お茶さんの映画レビュー・感想・評価

お茶

お茶

映画(379)
ドラマ(30)

クライシス・オブ・アメリカ(2004年製作の映画)

4.0

もしも、知らぬ間に自分の記憶を操作されていたら…

大好きなデンゼル・ワシントンとメリル・ストリープが出てるので鑑賞✨

湾岸戦争で生き残ったベンとレイモンド。
レイモンドは英雄として、政界へ進出し、
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

4.5

なんて甘くて苦い三角関係!

金色のカール、グリーンの瞳。
その姿は、まるでミケランジェロの彫刻のように美しい。
その微笑みで見つめられたら…

分かってやってるのか、天性のものなのか。
フランシスと
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.7

1回目は1人で、2回目は会社の後輩と。
そして、3回目は1人で4DXで鑑賞!

葛藤しながらも成長する、心優しき王ティ・チャラ。
毎回ファッションが可愛すぎる、天才科学者で妹のシュリ。
赤いドレスで2
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

4.3

絶望と希望の話

少年ルパートと、人気俳優ジョンの文通
そして、ジョンの死。

なんでジョンは死んでしまったの?
純粋にその理由を知りたくて、冒頭から一気にのめり込んだ。

人は大なり小なり、なにかし
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.7

初のドラン監督映画鑑賞。

心の柔らかい所があたたかな愛で満たされ、同時に鋭く突き刺されるような映画だった

ADHDの息子スティーヴと、その母ダイアン

親子ではしゃぐ姿、取っ組み合いになってぶつか
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

またやってしまった…楽しみにしてたのに、間違って2を借りてきてしまった〜(´・ω・`)

殺人鬼に殺されて、目が覚めたらまた同じ日の朝🌅

18日の月曜日から抜け出せない!
一体、何回殺されるの〜
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

4.5

気高くて、美しい「チャーリーズ・エンジェル」🌼

どのエンジェルも素敵!

立ち姿だけでも様になるのに、なんでも着こなして見る者を魅了し、そして悪には鉄槌を下す⚡

スカーッとしますね😊☀️

特に、
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.0

等身大の27歳🌼
大人だけど、どこか大人になりきれない

子供みたいに無邪気に笑い、走り、そしてくるくると舞う

掃除は苦手、鏡が大好き
不器用でおっちょこちょい
親友とはずっと一緒にいたい

将来の
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

5.0

やっと…!今年初の映画鑑賞🎬

とびっきりピュアで可愛くて、それでいて胸がギュッと締めつけられて…
やっぱり愛に勝るものは無いんだと思わせてくれる映画だった。

ジョジョと親友のヨーキーが、可愛すぎて
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

4.0

こんなジェットコースター、嫌すぎる🎢

テレビであってたので、懐かしいなぁと思わず鑑賞。何度観てもおもしろい😊

素敵な思い出になるはずの遊園地が、悲劇の幕開けに…!😈

主人公ウェンディ(可愛い)が
>>続きを読む

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

4.5

良い意味で予想を裏切られた…!

始まりのハイテンションなナレーションに不安を覚えたのも束の間…

一気に物語に引き込まれていった!

人生は、時に残酷

子供であろうと、幸せの絶頂であろうと、容赦な
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

なんでもっと早く観なかったんだろう!

周りの方々のおすすめ映画で、気になっててやっと鑑賞しました😊

善の心や行動は、人や未来を動かす

希望を持ち続け、
必死に死ぬより「必死に生きる」こと

言葉
>>続きを読む

グレート・ディベーター 栄光の教室(2007年製作の映画)

4.5

暴力ではなく、ディベートで戦う。

知識、言葉の抑揚や間、そしてなにより「真実」であること。

命の危険に晒されるような差別を受けながら、心に深い傷を負いながらも、あの壇上で真っ直ぐ前を見て話す言葉の
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

4.7

「お前ら、大人になっ(てしまっ)たな…」

かまってちゃんで時が止まったままのピエロ、ペニー・ワイズVS成長して大人になったルーザーズの命をかけた同窓会👏

27年後、あの壮絶な戦いの記憶をなくしてし
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.3

なんて、あいくるしいんだ〜!😭✨

甥っ子が大好きなバンブルビーが主役ということで鑑賞。

青い瞳と、蜂のような触覚(?)から伝わる、豊かな感情。
他のトランスフォーマー達より小さいフォルムで、思わず
>>続きを読む

ドラキュリアン(1987年製作の映画)

4.3

TSUTAYA発掘良作にて♪

モンスター大集合!

ドラキュラ、狼男、フランケンシュタイン、ミイラ男、半魚人(?)

世界を制服しようと目論むモンスター達だけど、愛嬌があってどこか憎めない。

子ど
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

4.0

「なんて奴だ!」

不気味なトレーラーが、どこまでもどこまでも執拗に追いかけてくる。

どんどん上がる速度メーターと心拍数。

顔を見たくても、絶妙に見えない犯人
もどかしい〜💦

広いアメリカの道で
>>続きを読む

カポーティ(2005年製作の映画)

4.0

殺人者であるペルーは、金脈か、親しい友人か、それとも切り離された自分の一部なのか

カポーティが、一家殺人犯の2人を題材にしたノンフィクション小説「冷血」を書くまでの6年間の話。

殺人犯としてではな
>>続きを読む

健さん(2016年製作の映画)

4.5

目は、口ほどにものを言う。

健さんの眼力。

瞳に宿っているもの。
情念、憂い、愛情、優しさ、敬意、生命力。

多くを語らず、人々を魅了するのは元々備わっているスターのオーラだけではなく、その“人間
>>続きを読む

なまいきチョルベンと水夫さん(1964年製作の映画)

4.7

なにこれ、かわいすぎる〜!

