mistyさんの映画レビュー・感想・評価

misty

misty

千羽づる(1989年製作の映画)

4.2

病魔に犯される前の禎子のクラスメートと快活な先生、この溌剌とした情景が初めの20分くらいのシーンなのだが、素直に良い。たとえそこから佐々木禎子さんが苦しい闘病生活に入るとしても、人生に対して真っ直ぐで>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

4.5

95-96年にかけて放映されたあの物語がもう一度綺麗な映像になって追体験できるだけでも嬉しい。
『序』は、シンジの成長および綾波レイとの関係にスポットがあてられている。SF的前提、非常事態宣言などのリ
>>続きを読む

うつせみ(2004年製作の映画)

3.1

開始5分、主人公がいったい何をしているのか分からない笑 説明を極力省いた、しかし謎の落ち着きのある作品で、まさに空蝉のような後味。
個人的にはDV旦那が好き(おい)
あと女優が指原莉乃に似てるなーと
>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

3.8

途中から笑っていられなくなるくらい終盤の畳み掛けがすごい。徹底した悪魔祓いを描く1973年の『エクソシスト』と並ぶようなオカルト・ホラーだ。

鏡の手法、振り向きざまキャー!!のようなホラー映画お約束
>>続きを読む

武蔵野夫人(1951年製作の映画)

4.0

初めての溝口をこれにしてしまったのは、原作者があの大岡昇平だから。これみたあとでもやっぱり大岡の原作は読んどきたいとなったので良かった。

溝口がリアリズム的な考えを持ってカメラワークや役者さんへの指
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

4.0

計らずも、原作でよく分からなかった事が全部丁寧に描かれていてやっとこの作品が分かった←笑 原作そのままではないところがかえって原作に忠誠を誓うかのような、とにかくフィッツジェラルドのこの小説に対する>>続きを読む

クラッシュ 4K無修正版(1996年製作の映画)

3.9

相当妖しく危険な映画。車、官能、そして死。素晴らしい取り合わせ(形象)。役者がみんな凄すぎる。みんなエロいし完全にイッてるのが美しい。

原作のバラードの小説とはだいぶテイストが違うのではないか。音楽
>>続きを読む

メイド・イン・USA(1967年製作の映画)

2.4

自分の教養不足ということを思い知らされてしんどい鑑賞になってしまった笑 カリーナ目当てだったのだが…

1968年というフランスにとって大事件、いわば記号にもなっている当時の世界情勢をちゃんと頭の片隅
>>続きを読む

桜桃の味(1997年製作の映画)

3.0

まさに桜桃の味、ほの苦くどこか甘い香りの漂う作品。
ある事情を抱えた男性が主人公。
どうしても主人公の言うことに付き合いたくなくてスタコラ逃げてしまう若い男性兵士が良かった笑
クルド人、アフガン、トル
>>続きを読む

ノスタルジア(1983年製作の映画)

3.6

水、草、鏡、そして火。
この中では、鏡が1番人間に近い。ジャック・ラカンを持ち出すのは気が引けるが、鏡に映った登場人物たちはどこか暗い。死んでいるかのようだ。対照的なまでに水や草が綺麗。
火は、なぜあ
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.9

リドリー・スコット。本作を観ながら、ずっとフィリップ・K・ディックのことを考えていた。
ディックの作品は『電気羊』に限らず、壮大で幻想的な世界を登場させながら、極めて説明を省き、不透明さを残した物語を
>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

4.5

スタンリー・キューブリック作品。内容が第一部と第二部に分かれている感じでどちらも最高にクレイジーだった。
戦場でのミッキーマウスの歌…怖すぎる。ベトナム人たちが下手な英語で性産業を吹っかけてくるのもと
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.8

映像にひたすら感動。彗星のシーンはもうひたすら見蕩れていました。
細かい設定を作り上げ、何回も見ることで観客にも少しずつ全貌が分かっていくという系の作品、あまり好きではありません苦笑 よく分からなく
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

『ハート・ロッカー』の監督キャサリン・ビグローの大作。これはアメリカ帝国の正義を描いたものでは勿論なく、テロリズムとそれに対する報復戦争をどこまでもリアリスティックに問いつめた作品である。
CIAの新
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.9

人間!て感じ(違う) よくありそうな物語だけど、壮大な音楽が情感を作り上げ、とても綺麗なものを魅せてもらったという感触。色彩へのこだわりがすごい。ジャック・ドゥミ監督。
あまり好きになれそうにないタイ
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

4.0

これからDBの世界に入ってしまった(笑) アクションシーンがとにかく速くてかっこよかった! 野沢雅子さんすげー笑 すっごく面白かったです、他のシリーズも早く見たい。

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.1

噂には聞いていたけどホントに怖い笑 これくらいの造りが一番怖い。バイオハザード4ってこれからきてたのか…
しかもストーリーは複雑で、一見しただけでは細かい所が分からない。南極という極寒の地である舞台が
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

2.9

最初の15分間めちゃめちゃ好きだ!って思ってそこからテンション変わらなくてすぐに退屈した苦笑
ベルモンド演じる主人公のいちいち書籍や文学を関連づけようとする癖にはイライラするし、アンナ・カリーナに対し
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

