Tysukeさんの映画レビュー・感想・評価

Tysuke

Tysuke

オールジャンル好き嫌いなく観ます!
基本はNetflix、Hulu、WOWOW、映画館で鑑賞。海外ドラマ、最近はまた日本ドラマもよく見るようになりました。
芝居を多少かじった者として、一つでも多くの作品や素晴らしい俳優さんと出会いたいです。
2015/01〜記録 それ以前に観た映画は思い出しながら。

映画(549)
ドラマ(30)

タイタニック(1997年製作の映画)

4.8

遂に、タイタニックの興行収入がアベンジャーズ エンドゲームに抜かされましたね!ただ、ジェームスキャメロンもそれに対して、マーベルスタジオに対して賛辞を送ってて、本当素晴らしい世界です。

令和1発目は
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.6

平成最後の日にようやく鑑賞。

ラストのレオンの生き様と、2人の絶妙な愛の表現方法に感動しました。

90年代はとんでもない名作だらけですが、その中でも今作は群を抜いた名作だと思います。意外にも、最後
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

自分はMCUを何千何万回でも足りないくらい愛してます。本当に心からそう思える出来栄えでした。

2012年「アベンジャーズ」でそれまで公開されたアイアンマン、ハルク、マイティーソー、キャプテンアメリカ
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.0

昔の迷宮の十字路がめちゃくちゃ好きで、今作も京都が舞台、直前にちはやふるを観ていたので、鑑賞。

コナン映画を久しく観ていなかったせいか、恐ろしく有り得ないアクションするようになっていた。昔からもそう
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.6

ちはやふるの原作と映画上の句下の句を鑑賞した上で、今作を鑑賞しました。

原作に忠実であるけど、良い意味で漫画っぽさがない。そこが本当に素晴らしい!
みんな人間味が溢れていて、進路とか恋愛とか受験とか
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.0

あれ?求めてたのと違う。

大好きなピッチパーフェクトはこんな意味不明なアクションしない!
1と2が本当に素晴らしくて、それと比較すると、イマイチ過ぎる…
ラストに関しても、どうも1と2並みの感動が無
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

エンドゲームのプロローグ的立ち位置ではありますが、これでもか!というくらい色んな要素が詰め込まれていました!MCUの歴史と供に歩んできたファンは、相当楽しめたのではないでしょうか。

アベンジャーズ結
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

アカデミー作品賞獲得作品としては、珍しく老若男女問わず観やすい作品ではないでしょうか。

肌の色が違うだけで、食事やトイレ、買い物などの衣食住が限定されるなんて、あってはならない。それに対して、白人の
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.9

マーベル作品屈指の人気キャラクターを演じる2人の作品が面白くないわけがない。

バディムービーとして、特段設定が珍しいわけでもないが、シンプルに面白い!それに尽きる!離れたりくっついたり、罵り合ったり
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.7

大好きな沖田修一監督作品。劇場で見逃してしまい、つい最近も樹木希林さんの追悼ということで、ちらちらと劇場でやってたが、タイミング合わず、WOWOWにて。

昭和の朗らかな感じ、ただ映像の綺麗さで現代っ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.1

昨年、映画館で観て、これもまた号泣しまくった作品。

列車が前へ前へ進むにつれて、人間は人間ざるものへ変化していき、残されたものは、自分の命だけを優先する者と1人でも多くの命を助けようとする者に分けら
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.2

生きる伝説・クリントイーストウッドの10年ぶりの主演兼監督作品。
大嫌いな月曜日でさえも、クリントイーストウッドというネームだけで劇場へ足を運ばせることができる、数少ない監督、俳優の1人。

イースト
>>続きを読む

ネイバーズ2(2016年製作の映画)

3.4

内容は果てしなくゲスいが、前作同様ラストの締め方は秀逸。

脚本が良いのかな。家を売りたいけど、周辺環境も良くないといけない。隣人がパーティーピーポーというのを隠したい。なさそうでありそうな設定が良か
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.1

去年、映画館で観て大号泣したにも関わらず、やはりまた大号泣してしまった!

人の生きる道が人生、犬の生きる道が犬生。日本語訳のセンス素晴らしい。
ペットを飼っている人なら、あるあると共感できる部分もあ
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.8

助演2人の掛け合いが毒毒しくも、どこか可笑しい。音楽や美術など、めちゃくちゃレベルが高く、脚本も上手いため、しっかりエンターテイメントに仕上がっている。
歴史モノは、小難しく退屈になってしまう時があり
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.8

日曜日のお昼時に観るに相応しく、頭が空っぽの状態でも観れる!

動物が巨大化・暴力的になり、アメリカを暴れまくる!これぞアメリカンムービー!
そんな映画の主演は、ロック様ことホブスこと、ドウェインジョ
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.5

久々のウェスアンダーソン!

