mak24さんの映画レビュー・感想・評価

mak24

mak24

★★★★★オススメしたいほど良い
★★★★☆自分の中で良い
★★★☆☆普通
★★☆☆☆悪くはないけど物足りない
★☆☆☆☆頑張ってほしい

  • List view
  • Grid view

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.5

記録。
惹かれてる二人だったはずなのに、心がすれ違っていくのが、若いゆえだったのか。。なんでもできるのも、若い特権。無茶をしてでも乗り切ってほしかった。。

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

4.0

記録。
近江神宮の赤や階段が印象的でした。
文化部でも、十分スポ根のような、熱い戦いと感動、爽やかな友情や恋愛が描かれていて、イイナと思える映画でした。さらに続くようなので、楽しみです。

探偵ミタライの事件簿 星籠の海(2016年製作の映画)

2.5

記録。
映画としては、ラストが少し残念な気がした。。もう少し何かあっても良かった気がする。。

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.0

記録。
硬派な俳優陣がたくさん出ていて、熱い演技が良かった。昭和を知る者としては、その時どうしていたなぁという事も思い返される。

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

記録。
ビリーミリガンを読んでたので、多重人格者は、すんなり受け入れて、観ることができました。
どうやって、抜け出せるのかとハラハラ引き込まれてました。
超人的な人格になるという仮説が証明されてしまう
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

記録。
ペインターという事で、風景が、まさに絵画な撮り方で、素晴らしかった。
リリーの生き方を支えた奥さんがスゴイなと思った。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.0

記録。
今作の冒険も楽しめました。スパロウ船長良かったです。エンドロール後まで楽しめました。

無限の住人(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

記録。
福本清三、田中泯の存在が、要所を抑えて作品に深みをあたえてて、良かった。
死なない設定は面白かったけど、キムタクはやっぱりキムタクだったし、杉咲花は、泣き喚いてるイメージ。下手とは思わないけど
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

4.5

記録。
最初のOPから、カッコいいなぁと思った。サスペンス的には、点と点の謎も、ドキドキするし、線がつながる納得感も、得ることができる。ラストは切なくもありでした。ちょうど、クリスマス時期に観れて良か
>>続きを読む

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.5

記録。
メリル・ストリープ、どんな役でも、魅力的。惹きつけられました。スゴイ歌声でした。。

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

記録。
意識が混濁した中からのスタートだったので、ハナシの理解が難しかった。天井から落ちたのは、ビックリしたけど、芸術的な美術品や、街並みも良かったと思う。ストーリー展開していけば、いつもの冴えた教授
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

記録。
異端なモノを徹底的に排除しようとする、日本の島国根性的な遠藤周作作品。宣教師の葛藤、キチジローの弱さからの裏切り、美談でまとめるのではなく、よく描かれていると思いました。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.0

記録。
映像が、キレイ、サントラがいい。泣くほどじゃないけど、切ない映画でした。進化すると未来はこんな感じなんだろうか。。と思った。

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

記録。
小さな部屋から抜け出し、広すぎる世界への戸惑い。トラックから逃げるとこや、小声の子、髪の毛にパワー、といったところに、心がざわつきました。温かく見守り、受け止めてくれる母(おばあちゃん)も、良
>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

2.5

記録。
舞台の方が、演じる熱量がより伝わり面白かったのかも。。と思える作品でした。。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.0

記録。
韓国版のリメイクを先に観ていたので、脚色の違いを楽しみました。殺しのシーンは息が苦しくなりますが、サイコな映画ははこんなモンだと。。
時間や話のまとまり方がキレイに収めてて日本的な作りだなと思
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

記録。
病に冒されたときに、落ち込まず、自分のやるべき事をまっとうしたお母ちゃんは、スゴイと思った。

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

5.0

記録。
観ると元気になれる。明日に希望がもてるいい作品。

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

3.5

記録。
続編にしては、細かいコト気にしなければ、世界観が壊れることなく最後まで楽しめました。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.0

記録。
ハリポタの番外編ということで、新しいお話でした。魔法とかファンタジーが好きなので、コレはコレで楽しかった。カバンの中に広い世界があるのは、ドラえもんとココぐらいかも。(笑)

家族はつらいよ(2016年製作の映画)

4.0

記録。
安心して観れる。東京家族の時とはまた違う家族の描き方だけど心温まって、色々あっても受け止めてくれる家族ってステキだなぁ。。

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年製作の映画)

4.0

記録。
前作からの続編ということで、期待。
不思議な世界を壊す事なく、今回も楽しめた。

人生の特等席(2012年製作の映画)

3.0

記録。
話の内容はだいたい想像できた。
役者が良かった。

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

記録。
久しぶりに一作目を観直しました。
テンポ良く話が進み、大泉洋の探偵、松田龍平のキャラも、舞台になってるススキノも、魅力的。
話の方は、ラストの小雪がカッコイイ。

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS(2000年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

記録。
頭で考えてる事が、実は全部周りの人にだだ漏れだったら。。と今でも思ってしまう。

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

記録。
こんな遊びは、勘弁してほしい。。と思いながら、映画だから、楽しめた。
たくさん殺されていくのと対象的に遊びを仕掛けるダルマや、コケシや招き猫がシュールだったのと、血の演出が赤のビー玉で怖さはそ
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

5.0

記録。
美しい。
エンディングのレインも良かった。

ビリギャル(2015年製作の映画)

4.0

記録。
諦めなければ、できる。って思わせてくれる作品。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

5.0

記録。
サスペンススリラーとして、申し分なく楽しめた。女は怖い。

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

5.0

記録。
ディズニーアニメで一番好き。
ときめく。夢見れる作品。

純愛中毒(2002年製作の映画)

4.5

記録。
はじめ、なんだか話が読めて、そんなにおもしろくなかったけど、途中からの惹きつけられ方と、最後の展開がおもしろかった。さすが韓国映画という感じでした。

嫌な女(2016年製作の映画)

4.0

記録。
夏子の変わらぬスタイルを突き進んでいる天真爛漫な生き方が、魅力的。
自分にないものを持っていて、木村佳乃にも役があってて、イイナと思った。

>|