ねぎお

ねぎお

みなさんこんにちは。
最近つくづく年を取ったことを実感します。まあ古い記憶は名称を別として思い出せるものの、<昨日食べた昼飯>が思出せないことしばしば。そして映画も、ふと「あっこれ観たことある」と。
映画館公開作品、DVD、BSほか、公開年代関係なく、書きたい気持ちになるものは書いていこうと思います。自分の記憶力を自覚していますので、備忘録として未来の自分へのメッセージ。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.7

メルギブソンの出演作好きなので楽しみでした。らしさも感じられて良かったです。


ただ日本人として複雑な感情が・・。
沖縄地上戦はもう日本軍も体力がなく、武器や支援も滞っていた。一時抵抗していたが、持
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます。

ようやく鑑賞。
まず〈エイリアン〉は、3000年後に起こる事態に際し人類の力を借りたいから、〈言語〉という武器を授けに来た・・ということですよね。それがあの円形に墨を垂らしたような文様。

謎の1
>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.6

アイドル映画かと思って舐めてました。ごめんなさい。
いい映画でした。観て、感じて欲しいなと思います。だから今回はあまり書きません。いろんな場面でカメラは静かに起きていることを見つめます。とても我慢強い
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.1

映画館で観た息子いわく「ずっと静かだったよ」

当たってなくないよ。でもさ、お前これ観てその感想か!?

息子よりも面白いと思ったし、予告編とは違ってたし、植物最初だけじゃん!だし、でもゼログラビティ
>>続きを読む

土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

3.1

三池さん、「ヤッターマン」の福田沙紀の股をこする棒もだけど、菜々緒・・はまあいいとして、仲里依紗、本田翼のパンツは、いったいどんな風に演出しているんだろう??
クドカンの脚本にあるのはト書き程度じゃな
>>続きを読む

殺人の告白(2012年製作の映画)

4.6

22年目の藤原くんを見る前に、リメイク元のこちらを息子と鑑賞。

さすが韓国、サスペンスの質が高い!!
なんとなくストーリーの裏を感じていましたが、それでもここまで作ってくれたら満足です。
最初の誘拐
>>続きを読む

スリーデイズ(2010年製作の映画)

3.1

「スリーデイズ」そう緊迫した三日間にたどり着くまでは我慢!
まじめな父ちゃんが苦悩し、論理的にこれしかないという結論に達するところを味わいましょう。
映画的にスッスッと行ってしまいそうなところを、戸惑
>>続きを読む

チャップリンの悔悟(1916年製作の映画)

3.1

様々なアイディアが!
外をブルー、室内を赤く、・・まあ気持ち悪い感じもありますが、観衆を楽しませるために!

エド・ウッド(1994年製作の映画)

3.5

さらっと感覚的に観てしまった。
これ違う!と思い、最初から鑑賞し直した。
秀作だと思います。

<【史上最低の映画監督】の称号を死後に得た監督の作品の再現>
・・が映像の結構な部分を占めるため、考えな
>>続きを読む

60セカンズ(2000年製作の映画)

3.5

DVDで観ました。

映像特典プロデューサーのジェリーブラッカイマーのインタビューが、個人的にはとても面白かったです。
「エネミーオブアメリカ」「ザロック」「コン・エアー」などの映像もあり、当作が計算
>>続きを読む

どろろ(2007年製作の映画)

3.5

何も知らない状態で観れば、「なぜ48か所取られて生きている?」「その医術ってかけ離れていない?」など思うのだろうなあ。手塚治虫を知らない世代は、このストーリーや世界観を、自然に敬意なくフラットに捉えて>>続きを読む

東ベルリンから来た女(2012年製作の映画)

4.1

ベルリンの壁が崩壊する9年前の東ドイツ小さな街が舞台。
皆同じ言葉を話す西ドイツに行きたがっている。あとはそれを実行に移すか、家族の問題などで諦めて生きるか、嫉妬から監視するか・・。いずれにしろ日常の
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.0

〈カーアクション〉で探していたら、この映画が褒められていたので鑑賞。

いやいやこれは人間ドラマじゃん!

