mjnk地上波中心映画鑑賞記さんの映画レビュー・感想・評価

mjnk地上波中心映画鑑賞記

mjnk地上波中心映画鑑賞記

地上波中心+過去に観た映画を鑑賞メモから記載。点数とベストムービーは比例してません。

映画(148)
ドラマ(0)

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

2.8

『π』の監督なんですね。面白くないと思ったわけではないですが期待し過ぎたかな。もっと心を抉られるような映画を想像していましたが、思ったより大衆的でやや下品な印象。精神薄弱さは伝わりましたが、狂気という>>続きを読む

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

3.0

昔レンタルで観賞。赤毛の女の子が爆走するドイツ映画。
当時「話題の映画」でした。約80分の短い時間の中で描かれるのはたった20分の出来事。アニメーションを取り入れた表現など映像が特に話題になりました。
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

2.5

昔レンタルで。『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ監督作。18世紀フランスの天才的嗅覚を持つ男の話。原作未読。
面白くなかった訳ではなく好みの問題だとは思いますが、ファンタジックな表現に全く付いて
>>続きを読む

イヴォンヌの香り(1994年製作の映画)

3.0

昔レンタルで。自分がルコント作品を3つも観ていたことに今更気づきました。こちらもやはり官能的な作品ではあるのですが、『髪結いの亭主』『橋の上の娘』ほどのインパクトはなかったです。

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)

2.8

昔地上波で観ました。あの演説シーンがやりたかったんだろうなぁ。それ自体はとてもハリウッド的な感じがして嫌いじゃない。この映画で米国の独立記念日が7/4だと記憶しました。

グラディエーター(2000年製作の映画)

-

高校生の頃に暇だったので友人となんとなく近隣の映画館へ行きたまたま上映されていたのでなんとなく観賞。なんとなく観終わりました。

グラディエーター(サンダル)が流行ると必ずこの作品を思い出します。
>>続きを読む

リトル・バード 164マイルの恋(2011年製作の映画)

1.0

2018/12 邦題がひどい。ロードムービー要素はほぼない。不良少女とその友達が家出して…という話。恋愛部分に関しては若く無責任な恋なんてこんなもんだとは思うけど、結局何が起きても「アタシの世界」の外>>続きを読む

橋の上の娘(1999年製作の映画)

3.2

かなり昔に観ました。そして今更これが『髪結いの亭主』と同じ監督だと知って納得。人生に絶望した女とナイフ投げのプラトニックで官能的な物語。ヒロインはヴァネッサ・パラディ。このヒロインが妖艶でエロい。
>>続きを読む

ベルベット・ゴールドマイン(1998年製作の映画)

2.5

昔友人間で流行ったのですが、うーん…ハマりませんでした。
グラムロックが好きな人にはハマると思います。

トリコロール/赤の愛(1994年製作の映画)

-

トリコロール3部作の最後の作品。昔地上波で深夜に3作連続放送していた時にすべて観ました。今思えば追悼特集のようなものだったのかも。
そんな事とはつゆ知らず深夜の流し見気分だったので、もう一度全作品観直
>>続きを読む

ポーラX(1999年製作の映画)

-

かなり昔(2000年頃?)レンタルで観ました。カラックス監督作。
今更知ったのですが、原作は「白鯨」のハーマン・メルヴィルなんですね。原作があるなんて思いもしませんでした。
表層のストーリーはわりと簡
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

1.2

いつだったかに地上波で。天使が戦う映画。キアヌ・リーヴス主演。
内容に特別な感想はないのですが、天使が中性的で綺麗でした。

レギオン(2010年製作の映画)

1.0

2018/12 サタシネ。天使vs天使(天使vs人間)にいろんな有名映画の要素をぶち込んだ感じの映画。
会話シーンが眠かったです。そして終盤にこの映画を観るのは2度目だと気付きました…。

街のあかり(2006年製作の映画)

-

昔レンタルで。フィンランド。アキ・カウリスマキ監督の「敗者3部作」の3つ目。前2作も観たはずですが記憶に残ったこちらだけ。
カウリスマキを好きと言わなくてはいけない気がして観たのにどうしてもそう言えず
>>続きを読む

クリムト(2006年製作の映画)

1.0

昔CSで。画家クリムトを題材にした映画。クリムト役はジョン・マルコヴィッチ。
「空想の世界」という感じなのでストーリーが掴みづらいというのもあるのですが全体的にちょっとチープ。これならクリムトの絵を見
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

2.2

2018/12 CSで。トムハンクスが空港に閉じ込められる話。
期待する方向を間違えました。まず、これがコメディだと思っていなかったので無駄にモヤモヤ。途中でコメディだと気づいてようやく少し「非現実的
>>続きを読む

バーバレラ(1967年製作の映画)

2.8

2018/12 CSで。名作SFカルトムービーと聞いて観ましたが…これは酷い!酷いものを観た!笑
無重力ストリップのオープニングはやけにオシャレ。その後ずっとチープでエロ。とりあえず服は破ける(破きた
>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

3.0

昔CSで観賞。
最後のスピーチの為に作られた映画なんだと思うのですが、それを除いても単純に面白いと感じられるところがすごい。

ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版(1989年製作の映画)

