xyuchanxさんの映画レビュー・感想・評価

xyuchanx

xyuchanx

知的刺激と娯楽性のバランス重視。音楽好き、洋画中心に通算2250本。備忘録/感想です。皆さんのお陰でいい映画に出会えてます。 ありがとうございます。

映画(2268)
ドラマ(8)

Sweet Rain 死神の精度(2007年製作の映画)

3.3

2000年代はじめ推理小説にハマってた頃「オーデュポンの祈り」「ラッシュライフ」で知った伊坂幸太郎。作風が好みなのはもちろん、年齢も近く元SEと共通する親近感もあって文庫は必ず買って全て読んできました>>続きを読む

ちいさな哲学者たち(2010年製作の映画)

3.6

“自由とは、ちょっとひとりになれること
息抜きができて、優しくなれること”

愛と友情、孤独、死、自由、富と貧困、違いとは?

子供達は好き勝手に話してるようで、たまに大人以上に核心を突くような言葉が
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

2.7

キアヌとウィノナの会話劇との事で結構期待してたのだけど。

会話がそれほど面白くなく、細かくクスっと笑える程度で、眠くなってしまった。

ちなみにコレ原題は”リゾート婚”。

ヤマライオンどころかリハ
>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.9

透明な少年と盲目の少女。

ストイックなくらい美しくて悲しい映画。

幼い頃から美しいマドレーヌの姿を様々なフレーミングで切り取ってみせつつ、少年の存在感を感じさせる数々の演出。

やりきってるな。
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.5

「ブリジット・ジョーンズ」をグッと下世話なコメディに寄せた感じ。男性にはちょっと入り込めないタイプだけど、女性には楽しめそう。

日曜の夜に家事を片付けながら見るにはよかった。

イーサン“怖すぎる…
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

今回も魔法界の世界観やビースト達は楽しめたし、キャストは前作以上に豪華で、前作ではティーザー出演だったジョニー・デップに加えジュード・ロウまでも。

…ジャケ写に全員顔出ししちゃうのはどうよ?w だけ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.1

続編を見る前に2度目の鑑賞。

実はコレ初めてみた当時は、ハリーポッターシリーズを2作くらいしか見てなかったんだけど、世界観も伏線も十分楽しめた。(これ観てから改めてハリポタ全作復習しました)

ニュ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.6

フィルマ仲間たちの流行りは移り変わり激しい。

グルート語、クリンゴン語…そしてピカピカァー♪

あちこちのレビューでみんなピカピカ会話してたもんねw

コダックかわいかった!
バリヤードも面白かった
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.2

“天国ではみんな、雲に座って海の話をしてるんだぜ”

ロードムービーの傑作。

余命診断を受けた2人の若者が、
見たこともない海を目指す。

妙にお洒落なカメラワーク。
葉巻とレモンとテキーラ。
ベイ
>>続きを読む

黙ってピアノを弾いてくれ(2018年製作の映画)

3.5

Shut up and play the piano

テクニックと本質
自意識過剰な変態
Love & Hate
意図的な破天荒
アーティストとエンターテイナー
Respect & Disrespe
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.9

期待以上に面白かった😁

1作目「Unbreakable」が興行的にはずれてから18年。実は3部作でした、と「Split」が公開されてから2年。執念のシャマラン・ユニバース3部作、完結編「Glass
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.3

機内にて。小さい画面になるので字幕を追う必要のない邦画を選ぶんだけど、ほぼ極道もので濡れ場が多くて困った。その辺は残念ながら飛ばし飛ばしで。

実話をもとにした北海道警察の組織的な腐敗。ススキノ、ヤク
>>続きを読む

人生の動かし方(2017年製作の映画)

3.7

MCUロスのリハビリに。

「最強のふたり」のアメリカ版リメイク。

妻を失い自らもほぼ全身不随の資産家フィリップと、ひょんなことから彼の世話役として雇われた刑務所あがりのデル。フランス版とは違い、フ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.4

ネタバレ無きよう感想だけ。

★ネタバレはいつも通りコメント欄に。
5/5: 大量にコメント追記。MCUどんだけ。既に見た人だけどうぞ。
————

ただただ、凄まじい。

改元GW、南九州をまわる旅
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.3

Endgame初日、映画館が無い場所を旅しております…という事で参戦は明日、旅先にて!

さてこちら、機内にて流し見。サブタイトルがネタバレだし、天海祐希もいつも通りだし、日本のスポ根ものワンパターン
>>続きを読む

八日目(1996年製作の映画)

3.5

“神は彼に満足なさった”

「トト・ザ・ヒーロー」や「神様メール」「ミスター・ノーバディ」など忘れられない独特の世界観をみせてくれるジャコ・ヴァン・ドルマル監督。

言わずもがなのダニエル・オートゥイ
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.0

ポップなジャケ写に騙されたけど、とても骨太な作品だった。多くの人に見て欲しい。

幼馴染に車で送ってもらってる途中、白人警官に止められ、幼馴染がいきなり撃ち殺される。唯一の証人として警察とギャングに立
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

2.9

脚本ぼろぼろじゃんw

でも何も考えずに楽しむ映画だよね😁

アナケン、レベル、ヘイリーはやっぱりキャラ立ってるし、アカペラやアクション、笑い含め、最後の30分は楽しかった

オー・ブラザー!(2000年製作の映画)

