まみりんさんの映画レビュー・感想・評価

まみりん

まみりん

映画(59)
ドラマ(0)

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.0

まさかの展開にびっくり。

ニノの取り調べは怖かったけど、さすがだと思った。
キムタクの「正義」の続きが気になる。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.1

家族の大切さを感じる映画。さすがディズニー、音楽がいい。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.1

仕事ばかりの人間になって、大事なことを忘れてしまっていた…ということを思い出させてくれる映画。
私も大人クリストファーロビンみたいな生活だから、すこしリセットしたい。

花戦さ(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーはちゃんとあるし、笑いどころも用意してあって、涙もちゃんと。
しっかり作られてる作品だと思った。あと、脇を固めてるメンバーがいい。

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.2

うん、、分かるような、分からないような。
何度もすれ違うのは切ないね。
タイミングも含めて運命なのかなぁ。

最後はハッピーエンドで良かった。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.7


池井戸作品らしい感じ。
時間的な制約からか、ひとつひとつ積み上げでいく布石や細かい描写が少し足りなくて、展開が急に感じる。
この作品を表現するには2時間じゃ足りないんだとおもう。日曜劇場でやってほし
>>続きを読む

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.5

ケイがとてもかわいくて乙女。
典型的な頑固オヤジ(?)、アーノルドが徐々に変化していく姿もいい。

自分が熟年夫婦になってからまた観たい。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.1

思ってたよりも深くて泣いてしまった。
高校の部活のこと思い出してしまったり、色々と共感したところも多かったり。

頂点に立った者にしか見れない景色がある。
明るく、素直に、美しく!

良い映画だった!

君と100回目の恋(2017年製作の映画)

3.6

王道ストーリーで坂口くんにキュンとしてしまった。
miwaの演技はちょっと違和感あったけど、さすが歌手なだけあって声がかわいい。

チョコのレコードほしい…。作りたい。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

とりあえず歌がいい。名曲揃いだし、歌のパフォーマンスも素晴らしい!引き込まれる。
ストーリーもハッピーエンドでまた観たい映画。


往復の機内で観たけど、どちらも途中で力尽きて…全部観れてないのが心残
>>続きを読む

ハッピー・ウエディング(2015年製作の映画)

3.2

よくあるストーリーだけど、いい話。

主人公かわいいけど、演技がちょっと。棒読みすぎて…。かわいいけど。

映画っていうよりショートドラマくらいかな。気楽に観れていい。

理想の彼氏(2009年製作の映画)

3.8

いろいろありつつハッピーエンドで良かった(*^^*)

サンディはかっこいいし、アラムはほんとにいい人だし、最後はハッピーエンドだし、
心が洗われる…いい映画!笑

バーレスク(2010年製作の映画)

4.3

好きなタイプの映画!
アリのパワフルさとアグレッシブさに元気をもらえる!
歌もいい!歌声は神!さすがアギレラ!

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.8

面白かった。
コメディっぽく笑わせてくれるし、ちゃんと泣かせる場面もあったし。
こんなことあったんだなーって、歴史トリビアの勉強にもなったし。
そして羽生結弦かわいい笑

アラフォー女子のベイビー・プラン(2010年製作の映画)

3.5

その後の展開が予想できるようなラブコメ。
タイトル(邦題)は微妙だけど普通に面白かった!

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.1

これは深い。観るべき映画。

アイナーからリリーへと意識が変化するさま、当事者やまわりの人の感情、葛藤が丁寧に描かれていて、彼らに共感を持って観ることができた。
最後が切ない。

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.5

ライトに うつの人 のことを知るには良い映画だと思う。
泣けないし、無邪気に笑えるわけでもないけど、ほのぼのした雰囲気の作品。

ブラックな職場で心身ともに追い込まれてたことがあるから、堺雅人に共感し
>>続きを読む

RENT/レント(2005年製作の映画)

4.0

泣けるし、考えさせられるし、勇気をもらえる。
明るい話では全くないけど、ほんとに好きな作品。

そしてなにより曲がいい。

ハイスクール・ミュージカル(2006年製作の映画)

4.0

高校時代大好きだった映画!

曲もいいし、ストーリーもいい!
続編も好きだけど、やっぱり1が一番ストーリーの完成度高いと思う。

ビリギャル(2015年製作の映画)

4.2

ふつうに良い映画。

泣けるし、心打たれるし、
何かに向かって頑張る元気がもらえる映画。

プラダを着た悪魔とかマイインターンみたいに、何かを頑張るモチベーションを高めてくれる!

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.8

よく出来た映画。シナリオが完璧。面白い。

香川照之の悪人顔と演技力(うさんくささ含む)がどんぴしゃだし、
堺雅人のヘタレ役も(なよなよしてて見ててイラっとしちゃうくらいに)いい味出してて、ほんと完璧
>>続きを読む

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

4.3

心がほっこりする、よく出来たいい映画

KateとNickとZoe、それぞれがいい味出してて、主演賞あげたい。

舟を編む(2013年製作の映画)

3.9

いち編集者・真締から見た、辞書編纂の軌跡。
物事に強い思いを持って取り組み やり遂げること、その情熱を持ち続けることの凄さや強さを感じた。

松田龍平もいいけど、オダギリジョーもいい。
しっとり、淡々
>>続きを読む

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.6

普通に面白い!気軽に見れる映画。
でも、わざわざ映画で見なくても…テレビの3時間枠とかでいいかも。テレビで見るならクオリティ高め。
もっと面白いと思って期待値を勝手に上げすぎたせいで、少しもの足りなか
>>続きを読む

幸せになるための27のドレス(2008年製作の映画)

3.5

"人助け"を卒業したら、自分の番が来る。

ワガママな妹とのコントラストが分かりやすく、
人に尽くしすぎるお人好しな主人公に気持ちを重ねてみたりして、

でもそこまで気持ちが入りこむような映画ではなか
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

よく作られた映画。

最後はハッピーエンド…とは言えないかもしれないが、それぞれが夢を叶えた、という点ではいい結末なのかな。
タラレバ回想シーンが 未練というか…最初のハッピーな頃を思い出させてしまう
>>続きを読む

シリア・モナムール(2014年製作の映画)

4.0

ショッキングな映像の数々。

想像以上の現実がそこにあること、人々の生活がそこにあること、
それが遠い過去ではなく、今、この世界で起きていること、

荒れ果てた、希望の見えない地においても、美しいもの
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.9

初めてゴジラ観た。

はじめの方のCGのつくりが安っぽく、違和感を感じてしまった。
途中からはよく出来てたと思う。

テロップとか、ところどころにエヴァ感を感じた。

総じていうと、官僚ディスりドラマ
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

一言で言うと優等生映画。

ストーリーも画も良いし完成度も高い、ほんとに欠点のない優等生な映画。
RADの音楽も良い。

全体的にきれいにまとまりすぎて、あっさりしてしまったような…そういう意味でも優
>>続きを読む

>|