lilishiroyagiさんの映画レビュー・感想・評価

lilishiroyagi

lilishiroyagi

映画(153)
ドラマ(2)
アニメ(0)

レア・セドゥのいつわり(2021年製作の映画)

3.9

1秋
2プラハ
3ロザリー
4冬
5チェコの映画監督
6総督の恩赦
7ウインタースポーツ 
8ニューヨーク
9 審判
10春
11妻
12エピローグ

めちゃくちゃ良かった。
会話劇、とにかくただ男女
>>続きを読む

KOTOKO(2011年製作の映画)

2.6

これ撮ってる時のCoccoの精神状態考えると心配になるから本当やめてほしいと思ってしまった

イカした人生/Madly in Life(2020年製作の映画)

3.6

ノエミめちゃかわいい
次に産まれてくる時はノエミという名前にしてもらおう
全員の服がリンクコーデになったり背景と一緒になってて素敵だった

あくまでもシリアスになり過ぎずに描いているけど
私には辛過ぎ
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

4.1

刺さりすぎてしまった
つらい

食べ物じゃないものを口に入れたり飲み込みたくなっちゃう主婦の話ね、と思ってた
あるあるの衝動だよね、
でも、度を超えたらどうなるんだろう
くらいの好奇心で見始めた。
>>続きを読む

モンスターズ 悪魔の復讐(2018年製作の映画)

3.6

え?なんでこれこんなに評価低いんだろ
確かに邦題+ポスター詐欺酷いけど…

クロエとクリステンが出てるってこと以外何も知らずに観たので、まさかの父殺し、まさかの同性愛でめちゃくちゃ私が好きな要素しかな
>>続きを読む

パリのランデブー(1994年製作の映画)

4.0

やっぱり会話が面白いのだろうなと思う、ロメールは。
短編だろうが長編だろうが、何が起きようが起きまいが、誰にも感情移入出来なかろうが、ずっと観ていたくなってしまうしどの人物も愛おしくなってしまう。
>>続きを読む

飛行士の妻(1980年製作の映画)

4.1

めちゃ良かった

郵便局員の仕事風景で始まって、アリエル・ドンバールの「Paris m’a séduit」で終わる

好きを理由になんでもしちゃう男20歳フランソワ

自分に夢中の歳下男をキープしとき
>>続きを読む

ファニーとアレクサンデル(1982年製作の映画)

4.3

クリスマスから年末にかけて必ず観たくなる一本。
長いけど観始めたら一瞬で終わる恐ろしい映画。

美しき結婚(1981年製作の映画)

3.6

アリエル・ドンバールが本当にかわいい
最近の彼女しか知らなかったから、まるでお人形さんで衝撃的だった

ロメールの主人公大体不機嫌
自分自身のめんどくささにずっと生きづらそうで可哀想になる

私は結婚
>>続きを読む

オスカー・ワイルド(1997年製作の映画)

-

昔観たけどもっかい観たいな。
ジュードロウずるすぎる、たまらん、いい加減にしろ
みたいなことしか覚えてないけど

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.3

みんなしあわせになってよかった
ほんとうにそれだけ
かわいそうとか心はピュアとか、そういうのもう本当お腹いっぱい

汚れなき情事(2009年製作の映画)

3.5

エヴァグリーンがまたこういう役やってるなーと思いながらもやはり完璧にハマっていた。
ジュノーテンプルがいつも鼻フンフンさせてる感じも「尊敬する憧れの先生を独占したいの!」が全面的に伝わってくるし歩き方
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

3.8

久しぶりに観返したけど、やっぱり面白かった。
ホアキンのイカれっぷりもだけど、本当に全員演技が良すぎるし画面の力つよい。
後半、怒涛の意味分からなさも吹き飛ばす「中国行きのスロウボート」で謎の感動
>>続きを読む

キル・ユア・ダーリン(2013年製作の映画)

3.4

めちゃ私好みのストーリーじゃん!
魔性の美少年に振り回される真面目地味男子、完全に「風と木の詩」だろ…と思って観たけど、そうでもなかった。
ハリーポッターシリーズ観たことないからDラドクリフに対して固
>>続きを読む

軽い男じゃないのよ(2018年製作の映画)

3.5

20代の頃にこれを観たらきっと、
こんなにも世の中は不平等で
気付かないようなところまで男性優位の世界に生きてるってことを皮肉を効かせて映し出そうとしたこの作品に衝撃を受けてたかもしれない。

フェミ
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.5

お父さんと一緒にはっぱ吸ったシーンでの表情を思い返して切なくなる。
ビューティフルじゃなくても愛して欲しい。

完全親目線の演出だったけど、終始ヤク中の息子に感情移入して辛くなる映画だった。
そうさせ
>>続きを読む

家族の肖像(1974年製作の映画)

3.3

めちゃ長く感じた。
全員にイライラする作品だった。

最後まで全く感情がついていかなくて
え…本当に失礼一家…こんな…
みたいな混乱に陥った。
家は凄く素敵。
しかし私には合わなかったのだと思う。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.6

やっと観た。
いつもカッコいいスーツ着ていっぱい殺す。
出てくる人大体死ぬ。
愉快愉快

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.7

3人の生活が楽しそうで
終始ニタニタして観ちゃった

恋愛なんてみんな頭おかしくなるもんだろ、とは思うけど
ヤバさが突き抜けてて声がデカい
暑苦しくて爽やか

守りたいものがあるっていうのはしあわせだ
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.7

全てがハマっていて良かった
満島ちゃんが良すぎる

いえがら

呪いだな
人間はみんな愚かだから辛いね


突然つくばのプラスワン出てきて懐かし過ぎて動揺した