ぽてまつさんの映画レビュー・感想・評価

ぽてまつ

ぽてまつ

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.1

16
どうせシリーズものにするんだろなと思ってたら案の定to be continuedみたいな終わり方した
ストーリーはほぼ皆無なので映像とアクションを楽しむだけのポップコーン映画を想定して観に行って
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.7

15
主人公ミリーと殺人鬼の魂が入れ替わる
ストーリーの根本的なとこは、いけてない女子高生が家族関係とか恋愛で悩みつつ成功する王道青春ものだと思うけど、女子高生と殺人鬼のおっさんの魂が入れ替わるという
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.3

14
正直私ならここまで趣味とか被ってたら運命通り越して怖くなってくる
あと麦くんの言動がどんどん分からなくなってくのは私が女だからだろうか…あそこまで必死に就活してなかったからか…
友人の結婚式で同
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.2

13
あまり寝ずに行ったら気絶してしまったので必ず再鑑賞します

オーストラリア(2008年製作の映画)

3.8

over the rainbow

ジャケ的にシリアスなラブストーリー想像したけど、まあ全然違うわな

開始すぐ喧嘩始めるヒュー・ジャックマン
髪が乱れて前髪が目にかかってるヒュー・ジャックマン
裸体
>>続きを読む

セラフィム・フォールズ(2006年製作の映画)

3.6

おじさんたちが追いかけっこしてるだけなのになんで面白いんだろうな

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

4.0

ポスト・ティモシー・シャラメことロレンソ・フェロ、ずっと天使
モデルになったエンジェル・オブ・デスことカルロス・ロブレド・プッチの顔もめちゃくちゃ天使でビックリ
欲しいものはなんでも手に入れてきたけど
>>続きを読む

The Big Swallow(原題)(1901年製作の映画)

3.0

カメラでズームするんじゃなくて人が寄ってってアップにするのね

ブラッドショット(2020年製作の映画)

3.5

140
アメコミっぽいなと思ったらその通りだった。開始12分で主人公射殺されるけどアイアンマンみたいな装置胸につけて蘇生、、そっから本編へ…
ヴィン・ディーゼルの腕がとにかくめちゃくちゃ太い、そこにあ
>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

3.5

How cruel men are

原題通りメインはメアリーでシアーシャもめちゃくちゃよかったけど、エリザベス役のマーゴット・ロビーの株が爆上がり

習った歴史とは違うところ多いけど一つの物語として
>>続きを読む

エンテベ空港の7日間(2018年製作の映画)

3.4

サンダーボルト作戦の映画化
無知なので事前にサラッとイスラエル・パレスチナ問題を調べて鑑賞…

大筋は史実ベースだからか淡々としてて少し盛り上がりに欠けるんだが、各キャラクターのストーリーが割とちゃん
>>続きを読む

ヴィクトリア女王 最期の秘密(2017年製作の映画)

3.8

女王の毎日は窮屈で退屈で、そこに現れた異国の人間(イケメン)との交流はいい刺激だったろうな
女王がいろいろインドのことを聞くのでこっちもいろいろインドについて知れる
クスッとなる笑いがちょこちょこあっ
>>続きを読む

パーフェクト・バディ 最後の約束(2018年製作の映画)

3.6

135
最強のふたりをベースにしつつ社会派強めのチンピラ韓国風味を効かせた一品
普通に何回か声出して笑って泣くとこも泣いた
屋台でご飯食べるシーンのバックすごい都会、釜山行ってみたい…チンペイ

劇場版 おいしい給食 Final Battle(2020年製作の映画)

3.5

ドラマの方ハマって毎週楽しみにしててBlu-rayBOXまで買ったんですよ…
映画は観に行こうと思ってたら終わってた

相変わらずの神野君との静かなバトル、うまそげじゃないか〜
今回飲み会の話があるけ
>>続きを読む

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

4.2

リズベットの高貴な可愛さと、マーガレットの無邪気な可愛さがたまらない

ハラハラするべきシーンもリズベットがしっかりしててなんか安心してしまう
妹に振り回される形で街中を駆け巡るけど、1人だったら絶対
>>続きを読む

N.Y.式ハッピー・セラピー(2003年製作の映画)

2.2

こういう理不尽に巻き込まれて他人に迷惑かける系はイライラするので苦手、イライラする私の方がアンガーマネジメントが必要なのかもしれない…
しかもラストの種明かしは正直ため息

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(2018年製作の映画)

4.0

幻想と現実が混じってる感じとテリーギリアムのコメディ、よかった
衣装と美術が綺麗

ずっとロバに乗ってるのワロ
広角レンズとローアングルが特徴的

ジェイコブス・ラダー(2019年製作の映画)

3.2

「未体験ゾーンの映画たち2020」の一本だけど観にいかなかったやつ

オリジナル未鑑賞でこちらのリメイク版を先に鑑賞…
嫌いじゃない
天使でもあるし悪魔でもある婆さん
エンディング曲がまあまあアレ
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.5

J・K・シモンズが追いかけてくるホラーやと思ってたらタイムループ×ラブストーリー

鮮やかな色、レトロなミュージック、プール、太陽、アロハ、夏が恋しくなった…

死んでもまた同じ日に戻るって分かってか
>>続きを読む

リズム・セクション(2019年製作の映画)

3.0

大学生だったブレイク・ライブリーが家族全員を亡くし、娼婦になり、そこからジュード・ロウに鍛えてもらいスパイになる、という流れで、バチバチに強い現実離れしたスパイになるとかじゃなくて、ほぼ殺されかけなが>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

4.0

12
みんな優しいから観終わった後優しい気持ちになっちゃった‼️

家族のすれ違いみたいなのが溜まりに溜まってのあのラストよかった



ミナリ(芹)の「2度目の旬が最もおいしいと言われていることから
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.5

11
夢のマイホーム幻想、ローン地獄への風刺

「父親」はひたすら働いて過労死、死にかけの父親に見向きもしない「息子」、子供にかまいだした「母親」を女として見れなくなったかのようなシーンや、「世界のた
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.3

10
前知識皆無で観たらB級やったんですね
ニックスが終始下品な女だなという印象しかなかったけど最後は流石にかっこよすぎた
みんなが固唾を飲んで見てるところで大音量で流れるNever Surrende
>>続きを読む

ベイビーティース(2019年製作の映画)

4.2

9
よかった…まずモーゼス役のトビーウォレスの顔が好みすぎる

よくある病気絡む恋愛ものとはまた違う新鮮さがあった
病気であることを全く意識させないというか…
登場人物のミアも両親もモーゼスも薬に頼っ
>>続きを読む

秘密への招待状(2019年製作の映画)

3.3

8
大筋はいいんだけども、どう考えてもイザベルにとって辛いことばかりを押し付けられているように感じてかわいそなった
ジェイとインドで暮らすのが一番だと思うんですけどねえ

関係ないけどジュリアンムーア
>>続きを読む

Dream and Reality(英題)(1901年製作の映画)

3.0

いいオチ
夢の中でマブい女と酒を飲み、キスをしたところで目が覚めると現実は……

>|