Mikuさんの映画レビュー・感想・評価

Miku

Miku

別離(2011年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます



誰が悪いとか、娘が最後誰を選ぶかとか
そこには焦点をあてず人間ってどうしようもないな、って思わされる映画でした。

怒りやプライド、お金、宗教が絡んできてどんどん良くない方向に進んでいって、人間関
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.9


恋愛で立場が上とか下とかで自分保ってる人達の話。永遠ループ。
相手のこと考えすぎて言いたいこと言わないから生まれる日本の恋愛文化にも見えた。パートナーならそこに上下はないしお互い尊重し合わないとフェ
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.9


人生は他者だ

子育てにぎこちないさちおくん。
子供がいないから扱い方に戸惑う部分もあるだろうし、今まで人に深く向き合うことに煩わしさを感じていたからもあるだろう。

大事な人を失って初めて妻に向き
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

4.0


低予算で作られた感じはあったけど、逆に人間味や親近感を感じるリアルさがあった。

平凡な日常と殺しという非日常が混在する銭湯は魅力的で特別に思えた。

どのキャラにもクセがありでも愛らしくてそんな彼
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.5

剣心が全然違う剣士ででもセクシーでよかった。刀のシーンはかっこいいな。特に最初の対馬藩の佐幕派を廊下で切るシーンはかっけーってなった。
最後目が見えなくなってまた見えるようになったタイミングが都合良す
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.5


タイムトラベルもの
父と子、この関係が二つ重なって
ストーリーを美味しくしてた
なんかSFでかっこいいだろうシーンを全部盛りだくさんで詰め込んでた感。
だから展開は読めたけどお腹はいっぱいになる
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.0


これが実話だったとは!そしてご本人が演じてるとは!
暗い話だけどジョークで重たくなくしてて、宗教や家族、病気も要素として入っていて面白かった!!

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.3


生き物を殺して食べて生きてることになんか罪悪感を感じる映画でした

ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜(2020年製作の映画)

2.8


思わず笑っちゃう
ドジで付いてない反面、ラッキーにもユーロビジョンの切符を手にするがその結果は??

テーマは純愛、故郷なのかなあ

エルフは謎すぎる

時の面影(2021年製作の映画)

2.6


歴史を覆す世紀の大発掘!とワクワクする内容ではあるものの、第二次世界大戦の直前の不安感、夫を亡くした病弱な妻の不安感など曇りがちな気分になる映画だった。結局手柄取られてるし、なんなん!

いろいろを
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.0



マフィアのスーツがおしゃれで可愛い

自分の悪事の歴史を振り返って語るストーリーがおしゃれ。時間軸が三つあって最後繋がるの気持ちがよい。

老いて行くのは嫌だなあと思った
老いても子供のようにけん
>>続きを読む

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

3.7


家族を失って少年兵にならされる

子供にそんなことさせるの?
純粋無垢な子供の心を悪に染めていく
一生心に残る傷を抱えながら生きていくんだよ?くそう!

という気持ちで見ていました。

暗いし怖いし
>>続きを読む

泣く子はいねぇが(2020年製作の映画)

2.1


ちょっと内容に対して長くかんじたかな

キャラが好きじゃなかった、、、

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.9


白黒でノスタルジック。
奥ゆかしさを感じる映画。
色がない分、光の取り入れ方が素敵に感じた。

カメラワークが横移動で映画の世界をこちらから俯瞰してのぞいて見ている感じもあった。


死と隣り合わせ
>>続きを読む

この世に私の居場所なんてない(2017年製作の映画)

3.7


どんどん巻き込まれて行くのが面白い
最後に向けてハラハラした
コメディ要素多くて重たくなくスリルがあった

マッドバウンド 哀しき友情(2017年製作の映画)

3.6


帰還兵のトラウマ、人種差別
ほんとに悲しい

色んな登場人物のナレーションで
物語が進んでいくスタイルで色んな目線で見れてよかった

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

3.7


ベトナム戦争の反戦デモの共謀で
政治的権力により有罪のシナリオが既にできてる裁判に挑む7人の実話をベースにした映画。

名前と顔一致するのと、それぞれの立ち位置と歴史背景と〜を全部理解しながら見るの
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

4.2


キャストが豪華でそれだけでもみてられた。
ストーリー展開は複雑に見えて、伏線回収が丁寧なのでわかりやすくまとまっていき爽快でした!外人の名前ちゃんと覚えておくのがポイントです。

タイプの異なる刑事
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.1


夢ってたしかにこんな感じだなあ
ていう曖昧なものをちゃんと設定作って
共感できるようになってるのすごい!

支離滅裂だったり、その時考えてた事が夢に出てきたり、何回も同じ場所が出てきたり、死んだら目
>>続きを読む

バグダッド・カフェ(1987年製作の映画)

4.4


これはいい!!
タイトルがイカツイし表紙も原発?ミサイル?で暗い話かと思ったら、
すごくほっこりする優しい映画でした!

砂漠カラーに映えるかわいい色合いを使ったあったかい印象の映像。

「知らない
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

3.9



グッバイレーニンや善き人のソナタを思い出した映画でした。

当時の社会主義のネチネチした抑圧ほんとにうざい!と思いながら見てました。

この時代を必死に生きて正義を貫いて革命を起こした人たちがいた
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.9


私以外のみんなが何を考えていて、何をしているかってたまに考えるけど、こういうことだな〜と感じる映画でした。

ロスでは若く美しい女の子が整備工になると決めた道を曲げずに映画スターを断る価値観に惚れ惚
>>続きを読む

落下の王国(2006年製作の映画)

4.6


純粋無垢で夢みがちな少女
自暴自棄で空想的な青年
その2人だからこそ出来上がった作り話。

後半にかけて現実世界とおとぎ話の世界が重なってくる感じが好きでした。最初は気づかなかったけど現実世界の登場
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.6


三回鑑賞しました。
解説も見て振り返ってみてもまだ理解できないところがあるくらい、見れば見るほど面白い映画だと思いました。


DVDで止めながら細かいところまでツジツマが合うようにできてるなぁ〜と
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.7


高校生一人一人個性的でカーストなんか全然なくて周りの目なんか気にしてなくて欲望のままに生きてる姿が活き活きしててうらやましくなる。

映画ではわざわざLGBT、多様性、個性の問題を投げかけることも強
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.9


ノスタルジっクなセピアがかった画質見てるだけで楽しめた。ファッション、小物、音楽もポップでよい。

スケボー颯爽と滑る風景が、さわやかで一瞬で過ぎていく青春の感じがした。

題材はよくある感じだし、
>>続きを読む

>|