しおたんさんの映画レビュー・感想・評価

しおたん

しおたん

映画(228)
ドラマ(2)

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.0

中国人の女の子が主人公。彼女は性的マイノリティ。そして彼女は恋をしている。最近アジア系の女の子が主人公の映画が多いから、この作品もその類だと思った。けれど違った。あたたかくて、でも不安にさせて、希望を>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

綺麗な終わり方だけど、モヤモヤする…結局ウイルスばらまかれなくても、人類に危機に晒されてるのは同じ。。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.3

「プライバシーがなくなると人間がどうなるか、社会がどうなるか」を考えさせられる映画。ラストは綺麗な終わり方だったと思うけれど、もう少し詳細を描いて分かりやすい終わり方にした方が、万人受けすると思った。>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.6

子育ての大変さが分かった。重労働すぎる。日々大変な育児をしている母親のケアをすることで、家族全員に良い影響があるんだなぁ。

#セルフィー2 〜3日間で結婚する方法〜(2016年製作の映画)

2.9

舞台がブカレストだから、ブカレストの街並みをみれるってとこだけ良かった

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.2

中学生くらいの頃にみて、あまり意味が分からなかったけど、多分今みたら分かるはず

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.5

最近観た中で1番良い映画。人生なんて目の前のやりたいことを必死に継続して取り組んでればなんとかなるんだよ、って映画。

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.0

機械の物質的に硬いイメージを打ち破る映画。ハラハラする部分もあるけど、ほっこりする。

バーレスク(2010年製作の映画)

4.1

これを観た後、映画内の曲が大好きになって、CDを買ってしまった。それくらい素敵な音楽に溢れてる映画。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.3

多分きちんと社会に出て、働き出したら、この映画の評価も変わってくると思う

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.3

こういう類の内容はあまり好きではないけど、この映画のおかげで映画作品の中には沢山の意味・メッセージが込められていることを知った

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.1

英語かと思ったらほぼフランス語で、しかも全員(特におじさん)喋り方が優しくて、聴き心地がよかった。

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

3.5

大恐慌時代のほうが、今の状況よりひどそうだけど、それは私の気のせいなのかも

ああ、ラモーナ!(2019年製作の映画)

3.3

初めてルーマニア映画観たけど、ルーマニア語じゃなかった、、しかも私の知ってる景色が出てこなかった、、涙 でも美人さんたちはやっぱり皆ルーマニアっぽい顔立ち。主人公の青年も。人生ってどんな選択するかで、>>続きを読む

トワイライト〜初恋〜(2008年製作の映画)

4.0

最高のヴァンパイア恋愛映画だと思います。とりあえずクリスティン・スチュワートが可愛すぎて魅力にどっぷり浸かります。

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.5

淡々とした映画。スウェーデンらしさを感じたんだけど、そもそもスウェーデン らしさってなんだ?

あやしい彼女(2016年製作の映画)

3.7

大好きな映画。しばらく多部未華子の歌う曲が耳から離れなくなる。

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.8

かなーり良かった。楽しい気持ち。この映画で英語の勉強したくなる。

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.2

かなり前に観て、「え、もう終わっちゃうの?!え、続きは?!!どうなるの?!」となった記憶が…。2作目もちゃんと出てるみたいだから、観てみよう…

>|