たぬきでごーさんの映画レビュー・感想・評価

たぬきでごー

たぬきでごー

息子(1991年製作の映画)

3.6

飛ばしたとこ少しあるけど

みくにさま

わたしの永瀬くん(タメだから)

ありがとう😊
日本映画

岩手弁もしみたね

和久井さんの

聾唖の演技も良かったなああ

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.6

思ったよりよかった

桃井かおりはさすがの存在感

瑞々しいの撮らせたらもう最高藤井監督

清原さん歌までうまい

純くんお父さんと坂井真紀お母さんに赤子は年齢設定で厳しすぎ

せめて40くらいで良い
>>続きを読む

雪の轍(2014年製作の映画)

3.6

いやあ
カッパドキアが美しく陰鬱でべらぼうに長く美しい映画だった

光の雰囲気が美しく風景と溶けていきそうだった

インド映画でたらりらーんと思って借りに行ったけどお目当ての映画がなく
おおトルコでパ
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.9

楽しい話しだったーー!
長く感じなかった。

友達を看病してるところも良かった。

優秀だったら成績はついてくる。

うまーくいくー。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.7

泣けた。

ダニエルさんの人間の良さと

オンラインでという役所のひどさの

表現が

それこそベテラン

一カット一カットの切り取り方が美しい


救われてほしかったけど

心臓の病気の設定だったの
>>続きを読む

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

3.4

そんなに面白いストーリーじゃないが

ダンカンさんも こういう人いるな、と思わせてくれるし

イーサンホーク おじさんでもかっこいいし
ミュージシャンが、そういう原因で歌えなくなるってこれもありそう。
>>続きを読む

ガンジー(1982年製作の映画)

3.7

あああ最初から観たかった

レンタルにもないので途中からでも
4kで観れてよかった

アラビアのロレンス(1962年製作の映画)

3.6

いや良い映画でしたよ

すごいロケだっただろうなあ

戦闘の狂気も描かれ

ホモに襲われそうなのも

ムチウチもありで

噂の三枚舌外交もあり


結局

可愛い子供を殺すイギリス人は
バイクですっ飛
>>続きを読む

エリザベス(1998年製作の映画)

3.2

観たといえば観たくらいの観かた

ここらへんちゃんと観よう

アッテンポロー監督作品じゃないんだ、

ステップ(2020年製作の映画)

3.3

タイトルのステップ

やはり、ステップファミリーのステップか‥

映画よりも原作、面白いんだろうな。


とはいえ山田孝之の演技が好きだ。

子役がね、ずっと昔の映画の 子猫物語
の子猫チャトランのよ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.6

途中から観たのが悔やまれる

お父さんナイス

すっかり騙されそうになった

パソコン上の見せ方もナイスだった

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.6

やっと観れた。

満男役の吉岡くんをみるたびに

本当
純だったりコトーだったり
当たり役多いよなあと
感心する

本当
おじさんはスーパー美人に囲まれて
良い人生だったね

ゴクミもいまだきれいね
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.2

福山さんが思いのほかよかった。

監督は子どもを撮るのが本当上手

そんでもやっぱり血も大事

心のDNAとか

どこの子どもでも可愛いし一緒にいる月日も愛だし
環境や習慣も大事だけど

血ももちろん
>>続きを読む

セブン・イヤーズ・イン・チベット(1997年製作の映画)

3.6

思ったより
ずいぶんと良かった

映画なので
事実だけではないだろうけど

製作者のチベットへの尊敬と愛情が感じられた

何気にダライ・ラマ母へ手を合わせてみてた

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

最初の15分観れなかったが
もう大満足

婚約者がケリーちゃん(ビバヒル
かと思ったけど
違う金髪美人なのかしら

ぼくらの七日間戦争(1988年製作の映画)

3.1

みたにしとく
嫌いじゃないけど

宮沢りえに不幸がにあわなかった頃

地下鉄(メトロ)に乗って(2006年製作の映画)

3.8

2006年
ひとに誘われて観たんだけど
新中野がこんなに発展してた時期を
知らないので印象的だった

原作も面白いし
役者もいいし

見直してみたら
内容がさらに良かったように感じた

鍋横商店街ばん
>>続きを読む

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011年製作の映画)

4.0

今の私には響いた。

フォークランド紛争のことを
理解するきっかけになった。

つづく

陽暉楼(1983年製作の映画)

3.4

キャストがオールスター

原作も素晴らし

女売買する話しは

きらいぜよ

きっぷがよくて土佐弁は

好きになった。

土佐人は命知らずか。

名言3つくらいあったけど

書き留められなかった。

>|