ぴさんの映画レビュー・感想・評価

ぴ

IDを変えたい

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

-

今年の夏、プール入り損ねたことに気づいてめちゃ落ち込んだけどミニハムずのおかげでどうでもよくなった

劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムランド大冒険(2001年製作の映画)

-

ハム太郎というかミニハムず以外のこと考えられない!ミニスカはいてミニハムずだしチェックのスカート似合ってる……

セールスマン(2016年製作の映画)

-

アジの南蛮漬けを作ることと天秤にかけて…第三者、それ以上でもそれ以下でもない人々のごくパーソナルな面を窓越しからドアの隙間から不可抗力によって、そしてやじうま根性抜きに覗かされる、共感することはないけ>>続きを読む

パリ・ルーヴル美術館の秘密(1990年製作の映画)

-

どこだって車輪があればストリート、美術品の美しさもさることながらというか全く関係ないけどサイレンが鳴り響くシーンがお気に入りです、白塗りの壁の感触によく似ていた

デンデラ(2011年製作の映画)

-

春近い冬の静かな午後にふとんにくるまりながら見たことを思い出して、隣には昼寝する母、なんだか底冷えしてぼうっとする体温、画面の中では滾るサバイバルババアたち…それにしたって浅丘ルリ子はやっぱり美しくて>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.5

うなぎパイだと思ってたら源氏パイで実際食べてみたら平家パイだった的驚き、過去への未練と残滓にめまいがしました

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.0

終始こんにゃく切ってるみたいなテンションでした、抑えていた左手、なんだか生臭い

ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!(1990年製作の映画)

3.5

盗みからのド派手なアクション!グルさんがクレバーでおちゃめちゃキュートですし

彼女と彼女の猫 -Their standing points-(1999年製作の映画)

-

ねこ、白黒だぜ?白黒なんだぜ?でも色も匂いも温度も見えるだろ?と主張している

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

思わせぶりな痛々しい残像は未来、けれどもそれはもっと並列的に広がっているものなのか?ときおり突き刺さるビジョンが未来のものであると気づいた時、日の光に照らされた彼女の顔!前から読んでも後ろから読んでも>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

-

バチバチオシャファッションムービーだと思ったらトンデモ霊媒師実録メリーさんinパリだった、チクショウ!

老人Z(1991年製作の映画)

3.5

社会問題、メカニック、おじいちゃん!20年前とは思えないよ、アツすぎ!

幻魔大戦(1983年製作の映画)

1.5

終末系、宇宙、超能力の三拍子揃ってるのにあんまり好きになれない…

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

-

エイリアンなんちゃらかんちゃらより自分を殺すようプログラミングされたアンドロイドがエイリアンの進化に創作による自我獲得の夢を託す、という描写の方が胸アツ…あの星良さげじゃね?っていやエイリアンいるに決>>続きを読む

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

-

アンダルシアの牛、茨城だと牛久大仏的モニュメントなのかな、あと田舎のオヤジは飲酒運転しがちなんだな〜って考えないといけないくらいカルメンの白いドレスとぺぺの息づかいが切なかったので

千年女優(2001年製作の映画)

-

鍵の君は三たびぶつかる…入り乱れる時間空間の中で奥行のありあまるスペクタクルが繰り広げられていた!結局は蜃気楼を追いかける自己陶酔的ファンタジーなのかもしれないけど、いつかきっと、なんてずるいこと言わ>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

-

ぶつっぶつっと画面が切り替わって土石流みたいな終わり方でした、交わることのなかった物語が衝突して理屈なしの喜劇になっている、できるかどうか分からないけど死ぬ気でやります!と言うヤクザたちも頭からっぽす>>続きを読む

さよなら渓谷(2013年製作の映画)

-

田舎モンのミーハーなのであの銭湯わたしも行ったことある!と言いたくなる…音がよく聞こえて酔ったけど椎名林檎すごい

世紀末救世主伝説 北斗の拳(1986年製作の映画)

-

ぐずつく体調に終止符を打つために…忙しい人のための北斗の拳という感じ、うららかなオープニングから突如199X年〜が始まって世紀末救世主伝説が篆書なのもどうなんだ?!世紀末の男たちはユリア大好きだし傲慢>>続きを読む

犬神家の一族(1976年製作の映画)

4.0

またまた兄の話をしてしまいますが一時期どハマりしていたらしく電話でスケキヨの真似を延々してきたときなど松子姉さんのように我を忘れてしまいそうになりました狂気!ちっちゃい頃は冒頭、スケキヨが仮面を外すシ>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

3.0

ちっちゃいちっちゃい鉢の中でぱたぱたひれを動かして燃える真赤が世界の全て、ぽちゃん!