グランドブタペストホテルより今作の方が好みですかね。シンプルに観やすいとは思いますね。

12歳くらいの年齢の男子女子の恋物語をウェスアンダーソンが描くと、こんなに淡くク
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

公開時に観ていましたが、レビューできておらず、ちょうど先日、金曜ロードショーで放送していたので、改めてレビュー。

前半のワンカットからの後半の壮絶な爆笑の数々!
1回目と2回目以降で、全く作品の見方
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

まず、これだけの話を2時間以内に収めたノーラン凄い。
あとは、やはり特筆すべきは、陸海空の3視点から描かれる点。
そして、誰が主人公というわけではなく、色んな視点から一つの作戦を俯瞰的に見れて、本当に
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

ゲイリーオールドマンという人間はこの映画に出ていたのか?

そう思えるくらいえげつないメイクアップ技術。面影が一切なくて、シンプルにウィストン・チャーチルとして最初から最後まで観ていました。

先日、
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

今の自分の気分にぴったり!なぜなら、絶賛放送中のジョジョ第5部の舞台がイタリアだからであるッッッ!
まあ、そんなテンションの映画ではないですが。
イタリア映画って、日曜日に鑑賞するのが気分的に本当に当
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.6

大本命グリーンブック観に行こうと思ったけど、間に合わず、今作を。
さらに、字幕版もなく、仕方なく吹き替え版で鑑賞。エミリーブラントの生声は聞けなくて残念でしたが、平原綾香がめちゃくちゃ上手くて、すっと
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.0

今のところ、アナーキーが1番かなあ。
政治色が一気に強まって、後半が暗殺から護衛するクライムアクションムービーになってしまってたような。

チョコバーくれくれ女子高生は一体なんやったんやろ。ただ、この
>>続きを読む

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.5

前作より断然面白くなってる!
イライラ度が減ったのが良かった(笑)

狂った金持ち供は、このパージシリーズにびっくりするくらいハマる!
まあ、パージを利用して、利己的に欲望を満たす、金儲けをするような
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.2

もう二度と観たくないと思える傑作カルトホラー。

今作を観に行くために、去年から色んな映画館のスケジュールをチェックしていました。

彼女を誘って、色んな映画を観に行くのが通例なのですが、そんな彼女は
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.5

ゴリゴリに泣いた!

クリード2を観るために、急遽ロッキー1〜4と今作を復習したんですが、ロッキー・バルボアはどれだけ時間が過ぎようとも、我々の心を揺さぶってくる!

ロッキーシリーズ同様、試合のシー
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.3

スターウォーズやん。

今作を観て思いついた初めの感想がこれでした。アトランティスの街並みやそれらをマシンで駆け抜けるシーンとか、アトランティスの兵隊が着ているスーツも、どことなくトルーパー意識してい
>>続きを読む

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.8

Netflixが手掛ける超実験的作品!

映画もここまで来たかと思った。そもそも、今作は映画というコンテンツなのか。

今作の目玉である、主人公の行動を我々鑑賞者が選択できるようになっている。プレステ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.8

色がないことの素晴らしさ。

キュアロンのセンスに脱帽。
突拍子の無い展開があるわけでもなく、淡々と物語は進んでいく。それでも、ラストにはこの家族へ感情移入してしまうし、ほっこりさせられた。
何度も見
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

今回もやはり強い!ただ、強さは勿論ですが、前作の戦いから数日後ということで、ジョナサンタフ!めちゃくちゃタフ!
お腹に弾丸何発も受けるわ、階段から転がり落ちるわ、どれだけボロボロになるわ、向かってくる
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

音楽は本当に良いし、女優としてのレディーガガも良かった、ブラッドリークーパー初監督作品としても及第点だとは思う。

ただ、それらを超える絶賛する何かを見つけられなかった。

正直、世間的には絶賛されて
>>続きを読む

スプリング・ブレイカーズ(2012年製作の映画)

2.5

スケベえな気持ちで観ましたが、それでも面白くなかった。

途中、セレーナゴメスが重大な選択をするのですが、あの女の子の年頃で、かつ仲良し4人組の中で、凄い勇気だと思った。正しい理性が本能を優った瞬間で
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.4

大人になっても、こういう感性を持ち合わせていたい。

オギーだけじゃなく、家族や友達の視点からもストーリーが描かれており、意外と新しいと感じた良い脚本。
去年鑑賞した映画の中でも、脚本や雰囲気、登場人
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.1

完全なるハリポタファンのための正統派続編。
ハリポタシリーズと前作を観ていない限り、絶対面白くないでしょう。
逆を言えば、観ていれば、絶対面白いと思える作品ではないかと思う。ファンであれば、あちらこち
>>続きを読む

WE ARE X(2016年製作の映画)

4.0

X JAPANはもう永遠に壊れることはないんじゃないかと思った。
それくらい、メンバーの絆は深い。
Toshiの脱退・洗脳、hide、Taijiの死、バンド解散、再結成とリーダーYOSHIKIは並の人
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.3

初代のオリジナル版?と言っていいのか分かりませんが、それらを観ずに今作観ました。
ゴースト退治より、ゴーストバスターズメンバーのやり取りの方が面白かった!
とりあえず、クリスヘムズワースの役がバカ過ぎ
>>続きを読む

>|