チョルベンの世界一親切でお利口なわんちゃん、水夫さん🐶

無邪気な子どもたちを、周りの大人と水夫さんがあたたかく見守る

チョルベンの友達のペッレくん、ほんとに優しすぎで
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7

本当に、圧巻だった!

ぐっと不自然に引き上がった口角に、黒い涙。
私は、あんなに悲しい笑い声を今まで聞いたことがない。

ただ、人を笑わせたかった、喜ばせたかった。幸せに生きたかった。それだけなのに
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.5

国王のスピーチ。

その言葉の一つ一つに、国中が耳を傾ける。
吃音症で思うように話せないことは、国王をたくさん苦しめてきた。
背景に幼少期のつらい経験やトラウマがあり、それはあってはならないことだ。
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.5

最高!👏👏

聴いたことある名曲ばかりで、もう音楽が流れるだけでわくわく

静かな始まりだなぁと思いきや、ジェイクが刑務所を出てからハチャメチャすぎる😂

くすっとするシュールな笑いから、爆笑まで色々
>>続きを読む

星の王子さま(1974年製作の映画)

5.0

「星の王子さま」は、あまり本を読まない私が、1番読んだ本かもしれない

「大切なものは目に見えない」

キツネのこの言葉は、年を重ねるごとに意味を深めていって、気づかされることばかり

そして、王子さ
>>続きを読む

シークレット・スーパースター(2017年製作の映画)

4.5

夢よ 夢よ 私の夢よ
 
透き通るような歌声から始まる物語。

インド映画を映画館で観たのは初めて。
本当に観てよかった…!!

「世界中の人に、私の歌を届けたい」

ギターとパソコンとひらめきが、少
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.2

子どもにも大人にも、夢と希望を🌈

忘れてしまっていた子どもの時の気持ちを思い出させてくれたメリー・ポピンズ。ありがとう!

“ありえないと思うことでも不可能なことはない”
“道に迷った時は小さな灯り
>>続きを読む

ガッジョ・ディーロ(1997年製作の映画)

4.0

冒頭の、ステファンが雪道でくるくると舞うシーンから心奪われた✨

フランス人の青年ステファンは、亡き父が好きだったロマ人の歌手ノラ・ルカを探して旅をする。

言葉が通じない中での、異文化交流。
びっく
>>続きを読む

マイ・ボディガード(2004年製作の映画)

4.5

「私のクマさん」🐻

少女ピタとボディーガードのクリーシー。

過去を悔い自暴自棄で酒浸りのクリーシーを、ピタが優しく包む。

2人が徐々に心を通わせ、お互いがかけがえのない存在になっていく様子にほっ
>>続きを読む

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

愛は、ワインと同じで時間が必要。
家族がゆっくりと時間をかけて再生していく物語。

父から、故郷から、1度は逃げ出したジャン。
10年ぶりに帰った故郷で、妹と弟に再会する。
そこで、父とのたくさんの思
>>続きを読む

レンタネコ(2011年製作の映画)

5.0

れんた〜 ねこ
ねこねこ♪

さみしい人に〜 ねこ、
かします♬

拡張器を片手に、猫の乗ったリヤカーを引きながら、河川敷をゆるりと歩く「レンタネコ屋」

心にあいたさみしい穴ぼこは、人それぞれ。
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

4.5

冒頭のテクノ・サウンドから、既にわくわく🌈

ファッション、クラシックカー、スマホじゃなくてトランシーバー、なにより音楽がめちゃくちゃ良い…
素晴らしき80年代!✨✨

ホラー映画は好きだけど、ビビリ
>>続きを読む

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ(1989年製作の映画)

4.3

とんがりヘアーにとんがり靴。

ツンドラで活動するバンド「レニングラード・カウボーイズ」がアメリカからメキシコをゆる〜く旅する。

素朴でユーモア溢れる彼らのファンになってしまった✨

ふふふ、っと笑
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

4.0

「最高のママだよ」

80年代のカルト的人気のホラー映画「血まみれのキャンプ場」
出演していた若き日の母は、すぐ殺されてしまう、云わばちょい役だった。

映画スターに憧れていた無邪気で明るい母だったが
>>続きを読む

田舎の日曜日(1984年製作の映画)

4.0

どの場面を切り取っても、淡い水彩画のようなフランスの田舎。

妻を亡くし、メイドと2人暮らしのラドミラル。日曜日には都会から子どもたちが帰省する。

真面目で優しい息子ゴンザグと、その家族。
そして、
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

4.0

天使のような美しい容姿と引き換えに、大切なものを諸々落っことしてこの地に降り立った、カルリートス。

冒頭の、ふらりと、まるで自分の家に立ち寄るかのように他人の家に入り、物を物色し、そして自由気ままに
>>続きを読む

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

4.0

まるで地下室にいるような、ひんやり感が味わえる英国ホラー。ヒヤっ、ドキッの連続。

霊は認めない!心理学者のグッドマン教授に差し出された、3つの説明のつかない事例。
教授は真実を暴く為、早速当事者に聞
>>続きを読む

>|