ナナさんの映画レビュー・感想・評価

ナナ

ナナ

映画(275)
ドラマ(33)

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.8

どの時代にもそれぞれの考える幸せがあって、それに向かって突き進んでる姿ってすごく格好いい。後から後悔したり失敗だったって辛く感じることがあったとしても、これが自分で選んで作り上げてきた道なんだって最後>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.5

こんなに泣き顔を綺麗だと思ったことはなかったです、、原作ちゃんと読んだことなかったけど、だいたいこんな感じなのかなって知れて良かったです(^_^)とにかくビジュアルが無双してました!記録

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

5.0

「今日を最後だと思って楽しんで生きる」
毎日をスペシャルな日にするために1番大切なことは当たり前の尊さとありがたみを噛み締めながら、後悔しないように精一杯楽しむことなんだなって気づかせてくれる映画。今
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.5

日本史の先生のおすすめ映画でずっと見ようと思ってた映画。やっと見れましたが内容難しくてついていけなかった、、もっと日本史勉強しておけばよかった、、記録

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.9

直接愛を伝えるのってずっと一緒にいる人ほど難しいものだと思います。本当は大好きだけど言葉にすること自体が恥ずかしかったり、省いちゃったり。こういう思春期って、自分を愛してくれてるって言葉だとか行動を相>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.5

終始イソだった。。梨泰院クラスの時のイソの能力と思考をMAXにした感じ?面白かった。韓国映画が最近きてる気がします私的に!!

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

3.5

独特な世界観やっぱり見入っちゃう!ここに登場するみんな普通のアニメなら悪役できそうなくらい見た目がザ・悪者なのに、心が綺麗で音楽も明るいし何かギャップにやられました、、記録

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.6

こんな世界もあるのかって驚きと永遠に母親へのイライラが止まらない。秋子の「女」を使って男から巻き上げながら生活していく所自分では手を染めない所、周平の健気な姿とか全部が見ていて辛い、記録

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

3.5

奇妙で絆の固い家族!好きな世界観!マムーシュカ笑ってしまった!記録

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.5

全部にイエスって答えるのが正解だとは思わないけど、イエスで世界が広がることは確かだなと思います。ノーマンがちだけど、ある程度流れに身を任せたり勢いだったりでイエスって答えることが、思いがけない出会いだ>>続きを読む

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

4.2

何人もの乗客の命を背負いながら操縦するパイロットはもちろん、理不尽な客にも誠心誠意対応するCAもグランドスタッフも、整備してくれる人とか指示する人とか本当にいろんな人の力で飛行機は飛んでいるんだなあと>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.7

嘘の中には愛に溢れたものとか、より良くしたいって思うからこそ出てくる嘘もあって一概に悪とは言えないなあと思いました。コメディー要素強いけど、一つの映画でたくさんの人のドラマ見れて大満足です👌記録

紳士は金髪がお好き(1953年製作の映画)

3.5

マリリンモンローってこんな愛嬌たっぷりの可愛い人なんだ!!!わがままだけどみんなから愛される永遠に可愛い人って感じ!
どこまでも自由すぎる法廷のシーンが好きでした記録

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

3.8

終始イレブン笑
こっちに話しかけてくれる撮り方が、友達として一緒に冒険してる気持ちになれて面白かった!記録

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.5

家のすぐ下はもう海で、波の音聞きながら寝れるってすごい素敵な世界だなあと思います。人魚の伝説とか、町民の世間狭い感じとか田舎あるあるっぽい要素多いのが好きでした。月が綺麗な夜の海にボートで繰り出したい>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

5.0

無償の愛を注いで、どんな時も1番の味方でいてくれる家族の存在の大きさを改めて感じさせてくれる映画でした。厳しいお父さんも喧嘩ばっかりのお兄ちゃんも、認知症で忘れてそうなおばあちゃんも、みんな本当にビリ>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.4

3人目の隊員になった気持ちで見てました。ほんの少しの距離の移動のはずなのに、それは生きるか死ぬかの大きすぎる分岐点になっちゃうのって凄まじい世界すぎる。戦時中の時間の重みをワンカット風のお陰で改めて感>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

