マミさんの映画レビュー・感想・評価

マミ

マミ

映画館が好き

映画(1084)
ドラマ(0)

さざなみ(2015年製作の映画)

-

1時間15分ごろCharlotte Ramplingが平均律クラヴィーア曲集第1巻1.プレリュードハ長調を自宅のピアノで弾いていた。

アマンダと僕(2018年製作の映画)

-

辛くて苦しかった。

アマンダ宅の居間に掛かってたポスターは、大好きなノルウェー人画家Harald Sohlbergの作品で一番好きなSommernattだった!

観たのは好きな映画館なんだけど、エ
>>続きを読む

Pain & Glory(英題)(2019年製作の映画)

-


最後が良かった!

いつも通り赤が美しかった。

自伝映画らしい⁈

子供の頃合唱やっていたのだろうか?

アイスランドに笑った🇮🇸

Gloria Bell(原題)(2018年製作の映画)

-


オリジナルが良かったのでリメイク版を観た。

同じ監督だったと今知ってオドロキ‼️

オリジナルをまた観たい。

息子の誕生日パーティーで息子がバッハのプレリュード BWV 926 を弾いていた。

熟れた本能(2009年製作の映画)

-


テレビで観た。

金持ちの人妻が不倫する安っぽいストーリーなんだけど、愛に溺れるKristin Scott Thomasの美しさに夢中になってしまった。

本当に美しかった!

男に逢いに行く時の喜
>>続きを読む

パラダイス 愛(2012年製作の映画)

-

テレビでようやく観た。

最後のシーンが美しい。

他の2作を改めて観るつもり。

われらの時代(2018年製作の映画)

-

光が美しかった。

Juanは狂っていると思いながら観た。

ときどき入る建物や都会の風景に救われた。

3時間は長すぎ。途中脱落者が一人いた。

観た後Juanは監督自身、奥さんは監督の奥さん自身が
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

-

夕暮れ時の風景が美しかった。

原作は村上春樹らしいが、読んだ記憶なし。

The Dead Don't Die(原題)(2019年製作の映画)

-

今日が封切り日なのに、席は一割も埋まっていなかったのが意外。

配役とテンポが良かったけど(アダム・ドライバー大好き❤)、なぜゾンビなのか不可解であった。

大好きなスティーブ・ブシュミが登場したので
>>続きを読む

家族のレシピ(2017年製作の映画)

-

今日封切りで早速観てきた。

似てるなあと思っていたら、本物の松田聖子で驚き!

何もかもが美味しそうだった。シンガポール行ってたらふくたべたい。

たちあがる女(2018年製作の映画)

-

期待通りの素晴らしさ!

コーラスが出てきてうれしかった。

コンサートのポスターがバッハのロ短調ミサだったので叫びたいくらい興奮した。

ライブ音楽が印象的!

アイスランド映画はなんでも好き❤️

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

-


舞台はストックホルムみたいだが、主人公がデンマーク人でずっとデンマーク語を話していてうれしかった。

面白いけど長過ぎ!
途中寝たので、また見るつもり。

バッハがたくさん使われているのが良い。

幸せな男、ペア(2018年製作の映画)

-


オーデンセで観た。

主人公は大好きなテレビドラマBedragに出てたEsben Smed 。

ドイツ語を話すEsbenが可愛いかった。

父親の呪縛。

男と女、モントーク岬で(2017年製作の映画)

-


鑑賞2回目。
内容はどうでも良くて、ただモントークの景色が見たかった。

昔モントークに行った思い出に浸った。

エイリアン(1979年製作の映画)

-

公開40周年なので初めて見た。

意外に引き込まれた。

ジョン・ハートが出てた。

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

-

素晴らしい名作!

今も余韻に浸っている。
スェーデン語の響きにうっとりした。

天気が良いせいか観客は私以外ひとりだけだった!

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

-

仕事帰りに気楽に見られる軽さと長さだった。

100分前後が私にとってベスト😊

映画館のシーンがあってうれしかった。映画館が出てくる映画が大好き💕

グリーンブック(2018年製作の映画)

-

オーデンセで観た。
事実に基づく話。
良かったけど、いつまでも余韻が残る作品ではなかった。

Vision(2017年製作の映画)

-

幸せはその人の心の中にある。

ポスター(ドイツの)がダサかったので興味なかったけど、河瀬直美の作品と知って慌てて観に行った。店を映画上映場所に改造したようでユニークなところだった。

映画はまあまあ
>>続きを読む

帰れない二人(2018年製作の映画)

-

Zhao Taoがいつも通り素晴らしい!

監督の奥さんとは知らなかった。

大昔行った烏魯木斉が出てきて、懐かしさで胸が苦しくなった。

最後が忘れられない。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

-

オダギリジョーの声と表情が最高。

あんなに素敵な人とは知りませんでした。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

-

オレ変だから

じゃあ私と同じだ

東京の夜はなんであんなに寂しいんだ

ベン・イズ・バック(2018年製作の映画)

-

家族の映画。

クリスマスがあんなに辛い日になるなんて。

何があっても息子を守る母親は強い!

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

-

期待通り良かった。
原作も映画も良い。

火花に出ていた若者が弟役だった。

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

-

第3弾
気味悪かった

エリアス役の人を最近テレビと映画で良く見る

すべてドイツ語吹き替えだったので、デンマーク語で見直したい!

葬式シーンでDejlig er jordenを歌っていた

>|