艦』だけ、思い出すたび繰り返し観続けていく。

両方ともサントラも好き。

ハイジャック・ゲーム(2017年製作の映画)

2.1

2月にWOWOWつけたら偶然やってたやつ。

タービュランスとフライト・ゲーム、フライトプランなんかをミキサーにぶち込んでシェイクしたみたいな後味。
観終わってすぐ、どんなだったか忘れてる...そんな
>>続きを読む

ハネムーン・キラーズ(1970年製作の映画)

3.6

観る前に抱いてた印象よりも、マジメに演技してて、ちゃんとしてた。もっとニッチでプアなカルト系かと思ったら。

地獄愛(2014年製作の映画)

3.9

挿入歌がツボって、観終わってもまだ耳の中でループしてる。

『ハネムーン・キラーズ』と同じ元ネタ。なので二本とも借りて、続けて観てみた。

ホームズマン/ミッション・ワイルド(2014年製作の映画)

3.6

トミーリーの、『ロンサムダブ』と並ぶ西部劇ハマり役。

いろいろ一筋縄ではいかない物語。

ザ・ボディガード(2017年製作の映画)

2.5

サム・ワーシントンのコレよりも、ベン・アフレックの『ザ・コンサルタント』の方が強そうw

赤い影(1973年製作の映画)

4.0

町山さんのアメリカ映画特電 聴いたらまた観たくなって。

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.0

文芸坐での初見以来、もぉ何度目かわからんけど。
サクサクスカスカざっくり殺されてくのをササーっと流し見してくの、嫌いじゃないw

#時々無性に観たくなる
#殺しの職人映画

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

4.4

久々に再見。

緊迫感は変わらず感じられた。

中盤の砂漠でのスナイパー対決と、あとやっぱラストカットがメチャカッコエエ☆

また観よ。

無限の住人(2017年製作の映画)

2.8

冒頭の立ち回り、ちょっと編集が雑かもだけど、凄かった。

のに、ラストクライマックスの立ち回りは何故だろう全然盛り上がらず...残念。。

福士蒼汰が(役的に)生きてなかったからかなぁ。。

三池監督
>>続きを読む

アフターマス(2016年製作の映画)

2.1

シリアスでモヤモヤとしたハナシは嫌いじゃないけど、これを何故シュワでやる?と思いながら観てた。

らしくないシュワ映画ならば、『マギー』の方がまだ好き。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

今年の映画館初めの作品はこれだった。
今さらだけど、記録しとくだけしとこ。。

痛快で目まぐるしいテンポで進む荒唐無稽な続編。そして、思いっきり下品で、なのに紳士で仲間想いな奴らの熱い友情にジーンとく
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

3.9

高畑勲監督 追悼放映を観て。

これ、公開当時『となりのトトロ』と併映で観たのだが、あまりに悲惨で湿っぽく、ドヨ〜ンと重たく感じてしまい、観るんじゃなかった〜と軽くトラウマになった作品...でも、そ
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

4.5

公開当時に映画館で観て以来の再見。

当時は、クライマックスへの展開が飛躍し過ぎたトンデモ描写に思えて置いてけぼりを喰らった様な気分になり、今ひとつノレなかったのだが、今回 見返すと、「息子を亡くした
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

シンプルだけど、捻りの効いたストーリー。

そこに配置された魅力的な顔のキャスティングが秀逸。

何気なく示された伏線が、その後きっちりと生かされ、回収されていく脚本の小気味良さ。

恐ろしい事態に絡
>>続きを読む

ドリームスケープ(1984年製作の映画)

3.4

画の端々から匂い立つ様な 80年代テイストが懐かしいSF。
大学生の頃、レンタルビデオ(VHS)でこーゆーの観まくってたなぁ。。

他人の夢に入り込んで影響を与える...そんな奇想天外を、低予算ながら
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

予備知識ナシで観て、グイグイと惹き込まれた。
善悪の線引きに依らないキャラクターのヒリヒリとした佇まいが魅力的。
ラスト、息詰まる展開からのどんでん返しのカタルシスも堪らんです。
ジェシカ・チャスティ
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

2.8

演者さんたちはとても良かったです。

何だろう、話の運びが。

何というか、散漫。

エピソード間の接着?
捻りが希薄でまとまりが 今ひとつな印象。

演出の薄さかな。。
今ひとつ 入り込めなかった。
>>続きを読む

ハード・トゥ・キル(1990年製作の映画)

2.5

セガール映画をまだ映画館で観てた頃の作品をBlu-ray 日本語吹替え版で再見。今作はなぜか定番の大塚明夫でなく、宇崎竜童が吹替えていてちょっとビックリ...さすがにイメージ違いすぎだろw

デビュ
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.8

アザーズ...
パニックルーム...
アンチクライスト...

この辺の作品が好きな人は どハマりすると思います。あと、ジェイコブス・ラダーとか赤い影...辺りも。

アタマで理解するよりも、
目で視
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.5

実話をここまでエモーショナルにしつつ、それでいて引いた目も持ち合わせて語るキャスリン・ビグロー監督のセンスに感服した。

観てるのが辛くなるあのモーテルのシーンは、単に「ツライ話」だからではなく、まる
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

1.0

ラストカットがフェードアウトして、エンドクレジットが流れ始めた瞬間、


「ナンジャコリャ」


と言う言葉が口を突いて出た。
久々に観たスッカスカな映画。

評判いいね。
アカデミー賞だから?
是枝
>>続きを読む

>|