当たり前にあった名曲、名バンドがいない世界って設定がまず面白い!富と名声、なにが正解か分からなくなってきても、All You Need Is Loveで原点に戻れる気がしました。やっぱり人間に愛は必須>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.7

やっぱり人間が自分たちと違う個性とか特徴を持った人を受け入れるのって相当難しいんだなと思います。口では言えても実際に傷付けられるリスクとか、育った環境から価値観が違いすぎるとか、その人を丸々信じきれる>>続きを読む

ザ・ブック・オブ・ヘンリー(2017年製作の映画)

4.0

愛情深すぎる天才少年😢子供の成長だけじゃなくて、ヘンリーに頼りすぎてたお母さんが強くなってく所も見れます。想像してた内容と全く違って面白かった!記録

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.1

新しい時代の映画って感じ!コロナでずっとSNSにまみれた生活をしてたから、余計見慣れた映像が続いて自然に見入っちゃったし、展開も面白かった!
個人的に仲良くなくても知人が有名になった瞬間急に親友面した
>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

4.7

映像も白黒、会話の音声もないのにこんなにコミカルで感動的でずっと集中して見れる映画に出会えたことに感謝!
名作と呼ばれる映画にはやっぱり人を惹きつける何か理由があって、この作品はチャップリンの魅力が詰
>>続きを読む

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

4.0

一生かけても理解はできない気がするけど、単純なエログロだけじゃないのが面白い。そのまま描かれてる場面もあれば、グロから一歩ずれたもので表現してたり、ただのカルト映画じゃなくて面白かったです。ホドロフス>>続きを読む

海がきこえる(1993年製作の映画)

3.5

なんかツッコミどころが多いけど、やっぱりジブリ。高知の凄い方言とりかこの自由奔放すぎる性格が面白かった。笑
甘酸っぱくて若くて元気です。昔の吉祥寺も素敵だし、昭和っぽさがやっぱりなぜか好き!記録

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.1

ほっこりするし、東京って狭いのに本当にいろいろな人がいてその1人1人にその人の人生があるんだなあと思ってもっと冒険しようと思いました。最後のドタバタアクション感も3人の関係性とかも清子の不思議な感じも>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.5

出てくる中学生たち案外大人。そして話の流れとか最後のシーンとか少しありがちな感じ否めなくて残念だったけど、田舎の風景とか猫の世界とか結構好きでした。記録

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

音楽が良すぎる!シングストリートを少し大人めにした青春映画って感じがしました。元気になれる映画。記録

わたしはロランス(2012年製作の映画)

4.3

3時間弱、体力消耗しながら鑑賞しました。人間って外見、内面、考えとか趣味嗜好も本当に一括りにできない色々な形があって、そこから作られていく関係も様々なものがあって良いと思います。それが面白い!2人の関>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.7

ホアキン・フェニックスが出演してる映画全部見てみたい!って思うくらいジョーカーの演技に圧倒されました。辛い、、記録

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

コルネリス紳士すぎて惚れた!裏切りとか過ちを許すこと自体も難しいのに、自分の財産を裏切った当人たちに無償で渡せる心の広さにやられます、、
チューリップ一本で家が建てられる時代って今じゃ考えられないよな
>>続きを読む

インシディアス 最後の鍵(2018年製作の映画)

3.5

久しぶりのホラー。笑えるポイントもあったけどしっかり怖くていい感じのホラーでした!記録

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.5

内面で人を好きになる人もいると思いますが、私は内面だけを見ようとしてもやっぱり目に入ってくる外見も込みで人を好きになると思っています。だけどこの2人を見ていると、本当の内面を見つめていきたいと思える人>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

5.0

今年見た映画の中で1番笑って1番泣きました。耳が幸せになる、音が綺麗な映画。これからもずっと見続けたい映画に入りそうなくらい好きでした!!!
人種とか国とか性別問わず、誰にでも大切な人はいて、たった1
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.4

助けてくれるだけじゃなくて、一緒に危ないことに飛び込んでみたり、バカ正直に全部言っちゃうガブリエルはレオにとって最高の相棒兼好きな人なんだろうなと思います。なんかほっこり。記録

>|