mugiさんの映画レビュー・感想・評価

mugi

mugi

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

4姉妹が愛おしい。4姉妹の昔を見ていると、自分もあの頃に戻りたいと思わずにはいれなかったな。

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画(2019年製作の映画)

4.0

予算も足りず、諦めて終わってしまうところを、叶うと信じて、不可能を現実に変えていくというのが良かった。

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

4.0

こんな事あったんだと他人事のように終わらせるんじゃなくて、昔あった残虐な歴史を深く調べていくことって大切なんだと思った。

スタンリーのお弁当箱(2011年製作の映画)

3.8

スタンリー健気過ぎたし、友達はみんな良い子。スタンリーの今後が幸せでありますようにと願わずにいられない。

モンテッソーリ 子どもの家(2017年製作の映画)

4.0

モンテッソーリ教育とは、どんなことをしているのか勉強になった。子どものことを尊重しているということが伝わってきた。

いろとりどりの親子(2018年製作の映画)

4.1

親と子どもの関係は家庭によってそれぞれ。一緒に過ごしていく中での、愛と葛藤が伝わる作品。

あの頃をもう一度(2021年製作の映画)

4.0

セリフがなくても伝わってくる。今からでも楽しめるって思える作品であった。

しあわせのかおり(2008年製作の映画)

4.0

ふたりの師弟関係が温かくて良いんだよな。所々、ぽかぽかと心が満たされていく。トマトの卵炒め食べたい。

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

4.0

裏切られると信じることなんてできない。でも、その人を許して信じて支え合うこと。

地上の星たち(2007年製作の映画)

4.8

主人公の少年が、周囲に馴染めず、自分を押し殺していく姿をみていて辛かった。両親の葛藤も‥。でも、良き理解者が現れて、少年の良いところをみつけて支えていくところに感動した。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.0

おっこちゃんのお客様を想う気持ちと、今を受け入れていく強さには心温まるものがある。

Work It 輝けわたし!(2020年製作の映画)

3.7

ダンス踊れないけど、踊りたくなる。自分のやりたいという気持ちに素直になる。

トールガール(2019年製作の映画)

4.0

王道だけど、好きだな。ダンカースが一途でいい奴過ぎる。

日日是好日(2018年製作の映画)

4.3

同じことの繰り返しで飽き飽きしている毎日だったけれど、この作品を鑑賞したら、何気ない日々が幸せなんだなと気付かされた。

福沢諭吉(1991年製作の映画)

3.8

剣を持って戦うことが正義とされた幕末時代。福沢諭吉は、暴力で解決するのではなく、自ら学んで切り開いていくということが大切だということを問い続けた人なんだろうな。ペンは剣よりも強しという意味がわかった気>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

3.8

閉鎖された場所での幸せって、おいしい食事を食べることなんだ。

アンソニー・ロビンズ あなたが運命を変える(2016年製作の映画)

3.8

アンソニーさんの熱量と人を惹きつける話術がすごい。彼自身も傷ついた過去があるからこそ、人の痛みがわかるし、みんなの心を溶かすようなトークができるんだろうな。

テンプル・グランディン~自閉症とともに(2010年製作の映画)

4.2

私は人とは違うけど劣ってはいない。この言葉に涙し、テンプルさんの生き様に勇気をもらった。

GOGO(ゴゴ)94歳の小学生(2020年製作の映画)

3.8

94歳で勉強に挑戦するのはすごい。学べることの幸せを教えてもらった。

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

3.9

映画制作について知ることができた。人生は選択の連続というけれど、映画も見る側にテーマを伝えるために、シーンひとつひとつ情熱を入れて取捨選択し、制作されているんだということがわかった。個人的に銀行員の友>>続きを読む

お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方(2021年製作の映画)

3.9

高畑淳子と橋爪功演じる夫婦の掛け合いが面白く、周囲からも笑い声か聞こえてきた。夫婦あるあるで共感する人が多かったのかな。人生って、いつ何かあるか分からないから、思い出を振り返ることって大切なのかも。

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

4.0

切なくて、悲しくて辛い過去話だった。剣心と巴に感情移入して泣きそうになった。剣心って、国や大切な人のために、自分を犠牲にして戦った優しい人なんだなあ。

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.9

目に障害を抱えながら挑戦していく姿に、終始ハラハラして、辛くなった。 最後は自分のありのままを受け入れて、再挑戦したこと、主人公の周りに支えてくれる人がいてくれて良かった。

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.6

べラーズの絆は永遠だな。大学卒業してからも心はひとつのようで、羨ましい。

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

3.6

メンバーそれぞれが幸せな感じが良かった。歌はうますぎて、聞いていて心地よかった。

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.6

リーダーの子が伝統を守るってことに縛られ過ぎてチームがうまくいっていなかったけど、最近はみんな自分の弱みをさらけ出して結束したのは良かった。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.8

過去は変えることはできないけど、自分の心次第で、今は変えることができるのかもね。

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

3.9

メリーポピンズの作者が映画化を断固として拒否していたのは、父親への想いを汚されたくなかったからなんだなと思うと、涙がでた。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.8

私がトゥールマンだったら、人間のことが信じられなくなるくらいトラウマになると思う。彼は、その後幸せになれたのか気になるな。

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.0

実写の過去作は観てなかったので、話わかる不安だったけど、昔アニメを鑑賞していたので、抵抗なく観ることができた。これって日本の映画なのって思うくらい終始、アクションがすごかった。後編の上映が始まる前に過>>続きを読む

オタク・レボリューション(2017年製作の映画)

3.5

オタク女子、みんなポジティブだし、行動力あって、すごいな。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.8

電気がなくなったら生きていけんのかなって思うぐらい、電気に依存して暮らしているんだなって実感した。

ラスト・シフト(2020年製作の映画)

3.5

38年もハンバーガー店に尽くし働いてきたのに、頑張りが認めらないし、賃金は上がるわけでもなく‥。華やかさとは程遠く報われない引退だったな。この世の中の理不尽さが描かれていたな。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

何もしないことが、幸せにつながる。仕事に追われている人は、時には何もしないで、思いのまま遊ぶのが良いかもしれない。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.0

国王としての責務の重圧があったのにも関わらず放棄せず、吃音症と葛藤しながらも前に進んでいく姿は良かったな。国王が前に進めたのは、信じてくれる人がいたからなのだな。

>|