2.5

マーティン・スコセッシ監督の代表作。時代的な作品なんだと思う。この作品に直接出てこない(或いは僅かに言及されるにすぎない)要素が大事なのかもしれない。
デニーロ演じる主人公がとにかく痛々しい。しかし彼
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.1

アル・パチーノ演じる二代目のドン・マイケルが、人間としてどんどん自らを壊していく哀しい話だった。ものすごく暗い。Part1のマイケルとケイの日々を思うと悲しい。キューバ紛争なども取り入れられ、華やかさ>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

2.9

訳分からなかった笑 考察ブログを幾つか見てしまいました……
ベティ&リタの謎めいているけどどこかワクワクする冒険のような話が良かったので、終盤の目まぐるしい(というか意味不明な)展開に頭がついていけ
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.9

味わい深い作品で、作中に幾度も出てくる濃度の高い酒のよう。大体の人物が死ぬ() コルレオーネ一族のドン役を演じたマーロン・ブランドがマジでドンにしか見えない。
最初の入りが良かった気がする。哀れなエ
>>続きを読む

ガンジー(1982年製作の映画)

3.9

とても丁寧に作られた作品。ガンディーだけでなくネルー(ネール)役の俳優がまたこれ似てるんだ……
念願の英国支配からの独立を達成しても、インド国内にある多数の宗教のためにガンディーの求める統一からは程遠
>>続きを読む

お茶漬の味(1952年製作の映画)

3.7

小津安二郎作品。最初このテンポについていけるか?と不安になったけど途中から慣れて後はただただ癒された。不思議な映画でした。淡島千景さん綺麗すぎる推したい!() 彼女が出ている作品を追うというのもちょ>>続きを読む

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生(1968年製作の映画)

3.5

衝撃のラストw いやー単純なようで難しく感じた。まず1960年代の作品だとはとても思えない計算された?チープさ。物々しい音楽、稚拙なゾンビの動き、変なショット切り替え。ここから「B級映画」という呼称の>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

3.5

デヴィッド・リンチ初体験。こんなに奇抜な映画は初めてだったけど楽しかった笑
音楽がいいなーと思ったので挿入歌探して聞きたい。
エロいのはこの人の作品では仕方ないんすかねえ。出てくる俳優がみんな美麗イケ
>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.5

最後の30分でテイストが変わり一気に印象が良くなった。文学者たちの人生を通して、男性たちと女性たちの闘い(争いではない)が力強く描かれている。メアリー・シェリーとパーシーの全てを描かずに、『フランケン>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.6

前作とはまた雰囲気が変わって暗い調子に。派手なアクションシーンは素晴らしい。しかしやはり話の細かいところが分かりませんでした。
やりきれない物語だと思う。レイチェル役の俳優が変わっていたのは残念だった
>>続きを読む

ロシアン・スナイパー(2015年製作の映画)

3.7

主演を担った女優が凄すぎる。そこまで役に徹していたのだろう……。熾烈な戦いの中で女性兵として活躍するも、年頃で普通の人間として恋を繰り返す。リュドミラの中に同居する非人間性と人間味をありのままに描いて>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

2.9

初ヒッチコック。主人公の目眩や悪夢の描写は面白かった。同じ事が繰り返されるのが興味深い。色彩も面白かった。

サスペンス映画で、実はミステリーの核心部分がよく分からなかった苦笑 少し冗長に感じたので
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.7

台詞が良かった! バットマンたちのワケありな生い立ちの描写も深みがあって良かった。アクションではカーチェイスが特に良かった! 話の細かいところがよく分からなかったけど、あの辺はファンにはお馴染みの設定>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.3

長い塹壕のセットから凄まじいなと思っていたら、折り返しで主人公の意識が途切れるシーンを除いてワンカットのシームレスな作り! 迫力はすごいし劇場で見たかったです。音楽もすごく良かったです。
途中から1人
>>続きを読む

とうもろこしの島(2014年製作の映画)

3.6

背景が自然と知りたくなる深い作品。ジョージア国の位置さえ知らなかった。政府からの独立を主張するアブハジア勢というのが本作のポイントだ。
それにしても手作りのロケ地が素晴らしく、映画の最初から、儚いとう
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

4.4

もう涙腺が崩壊するどころではなく……笑 とてもいい映画だと思いました。
映像の迫力。ドラえもんを映画館で観たのは初めてですが、音響も家で鑑賞するよりも良かったです。
今作はのび太と恐竜のキューの友情
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.3

わけわからん笑 いや、ストーリーは単純すぎるほどで前半と後半で分かれるのだが、スカッとする終わり方になっている。女優陣が個性的でとても良い。会話もよかった。タランティーノは毎回ピザを喰らうシーンがとて>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

4.6

極めてハイレベルな映画だったように思う。本作は”狂ってしまった”米軍兵士カーツの所在を主人公が追うというストーリーがあって緊張感を失わさせないが、画面構成や、特に最初の1時間は凄かったと思う。ヘリコプ>>続きを読む

>|