laBamba01さんの映画レビュー・感想・評価

laBamba01

laBamba01

ヴァチカンのエクソシスト(2023年製作の映画)

3.7

本作を『バチクソ』と短く略したX(Twitter)勢のセンス笑。

まさにバチクソに悪魔と闘い、退治する海千山千 時にしたたかに、時にユーモラスに頼れるオヤジ、アモルト神父と相棒となる若きトマース神父
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.3

今年に入ってやっと二度目の映画館😔

鬼太郎の次は、ヨルゴス ランティモス監督の話題作を地元映画館の最終日最終回上映に滑り込みで鑑賞。

モノクロとカラーのコントラスト、どこかフランケンシュタインの物
>>続きを読む

Road House(原題)(2024年製作の映画)

-

今は亡き、パトリック スウェイジ主演の用心棒映画『ロードハウス』を、ジェイク ギレンホールが主演でリメイク⁈

オリジナル作品は今でも年イチで観返してる、我がココロの一本。

コレは観るでしょう!!!

ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ〜血まみれの天使〜(1974年製作の映画)

4.0

DVDを手放して以来、まさかのヘア無修正版成人指定Blu-rayを購入し、久々の鑑賞。

画質も良くなり、「あの頃」のトーンも相俟って70年代B級カルト映画気分を堪能出来た。

主演のクリスチーナ リ
>>続きを読む

恋のいばら(2023年製作の映画)

3.2

元ネタの香港映画『ビヨンド・アワ・ケン カレと彼女と元カノと』は未見。

城定監督の 飽きさせず見せる巧さ。

リベンジポルノをきっかけに、2人の女の子(元カノ?今カノ??)が共闘するリベンジムービー
>>続きを読む

波紋(2023年製作の映画)

3.7

筒井真理子、『よこがお」以来の圧倒的な存在感。彼女の佇まいと表情には いつも惹きつけられる。

3.11の震災から生じた「波紋」が、家族の人生に様々に波及していく。

観終わって何故だか黒沢清監督な『
>>続きを読む

零落(2023年製作の映画)

3.0

原作漫画が衝撃的だった。

映画には、漫画とは別のドラマが描かれていた気がする。

せかいのおきく(2023年製作の映画)

3.7

せかい。

広くて大きく、すべてを囲む万物の総体。

それは人の暮らしや国々だけでなく、小さな長屋で暮らす落ちぶれた武家の娘の生活の中にも在る。

父を亡くし、声を失くし、それでも人に必要とされ、人を
>>続きを読む

イノセンツ(2021年製作の映画)

4.5

ある年代の子供の中にある、無邪気な残酷さを、実に巧く表現している。

そして時折、巷間でまことしやかに言われる事のある「幼少期特有の特殊な勘の鋭さ」を、サイキックスリラーに活かしたセンス。

説明的で
>>続きを読む

ノック 終末の訪問者(2023年製作の映画)

3.0

何かが起こりそうで、結局起こらなかった。

匂わせ思わせぶりな設定や描写で引っ張るのだけど、それらがカチッと収まることなく終わっちゃいました。
入り口狭くて、出口は拓けてるかと思ったら、狭いまんまだっ
>>続きを読む

マッド・ハイジ(2022年製作の映画)

3.0

撮影現場が楽しそうな映画だったなー

作り手がのびのび やりたい放題楽しんで作ってる雰囲気が溢れてきてる、そんな感じ。
続編?作る気満々だし笑。

アタマ空っぽにして楽しめた。

ベネデッタ(2021年製作の映画)

3.3

バーホーベン監督らしさ、いまだ健在。

宗教という大義の下、利益を貪り保身を図る支配階級者たち。
全ての人の魂を救済する筈の宗教が、政治の道具として使われている現実。

そして、黒死病の恐怖に正気を失
>>続きを読む

フラッグ・デイ 父を想う日(2021年製作の映画)

4.1

自然光を生かした豊かな画が、70年代アメリカンニューシネマを彷彿とさせる。

監督を務める様になってからのショーン ペンが好きだ。(若い頃に俳優として出演した『ロンリー・ブラッド』も大好きだけど)
>>続きを読む

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

4.3

映画館で観たかったけど、家の近辺でやってなくて観逃してたの、レンタルBlu-rayでようやく。

説明的なセリフやモノローグは一切なく、「あの夏」を断片的に記録したビデオ映像と父娘二人の揺蕩う様な旅行
>>続きを読む

コリン LOVE OF THE DEAD(2008年製作の映画)

