小川気球さんの映画レビュー・感想・評価

小川気球

小川気球

映画(705)
ドラマ(0)

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.0

ラブレターの代筆をする子
男女間の友情も描きつつ、かつ恋敵でもある構図がなんか良かったです。

男の子がアホっぽくてバランスが取れてたなと思いました


ちょっと大味だけど、
気楽に観て面白かった!っ
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.8

全員悪人 最終章

大友の最後は、古臭くも筋を通してて良かったです

悪いやつが上に上がる、
誰も信用できない!

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

4.0

面白かった、観てよかったです。

初めからずーっと違和感が残るシーンが続きます。

ずっと日常のバグみたいな映像。
普通にストーリーのある映画では観られないような展開やシーンに魅力がありました。
マル
>>続きを読む

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

3.8

おすすめ度高いです!

primeにあって47分と短めなので軽く観られます

ちょっと空いたときとかにぜひ

プロメア(2019年製作の映画)

3.5

勢いと作画がすごい

内容はあまり入ってこなかったけど、
アツくなるアニメでした

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

何回見ても面白い
すごく好きな作品!

金田のバイクがかっこいい!

シティポップ!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.5

全作主題歌がすばらしい

あまり詳しくないから、解説とか見たらきっともっと面白いのかも
新しい情報がありすぎて置いてかれてしまいました…

アニメオリジナルみたいなキャラが多かった。馴染めず終わってし
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.8

何かとドアがプシューって閉まる

アニメ版と同じ、
もうそんなに時間が経ったのか…

ミサトさんとほぼ同い年になってた

シンエヴァンゲリオンのために復習

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.6

最初が最高
友達誘ってドライブ行きたくなります🇺🇸

何をどうやってこの監督がジョーカーを撮ったのだろう………

エンドクレジットめっちゃ笑いました

犬神家の一族(1976年製作の映画)

3.8

冒頭のスタッフロールがかっこいい!
エヴァのタイトル画面の元ネタ

話も面白かった
画がとても素敵です!

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

『この国の民主主義は形だけでいいんだ』

内閣情報調査室に勤める主人公の上司が言う言葉が、すごく強いメッセージとして入ってきます。今の日本がこれでいいのかって問われていますね…

政治に対するもやもや
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.5

カットがかっこいい!

ウサギが何かと映える🐇

一人で観ないで、みんなでわいわい観る方が面白く観れそうな気がします笑

てか、ファニーゲームだこれ
って途中まで思って観てましたよ…
やられた

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

3.9

面白かったです✨
ラストすごく好き

魅力あふれる登場人物たち
音楽も素敵でした

LGBTQ作品
描き方は、ちょっと大衆より?
2005年公開で、ここまで描いているっていうことなのか

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

4.0

名作でした!

ろくろのシーン音楽も含めて
すごく良いシーン

ウーピーゴールドバーグのキャラが良い
胡散臭い霊能力者第一位👏

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.7

おしゃれ!!!

2人のヴェロニカの話だけど、想像してたのとは違いました

ジャズも映像もいい感じ
始まり方がかなり好みで、
終わり方も上品でした

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.8

インテリヤクザ、バッティングマシーンでボコボコ編

前の話があるからこそ、今作も面白かった

堅気の仕事と極道の違い
お天道様に顔向けできないです

登場人物が本当に全員悪人

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.5

メタモンこわすぎ

ルビーサファイアまでしかやってないので、知らないポケモンばっかりだった。。


竹内涼真の声で「父さん」って言うもんだから、タイムスリップして音臼小毒殺事件の真犯人を見つけるのかと
>>続きを読む

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.5

ディズニーランドに行くと、
いつもいる着ぐるみの猿たち

いつ行っても会えるから、
会ってもそんなに嬉しくない

でもとても愉快な猿たち



この映画には、私たちが知ってる彼らの姿はありません
「え
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

4.0

是枝監督は、映画表現で人に”伝える“って事を大事にしているんだなと思いました!

ネグレクトの実態
こういうことがあるという現実
彼らがいたという証明

誰も知らないっていうタイトルが、素晴らしいと思
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.8

「なんも楽しいことなく、
ただ働いて死ぬだけ」

登場人物にとって、特に森みたいな人にとって世の中は無情だけれど、
どんな形でも各々みんな生きてるっていうのが伝わってくるすごく良い映画でした

場末な
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.9

舞台は1970年代のカリフォルニア

色んな角度から時代を描いてる映画!
世代の違う3人の女性、
彼女達の人生観が主人公ジェイミーに影響を与えます


まず、ジェイミーの母親ドロシア
この映画は彼女の
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.9

愛と性と宗教とパンチラ

携帯がナイフとかまじでダサゆるい
AAAの西島さんと満島ひかりさんの体当たり大熱演!!!

素晴らしいです👏
むきだし

ゆらゆら帝国も良いです

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.7

面白かった!
長かったですが苦笑

友人が初デートでこの映画観に行ったと聞いていたので、この長さは耐えられないと思いました…笑

ヒンディー語が得意じゃない彼が、お笑い芸人見取り図の同期たわたに似てま
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.2

フロリダ・ディズニーワールドのある街の安モーテルに住む家族の話

6歳の女の子の視点から描かれていて、画がとにかく良いです!
ディズニーワールドの周辺なので、街もお土産屋さんとか建物が面白い!

貧困
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.3

好きな邦画でした!

恋人との死別で、
前に進めない主人公

「ドア閉めてー…いやごめん窓!」
みたいな何か細かいところが、等身大な感じで好きでした

終わり方がめっちゃいいですね!
朝倉あきさんがす
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.4

内に秘めた狂気

ラストの方で村田が社本に言うセリフが残酷なほど全てだと思った

「お前みたいなやつが一番立ち悪い」って何か染みるしゾッとしました

これが実話を基にしてるのは怖すぎますね…

しんど
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

3.6

色情映画第二弾

登山家のロープの話とか、すごく面白いと思ったのに「それ面白くないわ」って一蹴される所とか笑えました


ラストは性差別の話に帰結する
セクシャリティを越える話

いかに自分が性に対し
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

3.4

おしゃれな色情映画

植物や釣り、バッハやフィボナッチ数列など色んな話がどれも面白かったです

おしゃれって一言で言えるわけではなく、
もっと芯ある話だとは思うのだけれど
そこまで深く考え込めなかった
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.4

こんな時だからこそ!

なるほど、、
土から葉が生えた植物は食べられるのか…
やっぱり飲み水の確保が第一ですね

つっこみどころはありますが、
なかなか楽しめました

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.9

面白かった!

テンポいいし、
長回しの使い方が上手いですね

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

3.6

絵がすごく好き
サマーウォーズの元

ディアボロモンの繁殖シーンがめちゃくちゃ怖かった

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(1998年製作の映画)

3.5

始まりの戦闘シーンでめちゃくちゃ上がる!
たしか対戦相手の声がレイモンドだった

当時小学校だった自分にとっては壮大なテーマを持ってきた映画

母なる証明(2009年製作の映画)

3.7

社会派サスペンス!

すごいミスリードばっかりだった
それも示唆的で人間って固定概念があるなぁって思わされました…

冤罪で捕まったジョンパル少年との面会で泣くシーンと、傘を買おうとしたら必要な対価以
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.0

1951年、朝鮮戦争。
巨済捕虜収容所で結成されたダンスチームの話

まず登場人物が魅力的です!

収容所の問題児で朝鮮人民軍の男
4カ国語話せる韓国人の女の子
生き別れになった妻を探す朝鮮の男
めっ
>>続きを読む

>|