たぶん褒められてるのって、グイグイ車線変更と最後のところなんだろうけど、撮影は引き絵と運転席
>>続きを読む

吸血鬼(1967年製作の映画)

2.8

1967年にこれが製作されていることがまず凄い。

「俺たちに明日はない」「007は二度死ぬ」や「日本のいちばん長い日」「伊豆の踊り子」と同い年。
そしてウルトラセブン。
世界中で様々な才能が花開いた
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

3.3

皆さんが映画や三船さんのことをほぼ語り尽くしていますので別のこと。

「仲代達矢さんは台本を読み込み、徹底的に鏡の前で角度やタイミングなどを完璧に作る役者なんだ」
どこで聞いてきたんだか、オヤジは中学
>>続きを読む

続・猿の惑星(1970年製作の映画)

2.7

30年以上前でしょうか、テレビで吹替え版を観ました。
これはこれでなるほどなのですが、第1作の得体のしれない感じではなく(まあ続編ですからね)、よりリアリティの増したテーマでした。核爆弾が出てきて<神
>>続きを読む

PLANET OF THE APES 猿の惑星(2001年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

最後リンカーン像が猿だったというオチは、この作品ですよね。ティムバートンだったのですね。記憶もやや曖昧ですが、腑に落ちなかったことを覚えています。
いまさらながら調べると、「磁気嵐が時間を逆転するワー
>>続きを読む

レフト・ビハインド(2014年製作の映画)

1.7

スティーブンキングのミストやセル的な方向を期待して観ましたが、あー残念!キリストですか・・。

これだと中東はやんやの大喝采?何せイスラム教徒が人口世界一になりますからねえ。

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

3.9

シャシを演じたシュリデヴィさん、インドの吉永小百合と呼ばれているそうですね。
吉永さんはともかく、とても美しいし可愛い😍!!

家族からの尊重。
とてもリアリティのあるテーマです。誰もがいずれかの登場
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.1

デニーロこれでいいの?・・あっいいの。ならいいです。これからも笑わせてください!最高!!

フロリダはこうなのかねえ?アメリカ下品!!でも笑える。警察官が出てくるシーンはどれも可笑しい!

アイゼンハ
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.3

ティムバートン監督の映画は楽しい!ということです。

予告編のイメージとはまた違う味わい。祖父、父親との確執が裏にあるわけか。そしていつもながら不思議なサブキャラはギリギリ関係を保つような距離感で静か
>>続きを読む

ローレライ(2005年製作の映画)

2.6

ずいぶん前にPSPで観た観た。
樋口さんだったんだ。

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS(2008年製作の映画)

2.8

良かったのは、黒澤明監督作品より短く見やすくした点。
そしてダースベイダーを逆リスペクトしたところ(椎名桔平さんのこと)。
もひとつ、冒頭の城爆破とラストの崩壊シーン。


あと率直な感想。
樋口正嗣
>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

3.2

「96時間」というタイトルなのに、時間が途中からどこか行っちゃった・・と思ったら邦題じゃん。原題「TAKEN」。これはこれで意味広い?〈捕らえる〉ともうひとつくらいスラングとダブルミーニングあたり?>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.1

filmarks、何故クレジットに脚本トニーギルロイの名がない!?
ジェイソンボーンシリーズの脚本を手がけた彼がいたからこそ、これだけ秀逸な作品が誕生したと信じたい。

ストーリーの後半、Kにしろ、一
>>続きを読む

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

4.0

面白い!
原題は「THE ITALIAN JOB」でこれはリメイク。
と言ってもかなり異質な作品のよう。

金塊を盗んだチームから裏切り者が出て、殺されたメンバーの娘を交えてリベンジする話。
ベネツィ
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

3.5

スティーブンキング原作。結構期待して鑑賞。
空港のシーンは期待感十分!
少しずつ真相に迫る中、校庭を車で夜走るシーンはおぞましかった。
作品の上映中、徐々に頭を支配したのは、
「この映画って『ミスト』
>>続きを読む

スピードマスター(2007年製作の映画)

1.4

カーアクションがどんなものかと思って観たら、これはこれは・・。

車はほとんどCG頼み。バトルの際の観衆も別撮りミエミエ。

バベル(2006年製作の映画)

2.5

前情報なしに鑑賞。なんじゃこりゃ!?いきなり日本人!何かの間違いかと思ったぞ!!

「short cuts」「love actualy」など、手法自体は目新しくないものの、うーん、ラスト〈暗い中に一筋
>>続きを読む

>|