3.3

過去鑑賞。

静謐なゾンビ映画。
生前の恋人への想いが残っているところがもの哀しい。

戦慄怪奇ワールド コワすぎ!(2023年製作の映画)

3.9

安定の「コワすぎ!」シリーズの最終作。
「コワすぎ!」て、笑ってしまうほどw

コワ面白楽しい、それがこのシリーズの良いところ。

工藤、市川、田代のバラバラな息のあってない個性豊かな3コワトリオも健
>>続きを読む

グランツーリスモ(2023年製作の映画)

3.7

へぇ、これ実話ベースの映画化なんだねー。

最近はゲーム、全くやってないけど、昔々、流行りに乗ってプレステ2だか?買った時、最初にやったゲームがグランツーリスモだった。
画質の美しさや車、背景の街の風
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

4.8

インド映画の勢いを感じさせる、グルーヴ感溢れるアクション&熱い友情ドラマの娯楽巨編。
インド版『男たちの挽歌』だなこりゃ。

アバンタイトル、長っっっ!!😆
マァ、インターミッション付きの総尺3時間だ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスターズ2(2023年製作の映画)

3.3

ステイサム無双。
海洋版ジュラシックワールド。

サメが怖くない。他の古代?巨大生物も。
楽しいイベント映画だった。

ソフト/クワイエット(2022年製作の映画)

2.7

ワンカット構成の意味が薄い。

2015年作品の140分間ノーカット・ワンカット作品『ヴィクトリア』には、その意味を感じ、惹き込まれた。

登場人物の「彼女たち」の価値観に全く共感する所が無かったのは
>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

4.1

ナルホド、こりゃ大人向けの鬼太郎だ。

劇場にはお子ちゃまも少なくなかったけど、、ついて来れたのかな?😅

確かに横溝正史の世界観。
そして鬼太郎のルーツという新しい視点。

最後まで飽きずに楽しめま
>>続きを読む

カード・カウンター(2021年製作の映画)

4.3

どんな種類の作品でも、ポール シュレイダー監督作の持つ独特のリズムとテンポが好きだ。

そして、独特の世界観。
この広く捻れた世界の片隅に生きる、「フツーじゃない人々」を見せてくれる。

次はどんな世
>>続きを読む

エゴイスト(2023年製作の映画)

4.0

俳優 鈴木亮平の演技の深みと幅広さに魅了される。

そして映画を観終わって、「エゴイスト」の意味を考えている。

バービー(2023年製作の映画)

3.7

ファンタジーコメディかと思って観たら、左にあらず。

女性とは、男性とは。人生の意味とは。
意外にも深いテーマを練り込んだ、パステルカラーの「人形劇」...惹き込まれた。

現代社会に於ける女性讃歌。
>>続きを読む

Pearl パール(2022年製作の映画)

2.6

『X』は映画館で初日に観た。そして本作。

なんだかなぁ。。。

時代設定もあるが、殺し方に捻りも感じられず、単なる自意識過剰なサイコパス娘の、ワナビーを見せ続けられた蛇足の102分。。

正直、一作
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

5.0

当時所属していたCM制作会社と交渉して、「仕事の空き時間が出来たら」「月3本まで映画館で映画を観てOK(料金は会社持ち)」「観た映画の感想を、会社の掲示板にポストイットで掲出し、仲間と交流」という制度>>続きを読む

オールドマン(2022年製作の映画)

2.8

近年のスティーヴン・ラングというと、どうしても『ドント・ブリーズ』シリーズの怪演を思い出してしまう。

個人的にはマイケル マン監督作品『パブリック・エネミー』の捜査官を演じたラングがサイコーにカッコ
>>続きを読む

ザ・フラッシュ(2023年製作の映画)

4.1

マーベルも含め、もうそろそろマルチバースものに飽き飽きしてきていたところ。
だけど、コレはキャスティングの妙で楽しめた。

そして、全てがハッピーエンドではなく、収まるべき現実世界に戻るための別れや犠
>>続きを読む

ダークグラス(2021年製作の映画)

3.1

アルジェント健在!!
てか、何だか若返った様な気さえする。

相変わらずの、そしてお得意のジャンルものでこれだけテンポよく活き活きとした映画を創るとは。

皆既日食、サングラスの娼婦、得体の知れないス
>>続きを読む

>|