-

124分版未見。失敗したな、と思いました。こちらは大人になったトトとエレナのラブストーリーがメインの印象。噂に聞く124分版の絆とか愛みたいなものはあまり感じ取れませんでした。
何より長い。大人になっ
>>続きを読む

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

2.9

昔TVでフル放送していた時になんか観なきゃいけない気がして観ました。
森鴎外の「舞姫」がつまるところ昼ドラなのと同じでこちらも壮大な昼ドラと解釈し、途中からは完全に昼ドラ観賞気分で楽しみました。
この
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.0

2018/12 CSで。元ネタの英文学未読、映像化作品はキーラ・ナイトレイの『プライドと偏見』のみ観ました。
で、この作品はそれらのパロディ(ゾンビ版)なのですが、案外ちゃんとしてる。ちゃんと高慢と偏
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

1.5

随分前にレンタルで。原作未読、他の映像化作品も未見。
映像が大変美しく、ラスト間近のエリザベスとダーシーのシーンはぐっとくる雰囲気でした。ただそれ以外はあまりピンと来ませんでした。
キーラ・ナイトレイ
>>続きを読む

クリムゾン・リバー(2000年製作の映画)

1.0

雪山で捜査する映画。公開当時映画館で2回観賞し、2回とも同じようなところで寝て同じようなところで起きました。ちなみに映画館で観ていて寝たのは、過去この映画だけです。

その後、何年もしてから再度観まし
>>続きを読む

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記(2007年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

地上波で遭遇。恐らく1作目は観てないと思うんです、たぶん。でもそれなりに楽しめました(特に終盤)。深く考えながら観る映画ではないと思うので「ニコラス頑張れ!」という気持ちで観賞しました。
この作品のタ
>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

2.6

いつだったかに地上波で。
タイトルだけ見て「爽やかな青春ストーリー」を想像していたので驚きました。ドラッグの話。
ディカプリオの演技が上手、というのは頭に残ります。

ザ・ビーチ(1999年製作の映画)

2.4

いつだったかに地上波で。
ディカプリオ映画。旅行者が閉ざされたコミューンへ行く話。
ちょっと驚く展開も含めそれなりに楽しみました。

タイタニック(1997年製作の映画)

2.5

当時ディカプリオファンだった姉がVHSを購入したので観ました。流行りましたね。私も船に乗ると必ずあのポーズを真似しました。という子供時代の思い出。

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

2.0

子供の頃に観ました。ディカプリオとクレアデインズを楽しむ映画。

当時、姉がディカプリオのファンでVHSを購入してきました。私は同じく当時放送されていたクレアデインズのドラマが好きだったので、クレアデ
>>続きを読む

髪結いの亭主(1990年製作の映画)

3.4

若い頃に観たのですが「仏映画ってこれだな」という感じの映画。
観賞当時のメモには「エロい!とてもエロい!」と書いてあって、そんな自分を少し残念に思いました。

レオポルド・ブルームへの手紙(2002年製作の映画)

3.5

随分前にレンタルで観ました。再生の物語。私は結構好きだったのですが…。このレビューの少なさ…。

服役中の殺人犯と少年が手紙をやり取りするところから物語は始まります。殺人犯は自分と似た境遇の少年を励ま
>>続きを読む

ROCKER 40歳のロック☆デビュー(2008年製作の映画)

3.0

2018/12 CSで。『フル・モンティ』の監督のおバカ映画。行動力あるバカでだらしないおじさんが20年ぶりにロックバンドをする話。何にも考えずに気楽に観て気楽に笑えます。
エマ・ストーンのパンク少女
>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

2018/12/8 サタシネ
軽い気持ちで観始めましたが、観終わってちょっと落ち込みました。

ひとつ救いがあるとしたらケヴィンコスナーが死んだ直接の原因はFBIの一発だったってところでしょうか。あれ
>>続きを読む

ミスター・ロンリー(2007年製作の映画)

4.2

英仏合作。ハーモニー・コリン監督作。公開時に映画館で観賞。
誰かの物真似でしか生きていけない人々の理想郷の話。主人公はマイケル・ジャクソン(の物真似をする青年)。ただしマイケルの曲は一切使われていませ
>>続きを読む

バイバイ、ママ(2004年製作の映画)

1.0

昔レンタルで。監督ケヴィン・ベーコンによるベーコンファミリー総出演映画(自分、妻、子供、飼い犬まで!)
怒りにも似た気持ちで「役者に専念して!」と思った作品でしたが、当時ネットでは軒並み高評価だったの
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.7

2018/12 CSで。悪ガキvs悪徳保安官。
製作総指揮ケヴィン・ベーコンと知り、彼の監督作『バイバイ、ママ』を思い出した為、覚悟して観たのですがこれは素直に面白かった!
話自体はシンプルですが、ジ
>>続きを読む

ハッスル(1975年製作の映画)

1.0

CSで偶然遭遇。ヤバイ、眠い、何がしたいの…と思いながら観ました。ラストに一瞬納得しかけましたが、おかしいですよ、この主人公。
ドヌーブの美しさが救いではありましたが、この映画に一番必要なかったのはド
>>続きを読む