4.1

コーエン x ロードムービー x カントリー&ブルース

原案は古代ギリシャの吟遊詩人ホメロスの「オデュッセイア」…といっても骨格だけ?主人公のフルネームはユリシーズ・エヴェレット・マッギル。これ見ず
>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

4.0

全米が泣いても俺は泣かん
…と思っていたけど。

「Divergent」の兄妹役、アンセル・エルゴートとシャイリーン・ウッドリーがピッタリなキャスティング。いまや「Baby Driver」が代表作なエ
>>続きを読む

イルマーレ(2006年製作の映画)

3.8

ある建築家が建てた湖畔の家。2年の時を越え手紙で繋がった2人。「Frequency / オーロラの彼方へ」や「君の名は。」を思い出させる設定の妙。とうぜん都合よすぎって思えるとこもあったけど、会えない>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.6

なんかいつも邦題にケチつけてるみたいでアレだけど、この邦題は、ほんとに中身みたの?ってレベルだなぁ。英題の「HeartStrings」の意訳とかで良かったじゃんね。

ヴィクトールがイケメンでかわいい
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.2

Go Wendy, Go!!

心の中で何度も叫びそうになった。

自閉症のため、唯一の姉とも離れて自立支援センターで暮らすウェンディは、スタートレックが大好きで、毎日規則正しい生活訓練をしながらオリ
>>続きを読む

HIT&RUN/ヒットエンドラン(2012年製作の映画)

2.4

なんだこりゃ?

全米No.10のスマッシュヒット!ってのは怪しいとは思ったんだけど、ブラッドリー・クーパー出演、脇役もそこそこ豪華で…騙された。

コラッタみたいな顔のダックス・シェパード脚本、監督
>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

3.7

Wake up, wake up, wake up!

「Rob Base, Dana Dane, Marley Marl, Olatunji, Chuck D, Ray Charles, EPMD,
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.5

生涯でワースト10に入りそうな嫌な一日の終わり。子供の頃から好きだったパディントンが癒してくれました😁

サリー・ホーキンスはやっぱり”ウォーター”だった。ヒュー・グラントも仕事選ばなくなったな。詳し
>>続きを読む

ANON アノン(2018年製作の映画)

3.7

「Gattaca」「In Time」のアンドリュー・ニコル監督。人間の描きかた、街並みやクルマやインテリアなどレトロフューチャリスティックな世界観、彩度をおさえた色彩感覚、画角や視点の面白さ、音効の選>>続きを読む

ハイジ アルプスの物語(2015年製作の映画)

3.7

ハイジもクララも完全に天使。このふたりのキャスティングだけでも及第点。

ブルーノ・ガンツ演じるおんじ、クララのおばあさまも最高。

でもかなりダイジェスト感あるので、このキャスティングでじっくり作り
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.8

コーエン兄弟らしいリアルな脚本。
セリフがいちいちいい。
音楽に頼らない緊張感。

MCU最大のヴィランであるサノスを演じてるジョシュ・ブローリンがここで
「起きたことは元に戻せない」
なんて言うセリ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.9

やっと観れた!おもしろかった!
劇場スルーしたの失敗かも。

「寄生獣」っぽい設定ながらこちらは人類が自ら誘い込んでしまったエイリアンにガッツリ全身寄生される。形態と無双ぶりはジェイク・ギレンホールと
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.7

爆発的な人口増加に加え、遺伝子組み換え作物の影響で多胎児が増えた未来。人口増加を食い止めるため一人っ子政策を強行する社会。育てられるのはひとりだけ。そんな中、祖父に匿われて育てられた7つ子は、Mond>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.8

3部作の最後をやっと地上波で。

原作がいいのだろうけど、学園ものラブストーリーになりさがらす、それぞれのキャラも立ってて面白かった。対戦シーンの緊迫感と、エンディングのシーケンスが特にいい。

最近
>>続きを読む

素晴らしき日(1996年製作の映画)

3.6

子連れバツイチの二人が出会った日。ずっと口論してるんだけど、結末はほっこり。ミシェル・ファイファーとジョージ・クルーニーじゃないと成り立たないけどね。

「良い日だったな」

今週末、いつもの目黒川は
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.6

エログロお下品な王道ゾンビコメディ。

「Ready Player 1」のタイ・シェリダン演じるベンとボーイスカウト友達のエロがきカーターと、スカウトオタクなオージーのさえない3人組。秘密のパーティに
>>続きを読む

大いなる遺産(1998年製作の映画)

4.1

思い出し再ログ。息苦しい哀しみが漂う独特な世界観の傑作。

ディケンズの名作(原題:Great Expectations)の舞台を現代に置き換えて映画化したもの。実は、この邦題やDVDのパッケージから
>>続きを読む

いとこのビニー(1992年製作の映画)

3.7

面白かったってことだけ覚えてるのに中身をすっかり忘れてて再見。80’sっぽいベタな古くささはありつつも、やっぱり面白かった。

LAに向かう途中アラバマ州で寄ったコンビニで強盗殺人犯人に間違われてしま
>>続きを読む

>|