もろたさんの映画レビュー・感想・評価

もろた

もろた

余韻に浸りたいので、基本ひとり映画派です。
観る前に事前情報はなるべく入れたくないので、あらすじもあまり読みません。

なのでポスター、チラシ、キャッチコピー、監督、出演者なとで少しでも気になった映画は何でも観ます。

展開の読めない映画が大好きです。

映画(1212)
ドラマ(0)

ライブ・フレッシュ(1997年製作の映画)

3.6

5人の男女の人生を変えた一夜の出来事。
その裏にある信実。

ラブストーリーかと思ったら、サスペンス要素もあるし、やっぱりアルモドバルは先が読めなくて面白い。

その上、最後にはいつも細やかな幸せをく
>>続きを読む

KIDS/キッズ(1995年製作の映画)

3.1

主人公たちと同世代だけど、カッコいいとは思えないし、こんな青春には憧れないかな。

ただ当時はこんな感じもあったなぁと懐かしく思えるほどにリアルな感じがするから、映画としては割と面白かった。

トイ・ソルジャー(1991年製作の映画)

3.8

小学生の頃に観た記憶あるけど、発掘良品でDVD化されてたので再鑑賞。

やっぱり、なかなかの傑作。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.1

パリの街並みを堪能しつつ、洒落の効いた素敵な映画。

いつの時代も過去に憧れる。
現代に不満があっても、今を楽しんで生きるって事なのかなぁと。

冒頭のパリの街並みは、今の良さを感じて欲しいのかなと思
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.1

ストーリーなんか二の次。
モンスターの戦闘シーンは圧巻。

さすがにここまでやってくれると面白い🤣
ハリウッド版ゴジラでは1番‼️

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

恋愛映画かと思いきや、家族愛の映画でとても良かった。

タイムトラベルがメインじゃなくて、味付けなのが素敵。

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

2.0

UCのラストでもやり過ぎだったのに、ここまでサイコミュをやられると、
ニュータイプは何でもありになってしまう。

しかもラプラスの箱を出しておきながら、宇宙世紀史上、1番のニュータイプが、アースノイド
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.1

んー、伝えたい事は分かるんだけど、それをアニメでしかもファンタジーとして映像化する事かな?と思ってしまった。

大抵の親なら、誰しもが経験して自分で気づく事なんだよね。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

2.9

同世代、しかも地元臭(舞台となったような環境)が凄くする(笑)

二階堂ふみの体当り演技と吉沢亮の表情、そして2人の声が凄く印象に残る。

やっぱりオザケンは最高ですね。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

2.2

ドラマのシーズン1からずっと観てましたが、ラストの映画は正直イマイチ。

テレビのスペシャルの方が内容やドラマ性が濃く思えた。

でも、ラストちゃんと締めくくってくれたし、もう5人に会えないのは寂しい
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.6

片足をワンダーランドに突っ込んだような映画。

観終わった後、理解出来たようで理解出来ていないような、なんとも不思議な感覚に囚われる。

本線はキチンと着地しているから心地良い感じだけど、伏線は放置状
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.5

雑な所が多かったけど、プレデターしてて面白かった。

プレデターはやっぱりこうでなくちゃ。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.4

圧倒的な内容だけど、アベンジャーズ以外のマーベル作品も観ないとついていけないとこ多いなぁ。

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

多次元物は難しいけど、
どうもギドラの件りは理解出来ないかな。

ギドラ自体が別次元に居るのは理解出来ます。
ギドラがメトフィエスの目を通して、こちらの次元に干渉出来るのも納得は出来る。
ただここから
>>続きを読む

ヴァニラ(2004年製作の映画)

2.8

テュエリ?アンリ?フランス語?

フランス映画かと思いきや、カナダ映画なんですね。

内容的には、えっ?
そっちに行っちゃうの?

人に勧めるほどではないけど、それなりには。

ツイステッド(2004年製作の映画)

2.2

アシュレイ・ジャドに惹かれて観たけど、まぁそうだよね。

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.8

不意打ちに全ての糸が繋がって声出して笑ってしまった。

これはやられたな。

わたしは生きていける(2013年製作の映画)

3.3

主人公デイジーの成長物語。

あまり期待していなかったせい、以外にもきちんと作り込まれていて楽しめた。

シアーシャ・ローナンが後半になるに連れて、可愛くなっていったのが素敵だなぁ。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.1

面白かった。

でも主人公のサム・チザム以外の仲間が命をかけて戦う理由がイマイチ分からなかったのが残念かな。

『七人の侍』、『荒野の七人』はやっぱり観ないとだなぁ。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.2

20年ぶりの続編。
映画の中でも20年経過してるとか。

相変わらずのぶっ飛びぶり。

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.4

ライアン・ゴズリング凄いな。

とても悲しい映画でした。

抱擁のかけら(2009年製作の映画)

3.6

やっぱりアルモドバルの作品はラストが素敵だなぁ。

バッド・エデュケーション(2004年製作の映画)

3.1

サスペンスなのかな??

相変わらずの先の読めない面白さ。

ただラストがあまり好みではなかったかな。

ガエル・ガルシア・ベルナルの演技は凄かった。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.9

ラストの畳み掛けは泣いてしまった。
あんな風に振り回されてみたい。

ただ、個々のエピソードはどこかで観たことがある感じで新鮮味はなかったけど、観やすくて楽しめた。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.5

ほのぼのした感じかな。

CMなんかで良くやってた黄泉の国の部分は少なく、世界観の設定的な話に重点があるのでストーリーは楽しめる反面、冒険劇に期待してると物足りなく感じる。

話の展開の仕方がどことな
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

コレは本当に感想に困る…
『クローバーフィールド/HAKAISHA』
『10クローバーフィールド・レーン』
と観てきて、この作品を観ると単作品として評価して良いのか、シリーズとして評価して良いのか…
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

クリスチャン・ベイルが凄すぎる。

ラスト手前までは、この違和感をどう回収してくれるんだろうとワクワクして楽しめた。

けどこのオチは話としてはホッとはしたけど、映画としては面白味に欠ける。
やっぱり
>>続きを読む

オール・アバウト・マイ・マザー(1998年製作の映画)

4.3

20歳そこそこの時に、劇場予告を見てから18年ほど経ってやっと鑑賞。

当時のこの映画を観てたら、この映画の良さには気付けなかったと思う。

愛情に溢れ、それ以上の悲しみを感じる。
でも最後には少しの
>>続きを読む

Guava Island(2019年製作の映画)

3.2

見始めてから「This is America」の人だって気付いた。

音楽はすごく良かった。

MVよりもストーリーがしっかりしてる、映画ほど重くない。

そんな感じで洒落の効いてる作品でした。

プレッピー・コネクション(2015年製作の映画)

2.8

エンドロールが全てかなぁ。
背伸びをしている感じが痛々しかった。

すごく面白いとは思えなかったけど、けっこう好きかな。

>|